松岡修造とは?

松岡修造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/15 08:36 UTC 版)

松岡 修造(まつおか しゅうぞう、1967年11月6日 - )は、東京都出身の日本の元男子プロテニス選手、テニス指導者。身長188cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)、ダブルス1勝を挙げた。




注釈

  1. ^ 当時の国際ツアーであったグランプリサーキット英語版では、一部の高額賞金大会や現在のATPワールドツアー・マスターズ1000に該当する大規模大会の決勝戦のみ5セットマッチで争われた
  2. ^ 平成元年に大阪商船三井船舶と合併[71]

出典

  1. ^ 歴代優勝者(男子)” (日本語). 全日本学生テニス連盟. 2013年6月2日閲覧。
  2. ^ 松岡、p.38
  3. ^ a b 過去の全日本ランキング” (日本語). 日本テニス協会 (2010年6月22日). 2013年6月2日閲覧。
  4. ^ 松岡、p.39
  5. ^ a b c トップインタビュー:松岡宏泰・東宝東和代表取締役社長” (日本語). 文化通信社 (2008年7月30日). 2013年6月16日閲覧。
  6. ^ a b 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年、P195最下段 ご無沙汰しています いま、私は…Ⅱにおける母親・千波静の近況報告から
  7. ^ 松岡、p.86
  8. ^ 松岡、p.87
  9. ^ 松岡、p.88
  10. ^ 松岡、p.89
  11. ^ 松岡、p91
  12. ^ 松岡、p.92
  13. ^ 松岡、p.94
  14. ^ 松岡、p.95-96
  15. ^ 松岡、p.96-98
  16. ^ 松岡、p.100-101
  17. ^ 松岡、p.98-99,p.101
  18. ^ 松岡、p.101
  19. ^ 松岡、p.104-105
  20. ^ 松岡、p.105-106
  21. ^ International Junior Championships of France” (英語). ITF. 2013年6月2日閲覧。
  22. ^ The Junior Championships, Wimbledon” (英語). ITF. 2013年6月2日閲覧。
  23. ^ 松岡、p.106-107
  24. ^ 松岡、p.107-109
  25. ^ 松岡、p.110-111
  26. ^ 松岡、p.111-112
  27. ^ Japan Open Tennis Championships” (英語). ATP. 2013年6月2日閲覧。
  28. ^ 松岡、p.114-115
  29. ^ 松岡、p.115-116
  30. ^ 松岡、p.116-117
  31. ^ 松岡、p.118-119
  32. ^ 松岡、p.122-123
  33. ^ a b 松岡、p.120-121
  34. ^ 松岡、p.30
  35. ^ 松岡、p.29-p32
  36. ^ 松岡、p.168-p169
  37. ^ Australian Open” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  38. ^ Japan Open Tennis Championships” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  39. ^ ATP RANKINGS HISTORY” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  40. ^ Player Profile - MATSUOKA, Shuzo (JPN)” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  41. ^ Brisbane” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  42. ^ Sydney Indoor” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  43. ^ Tokyo Indoor” (英語). ATP. 2013年6月10日閲覧。
  44. ^ 松岡、p.169-p170
  45. ^ 松岡、p.128-p129
  46. ^ 松岡、p.132
  47. ^ (41)スポーツキャスターの松岡修造さん 「引退」とは終焉ではない”. msn産経ニュース (2011年10月22日). 2013年1月10日閲覧。
  48. ^ ATP. “RICOH ATP MatchFacts”. 2011年11月9日閲覧。
  49. ^ ATP. “RICOH ATP MatchFacts”. 2011年11月9日閲覧。
  50. ^ ATP. “RICOH ATP MatchFacts”. 2011年11月9日閲覧。
  51. ^ ATP. “SHUZO MATSUOKA”. 2011年11月9日閲覧。
  52. ^ a b c ATP. “SHUZO MATSUOKA”. 2013年6月10日閲覧。
  53. ^ ITF. “Shuzo MATSUOKA”. 2013年6月10日閲覧。
  54. ^ 松岡、p.75-76
  55. ^ ROBIN FINN (1995年8月29日). “U.S. OPEN '95; Matsuoka Crumples in Pain and Defaults” (英語). NYタイムズ. 2013年6月10日閲覧。
  56. ^ 松岡、p.48-53
  57. ^ Ruhi Batra (2008年4月13日). “Why tennis pros should thank Shuzo Matsuoka” (英語). ザ・タイムズ・オブ・インディア. 2013年6月9日閲覧。
  58. ^ a b TOM TEBBUTT (2010年1月17日). “New Cramping Rule Takes Aim at Gamesmanship” (英語). NYタイムズ. 2013年6月10日閲覧。
  59. ^ Tennis - ATP World Tour - Singles Rankings” (英語). ATP. 2013年6月7日閲覧。
  60. ^ Tennis - ATP World Tour - Singles Rankings” (英語). ATP. 2013年6月7日閲覧。
  61. ^ 週刊朝日 2001年8月3日号 ナンシー関の小耳にはさもう
  62. ^ [http://www.news-postseven.com/archives/20140221_242362.html ソチの松岡修造 カメラが止まると目が完全に死んでいる説
  63. ^ テニスマガジン12月号, SHUZO Magazin 第72回 105頁上段 「こんなあなたに…」を素材にした動画について
  64. ^ 松岡修造の「熱い」MAD動画 「元気もらえる」とネットで人気 - J-CASTニュース、2009年10月26日。
  65. ^ 近代デジタルライブラリー - 現代有馬郡人物史14~15頁” (日本語). 三丹新報社. 2013年6月9日閲覧。
  66. ^ 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示--呉羽紡績創立” (日本語). 大阪朝日新聞 (1929年5月22日). 2013年6月9日閲覧。
  67. ^ 広瀬、p.159
  68. ^ 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示--改革俎上の貴族院 (上)” (日本語). 中外商業新報 (1937-7-6~8). 2013年6月9日閲覧。
  69. ^ 広瀬、p.159
  70. ^ 広瀬、p.159
  71. ^ 商船三井オーシャンエキスパート株式会社 会社沿革” (日本語). 商船三井. 2013年6月9日閲覧。
  72. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  73. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  74. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  75. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  76. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  77. ^ a b c d 石川遼 選手 CMでもキング達成!~ 2009年タレントCM起用社数ランキング発表 ~” (日本語). ニホンモニター (2009年12月14日). 2013年6月9日閲覧。
  78. ^ a b c d 2008年間起用CM社数ランキング” (日本語). ニホンモニター (2008年12月12日). 2013年6月9日閲覧。
  79. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  80. ^ 今夏よりギフト広告を一新、 新キャラクターに松岡修造さんを起用!!” (日本語). ニホンモニター. 2013年6月9日閲覧。
  81. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  82. ^ あなたのWiiに明石家さんま&松岡修造のMiiがやってくる!” (日本語). ファミ通.com (2007年3月12日). 2013年6月9日閲覧。
  83. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  84. ^ 松岡修造のヒストリー” (日本語). オリコン. 2013年6月9日閲覧。
  85. ^ CMキング&クイーン共に連覇!あのグループも大躍進!~ ニホンモニター 2010タレントCM起用社数ランキング発表 ~” (日本語). ニホンモニター (2010年12月14日). 2013年6月9日閲覧。
  86. ^ SCEJ、PSP「みんなのテニス ポータブル」 松岡修造さんの熱血レッスンビデオが見られる「みんテニスクール」開設 ダブルス選手権「SHUZO OPEN DOUBLES」も開催決定” (日本語). Impress (2010年2月18日). 2013年6月9日閲覧。
  87. ^ 「アサヒ ダブルゼロ」新発売イベントで松岡修造が熱血PR!” (日本語). Walkerplus (2010年8月19日). 2013年6月9日閲覧。
  88. ^ 松岡修造を起用、Wii『みんなのリズム天国』TVCMオンエア” (日本語). インサイド (2011年7月7日). 2013年6月9日閲覧。
  89. ^ 松岡修造がトレーニングに夢中でベッキーに気付かない!?” (日本語). Walkerplus (2011年11月22日). 2013年6月9日閲覧。
  90. ^ ブラウン:「オーラルB」の新CMキャラに松岡修造起用 CM発表会で熱血PR” (日本語). 毎日新聞デジタル (2012年2月2日). 2013年6月9日閲覧。
  91. ^ ヤフオクのCMに松岡修造さん “修造だらけ”の特設ページも” (日本語). ITmedia (2012年2月14日). 2013年6月9日閲覧。
  92. ^ オリンピックを遊びつくせ!『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック』TVCMに松岡修造さん起用” (日本語). インサイド (2012年2月16日). 2013年6月9日閲覧。
  93. ^ クレヨンしんちゃんと松岡修造が一緒にダンス 「ファブリーズ」新CMが話題” (日本語). アニメ!アニメ! (2013年4月30日). 2013年6月9日閲覧。
  94. ^ 任天堂、『マリオテニス オープン』TVCMに松岡修造さん&杉山愛さんを起用” (日本語). インサイド (2012年5月9日). 2013年6月9日閲覧。
  95. ^ 松岡修造氏 熱血応援団長!「アサヒジャパンゴールド」熱烈PR” (日本語). スポーツニッポン (2012年4月19日). 2013年6月9日閲覧。
  96. ^ 錦織圭:かっぽう着姿の松岡修造と初共演 「日清麺職人」新CM” (日本語). 毎日新聞 (2012年7月26日). 2013年6月9日閲覧。
  97. ^ 星蘭ちゃんお手製ミルクココアに松岡修造さんも満面の笑み” (日本語). 共同通信 (2012年11月1日). 2013年6月9日閲覧。
  98. ^ ピップマグネループ®EX 公式サイト
  99. ^ ファンモン、夏目前シングル「それでも信じてる/ラブレター」のジャケットに松岡修造” (日本語). BARKS (2011年5月25日). 2013年6月9日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

松岡修造に関連した本

松岡修造に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松岡修造」の関連用語

松岡修造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series P-10A

安恵照剛

LaVie Z

James Monroe

ヴィンテージ

ウズラシギ

笠戸丸

ダブル蝶結び





松岡修造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松岡修造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS