大喜利_(笑点)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 大喜利_(笑点)の意味・解説 

大喜利 (笑点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 16:43 UTC 版)

本項では、日本テレビの『金曜夜席』及び『笑点』と関連番組『BS笑点』『笑点Jr.』で放送される大喜利コーナーについて解説する。




  1. ^ 『笑点五〇年史』ぴあ、2016年。ISBN 978-4-8356-3118-9 p.113
  2. ^ 『笑点五〇年史』p.142
  3. ^ 歌丸は体調の関係により、2014年7月13日放送分以降は下手から登場した。
  4. ^ 但し、第2384回(2013年10月13日放送)など、歌丸時代は何度かこれが省略された回が存在し、後述の対抗戦など特殊な形式の場合も行われない。
  5. ^ なお、カットされた回答を含めた完全版は「笑点 特大号」でオンエアされる。
  6. ^ 追悼立川談志「反骨の美学」と「喧嘩人生」(3) 「笑点」の大喜利を考案した”. 徳間書店. 2016年5月23日閲覧。
  7. ^ 「笑点」最高視聴率は74年36・1% 座布団は立川談志さん考案”. スポーツニッポン (2016年5月23日). 2016年5月23日閲覧。
  8. ^ 小暮美雄「座布団が笑点を生んだ」『笑点』日本テレビ放送網、2006年。ISBN 4-8203-9955-1 p.35
  9. ^ 特別編成では2問や1問のみの場合がある。過去のスペシャルでは、4問出題された事もあった。
  10. ^ 状況によっては、司会者が強制指名する場合がある。
  11. ^ 稀に噛んでしまったり、自身の回答が滑った事を察した回答者が、自ら座布団を返上するケースもある。
  12. ^ 主に大喜利メンバーへの上手い返答時、観客の反応を見たり他の出演者が判断して与えることがあるが、司会者が自ら座布団を持ってくるように指示する事もある。
  13. ^ 笑点公式サイトなどに記録がある。
  14. ^ 円楽タジタジ…「笑点」ラブホ不倫イジり 昇太“容赦なし”座布団没収6代目円楽の不倫疑惑が報じられた直後の収録にて、メンバーの自己紹介の前に座布団を全て没収された。
  15. ^ 幸せと座布団を運び続けて31年!笑点・山田クンが語る「継続する先に見えるもの」”. リクナビNEXT (2015年11月20日). 2017年12月24日閲覧。
  16. ^ 『笑点五〇年史』p.142
  17. ^ 『笑点五〇年史』p.114
  18. ^ 公式サイト[1]2015年12月11日閲覧
  19. ^ 第2157回放送分2016年6月13日閲覧
  20. ^ 『笑点五〇年史』p.150
  21. ^ 2006年(平成18年)11月6日放送の「極上の月夜」で林家木久蔵(当時)談
  22. ^ 現在メンバーにつけているピンマイクのスポンジ部分は黄色か黒となっている。
  23. ^ 前田の席は左端ではなく、歌奴と金馬の間の中央部分だった。
  24. ^ この日は北海道収録であり、演芸ゲストがてんぷくトリオだったため。
  25. ^ 定位置には座布団、その上に折りたたまれた水色の紋付が置かれた。
  26. ^ この日の席順は鶴亀大喜利の席順で、愛川の左側に上方噺家がいる東西対抗戦方式だった。
  27. ^ ドレミファ大喜利は、こん平が代理。
  28. ^ この頃は週代わりで自前の紋付を着ていた。
  29. ^ 昇太以外は、その回の前半に放送された大喜利下克上でMVPに選ばれた若手落語家。
  30. ^ a b c d 定位置にはそれまでに獲得していた座布団が積まれていた(この間も他のメンバーの回答によって、枚数が増減する場合がある)。
  31. ^ 代理加入時、こん平が休演前までに獲得していた4枚の座布団を引き継いだ。
  32. ^ 当時たい平はこん平の代理として出演していたため、本人は「師匠を差し置いて司会をすることはできない」という理由で辞退している。
  33. ^ 木久蔵が実子きくおの真打昇進・2代目木久蔵襲名に伴うもの
  34. ^ 冒頭の挨拶と演芸の紹介は、いずれも木久扇と楽太郎の2人で担当。
  35. ^ 冒頭の挨拶と演芸の紹介も2人が担当。
  36. ^ a b c d e f g h i j 代理司会を担当したメンバーの定位置には、前回までに獲得した座布団が積まれていた。
  37. ^ 冒頭の挨拶と演芸の紹介は、いずれも昇太とたい平の2人が担当(5月11日放送分は挨拶なし)。
  38. ^ 林家木久扇さん、初期の喉頭がんで休養へ 「笑点」は代役立てず 産経新聞 2014年7月21日閲覧
  39. ^ 前回の2015年1月18日放送分で円楽の歌丸罵倒ネタにメンバー全員が巻き込まれたため、全員の座布団が全没収で終了。そのため、見た目上は山田用の赤い座布団のみが置いてある状態でスタートした。
  40. ^ 冒頭の挨拶と演芸の紹介は、演芸の放送日の変更などがあった影響もあって2週とも行われず、オープニング終了後すぐに演芸が開始された。
  41. ^ 桂歌丸が体調不良で休養発表 『笑点』収録もお休み
  42. ^ a b この間に生放送で行われた『チャリティー大喜利』には、復帰後だったため出演した。
  43. ^ 冒頭の挨拶と演芸の紹介は、その放送分の代理司会者が担当(2015年7月19日分は木久扇が担当。2015年7月12日・7月26日・8月2日放送分は挨拶なし)。
  44. ^ 2015年7月19日放送分で代理司会を務めた6代目円楽が、自身を除いた全員の座布団を全部没収したため、9枚ある円楽の席の座布団と山田の赤い座布団が置かれた状態で開始。
  45. ^ 「笑点」新メンバー・林家三平、着物は丁子(ちょうじ)色に決定 スポーツ報知 2016年5月29日閲覧
  46. ^ 定位置には、座布団が1枚置かれていた。
  47. ^ a b c 一時的に、6代目円楽の座布団を引き継いだ。
  48. ^ 山田に関しては舞台上の面積の関係から最初の挨拶の時は座布団に座らず、たい平の後ろに立っていた。
  49. ^ メンバーが映し出されているモニターの隣に、山田の等身大写真パネルを設置。
  50. ^ 2020年6月14日放送分以降は、冒頭の挨拶の時のみ電話音声やVTRで出演。
  51. ^ a b この回は、特別に両チームに賞品が与えられた。
  52. ^ 『笑点五〇年史』p.177
  53. ^ 『笑点五〇年史』p.24
  54. ^ 『笑点五〇年史』p.132
  55. ^ 『笑点五〇年史』ぴあ、2016年。ISBN 978-4-8356-3118-9 p.187
  56. ^ 『笑点五〇年史』p.134
  57. ^ 『笑点』日本テレビ放送網、2006年。ISBN 4-8203-9955-1 p.122
  58. ^ a b 日本テレビ『笑点』P111より。
  59. ^ 好楽“一生無料”日テレ社食へ 30人で20年食べると3億円超”. sponichi annex (2014年11月23日). 2014年11月23日閲覧。
  60. ^ 単なる蛇口ではなく、トロフィーを模して台座が付いた物になっている。また、後に「リモート大喜利」にて自宅の物を使ったお題が出された際に、円楽はこの蛇口を使用した。
  61. ^ 林家たい平の著書「笑点絵日記」に『BS笑点の座布団はトータル20枚程度しか用意されていない』という記述がある。
  62. ^ 愛知収録の回を含めると14回。


「大喜利 (笑点)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大喜利_(笑点)」の関連用語

大喜利_(笑点)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大喜利_(笑点)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大喜利 (笑点) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS