かみとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > かみの意味・解説 

かみ【髪】

《「上(かみ)」の意からという》

人の頭に生える毛。頭髪。「髪が伸びる」「髪を結う

頭の毛を結った形。髪形。「今日の髪はよく似合う」


か‐み【加味】

[名](スル)

に他の加え調合する意から》味を付け加えること。

あるものに、別の要素付け加えること。「参加者意見を加味して日程決める」


かみ【神】

信仰対象として尊崇畏怖(いふ)されるもの。人知超越した絶対的能力をもち、人間禍福賞罰与え存在キリスト教イスラム教では、宇宙万物創造主であり、唯一にして絶対的存在。「神を信じる」「合格を神に祈る」「神のみ真実を知る」

神話伝説人格化されて登場する語りつがれる存在。「火の神」「縁結びの神

偉大な存在である天皇をたとえていう語。また、天皇尊称。「現人神(あらひとがみ)」

大君は—にしませば赤駒の腹ばふ田居都となしつ」〈・四二六〇〉

神社にまつられる死者霊魂

助けられたり、恩恵を受けたりする、非常にありがたい人やもの。「救いの神現れた」

㋑非常にすぐれた才能技術をもつ人。「漫画の神」

俗に、非常にすぐれているようす。「神対応

人間危害加え恐ろしいもの。

「虎(とら)といふ—を生け取りに」〈三八八五〉

なるかみ

「—は落ちかかるやうにひらめく」〈竹取〉

[下接語] 天つ神出雲(いずも)の神・縁結びの神大神大御(おおみ)神・風の神・竈(かま)の神・河の神国魂(くにたま)の神・国つ神・塞(さい)の神・救いの神・皇(すめ)神・田神・鳴神・火神・福の神・禍(まが)神・道の神結びの神産霊(むすび)の神・八百万(やおよろず)の神・山の神(がみ)商い神現人(あらひと)神・生神・軍(いくさ)神・石神・市神・犬神・氏神・産(うぶ)神・産土(うぶすな)神・枝神・男(お)神・臆病(おくびょう)神・おなり神・竈(かまど)神・猿神地神式神死に神鎮守神年神天一(なか)神・霹靂(はたた)神・ひだる神貧乏神蛇神・箒(ほうき)神・(まくら)神・守り神迷わし神・女(め)神・巡り神疫病神留守神


か‐み【佳味/×嘉味】

よい味。また、よい味の食物美味

当時はこれが、無上の—として、上は万乗の君食膳にさえ上せられた」〈芥川芋粥

よい趣。おもしろみ


かみ【紙】

《字を書くのに用いた竹のふだをいう「簡」の字音の変化という》

植物などの繊維絡み合わせ、すきあげて薄い膜状作り乾燥させたもの。情報記録物の包装のほか、さまざまな用途使用製法により、手すき紙機械すき紙・加工紙分けられる。手すき紙は、105年中国後漢蔡倫(さいりん)が発明したとされ、日本には推古天皇18年610)に伝わり、和紙へと発達機械すき紙は、18世紀末にフランス成功し、パルプ用い製造法が発明され、日本には明治期洋紙板紙工業が興った。仕上げ寸法JIS(ジス)の規格によりA列とB列とがある。→A判B判

じゃんけんで、指を全部開いて出すしぐさ。ぱあ。

書籍雑誌新聞文書など、1を使って情報記録したもの。特に、電子媒体対す紙媒体のこと。「紙の辞書」「議事録を紙で管理する」


かみ【長官】

《「上(かみ)」の意。人の上に立つ者というところから》律令制で、四等官(しとうかん)の最上の官位庁務総括する責任者。「卿」「守」など官司により用字異なる。→四等官


かみ【上】

ひと続きものの初めまた、いくつか区分したもの初め

㋐川の上流。また、その流域川上。「上へ船で上る」「川沿いを上に一キロほど行く」⇔下(しも)。

時間的初め考えられるほう。昔。いにしえ。「上は奈良時代から下(しも)は今日まで」⇔下(しも)。

㋒ある期間を二つ分け場合の前のほう。「上の半期」⇔下(しも)。

㋓月の上旬。「寄席の上席を聴きに行く」

物事初め部分。前の部分。「上に申したごとく」「上二桁(けた)の数字」「上の巻」⇔下(しも)。

和歌前半の3句。「上の句」⇔下(しも)。

位置の高い所。

上方位置する所。上部。「山の上にある」⇔下(しも)。

几帳(きちゃう)の—よりさしのぞかせ給へり」〈紫式部日記

㋑からだの腰から上の部分。「上半身」⇔下(しも)。

上位座席上座上席。「主賓が上に座る」⇔下(しも)。

台所などに対して客間座敷奥向きをさす語。⇔下(しも)。

舞台の、客席から見て右のほう。上手(かみて)。「主役が上から登場する」⇔下(しも)。

地位身分の高い人。

天皇敬称陛下。「上御一人

高位上位にある人。「上は皇帝から下(しも)は庶民に至るまで」⇔下(しも)。

朝廷政府官庁などの機関また、為政者。「お上からのお達し」→御上(おかみ)

他人の妻、また、料理屋女主人などを軽い敬意を含んでいう語。「隣家お上さん」「料亭お上」→御上(おかみ)

皇居のある地。

㋐都。京都また、その周辺。「上へのぼる」「上方(かみがた)」

京都で、御所のある北の方角・地域。転じて一般に、北の方の意で地名などに用いる。「河原町通りを上へ向かう」「上京(かみぎょう)」「上井草(かみいぐさ)」⇔下(しも)。

㋒他の地域で、より京都に近いほう。昔の国名などで、ある国を二分したとき、都から見て近いほう。「上諏訪(かみすわ)」「上つけ(=上野(こうずけ))」⇔下(しも)。

格や価値優れているほう。

人丸赤人が—に立たむこと難(かた)く」〈古今仮名序

年長の人。

七つより—のは、みな殿上せさせ給ふ」〈源・若菜下

主人。かしら。

「—へ申しませう」〈狂言記角水


かみ【香美】

高知県北東部にある市。物部(ものべ)川の上中流域占めアユなどの渓流釣り楽しめる平成18年20063月土佐山田町・香北(かほく)町・物部村合併して成立人口2.92010)。


かみ【上】

〔名〕 もと、「流れの上流のほう」をいった語か。または、「ひと続きものの初め」をさしていった語か。後には、「土地の高い所」「ある地域中央に近い所」「人間関係における長上」の意などを示すように転じた。うえ。かん。⇔下(しも)。

[一] ひと続きものの初め

川の流れ初めのほう。上流かわかみ

平家13C前)四「馬や人にせかれて、さばかり早き宇治河のは、かみにぞ湛へたる」

時間的に古い方。いにしえ。むかし。上代

千載(1187)序「かみ正暦のころほひより、下文治の今に至るまでのやまと歌を、撰び奉るべき仰せごとなむありける

いくつか区分されたものの初め部分冒頭。前の方。「上の句」「上の巻」「上の十日」など。

伊勢物語(10C前)九「かきつばたといふ五文字を句のかみにすゑて旅の心をよめ」

文章前に述べた部分

経済小学家政要旨(1876)〈永峰秀樹訳〉三「吾が上に揚げたる法に従ふ雇人を使はば」

(5) 和歌の上の句。

*後拾遺(1086)雑・一〇一三詞書世の中何にたとへむといふ古ごとをかみにおきてあまたよみ侍りけるに」

[二] 位置の高い所。

① 高い所。うえ。

古事記(712)上「上(かみ)は高天の原を光し、下は葦原の中つ国光す神、是に有り

身体の腰から上の部分また、そこに着けるもの。

名語記(1275)五「肩より、かみ」

[三] 地位の高い人。長上目上。おかみ。

天皇をさしていう。

古事記(712)中「吾は兄なれども上(かみ)と為るべからず。是を以ちて汝命上(かみ)と為りて、天の下治らしめせ」

皇后皇族などをさしていう。

たまきはる(1219)「身の装束行器(ほかゐ)などまで、みなかみより御沙汰あり」

将軍をさしていう。

吾妻鏡建暦三年(1213)四月二七日「義盛報申云、於上全不恨、相州所為傍若無人之間」

一般に、高位の人。上に立つ人。「なか」「しも」に対していう。

源氏100114頃)帚木「かみはしもにたすけられ、しもはかみになびきて事ひろきにゆづろふらん」

(5) 政府官庁などに対す尊称

浄瑠璃傾城反魂香(1708頃)三熊野盗賊と云かけ分明ならぬ訴訟、且は上を掠む越度(おちど)」

(6) 主人主君

狂言記角水(1660)「それにござりませう。かみへ申ませう」

浮世草子西鶴織留(1694)六「さる御所にちかふめされしの局と申せし人、〈略〉上(カミ)より御願事ありて、北野の神御代参申されての下向に」

(7) 親分

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)下「此男のかみも、ゑひのすけなりけり

(8) 近世以後人妻対する軽い敬称また、茶屋料理屋などの女主人おかみさん

ロドリゲス日本大文典(1604‐08)一「Cami(カミ)、ヲウエ、カミサマ

(9) 年上の人。また、年上であること。

源氏100114頃)若菜下「またちいさきななつよりかみのはみな殿上せさせたまふ」

[四] 皇居存在する地域地方方角

① 都。京都

浮世草子好色一代男(1682)五「其後は上(カミ)へものぼらぬか」

② (上方(かみがた)の略) 京阪地方近畿地方

説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)三「あのをくりと申は、てんよりもふり人のしそんなれば、かみのみやこに、あひかはらず、おくのみやことかしづき申」

近畿地方の中で、大阪から京都をさしていう。

浮世草子傾城色三味線(1701)大坂佐田天神前にて上(カミ)から来るかごが、替ではないか、と詞かくれば

京都の中で、内裏のある北部をいう。「上京(かみぎょう)」「上賀茂神社」など。また、京都のある基準点より以北をさしていう。

蜻蛉(974頃)上「おなじつごもりに、あるところに、おなじやうにて、まうでけり。ふたはさみづつ、下のに、〈略〉かみのに」

(5) 都から離れている地域でも、その内都に近い所。「上毛野(かみつけの)」「上総(かみつふさ)」

[五] 程度等級、場所などが上位であること。

人物品物すぐれていること。また、そのさま。

浄瑠璃源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)五「此鑓が直打物(ねうちもの)。何(なん)と上(かミ)でござりませうが」

等級などが上位であること。

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「お職から上等(カミ)八枚中等(なか)九名が残らず呼出し

上位座席上座(かみざ)。

栄花(1028‐92頃)若ばえ「母屋は南をかみにし、廂は西をかみにしたり」

④ (台所、勝手などを下(しも)というのに対して客間座敷客席などの称。

浮世草子好色一代男(1682)六「上(カミ)する女に、心をあはせ、小座敷に入て語りぬ」

[六] (歌舞伎演劇などで) 「かみて(上手)」の略。→かみのかた(方)


か‐み【佳味・嘉味】

〔名〕

① 味のよい食べ物美味

随筆茶山翁筆のすさび(1836)三「膳案をささげゆくに半途にて其中の嘉味(カミ)をとり食ひ」〔南部烟花記〕

② よい趣。おもしろみ

明六雑誌二号(1874)学者職分論の評〈森有礼〉「若し之を除かば更に一段の佳味を生ぜん歟」〔蘇轍‐懐黽池寄子胆兄詩〕


か‐み【加味】

〔名〕

に、他の加え調合すること。加減。また、食べ物に他の味をつけ加えること。また、そのための調味料。〔運歩色葉(1548)〕

日葡辞書(1603‐04)「Cami(カミ)〈訳〉医者のことば。すなわち、原料を加減し調合すること。文書語。一般にはカゲンという」

② ある事柄に他の要素つけ加えること。

随筆文会雑記(1782)一「学問の浮過なる上に、無頼を加味したり、と南郭も歎息し玉へり」

竹沢先生と云ふ人192425)〈長与善郎竹沢先生の家「丁度よき程度に人工の加味されてゐる窓外の景をぼんやり眺めながら」


かみ【神】

〔名〕

宗教的民俗信仰対象世に禍福を降し、人に加護や罰を与えるという霊威古代人が、天地万物宿り、それを支配していると考え存在自然物自然現象神秘的な力認め畏怖し、信仰対象したもの

古事記(712)中「其の大后息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと)は、当時(そのかみ)神(かみ)を帰(よ)せたまひき

徒然草1331頃)二〇七「大きな、数も知らず凝りあつまりたる塚ありけりこの所の神なりといひてことのよし申しければ」

神話上の人格神。

古事記(712)上「天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時、高天(たかま)の原に成りませる神(かみ)の名は、天之御中主神

天皇、または天皇祖先

万葉(8C後)二〇・四四六五「ひさかたの 天の戸開き 高千穂の 岳(たけ)に天降(あも)りし すめろきの 可未(カミ)の御代より」

人為越えて、人間危害を及ぼす恐ろしいもの。特に猛獣

書紀720神代上「素戔嗚尊(をろち)に勅(みことのり)して曰はく、汝は是れ畏(かしこ)き神(かみ)なり」

(5) 神社また、神社にまつられた信仰対象死後神社などにまつられた霊や、死者霊魂などをもいう。

(10C終)二八七「神は松の尾

(6) (英 God訳語キリスト教で、宇宙人間造主であり、すべての生命知恵と力との源である絶対者をいう。

旧約全書1888創世紀元始(はじめ)に神(カミ)天地創造(つくり)たまへり」

(7) なるかみいかずち

古事記(712)中・歌謡「道の後(しり) 古波陀嬢子(こはだをとめ)を 迦微(カミ)の如(ごと) 聞えしかども 相枕まく」

(8)比喩的に) 恩恵与え助けてくれる人、ありがたいものなどをいう。「救いの神

(9) 他人費用妓楼上り遊興する者。とりまき。転じて、素人太鼓持江戸がみ。

雑俳柳多留‐四(1769)「おやぶん女房かみたち供につれ」

(10) 六をいう青物市場符丁

[語誌](1)同音語である「上」と同一語源考える説と、別語源と考える説がある。同一語源説は、カミ元来の意味は「上」であり、「上方」という方向性指し示す語であったものが、カミの毛(髪)、カミ存在(神)、というよう用いられ、それが、カミだけで表わされるようになったとする。別語源説は、上代特殊仮名遣いにおける仮名違い(神のカミのミは乙類上のカミのミは甲類)と、上代における意味の類縁性の希薄さを根拠に、同一語源とは考えいとする
(2)アイヌ語で「神」をさすカムイは、上代以前カミ」が kamï の音をもっていた時代日本語から借用したものか。
(3)(6)の英語 God訳語としての近代語「神」の成立には、聖書翻訳問題が関わっている中国でのキリスト教宣教師たちの God訳語に関する議論では、「上帝」と「神」とで意見分かれそれぞれの訳語による聖書翻訳が行なわれた。「神」を採用したブリッジマンおよびカルバートソン訳の中国語訳聖書が、明治初期来日したアメリカ人宣教師によって日本持ち込まれ、これが Godカミ和訳するのに、決定的影響力を持った。


かみ【紙】

〔名〕

植物繊維水中でからみ合わせ薄くすきあげて乾燥したもの。大別して手すき紙和紙)、機械ずき紙の二種とする。

書紀720推古一八年三月「高麗(こま)の王(きし)、僧曇徴法定を貢上(たてまつ)る。曇徴五経知れり。且(また)能(よ)く彩色及び紙(かみ)墨を作り、并(あはせ)て碾磑(みづうす)造る

じゃんけんで、指を全部ひらくこと。ぱあ。

明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎憲法発布日清戦争「ちいりこ(東京ジャンケン)できめ、ちいりこさいよ。合こでさいよ。と手を振り鋏や石や風呂敷東京児童のいふ紙)の形を出し決める」

③ 「かみばな紙花)②」の略。

雑俳川傍柳(1780‐83)四「もしへ紙を一枚おくんなんしょ

紙入れ財布のこと。

江戸繁昌記(1832‐36)五「且つ其の隠語、紙を楂志と曰ひ〈略〉按に楂志とは、楂志発沙夢(さしはさむ)の略。之を懐抱に夾めばなり」

[語誌]の手すき紙は一〇五年中国後漢の蔡倫がその製法大成したといわれる日本へは高句麗経て六一年に製法伝えられ、その後種々改良が施されて現在の和紙となり、最も丈夫で美術的な紙として知られている。機械ずき紙は一七九八年フランス人初め造ることに成功したが、普通、洋紙板紙とに分けられる。また、石油原料とする紙酷似品もある。


かみ【長官・守】

〔名〕

令制四等官一つ中央地方の長官の総称。その所属する官司職掌統率する責任者をいうが、官司によって文字異にする。下に次官(すけ)、判官(じょう)、主典(さかん)がある。

書紀720大化元年八月北野本訓)「其れ長官(カミ)の従者(ともならむひと)は九人

② (督) 明治新政府が慶応四年(一八六八二月三日設置した八局のうち、神祇事務局内国事務局外国事務局軍防事務局会計事務局刑法事務局制度事務局の長官。ただし、総裁局だけは総裁と称した。


かみ【頭】

〔名〕 あたま、かしらのこと。


かみ【髪】

〔名〕

① 頭に生える毛。髪の毛頭髪

古事記(712)上「爾に其の神の髪(かみ)を握りて、其の室の毎(たりきごと)に結ひ著けて」

源氏100114頃)若紫「まみのほどかみのうつくしげにそがれたる末も」

② 結った髪の毛かみかたちまた、それを結うこと。

読本昔話稲妻表紙(1806)三「縫物髪(カミ)もよく仕おぼえつるよし父上消息にてとく聞ぬ


かみ


かみ

【文語】マ行四段活用動詞「かむ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


噛み、咬み

読み方:かみ

マ行五段活用動詞「噛む」「咬む」の連用形である「噛み」「咬み」、あるいは連用形名詞化したもの


醸み

読み方:かみ、さけかみ

【文語】マ行四段活用動詞醸む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上身(かみ)

刀身の上部、刃区(はまち)から切先きっさき)までを指す言葉

かみ

方言 意味
かみ 関東方面(東京)のこと、津軽からだと列車で「上り」に乗車するが、「上:かみ」から由来する


かみ

単語 発音 意味、用例 関連語
かみ かみ 【名】 上手。山側 [辞書記載]
すそ

»仙台弁の発音についてはこちら

かみ

  1. 一般売買行為。〔第四類 言語動作
  2. 普通売買行為を云ふ。

かみ

  1. 見張人のある事又は見張人の居る事。〔埼玉県

カミ

読み方:かみ

  1. 六。〔青物商〕

分類 青物


読み方:かみ

  1. 京都方面。〔第七類 雑纂
  2. 京阪地方のことをいふ。上方の略。〔犯罪語〕
  3. 京都を云ふ。上方かみがた)の意か。
  4. 京都をいう。

分類 犯罪


読み方:かみ

  1. 紙幣を云ふ、転じて「紙買いに行く」と云へば窃盗に行く事を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

香美

読み方
香美かみ

加美

読み方
加美かみ

読み方
かみ

上見

読み方
上見かみ

読み方
かみ

読み方
かみ

カミ

(かみ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 05:59 UTC 版)

カミ(Kami, Cami, Khami)には以下の用法がある。ただしCamiについてはキャミも参照。




「カミ」の続きの解説一覧

かみ

出典:『Wiktionary』 (2020/05/06 12:44 UTC 版)

名詞:上

かみ

  1. そらのある方向地面反対方向。うえ、上方。(現代日本語では「うえ」の方が普通。)
  2. (名詞接続して)坂や川などの上の方、上流の方。
  3. 地名造語成分京都内裏に近い方、京都の中では北の方
  4. 身分とうとい人。
    • から下まで

発音

東京式アクセント カ↘ミ
京阪式アクセント カミ

関連語

派生語
対義語
  • しも
  • した
    かみ」には「しも」が、「うえ」には「した」が対応する。

名詞:髪

かみ

  1. 人間にんげん動物どうぶつあたまにあるの称。かみのけ
  2. 髪型のこと。

発音

東京式アクセント カミ
京阪式アクセント ↗カ↘ミ

語源

関連語

類義語
派生語

翻訳:髪

名詞:神

かみ

  1. 人を超える存在自然現象や偶然の事象つかさどるもの。人が自らの意思行動によってあがらうことのできない存在

    阿米都知乃 可美乎伊乃里弖—

    あめつちの かみをいのりて—

    (『万葉集』第204374大田部荒耳)
  2. (比喩)あることに秀でた人。

発音

東京式アクセント カ↘ミ
京阪式アクセント ↗カ↘ミ

語源

未詳

関連語

派生語

翻訳:神

名詞:官職

かみ大夫・督・役所により異なる)

  1. 古代日本律令制における官職名四等官最上位長官職。
  2. ()特に国司の長に由来するもので、武家官位好んで用いられた。

語源

関連語

名詞:紙

かみ

  1. 木材植物繊維状まで細かく分解した後、絡み合わせて薄く平らにのばして乾燥したもの
  2. じゃんけんで指を全部開いて出すもの。ぱあ。

発音

東京式アクセント カミ
京阪式アクセント ↗カ↘ミ

語源

翻訳:紙

名詞:噛み

かみ【噛み・咬み】

  1. かむこと。
    • 噛みが甘い

発音

東京式アクセント カミ
京阪式アクセント ↗カ↘ミ

語源

「噛む」の名詞

動詞

かみ

  1. 「かむ」の連用形

同音異義語

かみ

名詞:上

かみ

  1. うえ、上方ジョウホウ
  2. 川上かわかみ上流
  3. 京都上方かみがた
  4. 京都で)きたの方。
  5. 身分地位たかい人。
  6. 年上としうえ年長
  7. 上座上席
  8. 冒頭最初
  9. つき前半上旬
  10. むかし以前
  11. 近世語)人のつま
  12. 近世語)(酒屋などの)主人

発音

二拍名詞四類

か↗み

名詞:髪

かみ

  1. かみのけ

発音

二拍名詞三類

平安時代
↘かみ
南北朝時代以降
か↘み

名詞:神

かみ

  1. 神。
  2. ほとけ化身
  3. 天皇
  4. かみなり

発音

二拍名詞三類

平安時代
↘かみ
南北朝時代以降
か↘み

名詞:長官

かみ

  1. 律令制で、四等官最上位









※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



かみと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かみ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

かみのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2021. All rights reserved.
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2021 konnok All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS