春風亭一柳とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > 落語家 > 春風亭一柳の意味・解説 

春風亭一柳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/30 15:44 UTC 版)

春風亭 一柳(しゅんぷうてい いちりゅう、1935年10月12日 - 1981年7月9日)は、東京都出身の落語家。本名、長坂 静樹。生前は落語協会所属。出囃子は『筑摩祭』。1978年までは三遊亭 好生(さんゆうてい こうしょう)の芸名を名乗っていた。




  1. ^ 春風亭一柳:『噺の咄の話のはなし』、晩聲社、1980年、25ページ。
  2. ^ 春風亭一柳、26ページ。
  3. ^ 春風亭一柳、27ページ。
  4. ^ 春風亭一柳、28ページ。
  5. ^ a b 三遊亭圓丈、『御乱心 落語協会分裂と、円生とその弟子たち』、主婦の友社、1986年、ISBN 4-07-923928-9、97ページ。
  6. ^ a b c 川柳川柳、『ガーコン落語一代』、河出文庫ISBN 978-4-309-40988-7、2009年、129-130ページ。
  7. ^ 春風亭一柳、173ページ。
  8. ^ 春風亭一柳、171ページ。
  9. ^ 春風亭一柳、8ページ。
  10. ^ a b c d e 吉川潮:『戦後落語史』、新潮新書、ISBN 978-4-10-610343-8、2009年、88-89ページ。
  11. ^ 春風亭一柳、14ページ。
  12. ^ 川柳川柳、150ページ。
  13. ^ 兄弟子圓楽が復帰したのは8か月後の1970年6月21日。同日に連れられて加入したのが圓窓である。


「春風亭一柳」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春風亭一柳」の関連用語

春風亭一柳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



春風亭一柳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春風亭一柳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS