眞鍋かをり エピソード

眞鍋かをり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 06:04 UTC 版)

エピソード

  • 2006年2月、スキンケアブランド「プロアクティブ」の日本市場キャスターに就任。ニキビで悩んで「引きこもりだった」ことを告白。同社から「NO!ニキビーナス」の称号を贈られる。
  • 優木まおみ杉崎美香(いずれも『NIPPON@WORLD』で共演)などと仲が良く、ブログでもたびたび飲み会をしている様子などがアップされている。
  • 2009年衆議院選挙を前に出演見合わせ騒動が起こった。事の発端は前衆議院議員の城内実(当時)が第45回衆議院議員総選挙に立候補する際、以前、眞鍋対談した時に撮影したものを選挙ポスターに使用したため眞鍋が急きょ出演見合わせとなった。テレビ局側は眞鍋が特定の立候補者を支持しているとため出演を見送ったという説明が告げられた[26]。もし、眞鍋が写真を選挙ポスターに利用したまま番組に出演した場合、公職選挙法第151条の3項「選挙放送の番組編集の自由および」同第152条「あいさつを目的とする有料広告の禁止」に抵触する可能性がある[27]。しかし、眞鍋本人は出演見合わせとなったことに納得しておらず、ブログにて写真は勝手に使われ困惑していると特定の立候補者支持を否定し[26][28]、所属事務所も同様に支持を否定したが、城内は以前、眞鍋対談した際に撮影したものをポスターに使用し撮影した内容について「事前に承諾を得た」と主張、意見の食い違いが起きた。しかし、眞鍋のテレビ出演の見合わせを受け、城内側はこのようなことになり不本意であるとコメントしポスターの撤去と対談の動画の削除を行った。その後眞鍋は番組に復帰した[29]
  • 週刊文春』2010年5月6日・13日号ゴールデンウィーク特大号の特集記事「総追跡33本 この女のナゾを解く!」にて、眞鍋かをりの年齢詐称を掲載した。記事には所属芸能事務所(アヴィラ)との民事訴訟東京地方裁判所にて争われた中で、原告(眞鍋かをり)の生年月日が「昭和55年5月31日生」となっていた。しかし、2010年当時の眞鍋の芸能プロフィールには「昭和56年(1981年3月31日生まれ」と、丁度10か月後の鯖読みとなっていた。『週刊文春』の記者が生年月日の件を、眞鍋に対して直撃取材した所「ごめんなさい、今はタイミング的にお話出来ないんです」と、記者に避けられたが、結果として眞鍋は事実を認め、2012年時点では「1980年(昭和55年)5月31日」の生年月日をプロフィールに使用している[30]
  • 選択的夫婦別姓制度に賛同している。自分の名前では「小俣」さんや「脇」さんとは結婚できない、と言う[31]

ネット関連

  • 2004年6月30日から開設している自身のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」には、驚異的な数のトラックバックがあり、一記事に対するトラックバック数がトラックバックスパムも含め3000を超える場合もある。その数は日本一と言われており、「ブログの女王」と呼ばれた。当時ヤクルトに在籍していた古田敦也選手に「打倒眞鍋かをり」と、古田の公式ブログにてトラックバック数の目標にされたこともある。
  • 2005年12月5日には眞鍋のブログがニフティの「ココログ」に開設されている縁から、ニフティが開設したサイト「ブログ普及委員会」の委員長に就任した。
  • 2006年1月、安全にPCを利用するための啓発活動として、キャッチフレーズ「マナベにまなべ」を掲げ「CHECK!PC」キャンペーンのイメージキャラクターに起用される。また自身のPCが多数のスパイウェアに感染していたと告白[32]。これについては高木浩光にスパイウェア対策ソフトを売るためのFUD[注 4] の可能性を指摘された[33]
  • かつてはブログにおける一人称として「オイラ」を使用していたが、私生活で"オイラ"といわなくなったので「私」を使用するようになったとインタビュー記事で述べている[34]
  • 2011年7月4日、Twitterを始める。開始から1日でフォロワー数が1万人を超えた[35]



注釈

  1. ^ 公式プロフィールにおいては165cmと表記されていることが多いが眞鍋本人は自身のTwitterにおいて162.2cmと公表しており[2] 、2018年5月13日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ)に出演した際の自身のプロフィールには162cmと記載されている。
  2. ^ この頃は少年誌などの水着グラビアで人気を博し、水着メインの写真集も次々と発売してきたが、その後「脱水着宣言」をしてからは大人っぽくてちょっとセクシーな路線に変更。グラビアを引退してからは、タレントとしてバラエティ番組情報番組などに出演し始める。
  3. ^ 自身はおやつや酒のつまみで食するほどの納豆好き。
  4. ^ FUDとは、不安、不確実、不信の頭文字であり (Fear、Uncertainty、Doubt) 販売戦術のひとつとして使用される場合がある。

出典

  1. ^ 特命少女 眞鍋かをり プロフィール
  2. ^ Twitter 眞鍋かをりのツイート”. 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ なかなか移籍を正式発表できない眞鍋かをり(リアルライブ、2010年3月6日付)
  4. ^ a b お知らせ 平成24年1月20日、眞鍋かをりが弊社所属となりました。
  5. ^ あいつ今何してる?|2018-11-21(水)放送”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション (2018年11月21日). 2018年11月22日閲覧。
  6. ^ 日本フードアナリスト協会はフードアナリスト®イメージキャラクターに『眞鍋かをり』さんを起用決定(ドリームニュース)
  7. ^ “真鍋かをりさん、契約解除求める 「国税聴取で屈辱」”. 47NEWS. 共同通信社. (2010年2月19日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021901000417.html 2012年10月12日閲覧。 
  8. ^ 眞鍋かをり、事務所に堂々の宣戦布告(デイリースポーツ、2010年11月21日付け)
  9. ^ 眞鍋かをり 前所属事務所と和解 契約は09年末で解消(スポニチアネックス、2011年12月14日付け)
  10. ^ お知らせ(眞鍋かをりオフィシャルブログ、2011年12月15日付け)
  11. ^ 真鍋かをり、吉井和哉と熱愛 結婚?「どうですかね~」(スポニチアネックス、2012年2月24日)
  12. ^ 「いつも応援してくださっている皆様、関係者の皆様へ」”. 眞鍋かをりOfficial Blog (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  13. ^ 真鍋かをりが吉井和哉との結婚、妊娠を発表”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  14. ^ 眞鍋かをり「ゴールデンラジオ」卒業 25日ラスト出演、産休へ”. Sponichi Annex (2015年8月12日). 2015年8月12日閲覧。
  15. ^ ““真打ち”眞鍋かをり出産 おめでたラッシュでママタレ枠争奪戦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/21/kiji/K20151021011359680.html 2015年10月21日閲覧。 
  16. ^ “眞鍋かをり、出産後初のテレビ出演「子育ては予想以上に大変」”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2015年12月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151225-OHT1T50140.html 2015年12月28日閲覧。 
  17. ^ “真鍋かをり難関資格「チーズプロ」ゲット”. 日刊スポーツ. (2010年11月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101121-704850.html 
  18. ^ http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/archives/cat_10049042.html
  19. ^ “眞鍋かをりファザコンを告白 「父親が悲しむから結婚先延ばし」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年9月9日). http://www.j-cast.com/2009/09/09049278.html?p=all 2014年11月20日閲覧。 
  20. ^ 今夜くらべてみました|2013-06-05(水)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月20日閲覧。
  21. ^ 「眞鍋かをり」からのお願い 〜 グッド・ライダー宣言 〜”. 警視庁. 2014年3月13日閲覧。
  22. ^ “眞鍋かをりに「まさか子供が!??」 うろたえるスタッフ”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2008年12月4日). http://www.j-cast.com/tv/2008/12/04031467.html 2013年7月15日閲覧。 
  23. ^ 眞鍋かをりのココだけの話(2005年4月19日更新分)
  24. ^ 眞鍋かをり/スペシャルDVD(h.m.p社)
  25. ^ 眞鍋かをり (2009年12月13日). “”. 眞鍋かをりのココだけの話. 2009年12月13日閲覧。[リンク切れ]
    nanaparty(水樹奈々) (2009年12月13日). “愛媛娘っ☆”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年12月13日閲覧。
  26. ^ a b 眞鍋かをりさん激怒「応援してない!」のに選挙ポスター掲載:社会:スポーツ報知報知新聞社、2009年7月30日。
  27. ^ http://kokkai.hourei.info/kokkai5-14.html
  28. ^ 眞鍋かをり、城内実氏の選挙援軍報道に困惑 - MSN産経ニュース産経デジタル、2009年7月29日。
  29. ^ 「えっ」と思った…眞鍋&城内ポスター撤去で決着,夕刊フジ,2009年7月31日
  30. ^ 眞鍋かをり (2012年9月16日). “眞鍋かをり Official Blog”. 2012年9月30日閲覧。
  31. ^ 『眞鍋かをりのココだけの話…といろんなはなし』95-98ページ「2006 Best Selection 9/17「夫婦別姓制度はまだなのか」より。
  32. ^ CA、スパイウェア撲滅キャンペーンに眞鍋かをりらが参加
  33. ^ 本物がいい加減なことをしていると偽物につけ入られる事例2件
  34. ^ 有名人ブログ:ココセレブ:Specialインタビュー: Vol.55 眞鍋かをりさん 【3】今、一番気になるのは同世代の女性
  35. ^ 眞鍋かをり ツイッター開始翌日にフォロワー1万越え 2011年7月6日 9時50分配信アメーバニュース
  36. ^ “「ビビット」新レギュラーに眞鍋かをり、田嶋陽子氏ら参戦”. スポニチアネックス. (2016年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013450470.html 2016年9月30日閲覧。 
  37. ^ NHK高校講座|世界史|出演者紹介”. NHK. 2015年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月1日閲覧。
  38. ^ “バカリズムらが、番組で認めた【秘】情報をSNSで拡散!”. ウォーカープラス. (2014年9月24日). http://news.walkerplus.com/article/50678/ 2014年9 月24日閲覧。 
  39. ^ “眞鍋かをり10年ぶり連ドラ テレ東「ウルトラマンR/B」で主人公の母親役”. スポーツ報知. (2018年10月26日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181025-OHT1T50193.html 2018年10月26日閲覧。 
  40. ^ “「ウルトラマンR/B」初日に湊兄妹変身!内田雄馬は「トレギア大好きおじさんです」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年3月8日). https://natalie.mu/eiga/news/323107 2019年3月9日閲覧。 
  41. ^ 大正製薬商品情報(2015年4月1日
  42. ^ 政府広報コマーシャル https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg18360.html


「眞鍋かをり」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「眞鍋かをり」の関連用語

眞鍋かをりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



眞鍋かをりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの眞鍋かをり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS