金木犀とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 高木 > 金木犀の意味・解説 

きん もくせい [3]金木犀

モクセイ科常緑小高木庭木として栽植される。は長楕円形ないし披針形革質雌雄異株10月頃、葉腋ようえき)に芳香のある橙黄色小花を密に束生する。 [季] 秋。

金木犀

作者小宮里衣

収載図書優しい夜
出版社宮嶋佐和
刊行年月2003.9


金木犀

作者丸山半骨

収載図書早死志願
出版社第三書館
刊行年月2003.10


金木犀

作者高野郁子

収載図書シュガー・シガレット
出版社文芸社
刊行年月2005.9


金木犀

作者てらしまくにお

収載図書金木犀
出版社彩雲出版
刊行年月2007.5


キンモクセイ

キンモクセイ
科名 モクセイ科
別名: モクセイ
生薬名: モクセイ木犀
漢字表記 金木犀
原産 中国
用途 中国原産雌雄異株常緑小高木わが国には雄株のみといわれています。古くから観賞用として植えられ、秋に開花、花を陰干しして、熱湯を注ぎ歯痛に用います。花を薬酒にして、不眠時などに用いられます。
学名: Osmanthus fragrans Lour.
   var. aurantiacus Makino

きんもくせい (金木犀)

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

Osmanthus fragrans var. aurantiacus

中国原産です。南部広西省桂林市並木公園多数の「きんもくせい」が植えられていて、名前の由来にもなっています。ちなみに中国語で「きんもくせい」は「桂花」。9月下旬から10月上旬に、葉腋橙黄色小さな花をたくさん咲かせ、あたりに甘い香りを漂わせます。雌雄異株ですが、日本では雄性化してしまうた果実見られません。また「きんもくせい」の咲くころに「まつたけ」が出るといいます。年によっては2回咲くこともありますが、「まつたけ」も同じだそうです
モクセイ科モクセイ属常緑小高木で、学名Osmanthus fragransvar. aurantiacus。英名は Fragrant olive
モクセイのほかの用語一覧
モクセイ:    柊木犀  薄黄木犀  金木犀  銀木犀
レンギョウ:  四季咲き連翹  大和連翹

金木犀


金木犀

読み方:キンモクセイ(kinmokusei)

モクセイ別称
モクセイ科常緑小高木

学名 Osmanthus asiaticus


金木犀

読み方:キンモクセイ(kinmokusei)

仲秋橙黄色小花を開く花木

季節

分類 植物


キンモクセイ

(金木犀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/16 22:28 UTC 版)

キンモクセイ(金木犀、学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月16日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2013年10月16日閲覧。
  3. ^ 広島大学生物圏科学研究科・化学生態学研究室. “チョウ成虫の採餌行動”. 研究内容紹介. 広島大学. 2011年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月16日閲覧。
  4. ^ 大村尚「チョウ成虫の採餌行動と嗅覚情報物質」『比較生理生化学』第23巻第3号、日本比較生理生化学会、2006年、 134-142頁、 doi:10.3330/hikakuseiriseika.23.1342018年9月28日閲覧。
  5. ^ Hisashi Ômura; Keiichi Honda, Nanao Hayashi (2000). “Floral Scent of Osmanthus fragrans Discourages Foraging Behavior of Cabbage Butterfly, Pieris rapae”. Journal of Chemical Ecology英語版 26 (3): 655-666. doi:10.1023/A:1005424121044. ISSN 0098-0331. 
  6. ^ 『調理用語辞典』全国調理師養成施設協会編、全国調理師養成施設協会、調理栄養教育公社(発売)、1998年、改訂。ISBN 4-924737-35-6
  7. ^ a b 田幸和歌子 (2006年10月24日). “トイレの「キンモクセイの香り」が衰退した理由”. Excite Bit コネタ. エキサイト. 2013年10月16日閲覧。


「キンモクセイ」の続きの解説一覧



金木犀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金木犀」の関連用語

金木犀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金木犀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキンモクセイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS