このかみとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > このかみの意味・解説 

こ‐の‐かみ【兄/首/氏上】

《「子の上(かみ)」の意から》

長男

「―を箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおひね)の皇子と曰す」〈欽明紀〉

兄。または、姉。

「この男の―も衛府の督(かみ)なりけり」〈伊勢・八七〉

年上の者。年長者

「それが年は、われにこよなく―にぞおはせし」〈宇津保・蔵開中〉

うじのかみ。氏の首長

諸氏の人等、各可(よ)き―を定めて申し送れ」〈天武紀〉

多く人の上に立つもの。かしら。

「その―と思へる上手ども」〈源・若菜下


このかみ

出典:『Wiktionary』 (2019/11/08 15:44 UTC 版)

語源

「こ」(子) + 格助詞「の」 + 「かみ」(上)

名詞

このかみ

  1. あにあね
  2. 長男嫡男
  3. 年上としうえ
  4. 首長実力者

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「このかみ」の関連用語

このかみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



このかみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこのかみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS