馬込車両検修場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 工場 > 日本の鉄道工場 > 馬込車両検修場の意味・解説 

馬込車両検修場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 02:08 UTC 版)

馬込車両検修場(まごめしゃりょうけんしゅうじょう)は、東京都大田区南馬込6-38-1にある東京都交通局都営地下鉄)の車両基地浅草線の車両が所属している。東京都交通局馬込総合庁舎もこの検修場内にあり、浅草線の中枢部として機能している。


  1. ^ a b c d e f g h i 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2007年9月号「東京都交通局馬込車両検修場の概要」pp.97 - 101。
  2. ^ a b 東京都交通局発行「都営地下鉄建設史 - 1号線 - 」参照。
  3. ^ 東京都交通局『東京都交通局90年史』年表pp.438 - 440。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 日本鉄道車両機械技術協会『ROLLINGSTOCK&MACHINERY』2004年10月号研究と開発「都営地下鉄浅草線・馬込新工場の検修設備」pp.4 - 8。
  5. ^ a b c d e f g h 東京都交通局『東京都交通局90年史』「馬込車両基地整備と汐留連絡線」pp.108 - 109。
  6. ^ 大江戸線の光が丘車両検修場→木場車両検修場(高松車庫)に工場設備を設けたが、地下式のため、さまざまな制約があった。
  7. ^ a b c 鉄道ジャーナル社「鉄道ジャーナル」2005年3月号 鉄道・軌道プロジェクトの事例研究37「都営地下鉄大江戸線環状部の整備財源」p.96。
  8. ^ この方式は、現在も多くの鉄道会社で行っている整備方式である。
  9. ^ a b c d e 日本鉄道車両機械技術協会『ROLLINGSTOCK&MACHINERY』2015年9月号企画記事 - 公民鉄各社から - 「浅草線と大江戸線の車両を整備する馬込車両基地」pp.8 - 11。
  10. ^ a b c d e 『SUBWAY』2004年7月号レポート1「馬込新車両工場の整備について」pp.49 - 54。
  11. ^ この方式の採用には、ある程度同一仕様の車両で統一されていないと採用するメリットが少ない。
  12. ^ 新トモエ電機工業公式サイト掲載の導入事例の記事による(2011年9月28日閲覧)。
  13. ^ a b c d e f g h 成山堂書店『大江戸線建設物語』pp.214 - 225。
  14. ^ 成山堂書店『大江戸線建設物語』p.214には「祝・入線 2006.1」と書かれたヘッドマークを掲出したE5000形の写真が掲載されている。
  15. ^ a b c 成山堂書店『大江戸線建設物語』p.220「東新橋工区平面図」
  16. ^ a b c 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.485 - 489。
  17. ^ a b 東京都交通局『東京都交通局90年史』pp.92 - 93。
  18. ^ 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』p.5「大江戸線の経緯」。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

馬込車両検修場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



馬込車両検修場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬込車両検修場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS