足利惇氏とは?

足利惇氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 07:02 UTC 版)

足利 惇氏(あしかが あつうじ、1901年(明治34年)5月9日 - 1983年(昭和58年)11月2日)は、日本のインドペルシア学者[1]。第5代東海大学学長を務める。文学博士(京都大学(1949年))。日本オリエント学会会長も務める。東京市本郷区駒込千駄木林町(現・東京都文京区千駄木)生まれ[2]。インド学において業績を残すと共に日本に本格的なイラン学を導入した。東海大学附属図書館には『足利惇氏文庫』と冠して資料が所蔵されている。




  1. ^ 喜連川頼氏 足利氏末裔の“小さな大大名”【小山評定の群像(70)】産経ニュース 2015.8.30 19:00更新
  2. ^ 足利惇氏 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」 2018年7月29日閲覧。
  3. ^ 『官報』第2676号、昭和10年12月3日。


「足利惇氏」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「足利惇氏」の関連用語

足利惇氏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



足利惇氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの足利惇氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS