東日本大震災における放送関連の動き 東日本大震災における放送関連の動きの概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 東日本大震災における放送関連の動きの解説 > 東日本大震災における放送関連の動きの概要 

東日本大震災における放送関連の動き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/19 03:18 UTC 版)

概説

2011年3月11日14時46分(JST)に東日本大震災が発生したことにより、直後から報道特別番組が編成されたのを皮切りに、テレビ番組の編成などにも過去に例がないほどの大きな影響が生じた。発生直後から3月14日未明まで、NHK民放各局とも通常番組を休止し、60時間近くを震災報道に割いた。このうちNHKでは最大の報道態勢となり、発生から2週間で300時間以上にわたり報道した。

東北関東地方では放送局自体も被害を受け、特に震度6クラスの揺れに襲われた宮城県福島県放送局では、怪我人が出たり床がずれたりするほどの大きな被害を受けた。また、開局からほとんど自然災害の直接的な影響がなかった東京都心のキー局も自らが震度5強の強震に襲われ、一部で被害も生じた[※ 1]

震災報道、あるいは震災そのものの影響により、予定された番組の放送中止及び延期が各テレビ局で多数発生した。震災が発生した時期が番組改編でもあったため、レギュラー番組の中断だけでなく、終了予定だった番組の終了の繰り上げ(打ち切り)や延期、新番組の放送開始の延期(あるいは放送中止)、さらには改編特番の放送中止や内容の大幅変更などが行われた。各テレビ局は報道特番と並行してこれらの対応に追われた。また、被害の大きかった3県(岩手・宮城・福島)のテレビ局では、全国ネットの通常番組が再開された後もしばらくの間、一部番組を震災関連の報道特番に差し替える対応をとった。

地震によって東北・関東地方を中心に大規模な停電が発生したため、停電した放送局の多くは自家発電によって放送を続けた。しかし、東北地方では電力の復旧が遅れたことから、自家発電機の燃料が尽きて停波する放送局が多数現れ、特に東北放送(TBCラジオ)東日本放送では親局が一時停波に追い込まれた。

総務省3月15日、同日午前10時時点での被災地域のテレビラジオ放送設備に関して、親局はすべて稼動しているものの、一部の中継局が被災し、テレビ中継局63箇所(茨城23、宮城20、岩手16、山形2、福島2)とラジオ中継局2箇所(福島2)が停波中であることを公表した[1](現在は大津波で流失・完全使用不能となり、事実上廃局となった宮城県の1局を除いてすべて復旧している)。

また、震災によって地上デジタルテレビ放送の普及活動が停止しているほか、被災地域では難視聴地域の共同アンテナの損壊や流失が起きており、これに伴う措置として総務省は、7月24日に予定されていた地上デジタル放送への全面移行を、岩手、宮城、福島の3県については半年から1年延期する方向で調整を開始し[2]、前述の3県や関東、長野で被災し、デジタル・アナログともに視聴できなくなった世帯や施設に対しては、地デジ難視対策衛星放送を視聴できるようにすることを決めた[3]。その結果、岩手、宮城、福島3県の地上デジタル放送への全面移行は、2012年3月31日に延期された。

一方で各テレビ局とも、義援金をはじめ、被災地・被災者への様々な支援活動を行っている。

2012年以降、NHK・民放各局(テレビ東京を除く)は毎年3月11日の14時46分前後に震災特別番組(同日の報道・情報番組の通常放送枠内、あるいは別枠で放送されるものもあり)を放送している。2012年からは国立劇場で開催していた日本国政府主催の追悼式(新型コロナウイルスの感染拡大により中止となった2020年を除く)と被災地からの追悼式を同時に生中継で放送していたが、政府主催の式典が2021年をもって終了したことにより、2022年以降は被災地のみから生中継での放送となっている。

震災発生直前から震災発生直後の各放送局の動き

ここでは主に東京を中心とする在京局および関東・東北地方のラジオ局の例を挙げる。

地震の発生時間帯はNHKおよびNNN(日本テレビ系)以外、基本的にローカル編成時間帯であり、系列各局も含め独自編成を行っていたため、NHKおよび日本テレビ系列以外では、在京キー局が特番に入っても同時ネットしていない系列局が大半である。

つまり、在京キー局はあくまで自局の報道の準備が整ったところで切り替える(緊急割り込み)対応を取っていたため、系列局ではキー局から配信されるネットワークモニタを確認した後に遅れて切り替えたケースがほとんどである。また、地震速報のテロップもNHK以外は各放送局の任意送出となっており、在京局が出したテロップがそのまま全国ネットに乗っている訳ではない(NHKのローカル編成時間帯においても同様である)。

テレビ

日本放送協会(NHK)

総合テレビでは『国会中継 第177回国会参議院決算委員会 平成21年度決算決議[4]』の放送中だった。14時46分50秒、自由民主党岡田広議員の政府参考人への質問中に地震が発生し東北地方に緊急地震速報が発表され、緊急地震速報のテロップ(字幕スーパー)とチャイムが流れた。当時参議院第一委員会室内の様子を実況していたNHKの佐藤龍文アナウンサーが東北地方に緊急地震速報が発表された旨を伝え視聴者に強い揺れに警戒するよう呼び掛けた[5]。その後、国会議事堂でも揺れが始まり佐藤アナが参議院第一委員会室内での揺れについて伝えていたところ、14時48分17秒、東京渋谷NHK放送センターのニュースセンターに切り替わり、スタジオで待機していた伊藤健三エグゼクティブアナウンサーが地震情報の第一報を伝えた。その後大津波警報が発表されたことに伴い緊急警報放送を実施し、横尾泰輔アナウンサーが津波情報の第一報を伝えた[6]。尚、審議は決算委員長・鶴保庸介により14時50分より休憩となり、そのまま再開される事なく散会した。

Eテレでは第1チャンネルで『NHK高校講座[7]第2チャンネルで『きょうの健康[8] を放送中に地震が発生。総合テレビと同時に(BS波[9][10][11]AM第一[12]AM第二[13]FM[14] のすべてが)緊急ニュースをカットイン(総合テレビの放送をすべてのチャンネルで同時サイマル放送)した(NHK内部ではこれを「全中」と呼んでおり、ニュースセンターの制御卓にある送出開始ボタンが押される事で、NHKの送信している全ての通常放送を強制中断して全波一斉に切り替えるシステム。当時の国内向けは8波だった為、「8波全中」(NHKワールドを含めると「9波全中」)と呼んでいたが、現在は「9波(または10波[※ 2])全中」と呼んでいる。

各社の報道ヘリコプターが駐機されていた仙台空港では揺れにより格納庫の扉が破損し、ヘリコプター自体も接触で損傷し離陸できないまま津波の被害を受けた。NHKと契約しているオールニッポンヘリコプターの機体は偶然整備のため外に出されていたことから被害を免れ、当番だったNHK福島放送局のカメラマンが搭乗し離陸、宮城県に襲来した津波の映像を中継している[15][16]。この映像によりカメラマンの鉾井喬は日本新聞協会賞を受賞した[16]

日本テレビ

情報ライブ ミヤネ屋・第1部』を放送中に地震が発生。そのため民放系列では一番早く、また(民放系列)唯一の全国ネットで第一報を伝えた。

『ミヤネ屋』は読売テレビ(大阪府大阪市中央区)制作のため、出演者やスタッフは東北地方に緊急地震速報が発表されたことや地震が発生したことに気づいておらず、たまたま東京都知事(当時は石原慎太郎)の会見場に中継をつないだところ、中継先の中山正敏リポーターが「東京都庁内の会見場で現在地震のような揺れを感じている」と伝え、コメンテーターが「(高層ビルの庁舎の)都庁だからそりゃ揺れるでしょ」とコメントする場面があった。

しかし、地震発生時点で第1部の終盤にさしかかっており、契約上第1部終了の14時55分までに残りのCMをすべて消化する必要があったことから、20秒ほどでCMに入り、更にスポンサー表示を挟む形[※ 3]となってCMが長引いたため[※ 4]、詳しい情報を伝えるのが遅くなってしまった。ただ、そのスポンサー表示の際に東京汐留の日本テレビの報道フロアの様子や日本テレビ本社屋上の天気カメラ映像が生中継された。CM明けに報道フロアにいた日本テレビの豊田順子アナウンサーが報道フロアの揺れの状況と地震情報と津波情報の第一報を伝えた。また大阪の読売テレビのスタジオでも揺れが始まり司会の宮根誠司がその旨を伝えた。『ミヤネ屋』は第1部からそのまま第2部に突入するも、開始2分後の14時57分に途中打ち切りとし、『NNN緊急特番 「東北関東大震災関連」』にそのまま移行した[17]

地震についてのテロップは、14時48分30秒。ジングルの途中で出たため、CMに入ってすぐに消えた(このテロップについては関東地方のみ〈日テレNEWS24では全国〉に送出。ただしこれは「ただいま、東京地方で地震とみられる揺れを感じました」という「地震情報」と呼ぶべき内容で、気象庁発表の震度などに関するものではなかった。ほぼ同時に出したTBSでは震度6強の第1報を伝える[※ 5]「震度速報」であった)。

テレビ朝日

劇的空間おみやさん』(再放送)を放送中に地震が発生。14時49分1秒に地震速報のテロップを送出(関東地方のみ)し、同番組末尾の『砂の器』の番宣放送途中で大津波警報が発表されたことに伴い緊急警報放送を実施し、『ANN緊急報道特番 「東北地方太平洋沖地震関連」』に移行して東京六本木のテレビ朝日のニュースルームからテレビ朝日の下平さやかアナウンサーが津波情報の第一報を伝えた[18]

TBSテレビ

3年B組金八先生』(再放送)を放送中に地震が発生。日本テレビとほぼ同じ時間で地震速報のテロップを送出(関東地方のみ)。日本テレビは「地震情報」(上記参照)だったが、TBSは「震度速報」であったため、地震本体の情報としては在京民放で最初に伝えている。その後、日本テレビがCMから明けるおよそ5秒前に東京赤坂のTBSテレビの報道フロアに切り替わりTBSテレビの蓮見孝之アナウンサーが地震情報と津波情報の第一報を伝えた。

また、津波警報地上波民放で最初に伝えており、テレビ放送としてはSOLiVE24(下記)とNHKの後に続いた。

テレビ東京

『スペシャル!傑作選』(『土曜スペシャル』の再放送)を放送中に地震が発生。14時49分17秒に地震速報テロップを送出(関東地方のみ)。その後、大津波警報発表に伴い緊急警報放送を実施し、東京虎ノ門のテレビ東京の報道スタジオからテレビ東京の大浜平太郎キャスターが津波情報の第一報を伝えた。

フジテレビ

韓流αタルジャの春』を放送中に地震が発生。報道の初動対応が遅れた事による事故やトラブルが連続した。

具体的には地震速報テロップが送出されず、東京お台場のフジテレビのV9(報道)スタジオに切り替わったものの、V9スタジオの副調整室が完全に立ち上がっておらず、準備中の様子(無人のV9スタジオや新宿情報カメラ、震度地図などの映像)が数秒間連続して放送された。

一旦通常番組に戻した後、準備が整ったところで改めて、『FNN緊急報道特番 「東北関東大震災関連」』に移行して報道センター内のセンターテーブルからフジテレビの境鶴丸アナウンサー(当時)が地震情報の第一報を伝えた[19]

SOLiVE24ウェザーニューズ

SOLiVE コーヒータイム』を放送中に予報センター(千葉市美浜区)から宇野沢達也(気象予報士)による天気解説中に地震が発生。震度情報の画面を取り切ったまま、解説していた宇野沢が続けて地震情報と津波情報の第一報を伝え、そのまま地震津波関連情報へ移行した[20][21]

ラジオ

NHKラジオ第1放送

総合テレビ同様、『国会中継第177回国会・参議院決算委員会 平成21年度決算決議)』を放送中に地震が発生。総合テレビと同時放送だったため、テレビ音声によるニュースがそのままラジオでも放送された。

TBSラジオ

小島慶子 キラ☆キラ』を放送中に地震が発生。事前録音番組「日本列島ほっと通信」(内包番組)を放送していたため、この番組のエンディング音楽が流れている最中に番組パーソナリティ小島慶子がスタジオが揺れている旨を伝えリスナーに強い揺れに警戒するように呼び掛けた。その後ニュースデスクの今村稔が地震情報と津波情報の第一報を伝えた。

文化放送

大竹まこと ゴールデンラジオ』を放送中にパーソナリティの大竹まこと室井佑月のトーク中に地震が発生。文化放送の太田英明アナウンサーがスタジオが揺れている旨を伝えリスナーに強い揺れに警戒するように呼び掛けた。その後報道部に切り替えて地震情報と津波情報の第一報を伝えた。

ニッポン放送

上柳昌彦 ごごばん!』を放送中、外部と電話を繋いでのトーク中に地震が発生。番組パーソナリティーでニッポン放送の上柳昌彦アナウンサー(同局防災パーソナリティの一人)がスタジオが揺れている旨を伝えリスナーに強い揺れに警戒するように呼び掛けた。その後報道部の宮崎裕子記者が地震情報と津波情報の第一報を伝えた。

 ニッポン放送の放送事例はニッポン放送番組一覧#実際の運用例に詳しい。

東北放送

ロジャー大葉のラジオな気分』を放送中に地震が発生したが、録音番組「ミュージックスクランブル」(ニッポン放送裏送り制作)放送中で即座に対応できず。

その後、テレビとの同時放送(報道センターテレビスタジオから東北放送の大久保悠アナウンサーが伝えたTBCテレビの宮城県内向け臨時ニュース)に切り替わり、そのままラジオでも放送した。

ラジオ福島

『かっとびワイド〜けんじとかおりのふれんどらじお〜』で酒造会社のインフォマーシャルを生放送中に地震が発生。番組パーソナリティでラジオ福島の深野健司アナウンサーがスタジオが揺れている旨を伝えリスナーに強い揺れに警戒するように呼び掛けた。その後深野アナ、菅原美智子アナウンサーが地震情報と津波情報の第一報を伝えた。

茨城放送

『サンシャイン・カフェ Siesta』を放送中に、楽曲を放送し始めた直後に地震が発生。音楽を中断して番組パーソナリティで茨城放送の渡辺美奈子アナウンサーがスタジオが揺れている旨を伝えリスナーに強い揺れに警戒するように呼び掛けた。その後改めて地震情報と津波情報の第一報を伝えた。

NACK5

FUNKY FRIDAY』を放送中、「何が言いたいの」のコーナーでリスナーに電話を繋いでいた際に地震が発生。番組パーソナリティの小林克也がリスナーに電話を切らせ、小林が東京・銀座のサテライトスタジオが揺れている旨を伝え、その後大宮本社のニュースセンターに切り替えて地震情報と津波情報の第一報を伝えた。


まとめ

以下は、地震発生時の在京局のまとめである。

放送局 地震発生時に
放送中だった番組
地震速報(第一報)を
出した時間と内容
震度速報を
出した時間
地震情報に
切り替えた時間
NHK総合 国会中継
第177回国会参議院決算委員会
平成21年度決算決議
14時46分54秒
緊急地震速報
14時47分30秒 14時48分17秒
全中発動
NHKEテレ
(メイン・021ch)
NHK高校講座
情報A「メディアを学ぼう」(2)
NHKEテレ
(サブ・023ch)
きょうの健康
1万人調査からわかった生活習慣病予防
「生活改善 失敗しないために」
日本テレビ 情報ライブ ミヤネ屋・第1部 14時48分30秒
地震情報
14時50分20秒 14時51分10秒
テレビ朝日 劇的空間
おみやさん 第6シーズン第9話
「京都殺人交差点…引き裂かれた母と息子」
14時49分01秒
震度速報
14時49分01秒 14時51分34秒
TBSテレビ 3年B組金八先生 第1シリーズ第5話
「十五歳の母 その2」
14時48分30秒
震度速報
14時48分30秒 14時51分05秒
テレビ東京 スペシャル!傑作選
一万円で大満足!大人の休日
14時49分17秒
震度速報
14時49分17秒 14時54分06秒
フジテレビ 韓流α
タルジャの春 第11話
トラブルにより
送出せず
トラブルにより
送出せず
14時50分28秒

なお、次の論文には、地震発生後の放送内容の一覧がある。

NHK放送文化研究部メディア研究所 番組研究グループ(2011)『東日本大震災発生時・テレビは何を伝えたか』 放送研究と調査, 2011年5月号


注釈

  1. ^ どの局でも事務フロアが棚・机の転倒で散乱し、窓ガラスの破損・天井板落下・壁の罅割れ・スプリンクラー作動等の様子が報道特番で伝えられた。特に被害が顕著なフジテレビ本社が入るFCGビルは、球体展望室の一般入場を6月初旬まで休止した。NHKスタジオパークも一部が被害を受け、予定を前倒しし3月12日から10月9日までリニューアル工事のために閉館した。
  2. ^ 2023年12月1日から2KのBSがNHK BSに事実上一本化されたが、2024年1月1日の令和6年能登半島地震による巨大地震・大津波警報発令時においては、旧NHK BSプレミアム〈新チャンネル移行のための告知放送〉を含め、津波警報が解除された1月2日午前1時15分ごろまで震災関連の全9(10)波全中が実施された。
  3. ^ 映像は日本テレビ設置の新橋駅お天気カメラの映像で、すでにS波が伝わっており、激しく揺れている様子が流れた。
  4. ^ このCMが在京民放局としては最後のCMとなり、以降3月12日23時55分テレビ東京系でCM送出を再開するまでの間、民放5系列からCMが消えた。
  5. ^ 最大震度7の情報が入る前に、第1報として気象庁から最大震度6強との情報が入電していた(その後第2報で最大震度7に修正)。
  6. ^ 実際に、1〜2メートル前後の津波が西日本各地でも観測されている。
  7. ^ 当時、大規模な災害(台風・地震など)による緊急事態を要する場合、通常であれば総合テレビとBS2の深夜放送を同時放送するのが基本であり、教育テレビとBS1、BShiなどは通常放送を行うのが基本であるが、東日本大震災は超激甚災害であったため、例外として発生直後から3月19日未明まで総合とBS1・BShi(-3月14日未明まで)、教育とBS2の組み合わせで地上波の放送をBSでも同時放送していた。
  8. ^ テレビ東京を除く民放4系列が1980年以降にCMを全面カットして放送した例としては、1989年1月7日昭和天皇崩御における特別編成(局によって時間は異なるが、概ね1月7日午前5時台から1月9日未明までの約42時間)がこれまでの最長であり、本震災の報道においてはそれを上回った。なお、1995年1月17日阪神・淡路大震災発生時にもほぼ2日間のCMを全面カットした局があったが、こちらはあくまで在阪局の一部に限ったことで、系列全体を対象としたものではなかった。
  9. ^ 海外向けNHKワールド・プレミアムでも国内同時放送を行い、ノンスクランブル放送は被災地各地からの生中継や関連のドキュメンタリーを中心に行った。
  10. ^ 3月10日は『震災から3年 明日へコンサート』(19:30 - 20:45)放送のため、休止。
  11. ^ 2014年3月15日0:10 - 1:05に再放送。
  12. ^ 当初は15:30までの予定だったが、東日本大震災三周年追悼式(於:国立劇場)中継の延長で5分拡大。このため『ソチパラリンピック』は15:40 - 16:10までとなり、春場所中継は16:15からとなった。(『テレビ体操』は休止)。
  13. ^ 2014年3月17日0:10 - 0:55に再放送。
  14. ^ 同年3月23日16:30 - 17:00に再放送。
  15. ^ 2016年4月1日からは金曜日も3部制での放送。
  16. ^ 2019年以降は編成の関係上、放送していない。
  17. ^ 週末は放送されないため。
  18. ^ 2011年4月1日 - 2014年9月26日まで出演。
  19. ^ 2014年9月29日 - 2016年9月30日まで出演。
  20. ^ 2016年10月3日から2019年3月29日まで出演。
  21. ^ 2019年4月1日から2021年3月26日まで出演。過去には熊本地震被災地への取材も行っていた。
  22. ^ 対象は青森県、岩手県、宮城県、福島県(いずれも地震と津波の被害を受けている)。また、福島県を拠点に活動するお笑いコンビ・母心も2017年まで出演していた。画面右上には「+○ あれから○年がたちました。」(○は年数を表す)のテロップが付く。
  23. ^ 2018年は第90回アカデミー賞取材の関係で、3月7日から9日、12日の4回放送。2022年はロシアによるウクライナ侵攻に関連して『平和を願うメッセージ〜#NoWarln UKRAINE〜』を放送したため、コーナーの放送はなかった。
  24. ^ 真相報道 バンキシャ!』のメインキャスターに就任のため。その後、2022年3月31日をもって日本テレビを退社し、同志社大学ハリス理化学研究所助教に転身。ただし、退社後も「バンキシャ!」のメインキャスターおよび「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画出演は継続する。
  25. ^ 2018年4月、自身の不祥事により芸能界引退。
  26. ^ 石巻漁港石巻駅前の商店街。
  27. ^ 2014年の同時期に訪問した県立高田高等学校を再び訪れている。
  28. ^ サポート役として「ZIP!ファミリー」(当時)の石山蓮華が同行。
  29. ^ a b これに伴い、通常時ネットしている『スーパーJチャンネル』金曜第1部(15:50 - 16:50)を臨時非ネットとし、第2部(福島放送・メ~テレでは16:50 - 18:15)を臨時に17:53飛び乗りに変更した。
  30. ^ テレビ朝日でも放送し、AbemaTVのAbemaNewsチャンネルでも配信。
  31. ^ AbemaTVのAbemaNewsチャンネルでも配信。
  32. ^ 制作局であるフジテレビでは同年3月4日14:00 - 15:00に先行放送。
  33. ^ 発生当日はフジテレビONE+TWO+NEXT、BSフジとともに緊急地震速報が発表された。
  34. ^ 朝日ニュースターは当時、朝日新聞の系列会社「衛星チャンネル」が運営していた(2012年4月1日よりテレビ朝日が運営する)。
  35. ^ ただし、震災以前から欠番の『ウルトラセブン』第12話は、原爆症を扱うエピソードのため、被爆星人ことスペル星人が登場する『遊星より愛をこめて』は最初から含まれていない。
  36. ^ 4月6日の放送のみ、同番組レギュラーの劇団ひとり土田晃之も出演した。
  37. ^ 朝日放送(当時)プロ野球中継阪神×広島』のため、4月16日昼に遅れネットで放送された。
  38. ^ 3月27日放送予定だった同じ池上出演の『池上彰の世界を見に行く』は4月3日に順延して放送された。
  39. ^ a b 多量振込み臨時対応処理がされていなかった事が原因で、決済が大幅に滞った。影響は他の口座にも及んだ。
  40. ^ 2010年4月期土曜ドラマとして放送され、2011年秋には劇場公開もされた『怪物くん』の主人公。
  41. ^ 『音楽の日』は、2012年7月14日の18:30から21:54にも放送された。
  42. ^ なおBS-TBSでは同日昼「日本VS台湾」の前に行われたチャリティー試合「社会人選抜VS大学選抜」の模様を11時53分より3時間にわたり生中継した。
  43. ^ 6月22日は2時間特番『ペットざっくざくバラエティ ここほれワンニャン隊』放送のため休止。
  44. ^ 例年は7月最終土曜日に開催されるが、震災の影響により8月27日に開催が延期となった。なお、8月開催は2000年以来11年ぶりである。
  45. ^ 茨城放送以外はJRNにも加盟。またIBC岩手放送と東北放送のテレビネットワークはJNN系列
  46. ^ 映画『ロック〜わんこの島〜』との連動企画で、お天気キャスターの長野美郷が全国各地から中継で出演した。
  47. ^ 当初この枠は「ロープジャンプEX」全国大会の模様を放送する予定だったが、震災の影響で中止したための代替番組として放送。番組内ではその「ロープジャンプEX」の特別大会の模様を放送した。
  48. ^ 2016年4月以降はこの年に発生した熊本地震被災地へ義援金の募集とともに呼びかけていた
  49. ^ 題字を手掛けた片岡鶴太郎書道家でもあり、『元気一番“生”テレビ』のレギュラー出演者でもある。
  50. ^ 当日はTBSニュースバードでも同時放送を行う予定だった。
  51. ^ 3月中旬に予定されていた東日本・中日本・西日本3ブロック予選の集中編成は中止となった。
  52. ^ 一旦、開催が中止となった上、企画自体も無期限延期となったが、翌2012年春に「春の女王戦」として1年ぶりに開催が決定し、同年4月7・8日に放送されることが決定した。元祖!大食い王決定戦 春の女王戦:テレビ東京
  53. ^ 8月27日放送のスペシャル(土曜プレミアム枠)のPRも兼ねて放送。また、新潟総合テレビでは8月27日夕方に放送
  54. ^ BS2では3月20日放送をもって終了。
  55. ^ 3月13日放送休止により1週順延されたため、仮面ライダーシリーズ通算1000回(第28話)の3月27日予定も4月3日に順延。なお4月3日は1971年の第1作『仮面ライダー』放送第1話と同日であり、シリーズ開始から40周年を迎えたため、奇しくもそれと重なる形となった。なお、第1作から『BLACK RX』までは毎日放送が制作していたため(『アマゾン』まではNET系で放送していたが、腸捻転解消により『ストロンガー』からはTBS系で放送された)、テレビ朝日制作となったのは『クウガ』からである。
  56. ^ 次番組『仮面ライダーフォーゼ』は予定通り9月4日開始。
  57. ^ 『特別版』として残り3話及びダイジェストを放送。
  58. ^ びわ湖放送では4月21日より開始予定だったが、震災および福島第一原子力発電所事故に考慮するため予定取り下げ、放送中止となった(『BLEACH』に変更)。
  59. ^ 翌週4月3日は『トリコ×ワンピースコラボSP』を予定通り放送(4月10日より開始の後番組『トリコ』PR優先のため)。
  60. ^ 次番組『スマイルプリキュア!』は予定通り2012年2月5日開始。
  61. ^ a b 元々2011年3月26日の放送で終了することが決まっていたが、3月には元から「NHKのど自慢平成22年度チャンピオン大会」(3月5日)と、「絆うた」(3月19日)の特番の放送がありこの2回の休止は当初から決まっていた。そして本来再開する予定となっていた3月12日は終日震災関連ニュースに充てたために休止、さらに本来最終回として放送する予定になっていた3月26日も、急きょ「エレうた! ver0.1」が3月21日からの延期で放送されたことにより、本来の最終回を迎えることなく打ち切りとなった。このことについては3月26日の「NHKガイド」の告知でも発表され、ホームページにも記載された
  62. ^ 2011年3月21・22日放送予定の「鹿嶋市」編は後日追加撮影し、7月25日に「鹿島神宮」編として放送された。
  63. ^ 短縮に伴う未放送部分は4月25日のレギュラー版で放送された。
  64. ^ 10月17日より月曜19時枠へ移動(『1番ソングSHOW』開始に伴う)。

出典

  1. ^ 乾達 (2011年3月16日). “東日本大震災:テレビ停波63カ所 中継局被災、ラジオも2カ所”. 毎日新聞 東京朝刊 (毎日新聞社). オリジナルの2012年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120713235224/http://mainichi.jp/select/shakai/ 2011年3月16日閲覧。 
  2. ^ “【東日本大震災】東北3県の地デジ延期へ 総務省、震災影響を考慮”. フジサンケイビジネスアイ. (2011年4月8日). オリジナルの2011年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110410193620/http://www.sankeibiz.jp/business/news/110408/bsj1104081116002-n1.htm 2011年4月8日閲覧。 
  3. ^ “東日本大震災:被災地は衛星放送で地デジ視聴可能に”. 毎日新聞社. (2011年4月7日). オリジナルの2012年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120714000124/http://mainichi.jp/select/shakai/ 2011年4月7日閲覧。 
  4. ^ 第177回国会 参議院 決算委員会 第3号 平成23年3月11日 - 国会会議録検索システム
  5. ^ 国会中継 <東北地方太平洋沖地震関連ニュースのため途中中断> 「参議院決算委員会質疑」 - NHKクロニクル
  6. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  7. ^ NHK高校講座 情報A <東北地方太平洋沖地震関連ニュースのため途中中断> 「メディアを学ぼう」(2) - NHKクロニクル
  8. ^ きょうの健康  <東北地方太平洋沖地震関連Nのため途中中断> 1万人調査からわかった生活習慣病予防 「生活改善 失敗しないために」 - NHKクロニクル
  9. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  10. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  11. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  12. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  13. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  14. ^ 全波緊急警報放送<QF付き> 「東北地方太平洋沖地震」関連 - NHKクロニクル
  15. ^ 「なぜ自分が撮ってしまったのか」 津波を生中継した元NHKカメラマンは 今も葛藤の中で生きる【東日本大震災】”. ハフポスト (2021年3月10日). 2021年3月10日閲覧。
  16. ^ a b 日本放送協会. “「ごめんなさい 救助のヘリじゃなくてごめんなさい」|NHK 取材ノート”. www.nhk.or.jp. 2021年3月10日閲覧。
  17. ^ 豊田順子 - オリコンTV出演情報
  18. ^ 下平さやか - オリコンTV出演情報
  19. ^ 境鶴丸 - オリコンTV出演情報
  20. ^ SOLiVE24 (SOLiVE コーヒータイム) 2011-03-11 13:49:09〜 - YouTube
  21. ^ 【東日本大震災発生時の様子】ウェザーニュース 2011-03-11 - YouTube
  22. ^ a b c d e f “放送各局が地震で特別放送 NHK教育は安否確認情報”. 共同通信. (2011年3月12日). https://web.archive.org/web/20110315192848/http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031201000479.html 2011年3月12日閲覧。 
  23. ^ “テレビ各局、一斉に地震報道態勢”. スポーツニッポン. (2011年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/11/kiji/K20110311000407610.html 2011年3月12日閲覧。 
  24. ^ “各局は地震特番”. 中日スポーツ. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314031101/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011031202000039.html 2011年3月12日閲覧。 
  25. ^ “テレビで津波の克明映像も 各局とも未明まで報道”. 産経新聞. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314201444/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/dst11031120480180-n1.htm 2011年3月12日閲覧。 
  26. ^ “テレビ東京、アニメなど一部通常番組を放送”. スポーツニッポン. (2011年3月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/14/kiji/K20110314000423820.html 2011年3月22日閲覧。 
  27. ^ a b “TVは12日も特別番組…民放各局CM抜き”. 読売新聞社. (2011年3月12日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110312-OYT1T00587.htm 2011年3月12日閲覧。 
  28. ^ “音楽、自治体と連携…コミュニティ放送局が活躍”. 産経新聞社. (2011年3月16日). オリジナルの2011年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110320204517/http://sankei.jp.msn.com/region/news/110316/fks11031620350007-n1.htm 2011年3月22日閲覧。 
  29. ^ NHK放送文化研究所 メディア研究部(メディア動向) 福長秀彦「巨大津波襲来と警報・メディア 〜想定外をどう伝えるか〜」『放送調査と研究』2012年1月号、NHK出版、2012年1月、2013年9月4日閲覧 
  30. ^ 3月13日NHK番組表 Archived 2012年1月12日, at the Wayback Machine.
  31. ^ 大震災の影響で『笑っていいとも!』放送中止が決定”. サーチナ (2011年3月14日). 2011年3月15日閲覧。
  32. ^ <民放テレビ>15日深夜までにバラエティー番組再開へ TBS「さしこの…」は見送り”. ニコニコニュース (2011年3月15日). 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月16日閲覧。
  33. ^ a b ふくしまスーパーJチャンネル 早朝放送の案内 Archived 2011年4月1日, at the Wayback Machine.
  34. ^ a b 週間番組表4/4〜4/10 - 新潟総合テレビ Archived 2012年1月14日, at the Wayback Machine.
  35. ^ 『UX新潟テレビ21 30年史』(2014年3月、新潟テレビ21発行)p65
  36. ^ “TBSニュースバードにて災害特別番組を無料放送”. スカパー!. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110320031439/http://www.skyperfectv.co.jp/sptv/oshirase/oshirase_20110312_001.html 2011年3月13日閲覧。 
  37. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月29日閲覧。
  38. ^ http://www.msnbc.msn.com/id/3032619/#42139907 Archived 2013年1月27日, at the Wayback Machine.
  39. ^ a b c 高崎了輔(エフエム東京編成制作局技術部)「ラジオ局の震災対応」『放送技術』第66巻(2012年3月号)、兼六館出版、2012年3月、2012年2月29日閲覧 
  40. ^ 緊急 東北地方太平洋沖地震への緊急対応として (PDF) 、株式会社radiko、2011年3月13日
  41. ^ 中京地区のラジオ局が『radiko.jp』に参加 3月25日(金)10時より実用化試験配信を開始 (PDF) (株式会社radiko 2011年3月23日)
  42. ^ 東北地方太平洋沖地震への期間限定による緊急対応を段階的に終了 (PDF) 、株式会社radiko、2011年3月29日
  43. ^ 茨城放送Twitter公式アカウント2011年3月13日10時4分のツイート
  44. ^ TBC東北放送[出典無効] 2011年3月16日閲覧
  45. ^ TBSラジオ災害情報”. TBSラジオ&コミュニケーションズ (2011年3月14日). 2011年3月14日閲覧。[出典無効]
  46. ^ ラジオNIKKEI、福島の地元ラジオ局の番組を放送-短波とradikoを使い、被災地から全国に情報発信”. AV Watch (2011年3月15日). 2011年3月16日閲覧。
  47. ^ KDDI、LISMO WAVEを利用した「東北地方太平洋沖地震支援サイト」開設”. ITmedia (2011年3月15日). 2011年3月17日閲覧。
  48. ^ 被災者支える「声」 災害FM開設相次ぐ 最多の20局(産経新聞2011年4月21日)
  49. ^ 放送倫理・番組向上機構 青少年委員会 (2011年). テレビ製作者たちは、東日本大震災をどう見たか (PDF) (Report). 放送倫理・番組向上機構. 2012年6月13日閲覧
  50. ^ “東日本大震災 県北地域「見捨てられた」 茨城”. 産経新聞. (2011年3月20日). オリジナルの2011年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110323212448/http://sankei.jp.msn.com/region/news/110320/ibr11032002170002-n1.htm 2011年3月22日閲覧。 
  51. ^ “東日本大震災 善意に包まれて”. 東京新聞. (2011年3月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110321/CK2011032102000061.html 2011年3月22日閲覧。 [リンク切れ]
  52. ^ 朝日新聞 2011年3月14日「計画停電に被災地『被災状況の考慮不足』と東電陳謝」
  53. ^ 東北地方太平洋沖地震に関する計画停電について(要請)』(プレスリリース)茨城県、2011年3月14日http://www.pref.ibaraki.jp/important2/20110311eq/20110314_19/files/20110314_19.pdf 
  54. ^ “ヘルメット姿の安藤キャスター…テレビ局は特番態勢”. スポーツニッポン. (3月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/12/kiji/K20110312000408930.html 
  55. ^ NHK_PRさんが ユルくなかった4日間 - ほぼ日刊イトイ新聞”. www.1101.com. 2023年12月4日閲覧。
  56. ^ “TVは12日も特別番組…民放各局CM抜き”. 読売新聞. (3月12日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110312-OYT1T00587.htm 
  57. ^ 数多くの英断が生み出した、テレビ番組のネット配信 – 東日本大震災と情報、インターネット、Google”. www.google.org. 2023年12月4日閲覧。
  58. ^ “テレビ東京 アニメなど一部通常番組を放送”. スポーツニッポン. (3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/14/kiji/K20110314000423820.html 
  59. ^ “フジテレビ:14日深夜からバラエティー復活”. 毎日新聞デジタル. (3月15日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120710004952/http://mantan-web.jp/2011/03/14/20110314dog00m200016000c.html 
  60. ^ “民放テレビ:各局とも15日夜までにバラエティー番組再開へ”. 毎日新聞デジタル. (3月15日). オリジナルの2012年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120714141026/http://mantan-web.jp/2011/03/15/20110315dog00m200018000c.html 
  61. ^ 東京タワーから放送している NHKアナログ総合・教育テレビの減力放送ついて - 平成23年3月11日、NHK広報局
  62. ^ “NHK、避難所にテレビ・ラジオを設置へ”. サンケイスポーツ. (3月16日). オリジナルの2011年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319123611/http://www.sanspo.com/geino/news/110316/gnj1103160506017-n1.htm 
  63. ^ “「NHKワールドTV」が国内ケーブルテレビ局に番組提供開始”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (3月15日). オリジナルの2011年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319034124/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110315/ent11031520070014-n1.htm 
  64. ^ “「地デジ化予定通り7月24日」民放連会長が明言”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (3月17日). オリジナルの2011年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110323220433/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110317/dst11031719210077-n1.htm 
  65. ^ “JEITA、テレビやラジオなど提供”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (3月17日). オリジナルの2011年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110325235928/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110317/biz11031715440023-n1.htm 
  66. ^ 被災地での「地デジ難視対策衛星放送」の一時利用を開始』(PDF)(プレスリリース)社団法人デジタル放送推進協会、2011年4月7日。 オリジナルの2011年7月5日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20110705191245/http://www.dpa.or.jp/wp/wp-content/uploads/eisei_1104071.pdf2011年4月7日閲覧 
  67. ^ “地デジ延期に反対相次ぐ 被災3県の民放各社”. 共同通信. (5月2日). https://web.archive.org/web/20130626154320/http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050201000942.html 
  68. ^ “東日本大震災:被災世帯にチューナー無償提供…地デジ移行”. 毎日新聞. (5月10日). オリジナルの2012年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120604104652/http://mainichi.jp/life/money/news/20110511k0000m040019000c.html 
  69. ^ “報道番組アナもノーネクタイ テレビ東京の節電クールビズ”. 読売新聞. (5月31日). オリジナルの2011年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110604000949/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20110531-OYT8T00690.htm 2012年6月4日閲覧。 
  70. ^ “地上デジタル放送:被災3県の完全移行は来年3月末”. 毎日新聞. (7月6日). http://mainichi.jp/select/today/news/20110706k0000e040061000c.html?inb=fa [リンク切れ]
  71. ^ “地デジの準備呼び掛け 「声かけ隊」、県内でPR活動”. 岩手日報. (2011年12月23日). オリジナルの2011年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111228194859/http://www.iwanichi.co.jp/ken/item_27411.html 
  72. ^ “NHKは12日の全番組休止…終日ニュースに”. スポーツニッポン. (3月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/12/kiji/K20110312000411230.html 
  73. ^ “昭和天皇崩御以来…NHKが大河とテレビ小説休止”. スポーツニッポン. (3月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/13/kiji/K20110313000417400.html 
  74. ^ “NHK大河は20日再開 「てっぱん」は4・2最終回 民放の対応は流動的”. 中日スポーツ. (3月18日). オリジナルの2011年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110320215018/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011031802000068.html 
  75. ^ 2011年3月13日 ラジオ第2 番組表(NHKクロニクル)
  76. ^ 2011年3月14日 衛星ハイビジョン・BSプレミアム 番組表(同上)
  77. ^ “連続テレビ小説『てっぱん』今後の放送について”. ドラマスタッフブログ (NHK). (3月13日). http://www.nhk.or.jp/drama-blog/99380/75190.html 
  78. ^ “「てっぱん」再開、冒頭で復興メッセージ”. サンケイスポーツ. (3月20日). オリジナルの2011年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110322055831/http://www.sanspo.com/geino/news/110320/gnj1103200505009-n1.htm 
  79. ^ “広報イタの「おひさま」リポート 放送開始日変更について”. ドラマスタッフブログ (NHK). (3月14日). http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1120/75277.html 
  80. ^ “広報イタの「おひさま」リポート 4月4日放送開始予定”. ドラマスタッフブログ. (3月17日). http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1120/75601.html 
  81. ^ 2011年3月14日 教育/Eテレ 番組表/2011年3月14日 衛星第2 番組表(同上)
  82. ^ 東日本大震災の災害報道 発災後2週間のテレビとラジオ(NHK放送文化研究所)
  83. ^ 2011年3月19日 FM 番組表/同ラジオ第1(同上)
  84. ^ 昭和天皇崩御に伴う「友達の輪スペシャル」を含めれば2回目。
  85. ^ “10日ぶり「いいとも」復活 元気届ける”. サンケイスポーツ. (3月22日). オリジナルの2011年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110325102537/http://www.sanspo.com/geino/news/110322/gnj1103220506002-n1.htm 
  86. ^ “NHK、選抜大会を中継へ”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (3月18日). オリジナルの2011年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110326103822/http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110318/bbl11031821520014-n1.htm 
  87. ^ “選抜テレビ中継、午後4時まで NHK、東北と関東”. 共同通信. (3月22日). https://web.archive.org/web/20110323040100/http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032201000693.html 
  88. ^ 総合テレビの新年度番組スタート予定について NHK広報局【報道資料】 2011年3月17日告知
  89. ^ “東北Z【毎週(金)20:00〜20:43 NHK総合(東北地域)】”. NHK仙台放送局. オリジナルの2012年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20121219114233/www.nhk.or.jp/sendai/tohoku_z/past/2011/0603.html 2011年5月31日閲覧。 
  90. ^ a b “トップトーク 放送総局長会見 2011/7/20”. NHK. (2011年7月11日). オリジナルの2012年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20121219171221/www.nhk.or.jp/pr/keiei/toptalk/soukyoku/s1107.html 
  91. ^ a b c CM総研フォーラム 2011”. CM総合研究所 (2011年5月25日). 2011年5月31日閲覧。
  92. ^ a b “「CM自粛」でテレビ各局打撃 「減収額10億円台後半」の局も”. MSN産経ニュース: p. 1. (2011年4月16日). オリジナルの2011年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110715074928/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/dst11041623470058-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 
  93. ^ 3月14日早朝からフジテレビがテレビコマーシャルの放送を再開 / マクドナルド等”. サーチナ (2011年3月14日). 2011年3月15日閲覧。
  94. ^ a b テレビCMが「AC」だらけに その真相に迫る「AC」担当者単独インタビュー”. モデルプレス (2011年3月16日). 2011年3月18日閲覧。
  95. ^ a b “ACジャパンの公共広告CM 震災直後に“約2万回”放送”. オリコン. (2011年5月27日). https://www.oricon.co.jp/news/88154/full/ 2011年5月31日閲覧。 
  96. ^ 「東北地方太平洋沖地震」にあたって ACジャパンのCM放送についてのお詫びとお知らせ”. ACジャパン. 2011年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月16日閲覧。
  97. ^ “「自粛ムード」国内蔓延 (2) 「連帯意識を復興に」”. MSN産経ニュース: p. 2. (2011年4月1日). オリジナルの2011年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110404123233/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040122250076-n2.htm 2011年5月31日閲覧。 
  98. ^ 「編集長インタビュー vol.33 震災と公共広告」『日経トレンディ』第322号、日経BP、2011年5月、9頁。 
  99. ^ “「CM自粛」でテレビ各局打撃 「減収額10億円台後半」の局も”. MSN産経ニュース: p. 2. (2011年4月16日). オリジナルの2011年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110419123650/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/dst11041623470058-n2.htm 2011年4月17日閲覧。 
  100. ^ “アサヒビール、震災で特別損失69億円計上”. MSN産経ニュース. (2011年4月28日). オリジナルの2011年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110601214647/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110428/biz11042817010058-n1.htm 2011年5月31日閲覧。 
  101. ^ 北海道クローズアップ 震災プロジェクト - NHK札幌放送局
  102. ^ NHK受信料の窓口-東北地方太平洋沖地震および長野県北部の地震における放送受信料の免除について
  103. ^ “NHK、震災で受信料50〜60億円減”. スポーツ報知. (7月7日). オリジナルの2011年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110709073830/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110707-OHT1T00252.htm 
  104. ^ a b c NHKのど自慢 ※地震のため中止となりました[リンク切れ] - NHK、3月12日閲覧
  105. ^ NHK主催の公開番組・イベントの中止について - 平成23年3月11日、NHK広報局
  106. ^ “NHK総合が2日間に渡り、被災地の今を届ける!”. ザテレビジョン. (2012年2月23日). https://thetv.jp/news/detail/28343/ 
  107. ^ 同年1月期に放送した「歌声のチカラ」を再編集したもの。総合テレビでも2015年3月10日1:25 - 2:25に再放送。
  108. ^ 同年3月14日0:00 - 1:00にも再放送。
  109. ^ 放送前週の同年3月3日22:00 - 22:50に『ドキュメント LIVE!LOVE!SING! あたしたちにしか見えない景色がある』を放送。また、ドラマの舞台となった兵庫県(神戸)と福島県(福島)に限り未公開分を含めた100分版を3月15日13:05 - 14:45に放送。100分バージョンは2016年に劇場公開。
  110. ^ 5分延長したため、『大相撲春場所』中継は15:40から放送。
  111. ^ 同年3月19日に番組は終了した。
  112. ^ 3月16日10:05 - 10:50に再放送が予定されていたが、国会中継が急遽編成されたため、同年4月11日16:15 - 16:58に延期となった。
  113. ^ 取材対象は福島県立いわき総合高等学校演劇部。講師は劇作家の平田オリザ。番組ナレーターの吉本実憂が同校を訪問する。
  114. ^ 前回(2014年)放送時は井浦新が担当。
  115. ^ 途中13:00から5分間ニュースによる中断あり。
  116. ^ 沼にハマってきいてみた』は前番組である『Rの法則』とコンセプトが異なるため、前番組のように震災関連の特集は組まず、過去に放送された特集の再放送に充てる。
  117. ^ 前々回(2014年)放送時は井浦新、前回(2016年)は吹石一恵が担当。
  118. ^ 『沼にハマってきいてみた』は前年同様セレクション放送。
  119. ^ BS4K同時。総合テレビでは『ブラタモリ』『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』を休止。
  120. ^ 逆転人生』『ストーリーズ』は休止。
  121. ^ クローズアップ現代+』『プロフェッショナル 仕事の流儀』は休止。
  122. ^ 『クローズアップ現代+』『歴史秘話ヒストリア』は休止。
  123. ^ 『クローズアップ現代+』『世界はほしいモノであふれてる〜極上バイヤーセットリスト〜』は休止。
  124. ^ 当初は16:50開始予定だったが、16:50 - 16:52に関東地方の荒れた天気に関する臨時ニュースを放送したため2分繰り下げ・短縮となった。
  125. ^ 『ブラタモリ』『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』は休止。
  126. ^ 有田Pおもてなす』は休止。
  127. ^ ただし、『50ボイス - 』は近畿地方では18:05 - 18:45に『こどものど自慢 in 関西』を放送したためネット返上した。
  128. ^ ただし、後者は近畿地方では13:50から『ラグビートップリーグ「NTTドコモ×パナソニック」』、広島県では13:05から『プロ野球オープン戦「広島×日本ハム」』をそれぞれ放送のためネット返上する(広島県については野球が雨天中止の場合は放送あり)。
  129. ^ 浪江町は後日、計画的避難区域に指定された。
  130. ^ “山口&城島 震災時、福島の「DASH村」でロケだった”. スポーツニッポン. (4月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/04/25/kiji/K20110425000693790.html 
  131. ^ “大震災半年 各局が特番”. 読売新聞. (9月6日). オリジナルの2011年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111026194117/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20110906-OYT8T00725.htm 
  132. ^ 大震災から1年 DASH村特別番組放送へ 福島から生中継 スポーツニッポン 2012年2月13日閲覧
  133. ^ “「ザ!鉄腕!ー」震災後の実験経過伝えます”. サンケイスポーツ. (2012年2月13日). オリジナルの2012年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121122133341/http://www.sanspo.com/geino/news/120213/gng1202130547001-n1.htm 
  134. ^ “3月11日 TOKIOが福島から生DASH”. スポーツ報知. (2012年2月13日). https://web.archive.org/web/20120213195634/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120212-OHT1T00242.htm 
  135. ^ “TOKIO、3・11被災地から生中継”. サンケイスポーツ: pp. 1-2. (2012年2月13日). オリジナルの2012年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120215223806/http://www.sanspo.com/geino/news/120213/gng1202130505000-n1.htm 
  136. ^ 3.11 その日、石巻で何が起きたのか〜6枚の壁新聞 日本テレビ
  137. ^ a b 「復興テレビ」みんなのチカラ 3.11[リンク切れ] - 日本テレビ
  138. ^ 情報ライブミヤネ屋 番組公式 Web ページ トップ 2013年3月10日閲覧。
  139. ^ 情報ライブミヤネ屋 番組公式 Web ページ トップ 2014年3月6日閲覧。
  140. ^ 週間番組表(3月11日の欄参照) 読売テレビ 2015年3月10日閲覧。
  141. ^ 情報ライブミヤネ屋 番組公式 Web ページ トップ 2016年3月2日閲覧。
  142. ^ a b c d e f g 共通のテーマ は「キオク、ともに未来へ。」3月6日(土)~31日(水)民放 NHK 6局防災プロジェクトを実施”. フジテレビュー!. フジテレビ (2021年2月10日). 2021年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月10日閲覧。
  143. ^ 一部区間のみタクシーを利用。
  144. ^ 同年3月に高校を卒業している。
  145. ^ 南三陸町総合体育館「ベイサイドアリーナ」でロケが行われた。
  146. ^ 水中写真家の鍵井靖章が同行。
  147. ^ テレビ朝日系列データ放送 「東日本大震災関連情報」の提供を開始 (PDF) テレビ朝日、2011年5月31日
  148. ^ テレメンタリー2011 家族を見つけたい〜原発30km圏内の捜索〜 KFB福島放送
  149. ^ KHB制作番組「津波を撮ったカメラマン」ニューヨーク・フェスティバルで国連賞の銅メダル! KHB東日本放送
  150. ^ 3.11 報道特別番組 テレビ朝日、2012年3月
  151. ^ 長渕剛、3.11テレ朝「報ステ」で被災地から生ライブ Archived 2012年2月15日, at the Wayback Machine. スポーツ報知 2012年2月15日閲覧
  152. ^ 報道ステーション|テレビ朝日|2012/03/11(日)21:00|TVでた蔵
  153. ^ 徹子の部屋 7月8日(金)ユニセフ報告「被災地ハイチと東北」 テレビ朝日
  154. ^ 報道の魂『3・11大震災 記者たちの眼差し』
  155. ^ “TBS『報道の魂』で反響を呼んだオムニバス・ドキュメンタリー「3・11大震災 記者たちの眼差し」横浜市の放送ライブラリーで上映会が決定!”. TBS. (9月1日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201109011513.html 
  156. ^ スパモク!! 激闘大家族スペシャル 自給自足19年・大自然の小さな家2 TBS
  157. ^ 激闘大家族スペシャル〜泣いてたまるか!! 子供の為に…大決断!4男1女7人の大家族 車で1000キロの大移動〜 TBS、9月13日閲覧
  158. ^ “TBS 15時間生特番で“震災の年”総括”. スポーツニッポン. (2011年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/11/28/kiji/K20111128002122090.html 
  159. ^ 東日本大震災から5年 3月11日(金)の『Nスタ』は拡大版を生放送。被災地の“今”を「360°動画」で記録 Archived 2016年2月5日, at the Wayback Machine. TBSホット情報 2016年2月5日閲覧。
  160. ^ “3.11の「情熱大陸」は石巻とロンドンから生中継! 葉加瀬太郎が番組テーマ曲を生演奏!”. Webザテレビジョン. (2012年2月24日). https://thetv.jp/news/detail/28383/ 
  161. ^ a b c 『NEWSアンサー』被災地中継シリーズの放送が決定 テレビ東京 震災関連番組ラインナップ (PDF) テレビ東京、2012年2月8日発行、2月11日閲覧
  162. ^ カンブリア宮殿特別版「祭りで“地域”を取り戻せ!」 テレビ東京、2011年8月4日閲覧
  163. ^ “テレビ東京、東日本大震災テーマのドラマ放送”. サンケイスポーツ. (2012年1月27日). http://www.sanspo.com/geino/news/120127/gnj1201270500001-n1.htm [リンク切れ]
  164. ^ a b 明日をあきらめない…がれきの中の新聞社〜河北新報のいちばん長い日〜 テレビ東京
  165. ^ ザ・ドキュメンタリー「海の声が聞こえますか 東日本大震災から10年」”. テレビ東京. 2021年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  166. ^ a b “フジテレビ:東日本大震災から1年で関連5番組 報道特番で追悼式生中継、池上彰の解説も”. 毎日新聞デジタル. (2012年2月25日). https://mantan-web.jp/article/20120224dog00m200056000c.html 
  167. ^ 健康情報番組 S-コンセプト みんなの大疑問!イチからわかる放射能 - 関西テレビ放送
  168. ^ “番組表(2013年3月11日の欄参照)”. (2013年3月8日). http://www.fujitv.co.jp/timetable/weekly/index.html?pagelink=fujimenu 
  169. ^ “WOWOWが一部番組差し替え…災害描写で配慮”. 読売新聞. (3月13日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110313-OYT1T00492.htm 
  170. ^ 東日本大震災による災害に伴う対応策について - 株式会社WOWOW
  171. ^ 東日本大震災により甚大な被害を受けられた地域のお客様への視聴料等請求停止と放送サービス停止のお知らせ”. スカパーJSAT株式会社 (2011年4月). 2011年5月23日閲覧。[リンク切れ]
  172. ^ ショップチャンネルとQVC、地震で休止の生放送再開”. 週刊通販新聞 (2011年3月24日). 2011年3月30日閲覧。
  173. ^ 3月番組一部変更のお知らせ”. ファミリー劇場 (2011年3月17日). 2011年3月27日閲覧。[出典無効]
  174. ^ 【お詫び】番組変更のお知らせ”. アニマックス (2011年3月15日). 2011年3月22日閲覧。[リンク切れ]
  175. ^ ザ・シネマ ブログ 2011年3月
  176. ^ “池上彰氏、テレビ活動を3月で全て休止”. 日刊スポーツ. (1月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110112-723703.html 
  177. ^ “池上彰氏、引退は“延長”特番出る”. デイリースポーツ. (3月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/30/0003905620.shtml 
  178. ^ “二度と「想定外」を起こさないために…未曾有の危機に立ち向かうために私たちが学ぶべきこととは?”. フジテレビ. (8月31日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2011/110831-212.html 
  179. ^ 池上彰が世界の“今”を分かりやすく解説!
  180. ^ なぜ池上彰さんはローカル局で防災番組を続けるのか…「ここが危ないとか、キー局では届かない」”. 中日スポーツ (2020年8月23日). 2020年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月4日閲覧。
  181. ^ 池上彰の災害サバイバル〜地震・台風…明日から役立つ10ヵ条〜”. テレビ東京. 2021年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月4日閲覧。
  182. ^ “「ふざけんなよ」フジTVスタッフ、首相会見で”. 読売新聞. (3月21日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110321-OYT1T00424.htm?from=navr 
  183. ^ “日テレ 被災地で不適切な発言”. スポーツ報知. (3月28日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110328-OHT1T00171.htm [リンク切れ]
  184. ^ “医師装う男性を紹介、「スッキリ!!」でも”. 読売新聞(東京夕刊). (8月12日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110812-OYT1T00562.htm?from=popin [リンク切れ]
  185. ^ “医師免許持たない男性、「ミヤネ屋」にも登場”. 読売新聞. (8月12日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110812-OYT1T01078.htm?from=popin [リンク切れ]
  186. ^ “ニセ医師紹介のテレビ番組、取り上げた経緯説明”. 読売新聞(東京夕刊). (8月15日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110815-OYT1T00711.htm?from=popinin [リンク切れ]
  187. ^ “医師法違反:職業不詳の42歳容疑者逮捕 宮城・石巻”. 毎日新聞. (8月19日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110819k0000m040166000c.html [リンク切れ]
  188. ^ 東日本大震災緊急募金のご報告”. テレビ岩手. 2015年3月4日閲覧。
  189. ^ (プレスリリース)24時間テレビ「復興 東日本大震災募金」1,610万7,148円 被災3県に総額1億1,700万円の支援へ”. 日本テレビ放送網 (2012年5月28日). 2015年3月4日閲覧。
  190. ^ ドラえもん募金とは”. テレビ朝日福祉文化事業団. 2015年3月4日閲覧。
  191. ^ <フジネットワーク募金> 緊急募金 東日本大震災 被災地救援”. フジテレビジョン (2011年3月14日). 2011年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月4日閲覧。
  192. ^ 明日へ ―支えあおう― NHK
  193. ^ “NHK復興支援ソング、CD発売が決定”. サンケイスポーツ. (2012年3月13日). オリジナルの2012年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120314031440/http://www.sanspo.com/geino/news/20120313/oth12031305050010-n1.html 
  194. ^ “羽鳥アナ、日テレ最後の大仕事!被災者励ます”. サンケイスポーツ. (2011年3月21日). オリジナルの2011年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110323104302/http://www.sanspo.com/geino/news/110321/gnj1103210504008-n1.htm 
  195. ^ 東日本大震災の被災者支援としてJNN・JRN「絆 -きずな- プロジェクト」をスタート! - TBS HOT情報、2011年3月18日発行
  196. ^ “絆プロジェクト:中村勘太郎、長谷川理恵らBS-TBS番組出演者が被災者に応援メッセージ。”. 毎日新聞デジタル. (2011年4月3日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120710043319/http://mantan-web.jp/2011/04/03/20110402dog00m200053000c.html 
  197. ^ あにてれ・テレビ東京 元気をだそう!
  198. ^ 東北地方太平洋沖地震被災地救援 - フジテレビ
  199. ^ 被災者 いま訴えたいこと Archived 2011年5月25日, at the Wayback Machine.
  200. ^ NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS「(みんなの)春よ、来い」プロジェクト
  201. ^ 同市では3月13日に『のど自慢』の公開生放送を予定していたが、中止になった経緯がある
  202. ^ 同市では5月22日に『のど自慢』の公開生放送を予定していたが、中止になった経緯がある。
  203. ^ “高嶋が洋楽案内「被災前の幸せな気分に」”. 日刊スポーツ. (7月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110712-803933.html 
  204. ^ “9・11 岩手からNHK「のど自慢」生放送”. スポーツニッポン. (6月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/22/kiji/K20110622001068170.html 
  205. ^ NHKスペシャル|きこえますか 私たちの歌が ~被災地 のど自慢~
  206. ^ “イノッチら「あさイチ」メンバーが福島から元気をお届け!”. Webザテレビジョン. (10月24日). https://thetv.jp/news/detail/25443/ 
  207. ^ 2012年1月5日、松本正之NHK会長の定例会見より。
  208. ^ NHK、2日にわたり震災関連番組を集中放送 Archived 2012年1月5日, at the Wayback Machine. - スポーツ報知、2012年1月5日閲覧
  209. ^ “NHK:3月10日に大型音楽番組を公開生放送 AKB48らが被災地へメッセージ 司会はSMAP中居”. 毎日新聞デジタル. (2012年1月23日). https://mantan-web.jp/article/20120122dog00m200028000c.html 
  210. ^ “NHK:震災復興に向けた新番組「明日へ〜支えあおう〜」4月8日スタート”. 毎日新聞デジタル. (2012年3月12日). https://mantan-web.jp/article/20120312dog00m200003000c.html 
  211. ^ リトル・チャロ ~東北編~ - NHKオンライン
  212. ^ a b 特集ドラマ「ラジオ」(NHK仙台放送局)
  213. ^ 特集ドラマ「ラジオ」テレビマンユニオン)2015年3月6日閲覧。
  214. ^ 平成25年度前期 朝ドラ「あまちゃん」制作のお知らせ NHKドラマトピックスブログ、2012年6月4日
  215. ^ a b 特集ドラマ かつお(NHK仙台放送局)
  216. ^ ○○○ 東北の春夏秋冬シリーズ NHKオンライン
  217. ^ これまでの東北特集 NHKオンライン
  218. ^ つなげよう、ecoハート。~明日へのチカラ~ 地球と生きる100のコト 日本テレビ
  219. ^ “被災地支援グッズを販売”. 読売新聞(東京夕刊). (6月29日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20110629-OYT8T00677.htm [リンク切れ]
  220. ^ 嵐からメッセージ - 日本テレビ『嵐にしやがれ』HP、全文掲載
  221. ^ 怪物くんから子供達へメッセージ - 日本テレビ『嵐にしやがれ』HP、全文掲載
  222. ^ 福島中央テレビ [FCT発全国22局ネット まかないメシ食べまくり!!]
  223. ^ 食ウィーク ニッポンを食べよう! 日本テレビ、2011年11月14日閲覧
  224. ^ 24時間テレビ34 三陸の港を支援する義援船プロジェクトご協力のお願い
  225. ^ “遼、黄色Tシャツで被災児童と交流…24時間テレビ”. スポーツ報知. (7月25日). オリジナルの2011年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110724221541/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110725-OHT1T00035.htm 
  226. ^ 「24時間テレビ」福祉車両を贈呈 全国に176台(うち東日本大震災被災地へ69台) (PDF) 日本テレビ放送網、2011年1月26日
  227. ^ 「24 時間テレビ」福祉車両を福島県で贈呈~全国176 台のうち16 台~ (PDF) 日本テレビ放送網、2011年2月8日
  228. ^ 24時間テレビ35「愛は地球を救う」のメインパーソナリティに嵐が決定!! 日本テレビ『24時間テレビ』HP、嵐のコメント全文掲載。
  229. ^ 関西から届けよう!笑顔と元気 夏だ!おは朝!!元気スペシャル Archived 2011年7月7日, at the Wayback Machine. 朝日放送、7月13日閲覧
  230. ^ EXILE魂 - TBSテレビ公式
  231. ^ “毎日放送:被災地つなぎ歓喜の歌 12月4日「1万1000人」で第九”. 毎日jp. (2011年11月10日). http://mainichi.jp/enta/photo/archive/news/2011/11/10/20111110mog00m200005000c.html?inb=fe [リンク切れ]
  232. ^ 被災地の子供たちに ピラメキーノをネットで公開「みんな 元気だそう!出張ピラメキーノ” (PDF). テレビ東京 (3月31日). 2011年6月4日閲覧。
  233. ^ “収益寄付のご報告 (09 / 05)”. テレビ東京. (2011年9月5日). https://www.tv-tokyo.co.jp/pirameki/news/112280.html 2011年9月20日閲覧。 
  234. ^ “テレ東「いい旅夢気分」4週連続東北特集”. サンケイスポーツ. (5月27日). オリジナルの2011年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110530175332/http://www.sanspo.com/geino/news/110527/gnj1105270500000-n1.htm 
  235. ^ “欽ちゃん、震災から1年…被災の漁港を訪問”. サンケイスポーツ. (2012年2月4日). オリジナルの2012年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120208140724/http://www.sanspo.com/geino/news/120204/gnj1202040504006-n1.htm 
  236. ^ 仙台が舞台のアニメ「Wake Up, Girls!」、テレビ放映と劇場版公開へ(仙台経済新聞 2013年11月29日)
  237. ^ 東北地域における観光の現状 (PDF)日本銀行仙台支店 2013年9月17日)
  238. ^ 映画「Wake Up,Girls!(ウェイクアップガールズ)」を仙台シネマに認定(仙台市「市政だより」2014年2月号)
  239. ^ タチアガレ仙台! -Wake Up, Girls!-(とうほく復興カレンダー 2014年2月5日)
  240. ^ ヤマカンに訊く! 山本寛監督が語る「Wake Up Girls!」 第1回“アイドルアニメ”(アニメ!アニメ! 2014年1月9日)
  241. ^ 『Wake Up, Girls!』テレビ版のCD購入者イベントが仙台を含む全国5都市で開催!(SENDAI Magazine 2014年1月16日)
  242. ^ 『めざましテレビ』tattonプロジェクト 大震災で塩害被害を受けた福島の田んぼが1年で再生 世界初の挑戦・綿花栽培で東北の農業を救う”. フジテレビジョン (2012年1月27日). 2012年2月11日閲覧。
  243. ^ フジテレビ・番組情報より
  244. ^ “SMAP、生スマスマで79分間エール”. サンケイスポーツ. (3月22日). オリジナルの2011年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110324193703/http://www.sanspo.com/geino/news/110322/gng1103220506000-n1.htm 
  245. ^ “小倉司会で「東北夏祭り」生中継決定!”. サンケイスポーツ. (7月10日). オリジナルの2011年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110713014428/http://www.sanspo.com/geino/news/110711/gnj1107110508004-n1.htm 
  246. ^ 東北新社グループ 7チャンネル はじめよう!笑顔のリレー
  247. ^ a b “各局の夏休みイベント「節電」「復興」アピール”. 読売新聞. (8月9日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20110809-OYT8T00736.htm [リンク切れ]
  248. ^ “フジテレビ、来年「みちのく合衆国」実施”. サンケイスポーツ. (2011年12月9日). オリジナルの2012年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120111004956/http://www.sanspo.com/geino/news/111209/gnj1112090503008-n1.htm 2012年1月26日閲覧。 
  249. ^ 『ふるさと祭り東京』で東北支援!~会場内でチャイティイベント開催~[リンク切れ] フジテレビジョン「CSR活動」、2012年2月3日
  250. ^ ふるさと祭り2012東京 ブログZOO「チャリティブログ」、2012年1月17日
  251. ^ みちのく合衆国~いつでもNIPPON応援団!
  252. ^ みちのく合衆国 ゴールデンウィーク東日本大震災被災地復興支援イベント フジテレビ、2012年5月
  253. ^ ふくしま再興祭り
  254. ^ ミヤテレ復興祭 - 宮城テレビ放送
  255. ^ JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ] フジテレビ
  256. ^ みんなで撮る映画「Japan in a Day」監督決定!フジテレビ月9監督 成田岳 世界の巨匠 リドリー・スコットと共同製作決定 Archived 2012年7月18日, at the Wayback Machine. フジテレビジョン、2012年3月9日
  257. ^ 映画「Japan in a Day」今秋11月公開決定!![リンク切れ] フジテレビジョン、2012年5月17日
  258. ^ a b 2011 フジテレビ 秋の新番組&特別番組 Archived 2011年9月23日, at the Wayback Machine. フジテレビ、9月2日閲覧
  259. ^ a b c d 3月21日の地域発番組特別編成について (PDF) - NHK広報局 2011年2月16日
  260. ^ 競馬beatみんなのKEIBANSTみんなのKEIBAでは通常放送。
  261. ^ w-inds.からジャルジャルに変更になった。w-inds.はその後、西島隆弘からの紹介で改めて出演した。
  262. ^ パニックフェイスとしてはのちに特別番組として再開。
  263. ^ NIGHT CRUISING - テレビ大阪公式
  264. ^ お知らせ TBSテレビ「ヘブンズ・フラワー」公式
  265. ^ “「臨死!! 江古田ちゃん」の放送が再開! DVD発売も決定!”. ザテレビジョン. (5月20日). https://thetv.jp/news/detail/22142/ 
  266. ^ “テレビ東京:月10ドラマ枠終了 「やりすぎコージー」も7年の歴史に幕 「鑑定団」の司会は未定”. 毎日新聞デジタル. (8月30日). オリジナルの2012年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120709202848/http://mantan-web.jp/2011/08/30/20110829dog00m200025000c.html 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東日本大震災における放送関連の動き」の関連用語

東日本大震災における放送関連の動きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東日本大震災における放送関連の動きのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東日本大震災における放送関連の動き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS