当初の構想とは? わかりやすく解説

当初の構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 02:29 UTC 版)

Anthem (ゲーム)」の記事における「当初の構想」の解説

本作開発は、『Mass Effect 3』のリリース直後2012年に、『Mass Effect(以下、シリーズ総称としては『ME』と表記)』3部作エグゼクティブプロデューサーであるケイシー・ハドソンの下で開発始まった当初コードネームは「Dylan」というもので、これは「ボブ・ディランのように長く語られる存在になるように」という思いからだったらしい。その後Beyond」という名になり、2017年まで使われていた(以下で便宜上基本的にAnthem』と表記)。 開発当初バイオウェアは『Dragon Age: Inquisition(以下『DA:I』)』を2014年発売するため、会社全体開発注力していた。本作チームしばらくの間規模小さく謎のプロジェクトだった。「Dylan」と呼ばれていた当初コンセプトは野心的なもので、常に変化し続けていたという。この時点ではアクションマルチプレイといった構想はあっても、まだ誰もどういうゲームになるか分かっていなかった。一つ目標は、『ME』や『Dragon Age(以下、シリーズ総称としては『DA』と表記)』といった従来作品とは一線を画すものにすることだった。すぐに出てきたコンセプト一つが、危険に満ちた惑星舞台にするというものだった数ヶ月間にとなる部分出来上がっていき、それは惑星中に強大な怪物がいて強スーツ着たプレイヤー生き残るために戦い大規模な災害各地起こりスーツ強化他のプレイヤーとのプレイ共有ができる、といったものだった。E3 2014でのタイトル未定ティザー映像として、これらプロトタイプ一部見ることができる本作当初からオンラインマルチプレイとしてはいたが、現在のようにルートシューター的なものというより、サバイバル要素大きかったようである当時開発者たちの士気高かったが、同時にこれら壮大な構想本当に実現できる懸念あったようである。そういう中の2014年8月チーム率いていたケイシー・ハドソンがバイオウェア退社してしまう。もう自分なしでも大丈夫だ感じたからといい、2011年ディズニーからEA移ったジョン・ワーナー後任についた。しかし、『ME』3部作ハドソンの強いリーダーシップ下開発されていたと感じていた者は多くその人物が去ったことに今後不安視する向きもあった。しかしそれでも『Anthem開発チーム士気依然高かった発売された『DA:I』は高い評価を受け、その開発者多くが『Anthem』のチーム移った。『Anthem』には多くの可能性がある信じ技術的な問題方向性変更開発苦戦していた『Mass Effect: Andromeda(以下『ME:A』)』の様な事は起こはずがない思っていた。

※この「当初の構想」の解説は、「Anthem (ゲーム)」の解説の一部です。
「当初の構想」を含む「Anthem (ゲーム)」の記事については、「Anthem (ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「当初の構想」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

当初の構想のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



当初の構想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAnthem (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS