命てんでんことは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 命てんでんこの意味・解説 

津波てんでんこ

(命てんでんこ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/16 22:17 UTC 版)

津波てんでんこ(つなみてんでんこ)は、津波からの避難についての標語ないしは合い言葉である。


  1. ^ あなたは鬼になれますか? なれなきゃ助からん。それが「命てんでんこ」さ。 (PDF) BE-PAL 2012年6月号
  2. ^ 「命てんでんこ」で行動する 東日本大震災 釜石市教訓集「未来の命を守るために」、p.12、釜石市、2016-07-13
  3. ^ a b c d 矢守(2013), p.83
  4. ^ a b c 山下(2008), p.232
  5. ^ 第8回 本の万華鏡 津波―記録と文学― 第1章 津波の記録―明治三陸地震津波と昭和三陸沖地震― 第3節 震災当時の記録をもとに作られた資料 17) 近代日本津波誌:写真資料/山下文男編著[東京:日本図書センターP&S, 2008.11 【ME75-J15】](国立国会図書館 2011年11月16日)
  6. ^ 山下(2008), pp.232-233
  7. ^ 社説「津波てんでんこで」 朝日新聞、2003年9月27日
  8. ^ 注目ニュース90秒 「津波てんでんこ」 7割が知らず 動画による説明 毎日新聞、飯田和樹(科学環境部)、2016年10月
  9. ^ a b 矢守克也「「津波てんでんこ」の4つの意味 (東日本大震災特集)」(PDF)『自然災害科学』第31巻第1号、日本自然災害学会、2012年、35-46頁、ISSN 0286-6021NAID 40020876706 
  10. ^ 第8部・教え(中)津波てんでんこ/避難と救助、消えぬ迷い わがこと防災・減災、河北新報、2013年6月24日
  11. ^ 「津波てんでんこの4つの意味」 矢守克也、京都大学防災研究所、巨大災害研究センター
  12. ^ 山下(2008)
  13. ^ a b 山下(2008), p.53
  14. ^ 京都府向日市立西ノ岡中学校における片田敏孝教授の講演
  15. ^ 「津波避難”釜石の奇跡”に住民ら複雑」河北新報、2015年1月30日
  16. ^ 坂本圭佑 (2021年3月8日). “<あの日から 東日本大震災10年>「釜石の教訓」を静岡で 富士宮の小学校教諭・中川優芽さん 津波避難など現地で防災教育研究”. 東京新聞. 2023年3月10日閲覧。
  17. ^ サイエンスウィンドウ編集部「暮らしの中から電気を見直す :p.26 『「震災検証」被害を減らした防災教育』」『サイエンスウィンドウ』第5巻第3号、国立研究開発法人 科学技術振興機構、2011年、1-36頁、doi:10.1241/sciencewindow.20110503ISSN 1881-7807NAID 130007630820 
  18. ^ 証言 おばあさんの避難 災害 NHK東日本大震災アーカイブ、NHKアーカイブ、撮影日:2012-12-27、場所:岩手県宮古市田老地区、番組名:あの日わたしは、放送日:2014-04-30、赤沼ヨシ(95)の実践例、番組名「あの日 わたしは」、取材時期 2012-12-07
  19. ^ 「てんでんこ」の扱いで論戦 釜石市議会特別委 河北新報、2011年10月25日 2012年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ
  20. ^ 河北春秋 河北新報、2011年12月9日 2011年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ
  21. ^ 津波 「てんでんこ」7割知らず 「薄情」と感じる人も 毎日新聞、2016年10月26日


「津波てんでんこ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「命てんでんこ」の関連用語

命てんでんこのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



命てんでんこのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津波てんでんこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS