5月9日 フィクションのできごと

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 5月9日の解説 > フィクションのできごと 

5月9日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 13:02 UTC 版)

フィクションのできごと

誕生日(フィクション)

忌日(フィクション)




  1. ^ “トランプ氏、イラン核合意離脱を発表”. AFPBB NEWS. (2018年5月9日). http://www.afpbb.com/articles/-/3173866 2018年5月12日閲覧。 
  2. ^ マレーシア総選挙、野党連合が勝利 独立以来初の政権交代実現、マハティール氏が首相に返り咲き”. ニューズウィーク日本版 (2018年5月10日). 2020年3月8日閲覧。
  3. ^ リチャード・アダムズ氏死去 英児童文学作家”. 毎佐賀新聞LIVE (2016年12月28日). 2020年11月21日閲覧。
  4. ^ “「ミ・アモーレ」作曲の松岡直也氏が死去”. 日刊スポーツ. (2014年4月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140430-1293378.html 2020年10月28日閲覧。 
  5. ^ パドレス一筋の「安打製造機」、トニー・グウィンさん死去
  6. ^ Joseph-Louis Gay-Lussac French scientist Encyclopædia Britannica
  7. ^ 1964年5月10日付毎日新聞16面都内中央版(毎日新聞縮刷版1964年5月号 p.228)
  8. ^ 社団法人日本アイスクリーム協会. “アイスクリームの歴史と背景 - あいすくりんの誕生”. 2018年6月10日閲覧。
  9. ^ 5月9日は“悟空の日”に!日本記念日協会が認定”. シネマトゥデイ (2015年5月9日). 2015年5月11日閲覧。
  10. ^ 講談社(編)『Tamagotchi iD L ぴかぴか育て方ガイド』講談社、2011年、80頁。ISBN 978-4-06-364876-8
  11. ^ ウィズバンダイ(監修)『テレビ超ひゃっか たまごっち!たまともプロフずかん』小学館、2011年、39頁。ISBN 978-4-09-751048-2
  12. ^ 『らき☆すた おきらく公式ガイドブック こなたは俺をヨメ!!』コンプティーク 編、角川書店、2009年。ISBN 978-4-04-854420-7
  13. ^ MooNs | B-PROJECT 公式サイト”. 2019年12月29日閲覧。
  14. ^ 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS -”. Lump of Sugar. 2014年5月8日閲覧。
  15. ^ 星野桂『D.Gray-man 公式ファンブック 灰色ノ聖櫃』集英社ジャンプ・コミックス〉、2008年、148頁。ISBN 978-4-08-874248-9
  16. ^ キュアコーラル/涼村さんご”. トロピカル〜ジュ!プリキュア. 東映アニメーション. 2021年3月6日閲覧。
  17. ^ アニメ公式Twitter:2015年5月9日のつぶやき
  18. ^ 【イナイレ㊙ネタ】円堂 守8月22日生誕記念!!! 好評発売中の「イレブンライセンス」で、イナズマイレブンのキャラクター達の誕生日まとめてみた!!”. コロコロオンライン. 小学館. p. 1 (2019年8月22日). 2021年1月24日閲覧。
  19. ^ ゲーム内のプロフィールより。
  20. ^ 7話より。
  21. ^ 上記エピソード中での描写から。機動戦士ガンダム MS IGLOOの登場人物#セモベンテ隊の項目も参照。


「5月9日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「5月9日」の関連用語

5月9日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



5月9日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの5月9日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS