柳家つば女_(6代目)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 柳家つば女_(6代目)の意味・解説 

柳家つば女 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 10:06 UTC 版)

6代目柳家 つば女(やなぎや つばめ、1938年(昭和13年)8月26日 - 2004年(平成16年)6月12日)は、山梨県南都留郡河口湖町(現:富士河口湖町)出身の落語家。生前は落語協会所属。出囃子は『梅は咲いたか』。本名は渡邉 虎彦(わたなべ とらひこ)。息子は同じく落語家柳家小きん。廓噺は一級品。




  1. ^ a b c ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』123ページ


「柳家つば女 (6代目)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柳家つば女_(6代目)」の関連用語

柳家つば女_(6代目)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



柳家つば女_(6代目)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柳家つば女 (6代目) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS