西南戦争 背景

西南戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 07:11 UTC 版)

背景

近因(私学校と士族反乱)

明治六年政変で下野した西郷は1874年(明治7年)、鹿児島県全域に私学校とその分校を創設した。その目的は、西郷と共に下野した不平士族たちを統率することと、県内の若者を教育することであったが、外国人講師を採用したり、優秀な私学校徒を欧州へ遊学させる等、積極的に西欧文化を取り入れており、外征を行うための強固な軍隊を創造することを目指していた。やがてこの私学校はその与党も含め、鹿児島縣令大山綱良の協力の元で県政の大部分を握る大勢力へと成長していった。

一方、近代化を進める中央政府1876年(明治9年)3月8日に廃刀令、同年8月5日に金禄公債証書発行条例発布した。この2つは帯刀俸禄の支給という旧武士最後の特権を奪うものであり、士族に精神的かつ経済的なダメージを負わせた。これが契機となり、同年10月24日に熊本県で「神風連の乱」、10月27日に福岡県で「秋月の乱」、10月28日に山口県で「萩の乱」が起こった。日当山温泉にいた西郷はこれらの乱の報告を聞き、11月、桂久武に対し書簡を出した。この書簡には士族の反乱を愉快に思う西郷の心情の外に「起つと決した時には天下を驚かす」との意も書かれていた。ただ、書簡中では若殿輩(わかとのばら)が逸(はや)らないようにこの鰻温泉を動かないとも記しているので、この「立つと決する」は内乱よりは当時西郷が最も心配していた対ロシアのための防御・外征を意味していた可能性が高い。その一方で1871年(明治4年)に中央政府に復帰して下野するまでの2年間、上京当初抱いていた士族を中心とする「強兵」重視路線が、四民平等廃藩置県を全面に押し出した木戸孝允大隈重信らの「富国」重視路線によって斥けられたことに対する不満や反発が西郷の心中に全く無かったとも考えられない。とはいえ、西郷の真意は今以て憶測の域内にある。

他方、私学校設立以来、政府は彼らの威を恐れ、早期の対策を行ってこなかったが、私学校党による県政の掌握が進むにつれて、私学校に対する曲解も本格化してきた。この曲解とは、私学校を政府への反乱を企てる志士を養成する機関だとする見解である。そしてついに、1876年(明治9年)内務卿大久保利通は、内閣顧問木戸孝允を中心とする長州派の猛烈な提案に押し切られ、鹿児島県政改革案を受諾した。この時、大久保は外に私学校、内に長州派という非常に苦しい立場に立たされていた。この改革案は鹿児島県令大山綱良の反対と地方の乱の発生により、その大部分が実行不可能となった。しかし、実際に実行された対鹿児島策もあった。その一つが1877年(明治10年)1月、私学校の内部偵察と離間工作のために警視庁大警視川路利良中原尚雄以下24名の警察官を、「帰郷」の名目で鹿児島へと派遣したことである。私学校徒達はこれを不審に思い、その目的を聞き出すべく警戒していた。

赤龍丸と弾薬掠奪事件

1月29日、政府は鹿児島県にある陸軍省砲兵属廠にあった武器弾薬を大阪へ移すために、秘密裏に赤龍丸を鹿児島へ派遣して搬出を行った[3]。この搬出は当時の陸軍が主力装備としていたスナイドル銃の弾薬製造設備の大阪への搬出が主な目的であり、山縣有朋大山巌という陸軍内の長閥と薩閥の代表者が協力して行われたことが記録されている[4][5][6]

陸軍はスナイドル銃を主力装備としていたが、その弾薬は薩摩藩が設立した兵器・弾薬工場が前身である鹿児島属廠で製造され、ほぼ独占的に供給されていた[7]

後装式(元込め)のスナイドル銃をいち早く導入し、集成館事業の蓄積で近代工業基盤を有していた薩摩藩は、オランダ商社を通じて、イギリス製のパトロン(薬莢)製造機械を輸入し、1872年(明治5年)の陸軍省創設以前からスナイドル弾薬の国産化に成功していた唯一の地域だった[8]

現存するボクサーパトロン10発入りパッケージ(左)と同弾薬の断面

火薬弾丸雷管さえあれば使用できる前装式銃と異なり、後装式のスナイドル銃の弾薬(実包)は真鍮を主材料として水圧プレスで成型される基部を持った薬莢が不可欠で、これが無ければ銃として機能しない。

薬莢基部は単純な構造であるため、個人レベルの量であれば家内生産で製造できなくもないが、小規模とはいえ軍が戦闘で使用する量を確保するには専用の大量生産設備が不可欠であり、同様の設備は当時の日本国内には存在していなかった。こうした工業基盤の有無も、一地方に過ぎない鹿児島と中央政府の力関係を均衡させていた主要因の一つだった。

また、旧薩摩藩士の心情として、鹿児島属廠の火薬・弾丸・武器・製造機械類は藩士が醵出した金で造ったり購入したりしたもので、一朝事があって必要な場合、藩士やその子孫が使用するものであると考えられていたこともあり[9]、私学校徒は中央政府が泥棒のように薩摩の財産を搬出したことに怒るとともに、当然予想される衝突に備えて武器弾薬を入手するために、夜、草牟田火薬庫を襲って武器類を奪取した。この夜以後、連日、各地の火薬庫が襲撃され、俗にいう「弾薬掠奪事件」が起きた。

スナイドル弾薬の製造設備を失ったことは、薩摩を象徴する新兵器だったスナイドル銃が無用の長物と化し、すでに旧式化していた前装式のエンフィールド銃で戦わなければならなくなったことを意味しており、後装式と前装式の連射速度の違いがもたらす決定的な戦力差を戊辰戦争に従軍した西郷はじめ多くの薩摩士族達は、実体験を通じて良く理解していた。[要出典]

2月2日、政府側は赤龍丸に弾薬400箱を積んで鹿児島から撤退させたが、私学校側の弾薬接収にはほぼ無抵抗であり、この際に私学校青年により約84000発の弾薬と多数の小銃が接収された。また私学校側ではこれ以外にも弾薬の備蓄を行っており、西南戦争を通じて薩摩軍が使用できた弾薬は約300万発ともいわれる。後述の柳原前光が勅使として鹿児島入りした際、鹿児島でスナイドル銃の弾薬約30万発や、弾薬の原料が多く残っているのを発見し、「薩摩側は1年は戦える備えがあった」と述べている[10]

西郷隆盛暗殺計画

1月30日、私学校幹部の篠原国幹河野主一郎・高城七之丞ら七名は会合し、谷口登太に中原ら警視庁帰藩組の内偵を依頼し、同日暮、谷口報告により中原らの帰郷が西郷暗殺を目的としていることを聞いた[注釈 5]

篠原・淵辺群平池上四郎・河野主一郎ら私学校幹部は善後策を話し合い、小根占で狩猟をしていた西郷隆盛の元に彼の四弟の西郷小兵衛を派遣した。また、弾薬掠奪事件を聞き、吉田村から鹿児島へ帰ってきた桐野利秋は篠原国幹らと談合し、2月2日に辺見十郎太ら3名を小根占へ派遣した。

西郷小兵衛と辺見から弾薬掠奪事件の顛末を聞いた西郷は「ちょしもたー」(しまった)との言葉を発し[注釈 6]、暗殺計画の噂で沸騰する私学校徒に対処するため鹿児島へ帰った。帰る途中、西郷を守るために各地から私学校徒が馳せ参じ、鹿児島へ着いたときには相当の人数に上っていた。

2月3日、私学校党は中原ら60余名を一斉に捕縛し、苛烈な拷問が行われた結果、川路大警視が西郷隆盛を暗殺するよう中原尚雄らに指示したという「自白書」がとられ、多くの私学校徒は激昂して暴発状態となった[注釈 7]

西郷軍の結成と出発

明治政府が大綱に掲げた「新政厚徳」(「しんせいこうとく」厚き徳をもって新しい政をなす)をスローガンに用いた薩軍
挿絵「西郷隆盛とその将兵たち、西南戦争にて」
フランス新聞雑誌ル・モンド・イリュストレ』1877年刊行号[注釈 8]に掲載された速報記事の挿絵。
フランスの挿絵画家の手になるもので、西洋式の軍服を纏って椅子に腰掛ける中央の人物が、伝え聞きに基いて描かれたのであろう西郷隆盛。取り巻きがことごとく古風な重装備の武者姿なのは、フランス人の想像である。

2月4日夜、小根占から帰った西郷は幹部たちを従え、旧厩跡にあった私学校本校に入った。翌5日、私学校幹部および分校長ら200余名が集合して大評議が行われ、今後の方針が話し合われた。

別府晋介と辺見は問罪の師を起こす(武装蜂起)べしと主張したが、永山弥一郎は西郷・桐野・篠原の三将が上京して政府を詰問すべしと主張した。この永山策には山野田一輔・河野主一郎が同調した。しかし、池上は暗殺を企む政府が上京途中に危難を加える虞れがあると主張して反対した。そこで村田三介は三将に寡兵が随従する策を、野村忍介は野村自身が寡兵を率いて海路で小浜に出て、そこから陸路で京都に行き、行幸で京都にいる天皇に直接上奏する策を主張した。

こうして諸策百出して紛糾したが、座長格(西郷を除く)の篠原が「議を言うな」と一同を黙らせ、最後に桐野が「断の一字あるのみ、…旗鼓堂々総出兵の外に採るべき途なし」と断案し、全軍出兵論が多数の賛成を得た。永山はこの後も出兵に賛成しなかったが、桐野の説得で後日従軍を承知した。

2月6日、私学校本校に「薩摩本営」の門標が出され、従軍者名簿の登録が始まった。この日、西郷を中心に作戦会議が開かれ、小兵衛の「海路から長崎を奪い、そこから二軍に分かれて神戸・大阪と横浜・東京の本拠を急襲」する策、野村忍介の「三道に別れ、一は海路で長崎に出てそこから東上、一は海路から豊前豊後を経て四国・大阪に出てそこから東上、一は熊本佐賀福岡を経ての陸路東上」する策即ち三道分進策が出されたが、小兵衛・野村忍介の策は3隻の汽船しかなく軍艦を持たない薩軍にとっては成功を期し難く、池上の「熊本城に一部の抑えをおき、主力は陸路で東上」する策が採用された[注釈 9][注釈 10]

2月8日に部隊の編成が開始された。2月9日、西郷の縁戚川村純義海軍中将が軍艦に乗って西郷に面会に来たが、会うことができず、県令大山綱良と鹿児島湾内の艦船上で会見した。このときに大山がすでに私学校党が東上したと伝えたため、川村は西郷と談合することをあきらめて帰途につき、長崎に電報を打って警戒させた[11]。一方、鹿児島では2月9日に鹿児島県庁に自首してきた野村綱から、「大久保から鹿児島県内の偵察を依頼されてきた」という内容の自供を得て、西郷暗殺計画には大久保利通も関与していたと考えられるに至った。

西郷軍では篠原が編成の責任者となり、桐野が軍需品の収集調達、村田新八が兵器の調達整理、永山弥一郎が新兵教練、池上が募兵をそれぞれ担当し、12日頃に一応の準備が整えられた。募兵、新兵教練を終えた薩軍では2月13日、大隊編成がなされた(隊長の正式名称は指揮長。一般に大隊長と呼ばれた。副長役は各大隊の一番小隊長が務めた)。

いずれの大隊も10箇小隊、各小隊約200名で、計約2,000名からなっていたが、加治木外4郷から募兵し、後に六番・七番大隊と呼ばれた独立大隊は2大隊合計約1,600名で、他の大隊に比べ人員も少なく装備も劣っていた。この外、本営附護衛隊長には淵辺がなり、狙撃隊を率いて西郷を護衛することになった。

2月14日、私学校本校横の練兵場[注釈 11]で、騎乗した西郷による一番〜五番大隊の閲兵式が行われた。別府晋介が率いる独立大隊はこれに参加せず、先鋒として加治木より熊本へ向けて進発している[13]。翌15日、60年ぶりといわれる大雪の中、薩軍は鹿児島から熊本方面へ進発した(西南の役開始)。17日には西郷も桐野と共に発し、加治木・人吉を経て熊本へ向かった。これを見送りに行った桂久武は貧弱な輜重への心配と西郷への友義から急遽従軍し、西郷軍の大小荷駄本部長(輜重隊の総責任者)となった。一方、鹿児島から帰京した川村中将から西郷軍の問罪出兵の報を得た政府は2月19日、鹿児島県逆徒征討の詔を発し、正式に西郷軍への出兵を決定した。

征討軍派遣

西郷軍を討つために横浜港から発つ帝国陸軍(1877年)

大山綱良は山口県兵庫県などの他県に西郷軍の宣伝文を届ける専使を長倉訒に命じる。長倉は2月10日に鹿児島を出たが、同年2月14日に福岡県久留米で逮捕される。

薩軍が熊本城下に着かないうちにすでに政府側は征討の詔を出し、薩軍の邀撃(ようげき)に動き出していた。薩軍が鹿児島を発したのが2月15日で、熊本城を包囲したのが21日。対して政府が征討の勅を出したのが2月19日であった。つまり薩軍が動き出してわずか4日で、熊本城を包囲する2日前だった。このことから明治政府の対応の速さの背景には電信などの近代的な通信網がすでに張り巡らされていたことが分かる[注釈 12]

熊本鎮台でも西郷たちが鹿児島を発した2月14日の夜、指揮官たちを招集しての作戦会議が行われ、全軍による熊本城籠城が決定される。会議に参加した小倉の歩兵第14連隊長(心得)乃木希典少佐にも部隊を率いて熊本城に入城する様指示が出され、乃木は17日夜に小倉に帰還、準備を開始している[14]

明治政府は有栖川宮熾仁親王鹿児島県逆徒征討総督総司令官)に任じ、実質的総司令官になる参軍(副司令官)には山縣有朋陸軍中将と川村純義海軍中将を任命した。これは、カリスマ的指導者である西郷に対抗して権威のある貴種を旗印として用いるためと、どちらか一方を総司令官にせずに、同じ中将の2人を副官に据えることで陸軍と海軍の勢力争いを回避するためであった。

また、薩摩・長州の均衡をとって西郷の縁戚である川村を加えて薩摩出身者の動揺を防ぐ等の意も含まれていた。山縣有朋もかつて西郷の元で御親兵・陸軍省創設のために働いており、鹿児島私学校徒を激昂させた鹿児島スナイドル弾薬製造設備の搬出では薩摩閥の大山巌に協力するなど、薩摩閥内部の西郷vs大久保の争いに長州閥が便乗する構図となっていた。

当初、第1旅団(野津鎮雄少将)・第2旅団(三好重臣少将)・別働第1旅団(高島鞆之助大佐)・別働第2旅団(山田顕義少将)の外に川路利良少将兼大警視が率いる警視隊(後に別働第3旅団の主力)などが出動し、順次、他の旅団も出動した。中でも臨時徴募巡査で編成された新撰旅団は士族が中心の旅団で、その名称から新撰組が再編成されたと誤認されたりした(実際に元新撰組隊士も所属していた[注釈 13])。

台湾出兵時に西郷従道が装備したガトリング砲も九州へ送られる[15][16]など、徴兵で構成された政府軍は精強な薩摩士族相手に戦うために、相当な意気込みを見せたが、一番肝心な歩兵銃の弾薬調達でトラブルが発生していた。

開戦原因の一つとなった鹿児島属廠のスナイドル弾薬製造設備は、2月13日に大阪砲兵工廠に設置された[6]が、鹿児島から搬出した際に部品の不備や破損が生じていたため、稼働させるには修理と部品の追加購入が必要となった。また各鎮台から九州への本格的な動員が開始されると膨大な量の弾薬が必要となり[17]、6,000発/日程度の生産数では焼け石に水の効果しかないことが明らかだったため、更なる増産が図られて弾丸用の鉛溶解炉や雷管製造所を併設した新工場が建設された[18]

スナイドル銃が陸海軍に制式採用されてから以降、その弾薬供給が鹿児島属廠に独占されていたため、重要拠点である東京・大阪の鎮台兵には、後装式ながら紙製薬莢を使うツンナール銃(ドライゼ銃)を装備した兵が多かった[注釈 18]が、ツンナール銃とスナイドル銃は全く違う弾薬を使用していた。

補給の混乱を防ぐために、陸軍省は九州へ派遣される兵の装備をいったんスナイドル銃に統一させてから送り出していた[19]が、動員規模が拡がるにつれて早くも3月にはスナイドル弾薬500万発の備蓄を使い果たして弾薬が欠乏した。この時期、九州では依然として激戦が続いており、更に1,800万発の調達が必要と見積もられていた[17][20]こともあって、大量の弾薬在庫が残されていたツンナール銃を九州に送る案が検討され[21]、実際に和歌山(旧紀州藩)の臨時召集部隊は藩兵時代から使い慣れたツンナール銃装備のまま九州へ派遣されたほか、大阪鎮台の医歩兵など後方部隊もツンナール銃を装備して派遣されていた[22][23]

この他にも、後に村田銃の開発で有名になった村田経芳が、旧幕府から引き継がれたシャスポー銃を、スナイドル銃とは別の金属薬莢を用いる弾薬用に改造しようと計画[24]するなど、さらに補給を混乱させかねない事態が進行していた。

スナイドル弾薬の調達を担当した陸軍省の西郷従道と原田一道は、大量の弾薬を調達すべく、海軍省から弾薬製造設備を借り受け[25]たり、外国商人から空薬莢500万個の購入を計画[26]したり、あるいは清国から弾薬を借り受けたり[27]と、前線で戦う兵士達の火力を支える弾薬調達に東奔西走した。

薩軍に投降を促す官軍のビラ「官軍に降参する者はころさず(殺さず)」

注釈

  1. ^ 「砲第五号 砲兵支廠鹿児島属廠設置之スナイトル弾薬器械其廠ヘ備附其廠ニ於テ製作可致此旨相達候事但入費之儀ハ其廠額金之内ヲ以取計 追而不足之節可申出事 十年一月八日 陸軍卿山県有朋」
  2. ^ 「局三四号 砲兵支廠ニ於テスナイトル弾薬製作之義ニ付伺 スナイトル弾之義是迄砲兵支廠ニ於テ製造不致処第二方面内歩工兵員三分ノ二ヲ過キ同銃携帯致居候ニ付当今、鹿児島属廠制作之同弾ヲ以支廠送付致シ然ル後再ヒ各地江配賦致有之候右ハ隔他之場処運搬致候益之矢且緩急之際不都合不少候ニ付左之迄御決定御指令相成度御達案相添此段相伺候也 第三局長代理 十年一月八日陸軍大佐福原実二 陸軍卿山縣有朋殿伺之通 一月十日但入動廠 額金内点報 多少 通御達相成度候也 小砲兵支廠御達案 鹿児島属廠設置之スナイトル弾業器械其廠備付」
  3. ^ 「参第二百六十号副 第三坤天式十壱号 至急局百二十三号 スナイトル弾製造器械砲兵支廠江御備附之義伺 一スナイトル弾製造器械一基 但一日六千発製出之分 右砲兵本廠ニ備附之分砲兵支廠江送達同廠ニ於テ右弾製作致候様仕度御達案相添此段相伺候也 十年二月十三日 第三局長代理陸軍大佐福原實 陸軍卿代理 陸軍少輔大山巖殿 伺之通相達候事 二月十三日 砲兵本廠江御達案 一スナイトル弾製造器械一基 右砲兵支廠江備附右弾製作可為致ニ付其廠在来之器械至急同廠江送達可取計此旨相達候事 砲兵支廠江御達案 一スナイトル弾製造器」
  4. ^ 「候間至急御返却有之度猶及御掛合候也 壬申七月十三日 大蔵省 陸軍省御中 第七百二十三号 スナイトル銃空包 六万四百八拾発 入箱式拾壱個 但壱箱弐千八百八十宛 右陸軍省御用ニ付可差出旨於此県西郷少輔殿ヨリ致承知今般有功鑑ヘ積入差廻候間着船之上御請取相成度荷作其他本艦迄運送入費ハ当処会計掛ヨリ明細書差出候間急便御差送候被下度此段御伺申上候也 壬申六月廿六日 鹿児島県 大砲製造所 陸軍省秘史局御中 第七百二十四号 城地御伺之義ニ付申上書 陸省官員出張ヲ以御取調有之候福島城之義委詳別紙之通当四月中相伺置候」
  5. ^ その後捕縛された中原らが西郷暗殺計画を“自白”したため、興奮した私学校徒の多くは暗殺計画の実在を疑いもなく信じたが、谷口が暗殺計画と思い込んだのは「西郷を“しさつ”するために戻ってきた」との中原の言葉であり、冷静な人間であれば“視察”と聞こえる言葉を、中原に疑いを持って対していた谷口が“刺殺”と聞いたのではないか?、と後に山縣有朋は推測している。当の谷口登太は薩軍壊滅後も生き残り、逮捕・投獄された後も鹿児島で暮らし、昭和8年に没するまで西郷暗殺計画について何も語らなかったと伝えられている。
  6. ^ 西郷が発した「ちょしもたー」の言葉の意味については、西郷が決起に慎重だった、前向きだった、と考える双方の立場によって意見が分かれている部分である。決起に慎重だったとする立場からは、私学校徒の暴発を止められなかったことへの率直な後悔の念を現した、と取られている。一方で、決起に前向きだったとする立場からは、油断を突かれて政府に武器弾薬と設備を持ち去られたことへの憤懣を現した、と取られている。この時の西郷の心情を示す資料や証言は何も残っておらず、後世の人間には推察することしかできない。
  7. ^ 激しい拷問を加えられた中原だったが、3月10日に海路鹿児島に入った勅使柳原前光の一行に救出されて東京に移送された。後に高知県警部長山梨県警部長福岡県警部長を務めた。
  8. ^ 何月何日号かは不明。
  9. ^ 『新編西南戦史』等では池上策が採られたとされているので、それに従ったが、川尻軍議で池上の主力東上・一部抑え策と篠原の全軍強襲策が対立し、後者に決していることから推せば、この時の結論はむしろ漫然とした陸路東上策であった可能性が高い。川尻に先着した別府晋介に熊本隊の池辺吉十郎が策を尋ねた時に、別府が策は無しと答えたと熊本隊の『戦袍日記』に記していることがこれを証している。
  10. ^ 決起当初の薩軍が長崎奪取を重視したのは、当時の長崎が日本最大の国際貿易港だったことと関係がある。日本向けの貨物は上海香港から長崎へいったん送られ、そこから日本国内各港向けに振り分けられていた。旧式装備しか持っていなかった薩軍だったが、日本陸軍といえども多くの武器・弾薬を輸入に頼っており、輸入港が押さえられてしまえば短期間で陸軍の戦力は低下する上に、長崎の豪商達から献金を誘えば、薩軍が政府軍を圧倒できるだけの装備を入手することも可能だった。また、1871年(明治4年)に上海との間に海底ケーブルによる電信が開通しており、日本と海外の間の電信も全て長崎を経由して送受信されていたため、長崎を抑えれば日本と海外との交通・通信を完全に掌握できた。このため、薩軍は長崎制圧の拠点としての熊本城奪取に固執して、当初の戦争目的である関門海峡を渡って東上する好機を逸し、攻城戦と野戦に戦力を分散させて、自ら敗北するきっかけを作ってしまった。
  11. ^ 旧厩跡にあった私学校横の旧牧場。『新編西南戦史』、『翔ぶが如く』など、閲兵が行われた練兵場を伊敷練兵場としているものが多いが、いずれも誤りである[12]
  12. ^ 日本で最初の電信は1869年(明治2年)、築地横浜居留地間を結び、上海 - 長崎間に海底ケーブルが敷設され諸外国との電信が開通したのは1871年(明治4年)のことであった。欧州においては普仏戦争に際してプロイセン軍が野戦電信網を構築・活用しており、その軍事的価値は広く知られていた。1874年(明治7年)佐賀の乱においてすでに日本陸軍・政府は電信による情報伝達を行っており、逃亡した江藤新平は自らが司法卿だった時に構築した電信による全国警察網によって逮捕されている。また同年の台湾出兵に際しても、日本陸軍は後備部隊として電信兵を伴っており、前線からの報告は逐次大阪・東京に伝えられていた。
  13. ^ 谷口四郎兵衛、関川代次郎
  14. ^ 「砲第九十八号 カットリング弐門以下福岡エ差送ノ儀ニ付伺 南ノ関出張先福原大佐ヨリ別紙ノ通電報有之候ニ付申越ノ通可差送候哉此段相伺候也 明治十年三月四日 砲兵本廠提理陸軍大佐大築尚志 陸軍卿殿代理陸軍少将西郷従道殿 伺ノ通 但臼砲二門榴弾百発焼弾百発木管属具共並ニカットリング砲二門弾薬六千五百発至急送達可致事 三月五日」
  15. ^ 「陸第千百七十五号 甲第七十四号 至急砲弐百六十八号 大坂支廠ヨリ電報之儀ニ付伺 別紙之通昨夕大坂支廠ヨリ電報有之候ニ付当廠在庫品取調候処一舶用ブロートヱル属品共弐門一同弾信管共四百発一ガットリング車台属品共壱門同弾弐万発クルツプ榴弾信管共弐千発右之通有之候ニ付申越之通船便次第送方取計可申哉此段相伺候也 明治十年五月廿一日 砲兵本廠提理陸軍大佐大築尚志 陸軍卿殿代理 陸軍少将井田譲殿 追テ猶又只今別紙乙印之通ヱンヒール火門針及ヒ換壱門之儀モ申越候是又申越之通相送可申哉此段モ添テ申進候也 伺之通 五月〜」
  16. ^ 「局第三百五十八号 スナイトル弾薬材料御買上之義ニ付伺 金六万三千三百三十三円九十銭 但スナイトル弾薬製造材料之内鉄座用細鉄並原導クランカン御買上費 右者スナイトル弾薬五百万発製造之義先般御達相成候所貯納弾薬追而欠乏相成候二付更ニ千八百万発製造致度候所前書之材料者砲兵本廠ニ於テ製作難相成品二付兼而欧州江候文不相成候半而ハ至急之需用ニ応シ難ク候間御買上相成候様仕度此段相伺候也 十年三月二十三日 第三局長代理陸軍大佐原田一道 陸軍卿代理陸軍中将西郷従道殿 伺之通 三月二十四日」
  17. ^ 「砲第百七号 スナイドル弾薬製造所其他建築費及ビ器械修理費御渡ノ儀ニ付伺 一金三千円 但スナイドル弾薬製造所鉛熔解所雷管製造所粉剤調合所建築費及ビ火工器械補欠並修理費 右ハ今般砲兵本廠ヨリスナイドル弾薬製造機械送達相成候ニ付テハ製造着手致度候条別書ノ金員別途御払渡相成候熔致度此段至急相伺候也 明治十年三月七日 砲兵支廠提理御用取計兼勤陸軍中佐関廻教陸軍卿代理陸軍中将西郷従道殿 伺ノ通 但追テ明細書ヲ以報告可致候事 三月十四日〜」
  18. ^ ツンナール銃(ドライゼ銃)は、スナイドル銃より先進的なボルトアクション式後装銃だったが、使用する弾薬が紙製薬莢であるため、スナイドル銃用の金属薬莢よりも雨や湿気に弱い点と、メンテナンスを怠るとガス漏れが発生する点が欠点と考えられていた。同時に、維新後に徴兵制とプロシア式陸軍を創設して台頭した紀州藩がツンナール銃を主装備として、自力で工廠まで建設して弾薬や付属品を大量生産していたことから、英仏陸軍を範として成長して来た薩長閥の軍人達はツンナール銃の使用を忌避し、大量の弾薬在庫がありながら1885年(明治8年)の時点で二線級装備に格下げされていた。
    陸軍軍政年報(明治八年の項より)
    「第五 砲兵事務 (明治八年)九月ヨリ官員ヲ派出シ長門国萩沖原ニ於テ「エンピール」統ヲ「アルミー」銃ニ改造ヲ始ム 「スナテトル」弾製造器械来着セリ(八年九月)此器械ヲ用ユルキハ大凡一日五万発ノ弾ヲ製造スルコトヲ得ル〜和歌山属廠ハ(当)時「ツンナール」ヲ用ヒサル因ヲ閉廠〜」
  19. ^ 「東四十八号 其@歩兵第二連隊第二大隊之内三中隊昨年@大阪鎮台@携帯スナイトル致ツンナール銃与交換出征@戦地ヨリ@ニ本営へ引揚@付@引渡方@五第三千十七号大阪鎮台伺出@之通及指令候条@心得此旨相達候事 明治十一年二月十二日 陸軍卿山県有朋 東京鎮台 別紙@大九十四号」
  20. ^ 「砲第百三十八号 一金六万三千三百三十三円九十銭 但スナイトル弾薬製造材料座鉄用細鉄並厚薄グランカン買入代価 右スナイトル弾薬千八百万発製造可致ニ付前書ノ金員別途相渡候条於其廠欧州ヘ注文材料買入方可取計此旨相達候事 三月二十五日 陸軍卿代理陸軍中将西郷従道 砲兵本廠」
  21. ^ 「局第三百七十四号 ツンナール銃及弾薬共砲兵支廠江送附之儀ニ付伺 一ツンナール銃 千三百三十挺 但弾薬盒帯革剣差共 一同弾薬 百九十五万七千発 右者砲兵本廠貯蔵之分砲兵支廠江送附為致候様仕度御達案相添此段相伺候也 第三局長代理 明治十年三月三十一日 陸軍大佐原田一道 陸軍卿代理 陸軍中将西郷従道殿 砲兵本廠御達案 一ツンナール銃 千三百三十挺 一同弾薬 百九十五万七千発 右者其廠貯蔵之分前行之通砲兵支廠江送附可致此旨相達候事 砲兵支廠ヘ御達案 一ツンナール銃 千三百三十挺 一同弾薬 百九十五万七千発」
  22. ^ 「五@千六百三十一号 第三伸@法@十九号 甲第三十二号 大二百十九号 元遊撃歩兵第五大隊出征用兵器彈薬返納之義ニ付伺 十年和歌山県臨時召募元遊撃歩兵第五大隊昨十二月解隊返納兵器彈薬@別紙甲乙二表之通有之御召表中持帰ノ分返納@之度此段相伺候也 明治十一年四月十五日 大阪鎮台司令長官 陸軍少将三好重臣代理 陸軍少佐高島信茂 陸軍卿山県有朋 伺之通 四月三十日 元遊撃歩兵第五大隊出征持出ノ兵器弾薬之内凱旋返納員数 長ツンナール銃 同剣 同屓革 同弾薬合 同帯革 同剣差 同胴ノ金物 同又字金 同接脱金 同鍼」
  23. ^ 「大阪鎮台号 別紙即チ辞第一号 第四百十八号 医歩兵第五大隊出征候申付之付来ル二十四日神戸出帆熊本此段候ニ付該隊候可相度ツンナール弾薬二十五至急神戸港マテ輸送之上引渡可申此鶏相達候事 明治十年五月二十一日 陸軍西郷従道 砲兵〜」
  24. ^ 「参第四百五十五号 第三伸天四十八号 至急 局第二百七十号 改造銃代価積り問合之儀二付伺 村田少佐試シ改造之シヤスポー銃独逸国@代価積り問合申度二付アーレンス社より談判為度就而者右十同人より御渡相成度此段相伺候也 十年三月七日 第三局長代理陸軍大佐原田一道 陸軍卿代理陸軍中将西郷従道殿 伺之通 三月七日」

    シャスポー銃は当時の日本に存在した歩兵銃の中では最も先進的な銃であり、村田経芳はシャスポー銃を金属薬莢用に改造したグラース銃の国産化を目指し、その延長上で村田銃を開発した。
  25. ^ 「至急 参第七百九号控 第三伸天八拾弐号 局第参百八拾壱号 スナイドル弾製造器械御借受之儀ハ付伺 スナイドル弾製造器械海軍省ヨリ御借請相成度同省江御掛合案並砲兵本廠江御達案相添此段相同候也 第三局長代理 陸軍大佐原田一道 陸軍卿代理 陸軍中将西郷従道殿 伺之通 四月三日 海軍省江御掛合案 過日御談有之候スナイドル弾製造器械之義ニ付主任之者為一覧差出候処兎ニ角御借請致度旨申出候就而砲兵本廠ヨリ請取之者差出候ハハ右器械御引渡相成度此段及御掛合候也 砲兵本廠江御達案 スナイドル弾製造器械別表之@海軍省ヨリ」
  26. ^ 「局五百八十四号参千九十一号スナイドル弾薬空筒五百万発御買上之儀伺 一洋銀七万弗但スナイドル弾薬空筒五百万発御買上費右者欧州注文至急御買上相成度砲兵本廠ヘ御達案相渡此段相伺候也 第三局長代理陸軍少佐水持明徳 明治十年六月六日 陸軍卿代理陸軍少将井田譲殿 御達案ハ砲三百十壱号也 伺之通 六月八日」
  27. ^ 「月五百〇九号壱第千八十九号 長崎居留英商ギリブル方江三百万発之スナイドル早合二ヶ月内到着之筈於我政府約定相成候趣別紙写之通在上海品川領事ヨリ申越候処右は於貴省御約条相成候品ニ候哉貴省ニおゐて御約定ニ候ハハ二ヶ月内ハ何月幾日より之事ニ候哉為心得承知致度此段及御問合候至急御廻答有之度候也 十年六月三日 大隈大蔵卿 井田陸軍少将殿 別紙 清国軍様所より借入之スナイトル弾薬十万発 返弁方之儀ニ付而ハ本月十四日附を以再応之御上申候ニ付最早委曲御承知之事と被存候然る処今般我政府より長崎居留英商ギリブル方江三百」
  28. ^ 鎮台側による自焼説が有力。
  29. ^ これも籠城側が射界を確保するための自焼ともいわれる
  30. ^ 歩兵第13連隊貴下の隈岡長道、小島政利両大尉指揮の2個中隊
  31. ^ 後に農商務大臣
  32. ^ 後に海軍大臣・軍令部長
  33. ^ 後に陸軍大臣・参謀総長
  34. ^ 後に参謀総長
  35. ^ 後に参謀総長・元帥
  36. ^ 後に陸軍大将。陸軍大学校教官メッケルから児玉と並んで優秀と評される。
  37. ^ 後に陸軍大将。日露戦争旅順攻囲戦203高地を攻略した第七師団
  38. ^ 段山は藤崎台とは5m半程しか離れておらず、頂上から藤崎台を見渡せたのでここから城内を射撃することが出来た
  39. ^ 第三大隊のうち第一第二中隊は高瀬経由で、第四中隊は山鹿街道からそれぞれ熊本を目指した
  40. ^ このことは、NHKの『その時歴史が動いた』でも取り上げられた。
  41. ^ この日の攻撃で12名が戦死し36名が負傷する大打撃を受けている
  42. ^ 後に六番・七番大隊として再編され、中隊規模の兵力で編成された
  43. ^ 東京鎮台諸隊から選抜されて編成
  44. ^ 新渡戸稲造の兄
  45. ^ 飯沼貞吉の兄
  46. ^ のち自由党員、福島事件加波山事件に連座
  47. ^ 松平春嶽側近
  48. ^ 山本五十六の兄
  49. ^ 生麦事件実行犯
  50. ^ 古今亭志ん生の父
  51. ^ 沖田総司の甥
  52. ^ 樋口一葉の父
  53. ^ 各府県の剣客からなる部隊
  54. ^ 2月19日に勅使護衛の歩兵第1・8連隊所属の2個大隊をもって臨時編成
  55. ^ 6月19日に左半大隊が、8月3日に残りの右半大隊が編入
  56. ^ 4月26日に歩兵第11連隊第1大隊第2中隊半、歩兵第6連隊第3大隊第3中隊、歩兵第9連隊第3大隊第1中隊、歩兵第11連隊第2大隊第1中隊の4個中隊で臨時編成
  57. ^ 翌年に発生した竹橋事件を受けて、徴兵により集められた兵士達への精神教育が重視され、軍人訓誡(後に軍人勅諭)が出されるが、自由民権運動への警戒も相まって共和制フランス陸軍から君主制ドイツ陸軍へと、日本陸軍の導入モデルが変化した。
  58. ^ 「参第二千八百九十九号 スナイドル銃一萬挺改造之儀ニ付伺 スナイドル銃 一萬挺 此入費概算金三萬三千円 右先般同銃壱萬挺改造御達相成直ニ着手現今火造リ方大砲成功相成候処該銃予備来タ充分ニ無之且工廠之内平閑之場所出来候ニ付当前書之通改造相成度御達案添此段相伺候也 局九百九十六号 第三局長代理 明治十一年十二月十六日 陸軍大佐原田一道 陸軍卿山縣有朋殿 追而該入費者小銃並ニ弾薬製造費十八万円余之内ヨリ御払出相成度此段申添候也 砲兵本廠ヘ達案 スナイドル銃 一萬挺 右在来エンヒール銃ヲ以改造可取計此旨御達
  59. ^ 1884年(明治17年)の秩父事件で蜂起した農民達は、火縄銃と手投げ弾で武装していた。

出典

  1. ^ 「鹿児嶋戦場名覧」 静岡県立中央図書館蔵 編輯兼出板人 長谷川作次郎 明治十年五月廿二日
  2. ^ 「鹿児嶋戦場名覧」 静岡県立中央図書館蔵 編輯兼出板人 長谷川作次郎 明治十年五月廿二日
  3. ^ 『西南記伝中巻1』p215-218
  4. ^ 陸軍省大日記 明治10年 「大日記 砲兵本支廠工兵各方面 1月木 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年1月8日[注釈 1]
  5. ^ 陸軍省大日記 明治10年 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 1月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年1月[注釈 2]
  6. ^ a b 陸軍省大日記 明治10年 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 2月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年2月13日[注釈 3]
  7. ^ 陸軍省大日記「大日記 壬申 7月 府県之部庚」 陸軍省 明治5年7月[注釈 4]
  8. ^ 松尾千歳著『西郷隆盛と薩摩』p122-123『忠義公史料』第六巻明治2年5月13日条に機械注文記事がある。
  9. ^ a b c 加治木常樹著『薩南血涙史』
  10. ^ 金子常規『兵器と戦術の日本史』中公文庫2014年、252-253頁。また土門周平「全貌・西南の役」『歴史と人物』1982年8月号。
  11. ^ 佐々木克 2004, p. 36-37.
  12. ^ 「西南戦争における薩軍出陣の「練兵場」について」
  13. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p36
  14. ^ 桑原嶽著「乃木希典と日露戦争の事実」p42
  15. ^ 陸軍省大日記 「大日記 砲工の部 3月木 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月4日[注釈 14]
  16. ^ 陸軍省大日記 「大日記 砲兵工兵方面 5月木 陸軍省第1局」 陸軍大佐 大築尚志 明治10年5月 陸軍省[注釈 15]
  17. ^ a b 陸軍省大日記 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 3月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月[注釈 16]
  18. ^ 陸軍省大日記 「大日記 砲工の部 3月木 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月7日[注釈 17]
  19. ^ 陸軍省大日記 「大日記鎮台の部 2月木乾 陸軍省第1局」 陸軍省 明治11年2月12日[注釈 19]
  20. ^ 陸軍省大日記 「大日記 砲工の部 3月木 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月25日[注釈 20]
  21. ^ 陸軍省大日記 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 3月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月31日[注釈 21]
  22. ^ 陸軍省大日記 明治11年 「大日記6管鎮臺の部 4月末乾 陸軍省第1局」 陸軍省 明治11年4月[注釈 22]
  23. ^ 陸軍省大日記 明治10年 「大日記 送達の部 5月分 送号 大阪征討陸軍事務所」 明治10年5月 陸軍省[注釈 23]
  24. ^ 陸軍省大日記 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 3月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月7日[注釈 24]
  25. ^ 陸軍省大日記 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 4月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年4月[注釈 25]
  26. ^ 陸軍省大日記 「大日記 省内各局参謀近衛病院 教師軍馬局 6月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年6月[注釈 26]
  27. ^ 陸軍省大日記 明治10年 「大日記 諸省来書 7月月 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年6月3日[注釈 27]
  28. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p37
  29. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p38
  30. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p38
  31. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p38
  32. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p38-39
  33. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p40
  34. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p40
  35. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p39
  36. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p41
  37. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p39
  38. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p42
  39. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p42
  40. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p43
  41. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p43-44
  42. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p44
  43. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p44
  44. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p45
  45. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p45-46
  46. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p46
  47. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p46-47
  48. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p46-47
  49. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p47
  50. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p46
  51. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p47
  52. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p48
  53. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p48
  54. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p49-50
  55. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p50
  56. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p50
  57. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p51
  58. ^ 歴史群像シリーズ「西南戦争」p51-52
  59. ^ 『西南記伝』辺見十郎太伝
  60. ^ 金子255、256、264,265頁。
  61. ^ 『大西郷突囲戦史』に依る
  62. ^ 10年10月調  熊本鎮台諸隊人名表”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09080692400、熊本鎮台戦闘日記附録 但諸表並死傷之部 共23冊 明治10年2月21日~明治10年10月6日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  63. ^ 3月6日 7等判事 近野種徳他”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081313100、本営通牒 明治10年2月20日~10年9月31日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  64. ^ 3月27日 第2大隊第1中隊は2月11日小倉発長崎に分遣”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09080716700、歩兵第14連隊 10年役日誌草稿 単 明治10年2月6日~明治10年4月15日(防衛省防衛研究所). 2017年9月21日閲覧。
  65. ^ 北部九州郷土部隊史料保存会編「兵旅の賦〈第1巻〉明治大正編―北部九州郷土部隊70年の足跡」(1976年)、p39
  66. ^ 4月5日 第1大隊第1中隊は南田嶋の賊塁を攻撃”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09080717300、歩兵第14連隊 10年役日誌草稿 単 明治10年2月6日~明治10年4月15日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  67. ^ 4月11日 〔第1連隊3大隊等の戦死地名の訂正5件〕JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083234800、雑件綴 ロ7 明治11年2月7日〜11年10月3日(防衛省防衛研究所)
  68. ^ 歩兵第2連隊第1大隊第3中隊将校以下名簿合計135名 沖原大尉”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09085648600、編冊 明治10年5月4日~10年10月25日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  69. ^ 歩兵第2連隊第1大隊第3中隊人員表総計132名”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09085649700、編冊 明治10年5月4日~10年10月25日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  70. ^ 願第345号 9月10日 軍刀払下の件 月岡中尉”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081380100、自己願書綴 指令済之部 明治10年5月6日~10年10月30日(防衛省防衛研究所). 2017年9月23日閲覧。
  71. ^ 5月6日 歩兵第2連隊第2大隊第2中隊付被免同大隊第1中隊付被仰付 少尉一戸兵衛”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09082528800、請書 明治10年5月28日~10年9月24日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  72. ^ 6月4日 歩兵第6連隊第3大隊第2中隊長代理 陸軍中尉中村覺”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084789000、戦闘報告表 明治10年5月18日~10年7月10日(防衛省防衛研究所). 2017年9月21日閲覧。
  73. ^ 4月9日 菱川中尉 軍曹五十嵐重明戦闘履歴書可然御取計被下度及御依頼候也JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09085576700、来翰 共6の5 明治12年1月7日~12年6月31日(防衛省防衛研究所)
  74. ^ 下硯川に在るJACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083524400、戦闘景況戦闘日誌 明治10年2月26日〜10年9月3日(防衛省防衛研究所)
  75. ^ 6月5日 中尉富田春壁5月30病気入舎6月2出勤御届外 石本少佐 Archived 2014年8月18日, at the Wayback Machine.
  76. ^ 友安大尉 三ノ嶽戦闘の景況報告JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083496800、戦闘報告 明治10年3月15日〜10年7月18日(防衛省防衛研究所)
  77. ^ 5月15日 竹中大尉 歩兵第10連隊第2大隊第2中隊後備2等卒前田常十郎戦闘度数確認”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084688600、凱旋後死亡之者勲功調併 戦闘度数比準表 明治11年2月20日~13年6月3日(防衛省防衛研究所). 2018年5月25日閲覧。
  78. ^ 3月4日 第11連隊第2大隊第3第4中隊外当地御届 曽祢大尉JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084767600、日録 発翰.田口村出張 明治10年7月5日~10年8月20日(防衛省防衛研究所)
  79. ^ 第1連隊連隊長茨木中佐第1大隊長古川少佐第2大隊長永田少佐”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081972500、諸届綴 4 明治10年3月26日~明治10年8月2日(防衛省防衛研究所). 2017年9月23日閲覧。
  80. ^ 出征第2旅団中隊長優等表JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084015800、戦闘履歴 明治10年2月26日〜11年8月6日(防衛省防衛研究所)
  81. ^ 引頭大尉第1聨隊第2大隊長心得被付度申進JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083500800、日記 明治10年3月4日〜10年3月11日(防衛省防衛研究所)
  82. ^ 戦死人名 士官の部 陸軍大尉 引頭高倫他JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081312100、本営通牒 明治10年2月20日〜10年9月31日(防衛省防衛研究所)
  83. ^ 出征第2旅団中隊長優等表JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084015800、戦闘履歴 明治10年2月26日〜11年8月6日(防衛省防衛研究所)
  84. ^ 丙の部 第2大隊第2中隊長 大尉 知識兼治 他JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084016400、戦闘履歴 明治10年2月26日〜11年8月6日(防衛省防衛研究所)
  85. ^ 3月5日 陸軍大尉 引頭高倫他陸軍省-西南戦役陸軍事務所-M10-28-204(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  86. ^ 明治10年 「大日記 進達諸達伺の部2月令 陸軍省第1局」(11の4)”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C04027749700、明治10年 「大日記 進達諸達伺の部2月令 陸軍省第1局」(防衛省防衛研究所). 2017年9月23日閲覧。
  87. ^ 4月28日 陸軍大尉 高島三造他”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081331200、本営通牒 明治10年2月20日~10年9月31日(防衛省防衛研究所). 2017年9月23日閲覧。
  88. ^ 第2号 10年4月16日~10年9月4日  (熊本連絡以来之)戦闘等月日及地所 軍団別働狙撃大隊第1中隊長 粟飯原大尉JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09080748700、報告 西南征討関係書類 明治10年2月26日~明治11年3月5日(防衛省防衛研究所)
  89. ^ 薩摩国桑原郡深川村戦闘報告表 軍団別働狙撃隊第3中隊長 大尉 久芳光直JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083979700、戦闘報告 明治10年3月17日~10年9月1日(防衛省防衛研究所)
  90. ^ 教導団工兵第1大隊人名及人員計92名土屋大尉”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09085650800、編冊 明治10年5月4日~10年10月25日(防衛省防衛研究所). 2019年1月27日閲覧。
  91. ^ 塩谷 1991, p. 371.
  92. ^ 菊池明『新選組組長 斎藤一』PHP研究所、2011年。p.228
  93. ^ 士官心得 村井清 遊撃歩兵第5大隊長勤務申付候事他JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081389000、辞令書并達原稿 坤 明治10年5月15日〜10年10月20日(防衛省防衛研究所)
  94. ^ 士官心得 粟屋市太郎 遊撃歩兵第7大隊長勤務申付候事他”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081390600、辞令書并達原稿 坤 明治10年5月15日~10年10月20日(防衛省防衛研究所). 2018年12月16日閲覧。
  95. ^ 発 瀧野軍医補 宛 西郷中将 遊撃歩兵第7大隊附の任御請申上候”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081125500、請書 3 明治10年6月21日~10年7月31日(防衛省防衛研究所). 2018年12月16日閲覧。
  96. ^ 各中隊現人員表9、10調”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084233000、往復書類 明治10年8月14日~10年12月15日(防衛省防衛研究所). 2018年12月16日閲覧。
  97. ^ 4月11日 陸軍軍医試補武谷豊 東京鎮台砲兵第1大隊付申付承諾の件”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09082512700、請書 明治10年5月28日~10年9月24日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  98. ^ 東京鎮台砲兵第1大隊第1小隊人員表”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083848100、雑綴 明治10年3月31日~13年9月8日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  99. ^ 東京鎮臺砲兵第1大隊第2小隊他1名辞令発令の件”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081341700、辞令并達原稿 乾 明治10年5月1日~10年10月29日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  100. ^ 9月30日 予備砲兵第1大隊計官被免征討軍団付被仰付 軍吏副野崎貞知”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09082512700、請書 明治10年5月28日~10年9月24日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  101. ^ 出征第2旅団砲兵第4大隊第2小隊人員表10月2日調”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09083956400、戦闘報告 明治10年2月6日~14年12月10日(防衛省防衛研究所). 2019年1月3日閲覧。
  102. ^ 増田民男編『九州砲兵慨史』山吹会事務局、1986.4、p71
  103. ^ 高田吉岳大尉のことなど 案野照彦 佐伯史談 No.135 (1984. 02) ,p.59-59
  104. ^ 7月11日 陸軍会計2等副監督 小池正文他JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09081331400、本営通牒 明治10年2月20日〜10年9月31日(防衛省防衛研究所)
  105. ^ 川口武定『従西日記』下巻 青潮社、1988年、p528
  106. ^ 8月24日 松田中尉関係人員、馬数(将官上長、伝令騎乗用等)”. JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09084257300、往復書類 明治10年8月14日~10年12月15日(防衛省防衛研究所). 2018年12月16日閲覧。
  107. ^ 塩谷 1991, p. 374.
  108. ^ 塩谷 1991, p. 305.
  109. ^ 金子260-267頁。
  110. ^ 陸軍省大日記 明治11年 「大日記参謀監軍内外各局 12月水 陸軍省第1局」 陸軍省 明治11年12月[注釈 58]
  111. ^ 「SNSによる国民世論の分断」と「西南戦争における警察の役割」に関する諸考察”. 警察政策学会 (2020年4月). 2021年8月5日閲覧。
  112. ^ アンケート結果 第11位から50位まで”. 警視庁 (2016年3月31日). 2021年8月5日閲覧。
  113. ^ 神話の源流〜はじまりの物語 運命の出逢いを辿る延岡の旅”. 宮崎県総合政策部記紀編さん記念事業推進室. 2021年11月7日閲覧。






西南戦争と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「西南戦争」の関連用語

西南戦争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西南戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西南戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS