命どぅ宝とは?

Weblio 辞書 > 方言 > 沖縄大百科 > 命どぅ宝の意味・解説 

命どぅ宝

読み方ぬちどぅたから

何をおいても命こそが大切であるいう意味。沖縄戦の際、難民一人によって叫ばれたとも伝えられる。1950年代伊江島土地闘争スローガンとして用いられ、さらに1980年代反戦平和運動のなかで広く普及した。

命どぅ宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 13:53 UTC 版)

命どぅ宝(ぬちどぅたから)とは、沖縄語で「命こそ宝」という意味の言葉。主として沖縄反戦平和運動スローガンとして用いられる。


  1. ^ 沖縄コンパクト事典”. 琉球新報 (2000年7月23日). 2011年12月2日閲覧。
  2. ^ 琉球処分を描いた作品。
  3. ^ 仲程昌徳 「首里城明渡し 小論」(2008年3月). 2011年12月2日閲覧。
  4. ^ 「命どぅ宝」異聞/クリントン演説に疑問/大城立裕”. 琉球新報 (2003年3月1日). 2011年12月2日閲覧。


「命どぅ宝」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「命どぅ宝」の関連用語

命どぅ宝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

さんとす丸

佐藤慎一

染井吉野

ホール

愛宕堰

ミナミアフリカオットセイ

レース・ベールテール・エンゼル

ケーブル敷設船





命どぅ宝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウルマックスウルマックス
©2018 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの命どぅ宝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS