近畿地方 交通

近畿地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 06:58 UTC 版)

交通

交通史

畿内は、古墳時代から日本の政治的中心であり続けた地域であり、律令時代には畿内を中心とした放射状交通網(東方の東海道、北東の東山道、北方の北陸道、北西の山陰道、西方の山陽道、南方の南海道)が整備された。江戸時代になると、京都を中心にして、東には東海道中山道(途中、草津宿で分岐)が、西には西国街道が整備された。明治時代になると、大阪市(点)を中心にした放射状交通網が整備され、現在に至っている。

幹線交通網

明治以後の近畿地方の交通網は、概ね大阪を中心にした放射状幹線が整備されている。幹線ルートは、東海道中山道ルート、北陸道ルート、南紀ルート、四国ルート、山陽道ルート、山陰道ルートに大きく分けられる。

鉄道

近畿地方の中心は平野が細長い地形であり、散在する各中心都市間を結ぶ性格も併せて、同じ方向に2つ以上の事業者の路線が並行したり、近接していることが多い。これらの都市間及び近郊からの通勤利用が多く、大阪圏は東京圏に次ぐ運行本数・利用者数となっている。なお、大阪圏では私鉄の通称として「〜線」ではなく「〜電車」が使われる(例:阪急電車、京阪電車)。

近畿地方外からの長距離需要としては主として、中部・関東方面を結ぶ東海道新幹線、中国・九州方面を結ぶ山陽新幹線、名古屋方面を結ぶ近畿日本鉄道の名阪特急などがある。

西日本旅客鉄道(JR西日本)
東海旅客鉄道(JR東海)
大手私鉄
準大手私鉄
中小私鉄
第三セクター鉄道
地下鉄
新交通システム

道路

新名神高速道路
主な幹線道路

空港

関西国際空港

港湾

神戸港



注釈

  1. ^ そもそも「〜地方」といわれる範囲に、法律上の明確な定義はない(総務省)[1]
  2. ^ 日本国語大辞典』、『広辞苑』、『大辞泉』、『大辞林』、『日本大百科全書』といった主要な国語辞典・百科事典も、2府5県を近畿地方の範囲として定義している。
  3. ^ 但し電力安全分野は関西電力の営業区域に準ずる
  4. ^ テレビ大阪(TVO)は本来大阪府内を公式なサービスエリアとしており、NHK大阪(※ラ・テ共通)は独自の規定により2府4県のブロックネットを締結している関係で、このケースには該当しない。また読売テレビ(ytv)は徳島県内に同じ日本テレビ系列四国放送がある関係で徳島県にかかわる報道はほとんどされない。
  5. ^ MBSニュースの公式TwitterABCテレビ報道局の公式Twitterには「近畿と徳島のニュースをお伝えします」「近畿・徳島エリアでの取材活動を行っています」と書かれている。

出典

  1. ^ 「首都圏と関東地方・山梨県を含むか含まないか」『日本経済新聞』(2012年6月16日付、S3面)
  2. ^ 『日本地名大百科』、小学館、1996年、p.408 ISBN 4-09-523101-7
  3. ^ a b c 平成17年度第2回大阪商業大学大学院公開講座 地域とは何か 近畿と関西を通して考える 講演近畿そして近畿地方、金坂清則
  4. ^ 「変態」大学おさらば 近大が英語名変更 でも直訳は…”. 朝日新聞デジタル (2016年4月24日). 2016年10月12日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 「変態」どころではない「過激な性的倒錯」と誤解も 近大が英語発音「キンキ(ー)」にビビった理由”. J-CASTニュース (2014年5月21日). 2016年10月12日閲覧。
  6. ^ a b 英語の「kinky(変態の)」と間違えないで! 「関西」へ名称変更”. 産経WEST (2015年7月21日). 2016年10月12日閲覧。
  7. ^ 関西商工会議所連合会
  8. ^ 2.近畿圏の自然環境の特性”. 国土交通省. 2020年6月15日閲覧。
  9. ^ あくまで観光や地域経済での定義であり、実際は和歌山県全体を指す(「海道伊国」の略)
  10. ^ 阪倉篤義編 (1990)『日本語講座第六巻 日本語の歴史』(大修館書店)の徳川宗賢「東西のことば争い」
  11. ^ 井上文子「関西における方言と共通語」『月刊言語』456号、大修館書店、2009年。





近畿地方と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近畿地方」の関連用語

近畿地方のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



近畿地方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近畿地方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS