采振木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 采振木の意味・解説 

ざいふりぼく (采振木)

Amelanchier asiatica

Amelanchier asiatica

わが国本州岩手県以南から四国九州それに朝鮮半島中国分布しています。雑木林林縁などに生え、高さは5~10メートルになります楕円形互生し、先端鋭く尖って縁には細かい鋸歯あります4月から5月ごろ、先に白い花を咲かせます。名前は花のかたちを采配見立てたもの。別名で「シデザクラ四手桜)」とも呼ばれます。
バラ科ザイフリボク属落葉小高木で、学名Amelanchier asiatica。英名は Korean juneberry
バラのほかの用語一覧
サンザシ:  西洋山査子  赤花八重山査子  黄実の山査子
ザイフリボク:  采振木
シモツケ:  三葉岩傘  下野  丸葉下野

采振木

読み方:ザイフリボク(zaifuriboku)

バラ科落葉高木園芸植物

学名 Amelanchier asiatica




采振木と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

采振木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



采振木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS