林家こん平とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > 落語家 > 林家こん平の意味・解説 

林家こん平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 00:49 UTC 版)

林家 こん平(はやしや こんぺい、本名:笠井 光男(かさい みつお)、1943年3月12日 - )は、新潟県刈羽郡千谷沢村(後の小国町、現:長岡市[1]大字千谷沢字千谷沢[2]出身、落語協会所属の落語家である。同協会理事などを歴任するが、後述の病気もあり2006年4月に相談役となる。




注釈

  1. ^ 「笑点」の司会の三波伸介や5代目圓楽や歌丸はこん平をこう呼んだ。
  2. ^ ただしこのエピソードは脚色もあり、実際は米一俵もなかったとのこと。本人の著書では母親から三平宅へ郵送されてきたと書かれている
  3. ^ 一方で、同行する予定だった数名の広告代理店社員は万が一のことを考えて当該便に搭乗し犠牲となった。
  4. ^ 直前まで生出演していた『24時間テレビ・チャリティー笑点』も意識が朦朧とする中で無理を押しての出演で、一部呂律が回らないなどの兆候が現れていた[5]
  5. ^ なお、こん平の故郷である新潟で収録を行った2001年3月18日放送分では「村上で生まれ、チャーザー村で育った〜」と言い換えている。
  6. ^ 元々は挨拶の冒頭で叫んでいたが、観客と合唱する頃には締めに言うようになった。

出典

  1. ^ “難病リハビリ中の林家こん平さん、故郷で「チャラーン!」”. yomiDr. (読売新聞社). (2015年8月10日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=122389 2015年8月10日閲覧。 
  2. ^ 1999年6月13日放送の『笑点』第1669回の「私のふるさと」にて。
  3. ^ a b c d 24時間テレビ|2014/08/31(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年8月10日閲覧。
  4. ^ 山田隆夫. ボクに運が巡ってくる55の理由. 廣済堂出版. 
  5. ^ 24時間テレビ|2014/08/31(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年8月10日閲覧。
  6. ^ 「笑点」日本テレビ放送網 p.18-19
  7. ^ “林家こん平 心肺停止から2年「落語会がリハビリ」娘が明かす”. 女性自身 (光文社). (2015年7月24日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612125/ 2019年8月22日閲覧。 
  8. ^ [笠井咲さん]落語会で驚きの回復…こん平さん、生死の境まで”. yomiDr. / ヨミドクター. 読売新聞 (2015年4月19日). 2019年8月22日閲覧。
  9. ^ “こん平都電落語会、東京五輪まで月1開催”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年8月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140814-1350496.html 2019年8月22日閲覧。 
  10. ^ “林家こん平、4月に小脳梗塞で緊急入院していた…投薬治療で回復 脳腫瘍の円楽にはエール”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年8月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/22/0012630226.shtml 2019年8月22日閲覧。 
  11. ^ a b c d ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』117ページ
  12. ^ 林家 こん平(はやしや こんぺい)、落語協会。


「林家こん平」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「林家こん平」の関連用語

林家こん平のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



林家こん平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林家こん平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS