当初の計画とは? わかりやすく解説

当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 15:39 UTC 版)

馬政第二次計画」の記事における「当初の計画」の解説

1936年度から1945年度までの10年間第一期とされた。第一期計画の概要以下の通り内地において保有すべき馬匹頭数少なくとも150頭(うち乗馬40頭、挽馬が20頭)とする。 馬匹改良のため、海外から輸入する馬の種類について、軽種はアングロアラブ・アラブ種・サラブレッドに、中間種アングロノルマン英語版)に、重種ペルシュロン制限する国有種牡馬所要頭数を6,000頭とし、うち半数国有種牡馬とする。また、国有種牡馬のうち15%を軽種85%を中間種残り重種とする。

※この「当初の計画」の解説は、「馬政第二次計画」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「馬政第二次計画」の記事については、「馬政第二次計画」の概要を参照ください。


当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 14:40 UTC 版)

ニムロド遠征」の記事における「当初の計画」の解説

シャクルトン当初計画は、マクマード・サウンドにあるディスカバリー遠征本部跡を基地にしようと思い描いていた。そこから地理上の南極点南磁極到達する試み開始するつもりであった他の旅も付随し科学的探査計画継続できるはずだった。この当初の計画では、ポニーおよび特別に設計したモータービークル組み合わせなどシャクルトン考えた輸送手段明らかにしていた。それ以前に南極ポニーモーター使われことはなかったが、1894年から1897年のジャクソン・ハームズワース北極遠征では、フレデリック・ジャクソンがポニー使っていた。ジャクソンポニー能力について混乱した報告しており、またノルウェー著名極地探検家フリチョフ・ナンセンからは具体的な忠告もあったが、シャクルトンポニー15頭を連れて行くことにしており、後に10頭に減らした1907年2月シャクルトン王立地理学会にその計画報告した時までに、費用概算額をより現実的な3ポンドインフレ換算269ポンド)に変えていた。しかし、シャクルトン提案に対する王立地理学会反応無かったシャクルトンは、学会この時まで新し遠征隊率いて行くスコット意思知っており、学会スコット承認与え機会を残しておこうと考えていたことを後に知った

※この「当初の計画」の解説は、「ニムロド遠征」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「ニムロド遠征」の記事については、「ニムロド遠征」の概要を参照ください。


当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 18:15 UTC 版)

阪急新大阪連絡線」の記事における「当初の計画」の解説

阪急電鉄当時は京阪神急行電鉄。以下阪急と略す)は、当時深刻さ増していた梅田近辺混雑緩和と急曲線が続く京都本線崇禅寺駅付近バイパス、及び開業近づいていた東海道新幹線へのアクセス機能兼ねた新線計画し1961年事業免許取得し用地買収準備工事にも取り掛かっていた。1964年開業した東海道新幹線や、引き続き工事が行われた山陽新幹線高架橋脚にも、新大阪連絡線開業に備えて橋脚斜めに配置するなどの準備なされた宝塚本線との分岐付近から新大阪駅までの新幹線並行区間東西細長く用地買収が行われている。計画では京都本線特急急行新大阪経由移し崇禅寺回り普通列車専用とする予定であった。 しかし、新幹線博多駅延伸後も建設計画一向に進展しなかった。新大阪駅付近開発が遅れ、建設意義薄れたことが主な原因である(阪急新大阪駅周辺の開発割り込むことができなかったことも理由と言われている)。また、建設のためには十三淡路両駅の高架化必要であるが、全く進捗しなかったことも足踏み原因となった。 もともと京都本線天神橋駅現在の天神橋筋六丁目駅)が起点であり、十三駅 - 淡路駅間は十三線であり支線にすぎなかった。そこで当初は優等列車梅田駅 - 京都方面間に直通させることを念頭にこの路線計画されている。しかし、すでに1964年大阪市営地下鉄御堂筋線現在のOsaka Metro御堂筋線)と国鉄の駅として新大阪駅自体開業した段階阪急十三駅 - 淡路駅間の規格化十三駅 - 梅田駅間の三複線化を完了していた。その後新大阪線の用地買収の遅れとその頓挫により、梅田駅京都本線ホーム拡充3線化着手し1973年11月23日ダイヤ改正からは京都本線千里線十三駅発着の全列車梅田駅直通させることとなったまた、梅田駅完成先立つ1969年には千里線天神橋駅地下化して天神橋筋六丁目駅改称し同駅から動物園前駅まで大阪市営地下鉄堺筋線現在のOsaka Metro堺筋線直通運転開始されている。これら複数事業によってある程度梅田駅周辺の混雑緩和され新大阪線の優先度低下した1989年運輸政策審議会答申第10号では十三 - 淡路間が「平成17年2005年)までに工事着手することが適当な区間」とされたものの、着手への動きがないままであった。ようやく淡路駅高架化計画動き始めたものの、その計画図には新大阪線の分岐はなく、もはや断念した同然の態となっていたが、2002年12月6日阪急新大阪 - 淡路間 (1.680 km) と神崎川 - 新大阪間の事業許可廃止申請を提出し2003年3月1日に両区間正式に廃止となったこれにより事業許可有効なのは十三 - 新大阪間 (2.350 km) のみとなった。 残る同区間は阪急各線からすると乗り換え要する支線」に過ぎず利便性高まらない、との見方もある[要出典]。この区間において阪急は既に8割の用地取得済みであり、なにわ筋線などの進捗見て最終的な処置判断することになったが、十三駅付近一部敷地他社売却しており、現実的に建設することは不可能であろうと見られていた。

※この「当初の計画」の解説は、「阪急新大阪連絡線」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「阪急新大阪連絡線」の記事については、「阪急新大阪連絡線」の概要を参照ください。


当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 09:06 UTC 版)

卑弥呼の庄」の記事における「当初の計画」の解説

桜井市目的は、この10年上塩漬けになっている土地民間売却し地域活性農業復興役立事業実施させることであった桜井市呼びかけに対して愛媛県西条市農業テーマパーク数多く手掛けるファームの久門渡(ファーム創設者であり当時の社長)が応じ、久門渡が桜井市現地法人として農業再生法人「大和さくらい」を設立し、久門自身が代表に就任したファーム社長兼任する)。当初は事業主体株式会社ファーム運営主体が「大和さくらい」という形態であり、「大和さくらい」が農業経営改善安定化計画及び農林業等活性化基盤施設設置事業計画桜井市提出した桜井市経営には関与しない方針であった当初の構想では倉橋ため池を臨むおよそ4ヘクタール土地取得し、2ヘクタール棚田として活用し残り土地レストラン中心に農産物直売する市場や、和菓子などを製造する食品製造施設大規模駐車場設け予定であった。後ほど農産物加工のために、建物追加建設する計画もあった。周辺農家とは古代米雑穀などの栽培契約作付け補償行い新しい付価値農業展開していくプランで、2ヘクタール棚田では古代米栽培行い3年目30ヘクタール5年目50ヘクタールまで拡大し周辺農家協力全国販売拡大する計画だった。これらの事業は、特定農山村法基づ奈良県許認可事業であり、地区農業振興遊休農地有効活用観光振興雇用創出期待された来場者年間70万人想定した資料によっては50万人とも)。桜井市は「大和さくらい」へ、2億円で土地売却する契約結んだ

※この「当初の計画」の解説は、「卑弥呼の庄」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「卑弥呼の庄」の記事については、「卑弥呼の庄」の概要を参照ください。


当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 06:34 UTC 版)

木場車両検修場」の記事における「当初の計画」の解説

路線免許申請当初は埼玉県新座市片山大規模な車庫用地確保し光が丘駅から延長 5.3 km車庫線を建設することで、「片山車両工場」を設け計画であったまた、練馬区大泉学園町キャンプ・ドレイク跡地車庫設け計画もあった。しかし、大江戸線大泉学園方面への延伸計画は、建設のめどが立たないことから中止となったそのため、グラントハイツ跡地光が丘内の南部半地下方式車庫設置することとし路線免許取得至ったものの、付近住宅用地としての払い下げ決定しており、騒音振動公害への問題から車庫の設置不可となった最終的には放射部の開業対応可能規模で、光が丘西に隣接する練馬区高松車庫置くことなった大江戸線環状開業対応した車庫としては、都立木場公園地下木場車庫設けることで対応した

※この「当初の計画」の解説は、「木場車両検修場」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「木場車両検修場」の記事については、「木場車両検修場」の概要を参照ください。


当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:25 UTC 版)

西九州新幹線」の記事における「当初の計画」の解説

佐賀長崎両県当初示していた並行在来線運行計画としては、以下の通りのものであったいわゆる上下分離方式」を採用し線路路盤駅設備等の維持・管理両県が行う(第三種鉄道事業者)。 実際に鉄道運営を行う第二種鉄道事業者は以下の通りとする。肥前山口 - 肥前鹿島間:JR九州 肥前鹿島 - 諫早間:両県中心となって設立する第三セクター鉄道電化設備使用止め非電化とする)、ディーゼルカーによる運行とする。これは交流電車高価であることと、最低でも2両編成での運用となり効率が悪いためとしている。またこの区間走行する貨物列車は既になく(鍋島駅からトラック便による輸送)、電化設備維持する必要はないとしている。 肥前山口駅ではJR九州列車との乗り換え便利なように「対面乗り換え」とする。また、JR佐賀駅までの直通列車走らせるようJR九州協議する新駅設置考慮する運賃水準現在のJR九州並みとする。 運営費松浦鉄道と同じ水準とする。 佐賀長崎両県では以上の計画実施され普通列車乗客数が現在と同じ水準であると仮定した場合第三セクター鉄道収支はほぼ均衡すると主張していた。しかし、鹿島市江北町は、この計画について、前述の運転計画と、利便性大幅な低下や、将来的に並行在来線区間利用低迷し廃線される可能性懸念示し肥前鹿島 - 諫早間の経営分離計画には同意しなかったため、2005平成17)年度以降西九州ルート事業予算毎年計上されながら工事着手が行えない状況続いていた。同意しなかった2自治体は「JR長崎本線存続期成会」を結成し並行在来線第三セクター鉄道化に反対していると同時に第一期工事時間短縮効果があまり見込めない・費用対効果が悪い、といった主張行っていた。また、自治体長崎本線輸送改善新幹線建設ではなく既存区間複線化対応できる期成会において主張していた。しかし、両県のうち特に長崎県は、それに対し時間短縮効果ほとんどないことや、複線化費用に対する国の補助金額が少ないために現在の国の補助予算規模では肥前山口 - 諫早間の複線化60年近くかかること、また、補助金以外の費用JR九州ならびに佐賀長崎両県負担となり、特にJR九州負担意思がない、等の理由示し否定的見解示し続けた

※この「当初の計画」の解説は、「西九州新幹線」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「西九州新幹線」の記事については、「西九州新幹線」の概要を参照ください。


当初の計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:06 UTC 版)

都営地下鉄三田線」の記事における「当初の計画」の解説

路線建設は、1957年昭和32年)の建設省告示第835号「東京都計画高速鉄道網」において5号線現在の東京メトロ東西線)の分岐線として示された大手町 - 下板橋間の計画が元となっている。当初は帝都高速度交通営団事業者となり、建設および開通後の営業担当する予定であった。1960年昭和35年3月ごろより、5号分岐線建設具体的に検討され始めた。この路線都電水道橋線(新常盤橋 - 春日町間)、白山線春日町 - 白山上間)、巣鴨線(白山上 - 巣鴨車庫間)および板橋線巣鴨車庫 - 旧・下板橋間)とほぼ重なルートで、18系統神田橋 - 志村坂上間)・35系統田村町一丁目 - 巣鴨車庫間)が運転されているため、東京都交通局による建設営業望ましいとされた。 1962年昭和37年1月開かれた首都圏整備委員会建設省運輸省による会談において、5号分岐線建設正式に決定続いて運輸大臣東京都知事営団総裁による会談開かれ都交通局による事業化内定した同年6月8日運輸大臣提出の都市交通審議会答申第6号において分岐線6号線として切り離され5号線について営団が、6号線について都交通局建設営業する方針正式に決定された。6号線は西馬込方面より五反田田町三田駅)・日比谷春日町当時都電水道橋線・白山線停留場名。開業後の春日駅)・巣鴨および板橋区大和町(やまとちょう当時都電志村線停留場名。開業後の板橋本町駅付近)の各方面経て東武東上線上板橋駅および志村当初は都電志村線志村終点付近想定後に現・高平駅変更。)付近各方面へ至る路線として示された軌間は1435 mm標準軌)を採用し西馬込駅 - 泉岳寺駅間と馬込検車場(現・馬込車両検修場)は1号線(現・都営浅草線)と共用する予定であった。

※この「当初の計画」の解説は、「都営地下鉄三田線」の解説の一部です。
「当初の計画」を含む「都営地下鉄三田線」の記事については、「都営地下鉄三田線」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「当初の計画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

当初の計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



当初の計画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの馬政第二次計画 (改訂履歴)、ニムロド遠征 (改訂履歴)、阪急新大阪連絡線 (改訂履歴)、卑弥呼の庄 (改訂履歴)、木場車両検修場 (改訂履歴)、西九州新幹線 (改訂履歴)、都営地下鉄三田線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS