F-35とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > F-35の意味・解説 

【F-35】(えふさんじゅうご)

Lockheed Martin F-35 Lightning II(ライトニング・ツー)
ロッキード・マーチン社が、JSF計画で勝ち残ったX-35ベース開発中のステルス戦闘爆撃機マルチロールファイター)。

A・B・C3つのバリエーションがあり、各型ともF-22などと同様に各兵装は胴体下のウェポンベイ収納される。
固定兵装はA型のみがジェネラルエレクトリック GAU-22/A 25mmガトリング砲1門を装備する。

本機大きな特徴として挙げられるのは、スナイパーXR同等能力を持つAN/AAQ-40 EOTSや、全天周の索敵監視照準を可能とするAN/AAQ-37 EO DASといった強力なパッシブセンサーを内蔵し、従来にはない高度な戦闘能力発揮できることである。
これらの画像HMD投影することが可能で、あたかもコックピット構造物透視するかのように全周囲を見回すことができる。
また高度なセンサーフュージョンにより、脅威情報警告移動目標追尾自動実現する。
一方でHUD廃止され、計器部には大型MFDだけが存在するシンプル内観となっている。
レーダーとしては、F-22用のAN/APG-77小型化したAN/APG-81 AESA搭載する。
これらの情報リンク16や、新規採用されるMADLといった双方向データリンクにより共有され、広大戦場瞬時把握することができる。

量産機のF-35は2006年初飛行したが、センサーフュージョンに代表される統合アビオニクス実現難しいこと等から開発が遅れており、米空軍米海軍では2017年に、米海兵隊では2018年初期作戦能力獲得する予定とされている。
本機は、アメリカ空軍2000機以上、海軍300機、海兵隊600機以上、英海軍60機以上、日本航空自衛隊40前後と、合計3000機以上の調達計画が出されており、この結果の後に国際的評価されれば、F-4F-16続き世界的多く輸出される戦闘機となる。
国防総省発表では、2040年代まで使用される予定としていることから、F-22PAK FAと並ぶ次世代戦闘機の顔となることが期待されている。

関連JSF 最後の有人戦闘機

スペックデータ

乗員1名
全長15.41m(A・B型
15.50m(C型
全高4.60m
全幅0.97m(A・B型
13.12m/9.10m(主翼折りたたみ時)(C型
主翼面積42.74A・B型
57.6C型
空虚重量12,426kg(A型
13,888kg(B型
13,924kg(C型
機内燃料重量8,165kg+(A型
5,897kg+(B型
8,618kg+(C型
最大離陸重量22,680kg(A・B型
27,216kg(C型
エンジンP&WF135ターボファン推力約177.9kN)×1基
GE/RE製 F136 ターボファン推力 約80kN)×1基(2010年以降搭載予定
最大速度M1.7(A・B型
M1.6(C型
航続距離2,220km(A・C型)
1,670km(B型
戦闘行動半径1,090km(A型
830km(B型
1,110km(C型
実用上昇限度19,240m
固定武装ゼネラル・エレクトリック GAU-22/A 25mmガトリング砲×1門(A型のみ)
兵装胴体ウェポンベイ左右最大4発のミサイル
内部ベイに2,000lbのJDAM2発と中距離空対空ミサイル2発
左右3ヶ所の翼下パイロン(一番外側は空対空ミサイル専用)に各種ミサイル爆弾搭載可能。
主な搭載兵装:
ミサイル
対空AIM-9XIRIS-TASRAAMAMRAAM
対地/対レーダーマーベリックHARM
空対艦:Naval Strike Missile
対戦車:ブリムストーン
巡航ストーム・シャドウ
爆弾類:Mk.80シリーズ(Mk.82/83/84)、CBU-103/105クラスター爆弾
ペイブウェイシリーズ(GBU-10/12/16/24)、GBU-39JDAMB61核爆弾

派生型

派生型以下の通り
以下の他にも、同機無人航空機としても使用できるタイプ機体開発計画している。


F-35 (戦闘機)

(F-35 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 01:02 UTC 版)

F-35 ライトニング II




  1. ^ https://www.lockheedmartin.com/en-us/products/f-35.html
  2. ^ https://twitter.com/LMJapanNews/status/1262535765159866370
  3. ^ F-35、SDD飛行試験の全プログラムを完了
  4. ^ “【軍事ワールド】F35、開発試験終了 最新鋭機が極東に集中する可能性も”. 産経新聞WEST. (2018年4月24日). https://www.sankei.com/west/print/180424/wst1804240005-c.html 2018年6月1日閲覧。 
  5. ^ a b “なぜ米国はF35戦闘機に巨額を費やすのか?”. AFPBB News. (2014年3月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3009733 2015年9月26日閲覧。 
  6. ^ 自衛隊向けF35戦闘機、日米が異例の価格交渉 1機157億円を146億円までディスカウント”. 東洋経済オンライン (2017年1月22日). 2019年10月29日閲覧。
  7. ^ 米国防総省 F-35戦闘機の大量購入で契約締結”. スプートニク通信社 (2019年10月30日). 2019年10月29日閲覧。
  8. ^ Lockheed F-35 service life extended to 2070
  9. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p67
  10. ^ ロッキード・マーティンでは、前部胴体、主翼、各翼の前後縁、操縦システム、ミッションシステム、AN/AAQ-40電子光学目標システム(EOTS)、機体システム、自動システム制御ロジスティック、訓練システム。ノースロップ・グラマンでは、中央胴体、兵器倉扉駆動装置、アレスティング・フック、艦載型機操縦装置、ミッション・システム・ソフトウェア、低被視認性支援システム、AN/APG-81レーダー、AN/AAQ-37電子光学支援防御支援サブシステム(EO-DAS)、通信・航法・識別装置。BAEシステムズでは、後部胴体、尾翼の水平・垂直安定板、艦載型機の主翼折り畳み機構、燃料システム、スロットルとサイド・スティック操縦桿、パイロットの脱出システム、電子戦システム、保命装具、STOVL型機操縦系統、飛行操縦コンピューター。
  11. ^ a b 月刊『JWings』2007年5月号 p13
  12. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p77
  13. ^ 次期戦闘機:「F35A、日本で整備することはない」
  14. ^ Australia to service South Korean F-35 strike fighters in Pentagon deal
  15. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年6月5日). “F35国内生産初号機公開、技術基盤の向上が課題” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/politics/news/170605/plt1706050042-n1.html 2018年5月10日閲覧。 
  16. ^ 4 F-35A生産への国内企業参画
  17. ^ : boundary layer diverter
  18. ^ 月刊『JWings』2007年5月号 p12
  19. ^ a b 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p23
  20. ^ 月刊『JWings』2012年1月号 p45
  21. ^ “【防衛最前線】(10)F35戦闘機 毀誉褒貶を背負う「最新鋭ステルス機」への期待”. 産経ニュース. (2015年1月2日). http://www.sankei.com/premium/news/150102/prm1501020008-n1.html 2016年4月18日閲覧。 
  22. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p31
  23. ^ a b ドラッグシュート装備のノルウェー空軍F-35A 初度作戦能力を獲得 - おたくま経済新聞
  24. ^ The F-35's Race Against Time By John A. Tirpak, Executive Editor”. John A. Tirpak. 2019年3月27日閲覧。
  25. ^ Pratt & Whitney pitches souped up version of the F-35 engine
  26. ^ Engine improvements demonstrated under DoD technology maturation programs could benefit global fleet of F-35s
  27. ^ P&W Outlines New Plan for F-35 Engine Upgrades
  28. ^ a b 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p58
  29. ^ F136, Rest In Peace; GE, Rolls Formally Declare It's Over
  30. ^ a b c 井上孝司、『F-35B実動部隊、岩国に到着!』、軍事研究 2017年4月号、(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー、61-71頁
  31. ^ Power for F-35B Short Take Off and Vertical Landing (STOVL)
  32. ^ a b 青木謙知著、『空母型護衛艦のステルス戦闘攻撃機F-35B』、「海上自衛隊の空母型護衛艦」、軍事研究2010年1月号別冊、(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー
  33. ^ Graham Warwick (2011年12月9日). “F-35B - Clutch”. Aviation Week & Space Technology. 2014年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  34. ^ Graham Warwick (2011年12月9日). “F-35B - Driveshaft”. Aviation Week & Space Technology. 2014年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  35. ^ Graham Warwick (2011年12月9日). “F-35B - The STOVL Challenges”. Aviation Week & Space Technology. 2014年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  36. ^ Graham Warwick (2011年12月9日). “F-35B - Lift Fan”. Aviation Week & Space Technology. 2014年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  37. ^ Lockheed Propulsion System”. VTOL.org. 2010年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月19日閲覧。
  38. ^ リフトファンの吸気口の蓋は後ろヒンジの上開き。排気口の蓋は左右2枚構成の両開き。
  39. ^ 航空ファン』2009年 2月号
  40. ^ トランプ大統領が日本の大量購入を称賛した「F35」って? 「人間の聴力の限界に迫る」騒音に沖縄では住民から悲鳴も…琉球新報公式サイト
  41. ^ F-35 Noise Measurement Executive Summary
  42. ^ Netherlands Aerospace Centre releases F-35 noise level test results
  43. ^ Flight Deck Headset Compensates for F-35 Engine Noise
  44. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p71-72
  45. ^ “【特集】日の丸ステルス F35、5ページ”. 時事通信. (2011年11月13日). http://www.jiji.com/jc/v4?id=20111113jasdf_fx_f-35_lightning0001 
  46. ^ スティックが自由に動く方式。
  47. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p54
  48. ^ 月刊『航空ファン』2008年3月号、12月号、2009年2月号
  49. ^ インテバク・シリコン画像エンジンの略
  50. ^ F-35、第3世代HMDSの飛行試験を開始
  51. ^ ロックウェル・コリンズ、F-35向けGen III HMDSを納入
  52. ^ 月刊軍事研究2012年8月号、2011年9月号
  53. ^ F-35 Program Selects Helmet Design - Defencenews
  54. ^ JSF: Integrated Avionics Par Excellence - Avionics
  55. ^ F-35 Electronic Warfare Suite: More Than Self-Protection
  56. ^ “Lockheed Martin Selects Harris Corporation to Deliver F-35's Next Generation Computer Processor Harris” (英語). https://www.harris.com/press-releases/2018/09/lockheed-martin-selects-harris-corporation-to-deliver-f-35s-next-generation 2018年9月27日閲覧。 
  57. ^ “IEEE 1394b Playing Pivotal Role in F-35 Lightning II Joint Strike Fighter” (英語). https://www.businesswire.com/news/home/20070904006087/en/IEEE-1394b-Playing-Pivotal-Role-F-35-Lightning 2018年5月10日閲覧。 
  58. ^ 月刊『JWings』2012年8月号 p47-49
  59. ^ Ultimate Fighter: Lockheed Martin F-35 Joint Strike Fighter P.132 著者Bill Sweetman
  60. ^ Newest U.S. Stealth Fighter ‘10 Years Behind' Older Jets
  61. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p37
  62. ^ 月刊『JWings』2012年3月号 p17
  63. ^ 月刊『JWings』2012年3月号 p14、p22
  64. ^ 青木謙知「F-35がF-Xに選ばれた理由」『軍事研究2012年3月号』ジャパン・ミリタリー・レビュー、2012年3月1日。
  65. ^ a b F-35 Program Brief, USAF, 26 September 2006.
  66. ^ "Important cooperative agreement with Lockheed Martin." Kongsberg Defence & Aerospace, 9 June 2009. Quote: "The missile has a range in excess of 150 nautical miles."
  67. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p28
  68. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p51
  69. ^ 月刊「航空ファン」 2011年 5月号
  70. ^ 月刊「航空ファン」 2011年 10月号
  71. ^ 久保信博 (2014年7月17日). “日本の武器輸出が本格化、英とミサイル研究・米にセンサー”. トムソン・ロイター. http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FM1K820140717 2014年7月17日閲覧。 
  72. ^ “日英でミサイル技術を共同研究 政府、NSCで決定へ”. 日本経済新聞. (2014年7月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO74365920X10C14A7PP8000/ 2014年7月17日閲覧。 
  73. ^ F-35 Joint Strike Fighter Media Kit Statistics(ZIP圧縮ファイル、98.2kB)
  74. ^ F-35 specificationsGlobalSecurity.org
  75. ^ : small diameter bomb
  76. ^ a b 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p74
  77. ^ a b 月刊『JWings』2016年7月号 p48
  78. ^ a b c d 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p75
  79. ^ F-35 Software Development
  80. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p85
  81. ^ Development of F-35 3i Software For USAF IOC Complete
  82. ^ F-35「ビーストモード」は通常の4倍! 完全作戦能力獲得で見えてきたものとは?
  83. ^ F-35A、ついに実戦配備 しかし機関砲、SWなし 空自導入に問題は
  84. ^ 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p75-76
  85. ^ a b 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII 最新版」p76
  86. ^ LOCKHEED MARTIN JOINT STRIKE FIGHTER OFFICIALLY NAMED "LIGHTNING II"
  87. ^ David C. Aronstein; Michael J. Hirschberg; Albert C. Piccirillo (1998). Advanced Tactical Fighter to F-22 Raptor: Origins of the 21st Century Air Dominance Fighter. AIAA. p. 136. ISBN 9781563472824 
  88. ^ : conventional take-off and landing
  89. ^ Lockheed Martin Delivers First USAF Production F-35 Lightning II
  90. ^ af-declares-the-f-35a-combat-readyアメリカ空軍公式サイトニュース2016年8月2日
  91. ^ [1]おたくま経済新聞 2018年3月20日
  92. ^ [2]Defense New 2018年6月22日
  93. ^ [3]Ministerie van Defensie 2018年6月15日
  94. ^ USAF F-35As Flew First-Ever Combat Strikes With Radar Reflectors And Sidewinders Fitted - The Drivethedrive.com 2019年4月30日
  95. ^ US Air Force F-35A jets conduct first combat sortieukdefencejournal.org 2019年5月1日
  96. ^ Watch 2 F-35s flex in 'beast mode' on a mission in the Middle East - Business Insiderbusinessinsider.com 2019年5月24日
  97. ^ F-35’s Gun That Can’t Shoot Straight Adds to Its Roster of Flaws”. Bloomberg (2020年1月30日). 2020年1月30日閲覧。
  98. ^ : short take-off and vertical landing
  99. ^ U.S. MARINES CORPS DECLARES THE F-35B OPERATIONAL海兵隊公式サイトNews Display2015年7月31日
  100. ^ Strategic Defence and Security Review、「戦略的防衛及び(国家)安全の検討」の意味
  101. ^ 『世界の艦船』 2018年10月特大号 海人社 p.91
  102. ^ “海兵隊向けF35を初納入 米ロッキード”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年1月12日). オリジナルの2012年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120112081608/http://sankei.jp.msn.com/world/news/120112/amr12011214460005-n1.htm 2012年1月12日閲覧。 
  103. ^ "F-35 completes first airborne weapons separation." Marine Corps, 9 August 2012.
  104. ^ "F-35B Completes First Vertical Takeoff" Lockheed Martin, 20 May 2013.
  105. ^ F-35's First Combat Strike Won't End Debate « Breaking Defense - Defense industry news, analysis and commentary breakingdefense.com | September 27, 2018
  106. ^ F-35 stealth fighter crashes in coastal South Carolina worlddnewss.com | Friday,September 28,2018
  107. ^ F-35B Lightning II fighter jet crashes, pilot ejects in South Carolina stripes.com | September 28,2018
  108. ^ Some F-35s grounded again for new round of inspections marinecorpstimes.com | 2018-10-25
  109. ^ early-production F-35B (PDF)
  110. ^ Stagnant F-35 Reliability Means Fewer Available Jets Pentagon - Bloomberg GOV bgov.com | 2019-1-30
  111. ^ The Pentagon's newest assessment of the F-35 is in, and it's not good - Business Insider businessinsider.com | 2019-1-30
  112. ^ Stealth F-35 Joint Strike Fighter Has Some Serious Problems Report The National Interest nationalinterest.org | 2019-1-31
  113. ^ USMC's Older F-35Bs May Only Be Able To Fly Around A Quarter Of Their Expected Service Life (Updated) - The Drive thedrive.com | 2019-1-31
  114. ^ 軍事研究2017年4月号「F-35Bは大型空母の存在意義を奪う」文谷数重
  115. ^ : carrier (based) variant
  116. ^ 垂直尾翼はA型のものを10cm縦に延長した。
  117. ^ JSF's Trouble Stopping on the Boat - Defencesetech
  118. ^ 統合攻撃戦闘機F35C、空母に着艦できずに英国が抗議 - サーチナ
  119. ^ F-35 programme starts to turn the corner - Flightglobal
  120. ^ 米軍のF35型機、空母への「着艦」成功 - CNN
  121. ^ F-35C艦上試験、3日短縮して完了【画像】 - FlyTeam(フライチーム)
  122. ^ F-35C Completes Initial Sea Trials aboard Aircraft Carrier - アメリカ海軍
  123. ^ The Navy's Version of the F-35 Has a Big Problem The National Interestnationalinteres | 2018年12月22日閲覧
  124. ^ F-35C Achieves Initial Operational Capability navy.mil | 2019年2月28日閲覧
  125. ^ Renae Merlen (2006年8月16日). “Lockheed Says F-35 Could Fly Pilotless”. The Washington Post (www.washingtonpost.com). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/08/15/AR2006081501288.html 2012年10月23日閲覧。 
  126. ^ “F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料”. 産経新聞. (2011年12月15日). オリジナルの2011年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111220140033/http://sankei.jp.msn.com/world/news/111215/amr11121520070013-n1.htm 2011年12月25日閲覧。 
  127. ^ 維持旋回とは高度も速度も低下させずに行う水平旋回のことで、これが行える最大の荷重を維持旋回荷重と呼ぶ。通常の加重制限では高度や速度の低下が考慮されないため区別される。
  128. ^ “Pentagon lowers F-35 performance bar”. Flightglobal. (2013年1月14日). https://www.flightglobal.com/news/articles/pentagon-lowers-f-35-performance-bar-381031/ 2016年4月10日閲覧。 
  129. ^ “F35戦闘機にまだ多数の「欠陥」 運用予定に影響も 米軍報告”. AFPBB News. (2016年2月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/3075703 2016年3月14日閲覧。 
  130. ^ Light F-35 Helmet Tests Begin, DOD Aims To Fix Escape System This Year
  131. ^ US Air Force: Removal of F-35 pilot weight restrictions eyed for April
  132. ^ “The Navy's Operational F-35C Is Fully Mission Capable Less Than Five Percent Of The Time - The Drive”. thedrive.com. (2019年3月20日). https://www.thedrive.com/the-war-zone/27047/the-navys-operational-f-35c-is-fully-mission-capable-less-than-five-percent-of-time 2019年3月20日閲覧。 
  133. ^ 米国防長官代行、F35開発計画を酷評 機種自体は「素晴らしい」”. CNN (2019年4月26日). 2019年5月3日閲覧。
  134. ^ “Stealthy Lockheed F-35 Breaks Down Too Often, Pentagon Says - Bloomberg”. bloomberg.com. (2019年11月13日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-11-13/lockheed-s-stealthy-f-35-breaks-down-too-often-pentagon-says 2019年11月14日閲覧。 
  135. ^ The Hidden Troubles of the F-35 Defense News
  136. ^ Lockheed Martin Comments on Defense News Reporting F-35 Lightning II
  137. ^ The Pentagon has cut the number of serious F-35 technical flaws in half
  138. ^ “Problems plaguing F-35's next-gen maintenance system”. Defense News. (2015年4月15日). http://archive.is/yyyuJ 2016年4月17日閲覧。 
  139. ^ FY16 DOD PROGRAMS
  140. ^ “Key piece of F-35 logistics system unusable by US Air Force students, instructor pilots”. defensenews.com. (2019年3月8日). https://www.defensenews.com/air/2019/03/08/key-piece-of-f-35-logistics-system-unusable-by-us-air-force-students-instructor-pilots/ 2019年3月8日閲覧。 
  141. ^ “Bad data in F-35 logistics system resulting in lost missions”. defensenews.com. (2019年1月31日). https://www.defensenews.com/air/2019/02/01/bad-data-in-f-35-logistics-system-resulting-in-lost-missions/ 2019年1月31日閲覧。 
  142. ^ “Pentagon announces replacement for F-35’s ALIS”. janes.com. (2020年1月22日). https://www.janes.com/article/93861/pentagon-announces-replacement-for-f-35-s-alis 2020年1月22日閲覧。 
  143. ^ ボーイング社、次期超音速高等練習機「TX」を日本に積極売り込みへ”. 産経新聞 (2019年3月19日). 2019年5月15日閲覧。
  144. ^ Cost of F-35 Has Risen 60% to 90%, Military Says
  145. ^ F35の価格倍増と米政府 日本の機種選定見直しも
  146. ^ "FY 2012 Budget Estimates" Archived 2011年7月24日, at the Wayback Machine., p. 01–1. U.S. Air Force, February 2011.
  147. ^ “米F-35の生産は2年遅れに 米国防総省発表”. 朝雲新聞社. (2012年4月5日). オリジナルの2004年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040114051249/http://www.asagumo-news.com/f_column.html 2012年4月12日閲覧。 
  148. ^ “F35、1機189億円 米国防予算案で判明 日本は財源難題”. 産経ニュース. (2013年4月14日). オリジナルの2013年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130414032316/http://sankei.jp.msn.com/world/news/130414/amr13041401000000-n1.htm 2013年4月14日閲覧。 
  149. ^ "FY 2014 Program Acquisition Costs by Weapon System" Archived 2013年9月3日, at the Wayback Machine.
  150. ^ “中ロへの抑止力意識=1機約99億円−次期戦闘機”. 時事通信. (2011年12月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011122000051 2011年12月25日閲覧。 
  151. ^ “F35、本体96億円=7億円上昇―政府が正式契約”. 時事通信. (2012年6月29日). オリジナルの2012年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20120702095513/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000064-jij-pol 2012年6月29日閲覧。 
  152. ^ “F35:1機当たりの価格150億円に 防衛省概算要求”. 毎日jp. (2012年9月4日). オリジナルの2012年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20120908041641/http://mainichi.jp/select/news/20120904k0000e010209000c.html 2012年9月4日閲覧。 
  153. ^ “Pentagon: F-35 Program Costs Fell $4.5 Billion Last Year”. Defense News. (2013年5月23日). オリジナルの2013年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130625035657/http://www.defensenews.com/apps/pbcs.dll/article?AID=2013305230020 2013年6月15日閲覧。 
  154. ^ “US Air Force: F-35 To Be Deployable in '16”. Defense News. (2013年5月31日). オリジナルの2013年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130625035626/http://www.defensenews.com/apps/pbcs.dll/article?AID=2013305310018 2013年6月15日閲覧。 
  155. ^ “米F-35戦闘機、外国には値引き提示へ=国防総省”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年10月31日). オリジナルの2015年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150702082519/http://jp.wsj.com/news/articles/SB11875414796426453974304580247701880715226 2014年11月1日閲覧。 
  156. ^ “F-35開発計画、ドナルド・トランプ氏が当選した場合には計画キャンセルの恐れ”. businessnewsline. (2016年3月2日). http://archive.is/T12qN 2016年11月15日閲覧。 
  157. ^ “トランプ氏また批判、F35「費用が行き過ぎ」”. 読売新聞. (2016年12月24日). http://archive.is/uUJwn 2016年12月24日閲覧。 
  158. ^ “F35コスト大幅削減へ…トランプ氏の要求応じ”. 読売新聞. (2016年12月24日). http://archive.is/oRAU1 2016年12月24日閲覧。 
  159. ^ a b 【軍事ワールド】F-35 トランプ氏発案の値下げはどうなった? 将来は? 日本生産分1号機も〝完成〟(2/5ページ) - 産経WEST - 産経新聞
  160. ^ a b 会計検査院法第30条の2に基づく国会及び内閣への随時報告「次期戦闘機(F-35A)の調達等の実施状況について」
  161. ^ a b 「航空最新ニュース・防衛省・自衛隊 会計検査院、空自F-35Aに日本製部品が未使用と指摘」『航空ファン』通巻780号(2017年12月号)文林堂 P.130
  162. ^ 米、F35戦闘機に「966件技術的問題」 日本調達計画 維持費高騰の恐れ:国際(TOKYO Web) - 東京新聞
  163. ^ 【電子版】ステルス機F35の欠陥、フル生産前に改善必要 米政府監査院が国防総省に勧告 - 日刊工業新聞電子版
  164. ^ Pentagon and Lockheed Martin Reach Handshake Agreement on F-35 Production Contract
  165. ^ 米国防総省にハッカー、次世代戦闘機F35の設計情報など流出か
  166. ^ “中国ハッカーがF35のデータ盗む 英日曜紙報道”. 産経新聞. (2012年3月11日). オリジナルの2012年7月16日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/3F1q 2014年11月16日閲覧。 
  167. ^ Chinese man charged with hacking into US fighter jet plans
  168. ^ Feds: Chinese businessman hacked U.S. military info // DOCUMENT
  169. ^ 米連邦地検、中国人技師を逮捕、起訴 ステルス機の機密窃取
  170. ^ F35の技術持ち出し図る=中国人を逮捕-米当局
  171. ^ 米国、F35戦闘機機密窃取として中国人技師を再び拘束 Archived 2014年12月13日, at the Wayback Machine.
  172. ^ 中国、サイバースパイでF35設計窃取か 日本は42機を購入予定 Archived 2015年1月30日, at the Wayback Machine.
  173. ^ サイバー攻撃で中国がF-35の機密情報を取得、NSAの内部資料で明らかに Archived 2015年9月23日, at the Wayback Machine.
  174. ^ a b “ボーイングのB─1爆撃機などに中国産資材、米国防総省調査で判明”. ロイター. (2014年3月11日). http://jp.reuters.com/article/l3n0m81dm-boeing-b1-china-pentagon-idJPTYEA2A03S20140311 2017年10月8日閲覧。 
  175. ^ “米軍の戦闘機やミサイルが貿易戦争の矢面に-中国のレアアース依存”. ブルームバーグ. (2019年5月30日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-30/PSAJ3J6TTDSG01 2019年6月15日閲覧。 
  176. ^ “中国は米防衛産業への「重大リスク」、米国防総省が警告”. ロイター. (2018年10月5日). https://jp.reuters.com/article/pentagon-china-defense-industry-idJPKCN1MF070 2019年6月15日閲覧。 
  177. ^ “米、軍需品調達で過度の中国依存 報告書、リスク増大と警告”. 東京新聞. (2018年10月5日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018100601001455.html 2018年10月16日閲覧。 
  178. ^ “米防衛産業は中国のハッキングに対し脆弱すぎる-トランプ政権が警告”. ブルームバーグ. (2018年10月5日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-05/PG3XQC6K50XX01 2018年10月16日閲覧。 
  179. ^ “F-35 jets: Chinese-owned company making parts for top-secret UK-US fighters”. Sky News. (2019年6月15日). https://news.sky.com/story/f-35-jets-chinese-owned-company-making-parts-for-top-secret-uk-us-fighters-11741889 2019年6月15日閲覧。 
  180. ^ “Chinese-owned company makes parts for British F-35 fighter jets, MoD reveals”. テレグラフ. (2019年6月14日). https://www.telegraph.co.uk/news/2019/06/14/chinese-owned-company-makes-parts-british-f-35-fighter-jets/ 2019年6月15日閲覧。 
  181. ^ “F-35はなぜ機動性では旧型機にも劣るのか、波紋を呼ぶUSAFによる模擬空中戦演習の結果”. businessnewsline. (2015年7月3日). http://archive.is/yqLqU 2016年4月10日閲覧。 [リンク切れ]
  182. ^ 旧式より弱い新鋭戦闘機F-35? 99年間くり返される無意味な比較
  183. ^ 専守防衛の自衛隊にステルス機は不要? 空自のF-35導入、そこにある意味とは
  184. ^ “米国防総省、F35戦闘機を一時飛行停止に 9月の墜落事故受け”. 産経ニュース. (2018年10月2日). https://www.sankei.com/world/news/181012/wor1810120008-n1.html 2018年10月12日閲覧。 
  185. ^ 墜落のF35A、操縦士の氏名公表 41歳の3等空佐 朝日新聞デジタル
  186. ^ 三沢基地所属F-35Aのレーダー消失について(第1報)”. 航空自衛隊 (2019年4月9日). 2019年4月10日閲覧。
  187. ^ 三沢基地所属F-35Aの墜落について(第2報)”. 航空自衛隊 (2019年4月10日). 2019年4月10日閲覧。
  188. ^ 三沢所属F-35A墜落、パイロットは未だ発見至らず 日本製造初号機
  189. ^ F35A型墜落は世界初 米国など影響広がる恐れ”. 2019年4月11日閲覧。
  190. ^ 「墜落のF35、不明の操縦士は死亡」と判断 岩屋防衛相”. 2019年6月8日閲覧。
  191. ^ “ステルス戦闘機F35が墜落、操縦士は無事脱出 米フロリダ州”. CNN. (2020年5月21日). https://www.cnn.co.jp/usa/35154128.html 2020年5月21日閲覧。 
  192. ^ Three Variants for Three Services Lockheed Martin
  193. ^ 英国:F-35戦闘機の機種変更 開発3年遅れで Archived 2012年7月12日, at Archive.is 毎日新聞 2012年05月12日
  194. ^ Pentagon Aims To Finalize Lockheed F-35 Contract Within Days Archived 2013年9月28日, at the Wayback Machine.
  195. ^ a b F-35A の取得数の変更について2018年12月18日、防衛省
  196. ^ a b 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p65
  197. ^ a b c d 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p66
  198. ^ 世界初!ステルス戦闘機F-35Aの仮想敵飛行隊が誕生
  199. ^ Plan Improves Navy, Marine Corps Air Capabilities
  200. ^ ステルス戦闘機F35を2017年に岩国配備へ 米国防長官 中国を牽制
  201. ^ 最新戦闘機「F-35B ライトニングII」、2機が岩国基地に到着
  202. ^ a b c d e f 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p67
  203. ^ “イギリス空軍、F-35BライトニングIIのIOC獲得”. FlyTeam. (2019年1月11日). https://flyteam.jp/news/article/104758 2019年1月18日閲覧。 
  204. ^ a b c d e f g 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p69
  205. ^ ISRAEL, US EXAMINING F-35B SALE The Jerusalem Post 2015年12月15日
  206. ^ Despite Costs and Concerns Haaretz Newspaper 2016年11月29日
  207. ^ Israel to buy an additional 17 F-35 fighter planesThe Times of Israel 2016年11月29日
  208. ^ “イスラエル空軍、F-35Iアディール2機がネバティム空軍基地に到着”. FlyTeam. (2016年12月13日). http://flyteam.jp/news/article/72902 2016年12月18日閲覧。 
  209. ^ AirForces Monthly. Stamford, Lincolnshire, England: Key Publishing Ltd. (March 2016). pp. 23 
  210. ^ “イスラエル空軍、F-35Iアディールの到着16時間後に初ソーティ”. FlyTeam. (2016年12月16日). http://flyteam.jp/news/article/73088 2016年12月18日閲覧。 
  211. ^ Israel's F-35 stealth fighters declared operational, a year after their arrival”. timesofisrael.com. 2018年10月27日閲覧。
  212. ^ イカロスMOOK p66
  213. ^ a b Italy Takes Delivery of First F-35, defensenews.com. Retrieved 03 February 2015.
  214. ^ Italy Plans First F-35 Flight in October, defensenews.com. Retrieved 7 April 2016.
  215. ^ Italy claims first F-35 transatlantic crossing, Flightglobal. Retrieved 7 April 2016.
  216. ^ Italy signals slowdown on F-35 orders Defense News 2018年11月9日
  217. ^ a b c d e f g 「世界の名機シリーズF-35ライトニングII」p68
  218. ^ “F35新たに58機調達 豪、計72機に”. 産経新聞. (2014年4月23日). オリジナルの2014年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140630030703/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140423/asi14042312020001-n1.htm 2014年6月26日閲覧。 
  219. ^ イカロス出版 Jwing No.247 2019年3月号 94頁-96頁 「月刊F-35」井上孝司
  220. ^ Kabinet besluit definitief tot aanschaf 37 JSF-straaljagers - volkskrant
  221. ^ 「J-WING」 2012年09月号 イカロス出版
  222. ^ “韓国軍:次期戦闘機候補、F35ほぼ脱落”. 朝鮮日報. (2013年8月17日). オリジナルの2013年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130817191743/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/17/2013081700515.html 2013年8月18日閲覧。 
  223. ^ 『韓国次期戦闘機選定、ボーイング「F-15SE」の採用否決』(ロイター 2013年9月24日)
  224. ^ 次期戦闘機:F35、予算の制約で40機のみ購入(朝鮮日報 2013年11月23日)
  225. ^ 【社説】F35A導入、技術移転できなければ白紙化せよ(朝鮮日報 2013年11月23日)
  226. ^ “F35A引き渡し、韓国もステルス戦闘機保有国に”. 朝鮮日報. (2018年3月29日). オリジナルの2018年3月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180329104550/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/29/2018032900715.html 2018年3月29日閲覧。 
  227. ^ “「F35A」2機が韓国到着 ステルス機初保有=21年までに40機導入”. ソウル聯合ニュース. (2019年3月29日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000052-yonh-kr 2019年4月10日閲覧。 
  228. ^ 韓国軍、北朝鮮の顔色うかがいステルス機も公開しなかった? - 2020年7月1日閲覧
  229. ^ “韓国、軽空母建造へ F-35Bを16機搭載 いずも改修に対抗か?”. NewSphere. (2019年8月8日). https://newsphere.jp/world-report/20190808-2/ 2019年8月14日閲覧。 
  230. ^ 文林堂 航空ファン2016年2月号p.125
  231. ^ a b 「MC☆あくしず」2012 SPRING p10
  232. ^ a b F35、105機追加調達へ=新規取得に上限、5年で17兆円-防衛大綱・中期防:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2018年12月19日閲覧。
  233. ^ 平成23年度歳出概算要求書
  234. ^ “F35ステルス戦闘機、日本が共同製造参入へ”. 読売新聞. (2012年11月8日). http://archive.is/XnLqk 2012年11月16日閲覧。 
  235. ^ 日本政府、艦載機として新たに「F-35B」導入を検討
  236. ^ 防衛省・自衛隊:大臣会見概要 平成25年7月16日(11時02分~11時08分)
  237. ^ 護衛艦「いずも」空母化…離島防衛の拠点に
  238. ^ 海自「いずも」空母改修案 米戦闘機発着、給油も
  239. ^ “「空母」運用機を本格検討”. 共同通信. (2017年12月25日). オリジナルの2018年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6wjkPWbFt?url=https://this.kiji.is/317708664863835233?c=51548125355900932 2018年1月22日閲覧。 
  240. ^ F35Bとは? 防衛省が導入検討と報道 護衛艦「いずも」で運用可能と言われるステルス戦闘機(ハフポスト 2017年12月25日)
  241. ^ 「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者
  242. ^ 海自艦いずも「空母」へ改修 防衛省検討 最新鋭F35B搭載可能に - 産経ニュース(2017年12月26日、2017年12月27日閲覧)
  243. ^ いずも型ヘリ護衛艦、空母化とF-35B導入伝えられるも大臣は否定 | FlyTeam ニュース
  244. ^ ステルス「F35B」導入へ、空母での運用視野
  245. ^ 護衛艦「いずも」装備の拡張調査 最新鋭のF35Bも対象 | NHKニュース
  246. ^ “F35B、20機新規導入検討”. 共同通信. (2018年11月29日). https://this.kiji.is/440558213122049121?c=39550187727945729 2018年11月29日閲覧。 
  247. ^ “空自の最新鋭ステルス「F35」、本格生産へ”. 読売新聞. (2014年10月28日). オリジナルの2014年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20141101105030/http://www.yomiuri.co.jp/national/20141028-OYT1T50109.html 2014年11月1日閲覧。 
  248. ^ a b 航空自衛隊の次期戦闘機F-35Aに係る引合受諾書署名について
  249. ^ “価格上昇のF35、日本への売却総額8000億円 米国防総省見直し”. 産経新聞. (2012年5月3日). オリジナルの2012年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120507073345/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120503/plc12050321280027-n2.htm 2012年5月3日閲覧。 
  250. ^ “F35A:国産部品搭載進まず 米からの移転が難航”. 毎日新聞. (2017年9月13日). オリジナルの2017年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20170913104241/https://mainichi.jp/articles/20170914/k00/00m/040/049000c 2017年9月13日閲覧。 
  251. ^ “「F35」整備拠点、愛知・東京に…正式発表”. 読売新聞. (2017年9月13日). オリジナルの2014年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20141218160143/http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141218-OYT1T50104.html 2014年12月19日閲覧。 
  252. ^ “空自向けF-35A初号機「AX-1」、9月26日にロールアウトか”. FlyTeam. (2016年4月25日). http://flyteam.jp/news/article/62796 2016年4月26日閲覧。 
  253. ^ “Lockheed Martin readies Japan's first F-35A for September roll-out, advances international programmes”. Jane's 360. (2016年4月25日). オリジナルの2016年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160426131216/http://www.janes.com/article/59759/lockheed-martin-readies-japan-s-first-f-35a-for-september-roll-out-advances-international-programmes 2016年4月26日閲覧。 
  254. ^ 航空自衛隊F-35Aについて
  255. ^ ロッキード・マーティン、空自向けF-35AライトニングIIをロールアウト
  256. ^ First Japanese-built F-35A lands at Misawa AB在日米空軍三沢基地公式ホームページ(2017年12月10日)
  257. ^ “ステルス機F35A、国産初号機が米国で機体最終確認”. 日刊工業新聞 電子版 自動車・輸送機 ニュース. (2018年1月11日). https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00457495?twinews=20180111 2011年1月16日閲覧。 
  258. ^ F-35A、1月26日にも1機目が三沢基地に配備へ2018年1月24日 17時41分配信 宇宙へのポータルサイト
  259. ^ 三沢基地 今月末からF35配備 2018年1月20日12時42分 NHK NEWS WEB
  260. ^ 三沢基地、F35配備で2月に式典 F2は2019年度、百里基地に移転1年前倒し2018年1月24日 13時5分配信 東奥日報社
  261. ^ 空自F35、三沢に初配備=主力戦闘機、北朝鮮監視も―巡航ミサイル搭載計画・青森2018年1月26日 11時10分配信
  262. ^ F4後継機のF35A、空自三沢基地に初の配備
  263. ^ “F35A最新鋭ステルス戦闘機5機を追加配備 青森・三沢に米から到着”. 産経ニュース. (2018年5月28日). https://www.sankei.com/politics/news/180528/plt1805280023-n1.html 2018年5月30日閲覧。 
  264. ^ 三沢基地にF35追加配備 2機目飛来、25日さらに5機 - デーリー東北
  265. ^ 新たにF35を三沢に配備 防衛省が明らかに 月内に7機態勢へ
  266. ^ 自衛隊記念日観閲式、空自F-35Aが国内で初めて展示飛行を披露 - FlyTeamニュース
  267. ^ “F35戦闘機 最大100機追加取得へ 1兆円、政府検討”. 日本経済新聞. (2018年11月27日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38215250X21C18A1MM0000?s=2 2018年11月27日閲覧。 
  268. ^ “F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B”. 毎日新聞. (2018年12月13日). https://mainichi.jp/articles/20181213/k00/00m/010/063000c.amp 2018年12月13日閲覧。 
  269. ^ F-35ファクトシート(日本語)日本 Lockheed Martin twitter 2020年1月23日
  270. ^ F35B導入、防衛省発表2019年8月17日、朝日新聞
  271. ^ 短距離離陸・垂直着陸戦闘機の機種決定について2019年8月16日、防衛省、2019年8月17日閲覧
  272. ^ F35A国内組み立て撤退 1機30億~40億円コストカット
  273. ^ 「F35」国内組み立て継続へ 完成品輸入を転換日本経済新聞、2019年12月10日
  274. ^ “防衛相、F35Aの国内組み立て継続発表”. 日本経済新聞. (2019年12月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53596490Q9A221C1EA3000 2019年12月23日閲覧。 
  275. ^ 米、F35戦闘機の日本売却を承認 105機で231億ドル - 産経新聞
  276. ^ F2戦闘機後継「高すぎる」国際共同開発に暗雲 : 政治 - 読売新聞
  277. ^ 空自F2後継機、防衛省がロッキードマーティン提案のF22とF35ベースのハイブリッド型を断る
  278. ^ 令和2年度防衛白書 p.494 資料5 主要航空機の保有数・性能諸元
  279. ^ 文林堂 航空ファン No.796 2019年4月号 111頁-121頁 「航空最新ニュース」
  280. ^ イカロス出版 Jwing No.248 2019年4月号 92頁-94頁 「月刊F-35」井上孝司
  281. ^ イカロス出版 Jwing No.249 2019年5月号 94頁-96頁 「月刊F-35」井上孝司
  282. ^ F35 シンガポールにF35B売却へ 最大12機、3000億円承認―米政府(2020年01月10日)
  283. ^ Regeringen indstiller F35 som Danmarks næste kampfly(Dr.dk 2016年5月11日)
  284. ^ “ベルギー、F35戦闘機を導入へ 欧州の自律的防衛体制構築に打撃との批判も”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年10月26日). http://www.afpbb.com/articles/-/3194776 2018年10月26日閲覧。 
  285. ^ [4](Twitter上のMariusz Błaszczakの2019年5月28日発言)
  286. ^ “ポーランド空軍、F-35Aを32機を契約”. Flyteam. (2020年2月3日). https://flyteam.jp/news/article/120919 2020年7月15日閲覧。 
  287. ^ The Canadian Press (2012年4月4日). “Video: MPs hold Mackay to account in F-35 scandal”. Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/news/video/video-mps-hold-mackay-to-account-in-f-35-scandal/article2392358/ 2012年4月5日閲覧。 
  288. ^ Coyne, Andrew (2012年4月4日). “Andrew Coyne: Peeling back the layers of misconduct in the F-35 fiasco”. National Post. オリジナルの2013年1月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130104003959/http://fullcomment.nationalpost.com/2012/04/04/andrew-coyne-the-f-35-affair-is-a-fiasco-from-top-to-bottom/ 2012年4月5日閲覧。 
  289. ^ CBC News (2012年4月5日). “The F-35 Fiasco”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/thenational/indepthanalysis/atissue/story/2012/04/05/thenational-atissue-040512.html 2012年4月6日閲覧。 
  290. ^ “F35の開発参加国が相次ぎ導入削減、カナダが導入中止”. 中国網. (2012年5月8日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-05/08/content_25330368.htm 2012年9月23日閲覧。 
  291. ^ LEE BERTHIAUME (2012年5月24日). “F-35 debate: Canadian firms will lose out if government ditches jets: Lockheed Martin” (英語). 2012年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月17日閲覧。
  292. ^ “F35戦闘機、カナダは白紙撤回 日本は導入強行”. 産経新聞. (2012年12月14日) 
  293. ^ Canadian review will recommend buying Lockheed F-35 fighter jet - sources - F-35.com
  294. ^ Hävittäjähanke HX - フィンランド空軍によるHX Fighter Programの情報サイト。
  295. ^ 月刊『JWings』2017年2月号95頁 イカロス出版
  296. ^ Spain’s Air Force and Navy have sights set on new American fighter aircraft
  297. ^ US defense officials quash rumors of potential F-35 sales to the UAE
  298. ^ Germany officially knocks F-35 out of competition to replace Tornado
  299. ^ 軍事研究2013年7月号ミリタリー・ニュース
  300. ^ “トルコ、最新鋭ステルス戦闘機F35を発注へ”. ニューズウィーク. ロイター. (2014年2月28日). オリジナルの2014年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140304084340/http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2014/02/121065.php 2014年3月8日閲覧。 
  301. ^ TAI Delivers First Turkish JSF/F-35 Center Fuselage
  302. ^ Turkey rounds on US Senate move to block sale of F-35 jets
  303. ^ Turkey gets first F-35, but faces halt on future deliveries if Congress gets its way
  304. ^ Lockheed presents F-35 to Turkey amid US lawmaker opposition
  305. ^ Jim Mattis warns Congress not to block Turkey from F-35 program
  306. ^ Trump approves defense budget delaying delivery of F-35 warplanes to NATO ally Turkey - Daily Sabah
  307. ^ 米 トルコへのF35売却を凍結 米国人牧師拘束に圧力 - NHK
  308. ^ 米、F35生産からトルコ排除も シリア情勢に波及懸念 - 日本経済新聞社
  309. ^ 米、トルコへのF35売却凍結 ロシア製兵器導入で - 日本経済新聞
  310. ^ Despite Pressures From China, Taiwan Might Procure Harriers
  311. ^ Not So Fast: US F-35 Deal With Taiwan Iced Over Fears of Chinese Spies on Island
  312. ^ Taiwan Gives Up On F-35, Turns to F-16V Option
  313. ^ F-16購入の台湾、F-35戦闘機購入の意思も示す=「必要性ある」米華字メディア
  314. ^ イスラエル、F35戦闘機を実戦初投入 「2度攻撃」「中東全域で飛行」イラン牽制”. 産経新聞社 (2018年5月23日). 2018年10月12日閲覧。
  315. ^ 米海兵隊F-35B、地味に初実戦をこなす 明暗分かれる歴代名/迷戦闘機のデビュー模様(竹内修) - 乗りものニュース(2018.10.24)2018年10月24日閲覧
  316. ^ 米F35戦闘機、初の実戦投入 アフガンの対タリバン任務で”. AFP (2018年9月28日). 2018年10月7日閲覧。
  317. ^ Lockheed Martin
    F-35 Lightning II
    F-35 LIGHTNING II PROGRAM STATUS AND FAST FACTS April 10, 2019
    F-35 LIGHTNING II PROGRAM STATUS AND FAST FACTS December 20, 2018
  318. ^ F135 ENGINE Pratt & Whitney
  319. ^ F135 ENGINE CTOL/STOVL/CV
    F135-PW-100
    ・Intermediate thrust:28,000lbf (124.55kN)、Maximum thrust:43,000lbf (191.27kN)
    F135-PW-600
    ・Intermediate thrust:27,000lbf (120.10kN)、Maximum thrust:41,000lbf (182.38kN)
    ・Short takeoff thrust:40,740lbf (181.22kN)、Hover thrust:40,650lbf (180.82kN)
  320. ^ 携行兵器を全てウェポンベイに収めた場合の速度性能。
    F-35A:25mm GAU-22/A×1 + AIM-120C/D×2 + GBU-31×2
    F-35B:AIM-120C/D×2 + GBU-32×2
    F-35C:AIM-120C/D×2 + GBU-31×2
  321. ^ a b 機内燃料のみ
  322. ^ "FY2019 President's Budget Selected Acquisition Report (SAR) – F-35 Joint Strike Fighter Aircraft (F-35)". アメリカ国防総省 p.18
  323. ^ PICTURE: MBDA reveals clipped-fin Meteor for F-35
  324. ^ IRIS-T set to be added to JSF's European arsenal
  325. ^ Israel Will Be First Non-U.S. Customer To Fly F-35
  326. ^ ATK Awarded $55 Million Advanced Anti-Radiation Guided Missile Low Rate Initial Production Archived 2013年6月23日, at the Wayback Machine.
  327. ^ MBDA Launches SPEAR High Precision Surface Attack Weapon During Farnborough 2012
  328. ^ "The Navy's advanced weapons shopping list
  329. ^ PHOTO SHOWS F-35 SOM-J AIR-LAUNCHED CRUISE MISSILE SEPARATION TESTS IN WIND TUNNEL
  330. ^ F-35、トルコ製巡航ミサイル「SOM-J」を採用
  331. ^ Headquarters Air Combat Command JSF Range & Airspace Requirements Archived 2008年12月19日, at the Wayback Machine.
  332. ^ Israeli F-35s to use Spice bomb kits
  333. ^ Israel's F-35s will Carry the Spice 1000 Guided Weapons
  334. ^ Nuclear Posture Review Report.
  335. ^ F-35 MULTI MISSION POD ON DISPLAY
  336. ^ トーマ英語版社が開発したポッドで炭素繊維で構成されており各種センサー、逆合成開口レーダー、次世代ジャマーを内蔵する。既に低率量産に入っている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「F-35」に関係したコラム

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「F-35」の関連用語

F-35のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



F-35のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF-35 (戦闘機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS