日本の道州制論議とは?

道州制

(日本の道州制論議 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/22 09:33 UTC 版)

道州制(どうしゅうせい)とは、文字どおりには、行政区画としてを置く地方行政制度である。府県制市制町村制などにならった用語である。




  1. ^ a b 2006年12月に成立した道州制特区推進法では、北海道沖縄県を除いて「3県以上からなる地方ブロックの全県で構成」という道州の規模基準が、具体的に記載されている
  2. ^ https://www.doshusei.com/%E9%81%93%E5%B7%9E%E5%88%B6%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E9%81%93%E5%B7%9E%E5%88%B6%E3%81%A8%E3%81%AF/
  3. ^ 松本英昭監修、地方自治制度研究会編『道州制ハンドブック』ぎょうせい、2006年、110項
  4. ^ 行政制度審議会官製廃止ノ件、官報1929年07月02日
  5. ^ 『官報』1940年5月20日。
  6. ^ 長周新聞 (2002年7月6日). “戦時国家作りの市町村合併 地方自治の形もなくす”. 2007年9月13日閲覧。
  7. ^ 宮城県道州制推進知事・指定都市市長連合の概要 (2013年7月30日). “道州制推進知事・指定都市市長連合名簿”. 2013年11月16日閲覧。
  8. ^ 山陽新聞 2006年10月18日付記事
  9. ^ 山陽新聞 (2007年1月18日). “全国知事会の主な発言 道州制”. 2007年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ a b c 茨城新聞 2006年3月5日付2頁
  11. ^ 福島民友 2006年3月1日付1頁
  12. ^ 福島民報 2006年3月5日付5頁記事
  13. ^ 福島県議会議事録 2006年2月23日
  14. ^ 中日新聞、第23103号、中日新聞社、2007年1月1日、12版、3項。
  15. ^ 日本海新聞 (2006年2月28日). “やがて来る大波 -姿見せ始めた道州制-”. 2007年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 福井新聞 2007年1月19日付記事
  17. ^ 共同通信 (2018年10月15日). “自民、総裁直属5機関を廃止”. 2018年10月22日閲覧。
  18. ^ a b c d e 日本経済団体連合会 2007, pp. 65-68.
  19. ^ 道州制推進連盟
  20. ^ 地図
  21. ^ 愛知県 平成18年度道州制シンポジウム 川勝平太による基調講演「未来からのシナリオ -道州制の行方-」
  22. ^ 北海道開発局. “産業連関表による公共投資のフロー効果分析”. 2007年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 北海道は道州制が施行されても「北海道」がなくなるわけではなく、単に権限が大きくなるだけなので、本州よりも道州制反対運動が少ない。
  24. ^ 日本地方自治研究学会 2006年8月27日
  25. ^ 「2030年に向けた東北ビジョン」の策定について”. 東北経済連合会 (2007年9月10日). 2007年9月13日閲覧。
  26. ^ 「道州制」仙台市民の意識調査”. 東日本リサーチセンター. 2008年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。 ただし、調査対象の75%の市民が道州制に関心を持っておらず、道州制の認知度も「知らなかった」が55.9%で最も多く、「道州制の言葉だけは見聞きしたことがある」が29.9%と、枠組みの良し悪しの判断材料となる情報も浸透していない。
  27. ^ 朝日新聞 2010年4月27日付記事
  28. ^ 北日本新聞社 県政世論調査[リンク切れ]賛成8.0%、どちらかといえば賛成12.9%、どちらかといえば反対23.4、反対18.8%、分からない31.9%、無回答5.0% 2007年8月に1200人を対象に調査
  29. ^ 福井新聞 2006年3月2日付記事[リンク切れ]
  30. ^ 福井新聞 2006年3月6日付記事[リンク切れ]
  31. ^ 「中部州」めざせ 中経連、道州制の具体像提言
  32. ^ 関西経済連合会「関西州(産業再生)特区構想」2004年6月30日。参加団体:関西経済連合会、関西経済同友会関西経営者協会京都商工会議所大阪商工会議所神戸商工会議所
  33. ^ 道州制との関係 〜待ったなしの分権改革〜 - 関西広域連合設立案”. (公式ウェブサイト). 関西広域連合. 2013年8月21日閲覧。
  34. ^ 日本経済新聞など 2007年9月22日付記事
  35. ^ “中四国州の推進削除 岡山県”. 中国新聞. (2013年8月30日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308300046.html 2013年9月23日閲覧。 
  36. ^ 国土交通省 (2006年1月18日). “国土交通省国土審議会 第4回圏域部会資料 2006年1月18日2頁 (PDF)”. 2007年9月13日閲覧。
  37. ^ 読売新聞 2007年1月5日付記事より。
    「関門特別市」を創設する意義について、「道州制の話もあり、新たな枠組みを議論する時期に来ている」と、末吉興一・北九州市長(当時)が発言し、「道州制で両市が分断されることに危機感を持っている」と、江島潔・下関市長も発言している。しかし、「下関が小倉に呑み込まれてしまう」と危惧する声も、とりわけ下関に根強い。これらの詳細は 関門通信 2007年2月28日付記事 も参照すること。
    なお、「熱論・合州国家日本」に掲載されている平松守彦・前大分県知事の「九州府」の区割り案は、関門海峡で線引きされている。
  38. ^ 福岡県庁 (2006年10月24日). “九州地域戦略会議『道州制に関する答申』 (PDF)”. 2010年4月30日閲覧。
  39. ^ ヘリパッド移設反対に関する会見(伊波洋一糸数慶子上村英明)、日本外国特派員協会、2016年9月14日。
  40. ^ 琉球新報Web版2006年9月28日付
  41. ^ 平松守彦; 大前研一、江口克彦 『「熱論」合州国家・日本』 PHP研究所1998年ISBN ISBN 4569602339 
  42. ^ 奥野誠亮著「都道府県合併促進論」より。
  43. ^ 道州制の必要性(地方分権の推進) 九州知事会 作成日不明 2008年3月7日閲覧
  44. ^ 塩沢由典『関西経済論』晃洋書房、2010、第5章「道州制について」第6節「道州制でなにが変るか」。
  45. ^ 絶望のスペイン Klug 2012年09月05日
  46. ^ 森田朗 「【オピニオン】★道州制論議-見落とされた論点」『iJAMP』2006年5月31日、時事通信。
  47. ^ a b 北日本新聞 (2006年7月16日). “道州制、石井知事に聞く”. 2007年9月13日閲覧。
  48. ^ 道州制は何が問題か、全国町村会、2012年11月。
  49. ^ 山陰中央新報 (2007年1月22日). “論説 : 道州制の統一見解/知事会は住民の声を聴け”. 2007年9月13日閲覧。
  50. ^ 福島県庁 (2006年11月15日). “福島県知事会見録”. 2007年9月13日閲覧。
  51. ^ 日本海新聞 (2006年7月14日). “「道州制」結論先送り 片山知事、北海道特区を批判”. 2007年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  52. ^ 松本英昭監修、地方自治制度研究会編『道州制ハンドブック』ぎょうせい、2006年、56項
  53. ^ 歴史的由来による差異が地方自治法施行以前にはあった。詳細は都道府県#歴史を参照
  54. ^ 読売新聞 2007年4月17日付より。作家の猪瀬直樹は、特別区を「東京DC特区」とする構想を出している。
  55. ^ 関西経済連合会 (2004年6月30日). “関西州(産業再生)特区構想”. 2007年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  56. ^ 例えば、2015年(平成27年)国勢調査によると、常住地による就業者・通学者数のうち市外で就業・通学する者の人口、及び従業地・通学地による就業者・通学者数のうち市外から通勤・通学する者の人口についての双方とも、大牟田市については荒尾市が、荒尾市については大牟田市がそれぞれ最も多くなっている。
  57. ^ a b 国土交通省. “国土審議会第7回圏域部会配付資料-地方公共団体、経済団体からの意見聴取結果まとめ 2006年4月19日 1頁、10頁、20頁、27頁 (PDF)”. 2007年9月13日閲覧。
  58. ^ 国土交通省. “国土交通省国土審議会 第4回圏域部会資料 2006年1月18日2頁 (PDF)”. 2007年9月13日閲覧。
  59. ^ たとえば京都市は、永きにわたって日本国家の首都の座を保持していた(日本の首都についての議論は「日本の首都#多様な首都の認識」の項を参照)。
  60. ^ 山陰中央新報 2007年9月27日付 「出先機関廃止にゼロ回答 省庁側『国の責任』主張」
  61. ^ 北日本新聞 (2007年1月21日). “財政力格差、拡大の恐れ 道州制導入で県試算”. 2007年9月13日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の道州制論議」の関連用語

日本の道州制論議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の道州制論議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道州制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS