新井有貫とは?

新井有貫 あらい ゆうかん

新井有貫の肖像 その1
嘉永2年11月10日明治42年12月1日1849~1909)

東京青山生まれ。海軍軍人。明治4年(1871)海軍兵学寮出仕23年(1890)千代田回航委員長として英国出張日清戦争扶桑艦長として出征31年(1898)少将日露戦争時には仁川沈没したロシア軍艦ワリアークの引き上げ成功させた。38年(1905)中将

キーワード 海軍軍人
号・別称 有貫(ありつら)

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

新井有貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/06 07:49 UTC 版)

新井 有貫(あらい ありつら/あらい ゆうかん、1849年12月24日嘉永2年11月10日) - 1909年明治42年)12月1日)は、幕臣、日本の海軍軍人。運用、航海の大家で三浦功(以下「三浦」)とともに海軍士官の目標とされる存在であった[1]。旧名は鐘吉。最終階級は海軍中将。墓所は青山霊園


  1. ^ a b 『歴史と名将』81頁
  2. ^ 『勝海舟』324頁
  3. ^ 「兵学寮往復 柳宗五郎外数名撰擧の件兵学寮申出」
  4. ^ 『海軍兵学校物語』11頁、185-189頁
  5. ^ 『大海軍を想う』77頁
  6. ^ 『二十七八年海戦史』「黄海海戦」
  7. ^ 「第3編 戦利艦船の収容引揚及ひ回航/第1章 収容艦船の概要」
  8. ^ 「8月11日 巡洋艦「ワリヤーク」引揚委員長 新井海軍少将に賜りたる勅語」
  9. ^ 『官報』第7086号、明治40年2月15日。
  10. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  11. ^ 『官報』第6337号「叙任及辞令」1904年8月13日。
  12. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  13. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  14. ^ 『官報』第7107号「叙任及辞令」1907年3月12日。
  15. ^ 『官報』第6819号「叙任及辞令」1906年3月27日。


「新井有貫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新井有貫」の関連用語

新井有貫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新井有貫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新井有貫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS