ペーハーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ペーハーの意味・解説 

ペーハー【(ドイツ)pH】


ペー‐ハー

〔名〕 (ドイツ pH, PH Potenz Hydrogen の略) =ピーエッチpH


水素イオン濃度

pH(ペーハー)

ペーハー PH

 #水素イオン濃度PH値をみよ!

pH(ペーハー)

 水素イオン濃度指数のこと。溶液)の酸性アルカリ性強さを示すもので、pH7付近中性、これより小さいものを酸性大きいものをアルカリ性という。

 雨水空気中の二酸化炭素吸収するため、大気酸性物質汚染されていなくてもpH5.6程度の弱い酸性を示すことがある。従って、pH5.6以下になった雨水などを酸性雨という。


水素イオン指数

同義/類義語:pH, ピーエイチ, ペーハー
英訳・(英)同義/類義語:hydrogen ion exponent

溶液水素イオン濃度逆対数。7を中性とし、これ以上アルカリ性、これ以下を酸性という。
「生物学用語辞典」の他の用語
実験方法装置単位など:  欠失ループ  正逆交配  残気量  水素イオン指数  水素イオン濃度  水銀柱ミリメートル  水銀温度計

ペ-ハ-(PH)

溶液酸性アルカリ性を示す記号水素イオン濃度(H+)を示す値であるPH:7が中性で、PH7.0以上をアルカリ性、以下は酸性になる。カカオマスは大体5.5程度ココアNも同じ。一般的なココアPHは、大体7.0付近ブラックココアは、8.4程度である。

水素イオン指数

(ペーハー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 01:21 UTC 版)

水素イオン指数(すいそイオンしすう、: Wasserstoffionenexponent[1])とは、溶液酸性・アルカリ性の程度を表す物理量で、記号pH(ピーエッチ、ピーエイチ、ペーハー)で表す。水素イオン濃度指数[2]または水素指数[3]とも呼ばれる。1909年にデンマークの生化学者セーレン・セーレンセンが提案した[4]。希薄溶液のpHは、水素イオンモル濃度をmol/L単位で表した数値の逆数常用対数にほぼ等しい。


注釈

  1. ^ [Al(H2O)6]3+H+ + [Al(OH)(H2O)5]2+
  2. ^ H2O の活量が1から大きくずれるような濃厚水溶液では 14.00 = pH + pOH + log10aH2O となる。
  3. ^ 英語: reference electrode
  4. ^ これらのpHの値は一次測定により得られる典型値 (typical values) であって、定義値ではない。

出典

  1. ^ Sørensen (1909), p. 159.
  2. ^ 『理化学辞典』【水素イオン指数】。
  3. ^ 『世界大百科事典』【pH】。
  4. ^ a b 化学の原典』 p. 69.
  5. ^ 左巻 (2011), pp. 192–193.
  6. ^ 左巻 (2011), pp. 195–196.
  7. ^ a b c d グリーンブック (2009) pp. 90-91.
  8. ^ a b c JIS K 0211 分析化学用語(基礎部門)用語番号4345(2013年改正)。
  9. ^ a b c Covington et al. (1985), p. 534.
  10. ^ 明鏡国語辞典、p.1372 「ピーエッチ」、初版第一刷、2002-12-01、大修館書店
  11. ^ 小学館ランダムハウス英和大辞典、p.1937、パーソナル版第3刷、1979-04-27、小学館
  12. ^ a b 水町 (2003) p. 20.
  13. ^ a b c d JIS Z 8802 pH測定方法(2011年改正).
  14. ^ 計量法 別表第三。
  15. ^ 計量単位令 別表第三。
  16. ^ Martin Dollick, David P. Dutcher, 田辺宗一, 金子稔『新和英中辞典』研究社、2002年9月、第5版、1524頁。ISBN 9784767420585
  17. ^ 小西友七・南出康世『ジーニアス英和辞典 第4版』大修館書店、2006年12月20日、第4版、1447頁。ISBN 9784469041705
  18. ^ 竹林滋東信行・諏訪部仁・市川泰男 編『新英和中辞典』研究社、2010年12月、第7版、1349頁。ISBN 9784767410784
  19. ^ 山田𣝣・宮原信 監修『ディコ仏語辞典』白水社、2003年3月10日、第1版、1154頁。ISBN 9784560000380
  20. ^ pH”. Oxford Dictionaries. オックスフォード大学出版局. 2016年2月2日閲覧。
  21. ^ a b グリーンブック (2009) p. 84.
  22. ^ 計量法 別表第三、計量単位令 別表第三、計量単位規則 別表第二。
  23. ^ 雑貨工業品品質表示規程 消費者庁
  24. ^ Lim (2006), p. 1465.
  25. ^ Nordstrom & Alpers (1999).
  26. ^ 渡辺 正ほか『新版 化学I』大日本図書
  27. ^ a b 吉村 (1968).
  28. ^ a b 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎「第20章 酸・塩基の強さ」の水のイオン積より算出。
  29. ^ 赤木 (2005) p. 197.
  30. ^ 赤木 (2005) p. 245.
  31. ^ Bates & Guggenheim (1960), p. 163.
  32. ^ 田中 (1971) p.76.
  33. ^ 化学便覧』 表 9.32.
  34. ^ 化学便覧』 表 9.33.
  35. ^ 田中 (1971) p.79.
  36. ^ 垣内、山本 (2016), p. 186.
  37. ^ Senanayake (2007) Tables 1, 2.
  38. ^ a b Nordstrom et al. (2000), p. 255.
  39. ^ 化学便覧』 表 11.49.
  40. ^ a b 垣内 2014, p. 101.
  41. ^ Licht (1985), p. 515.
  42. ^ 水町 (2003) p. 21.
  43. ^ a b Covington et al. (1985), p. 539.
  44. ^ Buck et al. (2002), p. 2170.
  45. ^ Buck et al. (2002), p. 2198.
  46. ^ 計量単位令 別表第3項番5、濃度、ピーエッチ、「モル毎リットルで表した水素イオンの濃度の値に活動度係数を乗じた値の逆数の常用対数」
  47. ^ 濃度の計量単位、4)ピーエッチ (pH) MST、計装豆知識、1995年11月号
  48. ^ 計量単位規則 別表第2 濃度、ピーエッチの欄、「pH」
  49. ^ JIS B 7960-1 ガラス電極式水素イオン濃度計−取引又は証明用−第1部:検出器、JIS B 7960-2 ガラス電極式水素イオン濃度計−取引又は証明用−第2部:指示計(2015年改正)。
  50. ^ a b JIS K 0213 分析化学用語(電気化学部門)用語番号 355(2014年改正)。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペーハー」の関連用語

ペーハーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペーハーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2021 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水素イオン指数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS