西洋山査子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 西洋山査子の意味・解説 

せいようさんざし (西洋山査子)

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

ヨーロッパ中部イギリス北アフリカから中央アジア分布しています。高さは4~9メートルほどで、5月白色または淡い紅色の5弁花を咲かせます。1620年に、イギリスから清教徒を乗せてアメリカに渡ったメイフラワー号に、この花が描かれていたことから、「メイフラワー」とも呼ばれています。花や果実は、血管刺激して血行スムーズにする作用があるといわれ、薬用にも使われています。
バラ科サンザシ属落葉低木で、学名Crataegus oxyacantha。英名は Hawthorn, Mayflower, Whitethorn
バラのほかの用語一覧
サンザシ:  ラバル山査子  大山査子  山査子  西洋山査子  赤花八重山査子  黄実の山査子
ザイフリボク:  采振木



西洋山査子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

西洋山査子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



西洋山査子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS