林家木久蔵_(2代目)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 林家木久蔵_(2代目)の意味・解説 

林家木久蔵 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 15:04 UTC 版)

2代目 林家 木久蔵(はやしや きくぞう、本名:豊田 宏寿(とよた ひろとし)、旧名:林家 きくお(はやしや きくお)、1975年9月29日 - )は日本落語家である。東京都三鷹市出身。落語協会トヨタアート所属。出囃子は「」。2007年9月21日真打昇進と同時に林家木久蔵を襲名。




  1. ^ ちなみに、木久扇に息子の自身が入門するに当たり、母(木久扇の妻)に「『花田勝治兄弟』あるいは『花田満、花田勝光司兄弟の親子』のように、弟子入りすれば、兄弟でも肉親でもないといわれるのではないか」と心配して相談したらしいが、「角界とは違い、国技というわけではないから、落語の師匠・弟子の関係は、そんなに型にはまったものではない」と返されたことで、父・木久扇に入門することになったとのこと。木久扇自身は、2代目木久蔵が落語家になりたいと聞いたとき、別の師匠に弟子入りさせて、自分は相談役のような立場でアドバイスすることを考えていたと語っている。


「林家木久蔵 (2代目)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「林家木久蔵_(2代目)」の関連用語

林家木久蔵_(2代目)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



林家木久蔵_(2代目)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林家木久蔵 (2代目) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS