博物館 博物館の概要

博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 05:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
国立人類学博物館
メキシコメキシコシティ

ミュージアム: museum英語発音: [mjuːˈziːəm])と英語風(外来語)に呼ぶこともある。

多くは自然史歴史民族美術科学技術交通海事航空軍事平和など、ある分野を中心に構成され、収集された資料に基づく研究成果を公刊すると同時に、来訪者がその分野について幅広く知識を吸収できるように工夫されている。

概要

英語の「ミュージアム(museum)」は古代エジプトプトレマイオス朝の首都アレクサンドリアにあった総合学術機関であるムーセイオンに由来する。ムーセイオンは、ギリシア語で「ムーサ(ミューズ:芸術や学問をつかさどる9人の女神たち)の殿堂」を意味する。

この名のとおり欧州語の museum は、日本語でいう美術館(アート・ミュージアム)も内包する概念であり、同様に日本語で博物館という名称を付さない記念館資料館文学館、歴史館、科学館などの施設も、世界標準では博物館の概念に含まれる、専門博物館の類型である。

水族館動物園植物園といった生きている生物を収集する施設の場合は、植物園の標本館であるハーバリウム施設を除くと博物館とは区別して考えられる傾向にあるが[2]、同一の発想に基づく類似施設である。なお、これらは博物館法上は「生態園」と呼称されている。

世界の博物館

ヴンダーカンマー(驚異の部屋)

ヨーロッパの博物館・美術館にはバロック期のヴンダーカンマー(驚異の部屋)に発祥するものが多い。ヴンダーカンマーとは、世界中の珍しい事物(異国の工芸品や一角鯨の角、珍しい貝殻、等々)を、種類や分野を問わず一部屋に集めたものである[3]ルネサンス期からバロック期にかけて王侯や富裕な市民は珍しいものの収集に熱を入れた。この「珍しい」収集の中には貴重な絵画彫刻も含まれた。教会以外の場で大規模な美術品の公開展示が行われたのはルネサンス期のフィレンツェである。メディチ家のコレクションが邸内の回廊(ガレリア)で行われた。祝祭日に王侯がコレクションを閲覧することはその後も各地で行われたが、通年公開されることはなかった。フランスでは王立絵画彫刻アカデミーがルーヴル宮殿の一室「サロン・カレ」で会員の作品の展示を行い(サロン・ド・パリの起源)[4]ディドロが書いたその批評はフランス内外で広く読まれた。

それまで博物館の閲覧は学者を含め富裕層に限定されてきたが、フランス革命を契機として、はじめて一般に公開された常設の博物館として「国立自然史博物館」がパリに設置された。

アジアでは、1814年英国統治下のインドコルカタカルカッタ)で創立されたインド博物館が最も古く[5]明治維新後の日本でも各種の博物館が開設されるようになった。

1925年ドイツ(当時、ヴァイマル共和政ミュンヘンにオープンしたドイツ博物館は、これまでの閲覧中心の展示から、体験型展示を全面的に導入し、現代の科学博物館の展示様式のさきがけとなった。一部の博物館、特にイタリアには、コレクションの性質や規模に応じて紹介、事前予約を要するものがある。

アメリカ合衆国では博物館の教育性、公共性が強調され、公開のものが多く、スミソニアン博物館のように定額の入場料を定めないところもある。

日本の博物館

概説

博物館のようにさまざまな物品を展示する施設としては、近代以前から社寺(神道神社・仏教寺院)の宝物殿や絵馬殿があった。また江戸時代には本草家たちが博覧会のようなことも行っていた[6]。文久元年(1861年)の江戸幕府による遣欧使節に随行した市川清流は、その日録に英語で記された「British Museum」に対し「博物館」という訳語を初めて与えた。この文久2年4月24日(1862年5月22日)の記事が日本語による「博物館」の嚆矢であると考えられる[7]オーストリアでのウィーン万国博覧会への出品準備として1872年(明治5年)に開かれた湯島聖堂博覧会(文部省博物館)が日本の博物館の始まりとされ、東京国立博物館はこの時をもって館の創立としている[8]。文部省博物館は翌年には太政官所轄の「博覧会事務局」に改編。1875年(明治8年)、博覧会事務局から博物館と書籍館(国立国会図書館の前身)が分離して文部省の管轄に復帰し、前者は東京博物館と改称された。また、博覧会事務局は内務省管轄の博物館に改編され、東京にはこれら2系統の博物館が存在することとなった[9]。東京博物館は1877年(明治10年)に上野公園内に移転して教育博物館と改称された。この教育博物館は現在の国立科学博物館である[10]。なお、東京国立博物館は前述の内務省管轄の博物館を前身とし、教育博物館とは別に人文系の博物館として同じく上野公園内に1882年(明治15年)に移転したもので、その建物はイギリス人のジョサイア・コンドルの設計によるものであった(関東大震災で倒壊)。

博物館の多くは1975年代から急激に増え始め、1988年(昭和63年)に始まった「ふるさと創生事業」では各地で博物館の新設ラッシュが起き、1980年代後半のバブル期まで増え続け、1998年(平成10年)を過ぎると開館数は急激に減少していった[11]

資料館美術館文学館、歴史館、科学館水族館動物園植物園などの施設は日本語では博物館の名を持たないが、いずれも世界標準からは博物館そのもの、あるいは博物館に準じる施設(生きている生物を主に扱う施設の場合)であり、後述する日本の法制上でも、条件を満たして登録措置を受ければ、博物館法上の博物館、あるいはそれに準じた博物館相当施設として扱われる。こうした法制上の扱いを度外視し、名称上博物館を名乗らないが実質的に博物館そのものである施設を数え上げれば、3000から4000の博物館が日本に存在するといわれる。

近年では、マンガ・アニメミュージアムが全国に続々オープンし、現時点で60施設ほど存在しているとされる。

博物館の法制度

日本には博物館に関する法令として博物館法がある。

同法第2条による定義では、博物館とはおおむね「歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管(育成を含む。以下同じ。)し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行い、あわせてこれらの資料に関する調査研究をすることを目的とする機関」であって、公民館・図書館を除くもののことである。

しかし、同条はさらに同法上の博物館を、地方公共団体一般財団法人一般社団法人宗教法人日本赤十字社または日本放送協会が設置するものであって、なおかつ「第二章の規定による登録を受けたもの」に限っている。このように、博物館法が規定する博物館の範囲が限定的であるため、日本における「博物館」は法制度上、博物館法上の博物館である「登録博物館」、それに準じた法制上の扱いを受ける「博物館相当施設」、博物館法の適用外となる「博物館類似施設」の3つに分かれてしまう。

登録博物館
地方公共団体、一般財団法人、一般社団法人、宗教法人、日本赤十字社または日本放送協会が設置した施設で、都道府県教育委員会の審査を受けたもの。独立行政法人立の国立博物館等は登録博物館になれない(なお、2006年現在は国立の博物館らも独法化された)。資料の整備、館長・学芸員・職員の確保、土地・建物の確保、年間150日以上の開館などが定められている。手続きが非常に煩雑なため、要件を満たしていても登録しない博物館も多い。また公立の登録博物館は管轄が教育委員会になるので、行政が教育や観光事業などと連携して運営したい場合、登録しない場合がある。
登録博物館になるメリットとしては、資料を登録博物館に寄付すると、寄付者が税制上の優遇措置が受けることができる取り決めのために寄付をされやすいことや、不動産取得税固定資産税都市計画税などが優遇されることなどがある。また公立の登録博物館は補助金を受けることができる。事業に参加したり助成制度を受けたりする条件として、登録博物館であることが挙げられていることがある。
博物館相当施設
登録博物館の要件は満たしていないものの、一定の要件を満たしている施設で、文部科学大臣あるいは都道府県教育委員会の指定を受けたもの。事業に参加したり助成制度を受けたりする条件として、博物館相当施設であることが挙げられていることがある。
博物館類似施設
2施設以外で博物館法に定められた博物館と同種の事業を行う施設。つまり博物館法の適用外の施設である。ほとんどの博物館はこの博物館類似施設である。



  1. ^ 佐々木亨、亀井修、竹内有理 『新訂 博物館経営・情報論』 放送大学教育振興会、2009年、202ページ。ISBN 978-4-595-30826-0
  2. ^ 佐々木亨、亀井修、竹内有理 『新訂 博物館経営・情報論』 放送大学教育振興会、2009年、203ページ。ISBN 978-4-595-30826-0
  3. ^ 鈴木眞理ほか 『博物館学シリーズ1 博物館概論』 樹村房、2001年、23ページ。ISBN 4-88367-030-9
  4. ^ 鈴木眞理ほか 『博物館学シリーズ1 博物館概論』 樹村房、2001年、25ページ。ISBN 4-88367-030-9
  5. ^ 日本経済新聞2015年1月3日朝刊「インドの仏 仏教美術の源流展」告知記事
  6. ^ 鈴木眞理ほか 『博物館学シリーズ1 博物館概論』 樹村房、2001年、35ページ。ISBN 4-88367-030-9
  7. ^ 『東京国立博物館百年史』 東京国立博物館、1978年、本文10p、資料編548p。
  8. ^ 「館の歴史 湯島聖堂博覧会」(東京国立博物館サイト)
  9. ^ 『学制百二十年史』「草創期の社会教育」(文部科学省サイト)
  10. ^ 科博の概要と沿革(国立科学博物館サイト)
  11. ^ 竹内誠監修『知識ゼロからの博物館入門』幻冬舎 2010年 196ページ)


「博物館」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「博物館」の関連用語

博物館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



博物館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS