日本海 観光

日本海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 14:20 UTC 版)

観光

荒波に浸食された岩が連なる尖閣湾佐渡島

能登金剛東尋坊などの荒々しい海の光景や、天橋立鳥取砂丘千里浜海岸、丹後の鳴き砂など海と砂の作る不思議な海岸の光景が有名である。ほかにも多くの風光明媚な観光地や天然記念物が散在し、北海道から対馬まで、観光資源としての価値も高い。

国立公園

日本海に面した地域を指定した国立公園には利尻礼文サロベツ国立公園山陰海岸国立公園大山隠岐国立公園の3公園がある。

国定公園

暑寒別天売焼尻国定公園ニセコ積丹小樽海岸国定公園津軽国定公園男鹿国定公園鳥海国定公園佐渡弥彦米山国定公園能登半島国定公園越前加賀海岸国定公園若狭湾国定公園丹後天橋立大江山国定公園北長門海岸国定公園玄海国定公園壱岐対馬国定公園など多くの地が国定公園の指定を受けているが、近時、道路港湾によりその風景は破壊されつつある。

航路

多数のフェリー航路が設定されている。

また、上海から北米への航路は、日本海に入った後津軽海峡を通り抜けるように太平洋へと向かう。この航路を採用する期間は夏季のみ。その理由は台風を避けるため、黒潮など激しい潮の流れを避けるための2つである。

隣接する国

隣接する日本の地方区分

隣接する大韓民国の地方区分

隣接する朝鮮民主主義人民共和国の地方区分

隣接するロシア連邦の地方区分

領土問題

南西部にある竹島について日韓で領土問題が起きている。

日本海を冠した企業




  1. ^ 北海道周辺の海洋名称第一管区海上保安本部
  2. ^ 「日本海の範囲」国際水路機関による定義第九管区海上保安本部
  3. ^ 西海国立公園 環境省自然環境局
  4. ^ 海洋の健康診断表 総合診断表 2.2.4 対馬暖流および日本海固有水 (気象庁)
  5. ^ 長崎の気候特性 長崎海洋気象台
  6. ^ 「水辺へ、ようこそ」 Ⅱ.長崎県の浅海域環境 長崎県自然環境課
  7. ^ 2006. “鲸海”这个名字如何改成了“日本海”. Retrieved on March 07, 2017
  8. ^ 『日本書紀』巻第6、垂仁天皇2年是歳条。尾島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守『日本書紀』1(新編日本古典文学全集2)、小学館、1994年、300-302頁。
  9. ^ a b c 上田正昭『日本古代史をいかに学ぶか』205頁。
  10. ^ ソビエト大百科事典』(第3版、1969-1978、ロシア語)、「Японское море」(日本海)の項。http://vorlage_gse.test/1%3D128477~2a%3D%D0%AF%D0%BF%D0%BE%D0%BD%D1%81%D0%BA%D0%BE%D0%B5%20%D0%BC%D0%BE%D1%80%D0%B5~2b%3D%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7
  11. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月2日閲覧。 International Hydrographic Organization、 "Limits of Oceans and Seas" (Special Publication No.23)、3rd Edition 1953、p.32, 「52. Japan Sea」の項
  12. ^ [1] 図面上の番号、52の範囲
  13. ^ 日本海東部の海底堆積物中の元素濃度の鉛直変化と堆積環境 (PDF) 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  14. ^ タービダイトから推定される日本海東縁佐渡海嶺の地震発生ポテンシャル (PDF) 日本地球惑星科学連合
  15. ^ 日本海東縁海域の活構造およびその地震との関係 (PDF) (独)産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  16. ^ 平成5年版原子力安全白書第1編第6章第3節 旧ソ連、中・東欧の原子力発電所をめぐる安全協力
  17. ^ 中央日報2011年02月21日付40年前、東海に放射性廃棄物を投棄


「日本海」の続きの解説一覧



日本海と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本海」の関連用語

日本海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS