沓とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > > > の意味・解説 

くつ [2] 【靴・沓・履

履物一種。主に足の甲をおおい、指分かれしない形のもの。現在では革・ゴム・布・合成皮革などで作り短靴長靴ヒールの高いもの・低いものなど種々のものがある古くは、革・木・布絹糸わら)などで作り、烏皮(くりかわ)の沓・浅沓あさぐつ)・半靴ほうか)・糸鞋しがい)などある。 〔現在のものは多く「靴」と書く〕

靴(履・沓・鞋)

★1a.遠くへ行ける靴。飛行靴。

オズの魔法使いボームドロシーは、オズの国から故郷カンサス帰るために、魔法使い(実はペテン師老人)の気球に乗ろうとするが、愛犬トトを捜していて乗り遅れる魔女グリンダが「銀の靴には、世界のどこへでも3歩で運んでくれる魔力がある」と教えドロシー銀の靴をはいて空中を3歩あるき、カンサス草原帰り着く。靴は空中脱げ落ちて、どこかへいってしまった。

親指小僧ペロー人食い鬼が7里の長靴をはき山や川を次々越えて、親指小僧たち7人兄弟追いかけるが、そのうち疲れ眠りこむ。親指小僧人食い鬼長靴を脱がせ、それをはいて人食い鬼女房所へ行き人食い鬼の全財産だまし取る

影をなくした男シャミッソー) 影も恋も失った青年シュレミール(*→〔影〕2a)が市場で偶然手に入れた古靴は、1歩あるけば7里を行く魔法の靴だった。彼は世界中歩き回り自然の中で植物学動物学研究に、残る生涯を費やした〔*長い髭をはやしたシュレミールは、ある時病気になり、病院でかつての恋人ミーナ再会する。しかし彼は名乗らぬまま、また旅に出る〕。

ギリシア神話アポロドロス)第2巻第4章 セリポス島の王ポリュデクテスゴルゴン退治を命ぜられたペルセウスは、ニムフたちの所を訪れ、翼のあるサンダルを得た。彼はサンダルを踵につけて空を飛びゴルゴン姉妹の棲処へ行って末娘メドゥサの首を取った。

★1b.いくらでも金貨が入る底なしの靴。

『土(ど)まんじゅうグリム)KHM195 悪魔が、死者の魂を取ろうと墓地へ来る。百姓兵隊が土まんじゅう夜番をしており、「長靴片方いっぱい金貨詰めくれるな死体を渡そう」と言う長靴は底が抜いてあり、しかも穴の上に置いてあったので、悪魔がいくら金貨を入れても筒抜けで、長靴空っぽのままだった。悪魔何度も金貨の袋を持って来るが、そのうちに夜が明け悪魔逃げて行った。

★2a.人の形見身代わりとしての靴。

水鏡中巻 天智天皇10年671)。9月天皇病み譲位意志示した。12月3日天皇は馬に乗って山科向かい中に入って姿を消した。行方はわからず、ただ沓だけが落ちていたのを、陵(みささぎ)におさめた〔*日本書紀27天智天皇10年では、12月3日天皇近江宮崩御された、と記す〕。

天智天皇の死の伝承は、バハラーム王の死の物語連想させる→〔死体消失〕5の『七王妃物語』(ニザーミー)第44章。

*若い娘が、木の下草履を脱ぎ置いたまま行知れずになる→〔神隠し〕の『遠野物語』(柳田国男)8。

ラーマーヤナ第2巻「アヨーディヤーの巻」 カイケーイー妃が継子ラーマ追放し、実子バラタを王にしようとはかる。バラタ王位につくことを拒否し、ラーマ帰国を願うが叶わなかった。バラタラーマの履を請い受けて、それをラーマ身代わり玉座に置いた。

★2b.下駄も、人間身代わり認められた。

百姓女たよ』木下順二封建時代は、妻から離婚申し出ることはできず、縁切り寺駆け込むしか方法がなかった。しかし途中でかまったら、たいへんなことになる。追っ手が迫ったら、下駄片方ぬいで、寺の門内投げ込めばよい。そうすれば寺がかくまってくれ、たとえ大名でも手出しできない→〔縁切り〕3。

★3a.王が、靴の持ち主の女を捜して、妻とする。

ギリシア奇談集』アイリアノス)巻13-33 エジプト美貌遊女ロドピス入浴中降り来て、彼女の靴の片方をつかんで飛び去った。メンピスまで飛びプサンメティコス王の懐に靴を落とした。王は、「靴の持ち主ある女求めてエジプト全土捜索せよ」と命令し、見つけ出すと妃にした。

灰かぶりグリム)KHM21 真っ白な小鳥が、輝く衣裳黄金の靴を「灰かぶり(=シンデレラ)」に与える。「灰かぶり」はお城舞踏会へ行って、王子と踊る。日が暮れて「灰かぶり」は帰ろうとするが、王子は「灰かぶり」を逃がさないために、前もって階段べたべたチャン(=瀝青)を塗っておいた。左の靴がくっついて残り王子は「この黄金の靴が合う娘を妻とする」と言う。「灰かぶり」の足が靴にぴったり合い王子結婚する。

ガラスの靴が合う娘を捜す→〔ガラス〕1の『サンドリヨン』(ペロー)。

酉陽雑俎続集巻1-875 継母いじめられる娘・葉限しょうげん)は、不思議な魚の骨に祈って、宝玉衣裳など望みのものを得る。祭日葉限美しく着飾って出かけるが、継母に見とがめられて慌てて帰る時、金の履片方落とす。隣国の王がそれを手に入れ、履に合う足の娘を捜して葉限を見いだす。葉限美貌であったので、王の上婦となる。

*靴の持ち主の女を捜すと、豚だった→〔豚〕1aの『太平広記』巻439所引『集異記』。

★3b.靴の持ち主を捜されると困るので、他人の靴取り替える

笑府6⑪「認鞋」 夜、人妻隣人通じているところへ、夫が帰って来る。隣人窓から逃げ、夫はその鞋をつかみ取る。夫は妻を罵り、「明日、鞋の主をつきとめると言う。妻は、夫が眠っている間に、隣人の鞋を夫の鞋と取り替えておく。翌朝、夫は鞋を見て驚き、妻に謝る。「私は勘違いしていた。昨夜窓から逃げたのは私だったのだ」。

★4a.焼け靴をはかされて、踊り狂う

白雪姫グリム)KHM53 白雪姫王子結婚式に、継母(妃)が招かれる。継母は、毒りんごで殺したはずの白雪姫花嫁姿でいるのを見て、驚く。その場継母は、炭火真っ赤に焼け靴をはかされる。継母踊り狂い、やがて息が絶えて倒れる。

★4b.意志かかわらず踊り続ける靴。

赤いくつアンデルセンカレンのはいた赤いくつは足にくっついてぬぐことができず、しかも彼女の意志かかわりなく踊る。くつがカレン身体運びカレンは畑をこえ草原をこえて、晴れた日雨の日も、昼も夜も踊り続けなければならない。剣を持つ天使が「おまえは死ぬまで踊り続けるのだ」と、カレン宣告する。

★5.靴をきっかけに、親交を結ぶ。

日本書紀24皇極天皇3年正月 中臣鎌子なかとみのかまこ)は、逆臣蘇我入鹿を倒すために、中大兄(なかのおほえ)に近づきたいと考える。法興寺槻の木の下で中大兄が打毬ちょうきゅう)を行なった時、彼の皮鞋(みくつ)が脱げ落ちた。鎌子はそれを掌中取り持ち、跪(ひざまづ)いて奉り、中大兄も跪いて受け取った。それ以来2人親密になり、ともに入鹿暗殺計画を練った。

★6.沓を前後逆にはく。

義経記巻5「吉野法師判官を追ひかけ奉る事」 昔、天竺波羅奈(はらない)国の王が戦争負けた時、沓を前後逆さに履いて逃げた。不思議な足跡を見た敵軍は、「何か計略があるのか?」と疑い追跡をやめた。吉野逃げ源義経主従が、この故事倣って沓を逆に履く。しかし追手は、「これは波羅奈国王の先例に従ったものだ」と見破り、追撃の手をゆるめなかった。

奇談異聞辞典柴田宵曲)「逆沓(さかぐつ)」 丹後由良の湊に「逆沓」という故事がある。つし王丸が、三荘太夫の許(もと)から脱出して京へ上る時、沓を前後逆にはいて、雪中逃げた。そのためについた足跡は奥丹後へ向かうように見え追手は奥丹後方面を捜したので、つし王丸は無事に京へ入ることができた(『譚海』巻2)。

★7.草履男女縁結びをする。

椿説弓張月後篇巻之1第16鎮西八郎為朝が、三宅島沖の「女護の嶋」を訪れる。磯辺には、木の皮で編んだ草履いくつも並び、「漂流して来た男がここで草履をはくと、草履持ち主ある女その男を夫とする」との伝説思わせる光景だった〔*後に嶋の娘・長女(にょこ)が、「草履磯辺に置くのは『男(を)の嶋』に住む夫たちの無事を祈るためで、日本陰膳かげぜん)と同じです」と、為朝説明する〕。

飢えて靴を食べる→〔飢え2aの『黄金狂時代』(チャップリン)。

片足にだけ靴をはいている男→〔片足〕7の『アルゴナウティカ』(アポロニオス)第1歌・『今昔物語集』巻6-3

片足下駄片足草履→〔二者択一3c黒住宗忠逸話


読み方:クツ(kutsu)

所在 福井県敦賀市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒914-0831  福井県敦賀市沓

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/08 05:21 UTC 版)

(くつ)とは、を包む形の履物の一種。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 意匠分類定義カード(B5) 特許庁
  2. ^ 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  3. ^ The Scottish Ten”. The Engine Shed. Centre for Digital Documentation and Visualisation LLP. 2017年10月14日閲覧。
  4. ^ Lady's Shoe, Bar Hill” (2015年9月25日). 2018年5月24日閲覧。
  5. ^ Child's Shoe, Bar Hill” (2015年9月22日). 2018年5月24日閲覧。
  6. ^ Connolly, Tom. “The World's Oldest Shoes”. University of Oregon. 2012年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月22日閲覧。
  7. ^ a b Ravilious, Kate (2010年6月9日). “World's Oldest Leather Shoe Found—Stunningly Preserved”. National Geographic. オリジナルの2012年7月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120724020516/http://news.nationalgeographic.com/news/2010/06/100609-worlds-oldest-leather-shoe-armenia-science/ 2012年7月22日閲覧。 
  8. ^ Petraglia, Michael D.; Pinhasi R; Gasparian B; Areshian G; Zardaryan D; Smith A; 他 (2010). Petraglia, Michael D.. ed. “First Direct Evidence of Chalcolithic Footwear from the Near Eastern Highlands”. PLoS ONE 5 (6): e10984. Bibcode2010PLoSO...510984P. doi:10.1371/journal.pone.0010984. PMC: 2882957. PMID 20543959. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2882957/.  Reported in (among others) Belluck, Pam (2010年6月9日). “This Shoe Had Prada Beat by 5,500 Years”. The New York Times. オリジナルの2010年6月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100611103130/http://www.nytimes.com/2010/06/10/science/10shoe.html 2010年6月11日閲覧。 
  9. ^ アルメニアで発見の靴は「世界最古」=研究チーム ロイター 2010年6月10日
  10. ^ "Old Shoe- Even Older". The Norway Post, 2 May 2007. Archived 8 March 2016 at the Wayback Machine.
  11. ^ Johnson, Olivia (2005年8月24日). “Bones Reveal First Shoe-Wearers”. BBC News. オリジナルの2012年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120603011525/http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/4173838.stm 2012年7月23日閲覧。 
  12. ^ Trinkaus, E.; Shang, H. (July 2008). “Anatomical Evidence for the Antiquity of Human Footwear: Tianyuan and Sunghir”. Journal of Archaeological Science 35 (7): 1928–1933. doi:10.1016/j.jas.2007.12.002. 
  13. ^ Laubin, Reginald; Laubin, Gladys; Vestal, Stanley (1977). The Indian Tipi: Its History, Construction, and Use. Norman, Oklahoma: University of Oklahoma Press. ISBN 978-0-8061-2236-6. オリジナルの2018-04-27時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=koVdBGjlz8gC&pg=PA101. 
  14. ^ Kendzior, Russell J. (2010). Falls Aren't Funny: America's Multi-Billion-Dollar Slip-and-Fall Crisis. Lanham, Maryland英語版: www.govtinstpress.com/ Government Institutes. p. 117. ISBN 978-0-86587-016-1. オリジナルの2017-03-19時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=2TzSKEvGDIoC&pg=PA117. 
  15. ^ Kippen, Cameron (1999). The History of Footwear. Perth, Australia: Department of Podiatry, Curtin University of Technology. 
  16. ^ a b DeMello, Margo (2009). Feet and Footwear: A Cultural Encyclopedia. Santa Barbara, California: ABC-CLIO, LLC. pp. 20–24, 90, 108, 130–131, 226–230. ISBN 978-0-313-35714-5. https://books.google.com/books?id=5QdKSxajwP0C&pg=PA131. 
  17. ^ 聖武天皇愛用の鏡など56件「正倉院展」開会式読売新聞ニュースサイト(2018年10月26日)2018年10月26日閲覧。
  18. ^ a b c Frazine, Richard Keith (1993). The Barefoot Hiker. Ten Speed Press. p. 98. ISBN 978-0-89815-525-9. https://books.google.com/?id=edsITVCd2G0C&printsec=frontcover&dq=barefoot+hiker&q. 
  19. ^ “Unearthing the First Olympics”. NPR. (2004年7月19日). オリジナルの2010年7月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100728000414/http://www.npr.org/programs/re/archivesdate/2004/jul/nemea/ 2010年7月1日閲覧。 
  20. ^ Krentz, Peter (2010). The Battle of Marathon. New Haven and London: Yale University Press. pp. 112–113. ISBN 978-0-300-12085-1. オリジナルの2018-04-27時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=ncT8JFn-ed8C&pg=PT112. 
  21. ^ Turpin, Zachary. “Winning the Boston Marathon, With or Without Shoes”. Book of Odds. 2012年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。
  22. ^ 'Greece and Rome at War' by Peter Connolly
  23. ^ Genesis 14:23, Deuteronomy 25:9, Ruth 4:7-8, Luke 15:22. 
  24. ^ 'Shoes and Pattens: Finds from Medieval Excavations in London' (Medieval Finds from Excavations in London) by Francis Grew & Margrethe de Neergaard
  25. ^ Blair, John (1991). English Medieval Industries: Craftsmen, Techniques, Products. London: Continuum International Publishing Group. pp. 309. ISBN 978-0-907628-87-3. オリジナルの2016-04-25時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/?id=PDLPX7J8kW8C&pg=PA309&lpg=PA309&dq=turnshoe#v=onepage&q=turnshoe&f=false. 
  26. ^ a b Dangerous Elegance: A History of High-Heeled Shoes”. Random History. 2010年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月1日閲覧。
  27. ^ The Encyclopaedia of the Renaissance. Market House Books. (1988). ISBN 978-0-7134-5967-8. 
  28. ^ Yue, Charlotte (1997). Shoes: Their History in Words and Pictures. New York City: Houghton Mifflin Company. pp. 46. ISBN 978-0-395-72667-9. オリジナルの2016-05-27時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/?id=LoGUK45AAx0C&pg=PA46&lpg=PA46&dq=%22straights%22%2B%22shoes%22#v=onepage&q=%22straights%22%2B%22shoes%22&f=false. 
  29. ^ a b c History of Shoemaking in Britain—Napoleonic Wars and the Industrial Revolution”. 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月31日閲覧。
  30. ^ Richard Phillips, Morning's Walk from London to Kew, 1817.
  31. ^ R. A. McKinley (1958年). “FOOTWEAR MANUFACTURE”. British History Online. 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月31日閲覧。
  32. ^ Charles W. Carey (2009). American Inventors, Entrepreneurs, and Business Visionaries. Infobase Publishing. p. 27. ISBN 9780816068838. https://books.google.com/books?id=XKiGgl36bkgC. 
  33. ^ O'Sullivan, Gary B (2007). The Oak and Serpent. Lulu. p. 300. ISBN 978-0615155579. https://books.google.com/books?id=CIDWbb-yOQ0C&dq 2019年1月24日閲覧。. 
  34. ^ Clark, Brian (2009年10月24日). “Biodegradable... Shoes??”. The Daily Green. オリジナルの2012年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120920190620/http://www.thedailygreen.com/living-green/blogs/recycling-design-technology/biodegradable-shoes-461009 2012年7月23日閲覧。 
  35. ^ “What is Nike Considered?”. Nike, Inc.. http://help-us.nike.com/app/answers/detail/a_id/13764/~/what-is-nike-considered%3F 2012年7月23日閲覧。 
  36. ^ “Ground-breaking Technology Brings World's First Biodegradable Midsole to Runners”. CSR Press Release. (2007年11月15日). オリジナルの2012年7月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120728232020/http://www.csrwire.com/press_releases/15082-Brooks-R-Sports-Unveils-BioMoGo-Biodegradable-Shoe 2012年7月23日閲覧。 
  37. ^ “Global Footwear Manufacturing Industry Market Research Report”. PRWeb英語版. (2012年6月7日). オリジナルの2013年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130313020222/http://www.prweb.com/releases/2012/6/prweb9580832.htm 2012年7月24日閲覧。 
  38. ^ ズックで始まるすべて辞書一覧 - goo辞書
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p エコマーク商品類型No.143 分類A.革靴 公益財団法人日本環境協会
  40. ^ 静電気帯電防止靴の試験方法の評価と改正(PDF)発行:独立行政法人労働安全衛生総合研究所
  41. ^ 今倉 章 『靴が人を不健康にする』 株式会社希望 2019年 ISBN 9784909001030



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



沓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「沓」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

沓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



沓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2019 物語要素事典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2019 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの靴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS