Phとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > Phの意味・解説 

PH

読み方:ピーエッチ・ピーエイチ・ペーハー

「PH」とは、水溶液中の酸性アルカリ性を示す物理量を表すための単位意味する表現

「PH」とは・「PH」の意味

「PH」とは、水溶液の性質(酸性アルカリ性)を示す物理量を表す単位で「ピーエッチ」「ピーエイチ」、またはドイツ語読みでペーハー」と読む。水溶液の性質を表す物理量は。水素イオン濃度指数水素イオン指数とも呼ばれ1909年デンマーク生化学者であるセーレン・セーレンセン提案したもの。pHには0~14の間で表され、7を中性(化学的中性点)といい、数値が7より小さくなるほど酸性強く、7より大きくなるほどアルカリ性強くなる身近なものとして、水道水はpH5.8~8.6、不純物を全く含まない純水はpH7、レモンpH2~3程度強酸性石鹸はpH9~11程度弱アルカリ性である。

水分子電離する水分子電離すると、水素イオン水酸化物イオン分かれる。これは水素イオン濃度常用対数をとった値で、水溶液の液性は、液体含まれる水素イオン H+水酸化物イオン OH− の多寡決まる。化学式で表すと「H2O」だが、電離する水素イオンH+」と水酸化物イオンOH-」に分かれる中性であれば水素イオンH+」と水酸化物イオンOH-」は同数になるが、水素イオンH+」が多ければ酸性水酸化物イオンOH-」が多ければアルカリ性となる。pHは1Lあたりどのくらい水素イオンH+」があるのかで計測できる酸性アルカリ性強すぎる人体影響を及ぼす場合があるpH値の低い強酸性塩酸硫酸水酸化ナトリウムのような強アルカリ性水溶液などは危険度高く取り扱いには注意が必要である。

尿検査における尿pHとは、尿中含まれる水素イオン濃度のことである。試験紙使って体内酸塩基平衡調べる。尿は、体内循環している血液腎臓ろ過されて作られるものである腎臓には、血液のpHを弱アルカリ性に保つ働きがあり、尿pH検査することによって腎臓正常に機能しているかを調べることができる。尿pH基準値弱酸性(pH5~7)であり、pHが8以上の高値の場合は 尿路感染症腎炎など、pHが4以下の低値の場合は糖尿病尿毒症などが疑われる

微生物増殖代謝は、栄養分水分温度などの条件一定であっても「pH」によって大きく左右されるそのため、「pH」は食品品質保持重要な役割果たしている。増殖代謝最適な「pH」は微生物種類によって異なるまた、生産される代謝物質種類や量は「pH」が影響している。細菌増殖する最適な「pH」は、6.0~7.5の中性付近カビ酵母4.07.0弱酸性域でよく増殖する酸性を好む微生物もあるが、一般的にpH4以下の領域微生物増殖しない。この性質利用して食品の腐敗防止保存性向上を図る場合がある。pHが最適な値から外れると微生物増殖抑えられることからクエン酸クエン酸三ナトリウムなどのpH調整剤食品添加物として活用されている。

「PH」とは、建築用語ではペントハウス英語表記penthouse」を略したものを指す。ペントハウスとは、建物屋上設けられ小屋のことで「塔屋(とうや)」ともいう。屋上への階段室給水タンク置き場エレベーター機械室倉庫などに利用される建築基準法では、投影面積建築面積8分の1以内で高さが5m下の塔屋については、建築物の高さや階数算入しないという特例定められている。また、高層マンションホテルなどの最上階にある高級な部屋ペントハウスという。内装仕様などがハイグレードであり、価格が高い部屋が多い。

「PH」とは、看護師の用語で既往歴のことを指す。英語表記past history」の略。病歴薬の副作用アレルギーケガ妊娠・出産経験などをまとめたもので、病気診断治療法関わるものである

英語表記Pulmonary Hypertension」の略である「PH」とは、心臓から肺へ血液を送る血管である肺動脈血圧高くなる肺高血圧症」のことである。肺動脈血圧高くなると、心臓負担がかかるため、むくみや息切れ失神喀血などの症状がでる。

「PH」とは、薬剤師(Pharmacist)の略称でもある医師を除く医療従事者総称であるコメディカル職種のひとつである。

ピー‐エッチ【pH】

読み方:ぴーえっち

《pは、(ドイツ)Potenzから、Hは水素元素記号水素イオン濃度を表す指数ペーハー。→水素イオン指数


ピー‐エッチ【PH】

読み方:ぴーえっち

pinch hitter野球で、代打。→ピンチヒッター1


ペーハー【(ドイツ)pH】

読み方:ぺーはー

水素イオン指数


pH

溶液中の水素イオン濃度いいます溶液1L中の水素イオングラム当量数で表し一般にはpH=-log[H+]として定義されます。pH=7で中性,pH<7で酸性,pH>7でアルカリ性であり,特殊な例(温泉など)を除いて河川水等の表流水中性付近pH値示します水道用水として望まし水質はpH6.58.5範囲です。

pH

 水素イオン濃度のことで、溶液中の水素イオン濃度をいう。溶液1l中の水素イオングラム当量数で表す。pHは0から14まであり、pH=7で中性、pH<7で酸性、pH>7でアルカリ性を示す

pH

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ペーハー PH

 #水素イオン濃度PH値をみよ!

pH(水素イオン濃度)

水溶液中に含まれる水素イオン濃度を表す指数のことで、酸性アルカリ性の程度を表す値。中性は7。7以下が酸性、7以上がアルカリ性。0から14まである

pH(ペーハー)

 水素イオン濃度指数のこと。溶液)の酸性アルカリ性の強さを示すもので、pH7付近中性これより小さいものを酸性大きいものをアルカリ性という。

 雨水空気中二酸化炭素吸収するため、大気酸性物質汚染されていなくてもpH5.6程度の弱い酸性を示すことがある従って、pH5.6以下になった雨水などを酸性雨という。


水素イオン指数

同義/類義語:pH, ピーエイチ, ペーハー
英訳・(英)同義/類義語:hydrogen ion exponent

溶液水素イオン濃度逆対数。7を中性とし、これ以上アルカリ性、これ以下を酸性という。

水素イオン濃度

英訳・(英)同義/類義語:Hydrogen ion concentration, pH

溶液中の水素イオン濃度通常は、酸性度目安として逆対数のpHを使う。
「生物学用語辞典」の他の用語
実験方法装置単位など:  正逆交配  残気量  水素イオン指数  水素イオン濃度  水銀柱ミリメートル  水銀温度計  沈降係数

水素イオン濃度(pH)

pHは、水の酸性アルカリ性の度合いを表す指標で、水素イオン濃度の逆数常用対数となります。pHが7の時中性でそれより大きいときはアルカリ性小さいとき酸性になります河川水では通常7付近ですが、海水混入温泉水混入流域の地質石灰岩地帯など)、人為汚染工場排水など)、植物プランクトン光合成(特に夏期)などにより酸性あるいはアルカリ性になることがあります河川でのpHの環境基準値は類型別に定められており、「6.5(あるいは6.0)~8.5となってます。

pH ( pH )

水素イオン濃度H+]を表す数値のこと。ヒト正常な体液のpHは7.4内外弱アルカリ性保たれていますが、病気ときにはしばしばこの値が変動するため、体液中の電解質の値を知る指標輸液点滴)の指標としてよく用いられます。一般に電解質濃度単位は、mEq/L(メック・バー・リットル)という単位用いられますが、体液中の濃度は非常に低く、また変動幅大きいため、その正常値をmEq/L単位で示すと0.0000446~0.0000355mEq/Lとなります。そこで、煩雑さを避けるため体液変動基礎となる水素イオン濃度だけはpHで代用しているわけです。なお、pHが7.4以下になった状態をアシドーシス体液病的に酸性傾いた状態)といい、逆に7.4以上になった状態をアルカローシス体液病的にアルカリ性傾いた状態)といいます

PH

株高花茎を除く、その株の全体の高さ。 Plant Heightの略。

水素イオン指数

(Ph から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/14 14:13 UTC 版)

水素イオン指数(すいそイオンしすう、: Wasserstoffionenexponent[1])とは、溶液酸性・アルカリ性の程度を表す物理量で、記号pH(ピーエッチ、ピーエイチ、ペーハー)で表す。水素イオン濃度指数[2]または水素指数[3]とも呼ばれる。1909年にデンマークの生化学者セーレン・セーレンセンが提案した[4]。希薄溶液のpHは、水素イオンモル濃度をmol/L単位で表した数値の逆数常用対数にほぼ等しい。


注釈

  1. ^ これらのpHの値は一次測定により得られる典型値 (typical values) であって、定義値ではない。
  2. ^ [Al(H2O)6]3+H+ + [Al(OH)(H2O)5]2+
  3. ^ H2O の活量が1から大きくずれるような濃厚水溶液では 14.00 = pH + pOH + log10aH2O となる。
  4. ^ 英語: reference electrode

出典

  1. ^ Sørensen (1909), p. 159.
  2. ^ 『理化学辞典』【水素イオン指数】。
  3. ^ 『世界大百科事典』【pH】。
  4. ^ a b 化学の原典』 p. 69.
  5. ^ 左巻 (2011), pp. 192–193.
  6. ^ 左巻 (2011), pp. 195–196.
  7. ^ a b c d グリーンブック (2009) pp. 90-91.
  8. ^ a b c JIS K 0211 分析化学用語(基礎部門)用語番号4345(2013年改正)。
  9. ^ a b c Covington et al. (1985), p. 534.
  10. ^ Bates & Guggenheim (1960), p. 163.
  11. ^ a b 垣内 2014, p. 101.
  12. ^ 水町 (2003) p. 21.
  13. ^ a b Covington et al. (1985), p. 539.
  14. ^ a b 吉村 (1968).
  15. ^ Buck et al. (2002), p. 2170.
  16. ^ Buck et al. (2002), p. 2198.
  17. ^ a b c d JIS Z 8802 pH測定方法(2011年改正).
  18. ^ a b グリーンブック (2009) p. 84.
  19. ^ 計量法 別表第三、計量単位令 別表第三、計量単位規則 別表第二。
  20. ^ 明鏡国語辞典、p.1372 「ピーエッチ」、初版第一刷、2002-12-01、大修館書店
  21. ^ 小学館ランダムハウス英和大辞典、p.1937、パーソナル版第3刷、1979-04-27、小学館
  22. ^ a b 水町 (2003) p. 20.
  23. ^ 計量法 別表第三。
  24. ^ 計量単位令 別表第三。
  25. ^ Francl, Michelle (August 2010). “Urban legends of chemistry”. Nature Chemistry 2 (8): 600–601. Bibcode2010NatCh...2..600F. doi:10.1038/nchem.750. ISSN 1755-4330. PMID 20651711. オリジナルの6 August 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200806053215/https://www.nature.com/articles/nchem.750.epdf 2019年7月21日閲覧。. 
  26. ^ Martin Dollick, David P. Dutcher, 田辺宗一, 金子稔 『新和英中辞典』(第5版)研究社、2002年9月、1524頁。ISBN 9784767420585 
  27. ^ 小西友七、南出康世 『ジーニアス英和辞典 第4版』(第4版)大修館書店、2006年12月20日、1447頁。ISBN 9784469041705 
  28. ^ 竹林, 滋東, 信行、諏訪, 部仁 他 編 『新英和中辞典』(第7版)研究社、2010年12月、1349頁。ISBN 9784767410784 
  29. ^ 山田𣝣、宮原信 監修 『ディコ仏語辞典』(第1版)白水社、2003年3月10日、1154頁。ISBN 9784560000380 
  30. ^ pH”. Oxford Dictionaries. オックスフォード大学出版局. 2016年2月2日閲覧。
  31. ^ 計量単位令 別表第3項番5、濃度、ピーエッチ、「モル毎リットルで表した水素イオンの濃度の値に活動度係数を乗じた値の逆数の常用対数」
  32. ^ 濃度の計量単位、4)ピーエッチ (pH) MST、計装豆知識、1995年11月号
  33. ^ 計量単位規則 別表第2 濃度、ピーエッチの欄、「pH」
  34. ^ JIS B 7960-1 ガラス電極式水素イオン濃度計−取引又は証明用−第1部:検出器、JIS B 7960-2 ガラス電極式水素イオン濃度計−取引又は証明用−第2部:指示計(2015年改正)。
  35. ^ a b JIS K 0213 分析化学用語(電気化学部門)用語番号 355(2014年改正)。
  36. ^ 雑貨工業品品質表示規程 消費者庁
  37. ^ 渡辺 正ほか『新版 化学I』大日本図書
  38. ^ Lim (2006), p. 1465.
  39. ^ Nordstrom & Alpers (1999).
  40. ^ a b 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎「第20章 酸・塩基の強さ」の水のイオン積より算出。
  41. ^ 赤木 (2005) p. 197.
  42. ^ 赤木 (2005) p. 245.
  43. ^ 田中 (1971) p.76.
  44. ^ 化学便覧』 表 9.32.
  45. ^ 化学便覧』 表 9.33.
  46. ^ 田中 (1971) p.79.
  47. ^ 垣内、山本 (2016), p. 186.
  48. ^ Senanayake (2007) Tables 1, 2.
  49. ^ a b Nordstrom et al. (2000), p. 255.
  50. ^ 化学便覧』 表 11.49.
  51. ^ Licht (1985), p. 515.



.ph

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 04:56 UTC 版)

.ph国別コードトップレベルドメインccTLD)の1つで、フィリピンに割り当てられている。




  1. ^ a b "About dotPH", dotPH Website. Retrieved on May 30, 2008.
  2. ^ "Domain Name Service Agreement", dotPH Policies.Retrieved on May 30, 2008.
  3. ^ a b "dotPH releases world's first anonymous domain", dotPH News. Retrieved on May 30,2008.
  4. ^ a b i.ph Website. Retrieved on May 30, 2008.
  5. ^ Disini, Joel. "About Me", jed.i.ph. Retrieved on May 30,2008.
  6. ^ "Gov't. ICT Services Criticized", dotPH News. Retrieved on May 30, 2008.
  7. ^ a b ".ph Whois information", Internet Assigned Numbers Authority. Retrieved on May 30, 2008.
  8. ^ The PH Domain and the Need for Policy Reforms. Retrieved on May 30, 2008.
  9. ^ Disini, Joel (June 8, 2005)."My Reply To Winthrop Yu On His PICS Letter", jed.i.ph. Retrieved on May 30, 2008.
  10. ^ "PH Domain Foundation Profile/Background", PH Domain Foundation website. Retrieved on May 30, 2008.
  11. ^ http://www.ph.net/phildac/whitepaper.html
  12. ^ http://www.ph.net/
  13. ^ dotPH homepage. Retrieved on May 30, 2008.


「.ph」の続きの解説一覧

PH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/17 17:45 UTC 版)

PH, ph, Ph, pH




「PH」の続きの解説一覧

pH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 09:38 UTC 版)

血液ガス分析」の記事における「pH」の解説

血清pHが 7.4 未満になった低下した)状態をアシデミア、7.4 より上になった上昇した)状態をアルケミアと言う。そして、平衡酸性側にしようとする状態をアシドーシス(en:acidosis)、平衡塩基性側にしようとする状態をアルカローシス(en:alcalosis)と言う基本的に代償機構ではアシデミアアルケミアになるような大きな代償起こらないアシデミアある時点で、呼吸性アシドーシス代謝性アシドーシス、あるいはその両方最初に起こった考えてよいと言われている。

※この「pH」の解説は、「血液ガス分析」の解説の一部です。
「pH」を含む「血液ガス分析」の記事については、「血液ガス分析」の概要を参照ください。


pH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 07:58 UTC 版)

アポプラスト」の記事における「pH」の解説

アポプラストのpHはシンプラストそれよりも低く5-6範囲にある。種による差は小さいと考えられている。果実など、有機酸や糖を蓄積している場所ではpH3-4となる。pHの低さは、細胞膜にあるH+ATPアーゼ水素イオンアポプラストへと放出しているためである。この放出は、水素イオンとの交換溶質有機酸や糖など)を細胞内に取り込むために行われるアポプラストのpHはこのH+ATPアーゼと、細胞壁にあるカルボキシル基によって調節されるアポプラストの低pHは酸生長説との関連示唆されている。実際オーキシン処理後、細胞壁空間導管などのアポプラストでpHが低下するまた、水素イオンとの共輸送体アポプラストのpHに依存しており、この輸送系は糖や無機イオン細胞への輸送重要である緑色組織に光を照射するアポプラストのpHは変化する。これは、光照射によってH+ATPアーゼその他の水素イオン共輸送系の活性変化するためと考えられている。

※この「pH」の解説は、「アポプラスト」の解説の一部です。
「pH」を含む「アポプラスト」の記事については、「アポプラスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Ph」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Ph」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



Phと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Ph」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Phのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2023 Kankyosho All rights reserved.
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2023 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2023 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2023 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2023 京浜河川事務所 All rights reserved.
e-血液.come-血液.com
Copyright 2023(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2023 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水素イオン指数 (改訂履歴)、.ph (改訂履歴)、PH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの血液ガス分析 (改訂履歴)、アポプラスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS