K-POP K-POPを巡る論争と騒動

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > K-POPの解説 > K-POPを巡る論争と騒動 

K-POP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 07:27 UTC 版)

K-POPを巡る論争と騒動

少女時代とKARAを巡る騒動

2010年10月、韓国政府の女性家族部や国会議員の間で、少女時代KARAを筆頭とした「韓国芸能界における未成年者の過激な(性的)露出」が問題となり、少女時代の所属事務所の代表が国会に召喚され、露出規制が行われようという動きがあった[33][34][35][36]

2011年1月、少女時代の所属事務所のSMエンターテインメントとKARAの所属事務所のDSPメディアが、共に「インターネットの日本語ウェブサイト上に拡散している漫画『K-POPブーム捏造説を追え!』が、事実でない悪意のある描写をして名誉毀損をしている」として、法的措置も含めた「強気な対応」を取ることを表明した。

この漫画は作中で、対外文化広報政策を推進したい韓国政府と日本の大手広告代理店電通(作中では「D社」と表現)との間の経済的利害関係をあげて、「日本におけるK-POPブームはやらせである」と示唆している。また、少女時代やKARAが韓国芸能界において性接待や整形に関与していると憶測している。この「漫画論難」は、韓国のメディアで大々的に報じられており、日本の一部メディアでも報じられた。但し、作者は根拠が無いフィクションであることを、自分のブログで明らかにしている[37][38]

フジテレビをめぐる騒動

2011年2月27日に、放送された情報番組『Mr.サンデー』(フジテレビ関西テレビ)において、木村太郎が韓国の国家ブランド委員会大韓民国#文化の項目も参照)がYoutubeなどの動画投稿サイトでK-POP関連の再生数を上げるよう広告宣伝会社に依頼していると言及したことにより、日本や韓国のメディアでも報道され、国家ブランド委員会の対外協力局が「大衆文化を国家がコントロールするのは常識的にありえない。」と反論し[39]、フジテレビ側に訂正を求めた。その結果、翌週の放送で司会の宮根誠司滝川クリステルが追加説明の上で発言の一部を訂正した。

2011年7月23日、俳優の高岡蒼甫が、Twitterでフジテレビを初めとした日本のテレビメディアが韓流ドラマばかり放送することを批判して、インターネット上で反響を呼んだ[40][41]

上記のいわゆるフジテレビ韓流騒動について、コラムニストの小寺信良は、フジテレビがK-POPなどの韓国関連コンテンツの版権を持ち、流行を煽って経済的利益を得ようとする姿勢に対して、「局アナ」のタレント化やお台場テーマパーク化などの前例を挙げて、フジテレビは昔から「自社リソース」を意図的に流行化させて経済的利益を上げようとしてきたと分析した。また、これほど「ゴリ押し」をするのは、うまくいかなかったから焦って過剰なまでに露出をエスカレートさせることになったからではないかと主張した[42]

また深水黎一郎は高岡蒼甫の一連の韓流騒動について、今回の騒動は反韓流からではなく、フジテレビ自体に問題があることが起点であり、「韓流が嫌なら見なければいい、という論理は通用しない」と主張している。国から放送免許を受けたテレビ局が、フジや子会社のコンテンツを宣伝するため、公共の電波を利用しているようにも見える。これが事実だとすれば「違法であることは子供でも分かる」と主張した。これまで他のテレビ局でも「偏向放送」はあったが、「多くの視聴者が、それが洗脳レベルに達していると感じたから騒ぎになっている」と分析し、韓流を差別しているという意見に対しては、むしろ差別されているのは日本人であり、「フジは人種差別をやめろ」とデモで訴えたいくらいだ、と主張している[43]

2011年8月21日、上記7月の高岡の発言をきっかけとして、東京お台場のフジテレビ本社界隈で、フジテレビの韓流ゴリ押し・偏向報道抗議デモが2回行われた。1回目は主催者発表で約6,000人から8,000人、警察発表で3,500人がデモ行進をした[44][45]

続いて行われた2回目は市民団体・頑張れ日本!全国行動委員会が主催してデモと街宣活動を行い、約5,000人がデモ行進した[46]。2回のデモの合計人数は、警察集計で延べ5,300人[47]。この日のデモには少なくともNHK韓国KBS韓国SBS韓国MBC[48]講談社J-CASTニコニコニュース、ガジェット通信、ナックルズ・ザ・タブーが取材に訪れていたことが確認されている[44]

以後、多数のデモが日本各地で行われ、フジテレビに留まらず、スポンサー企業や他局にも反発の目が向けられた(フジテレビ抗議デモを参照)。ただし、2012年以降は沈静化している。フジテレビ抗議デモも起こっていない。

その他の騒動

ロンドンオリンピックオープニングで歌ってもらいたい歌手のアンケートを取った所、K-POPアーティストがレディーガガジャスティン・ビーバーらを抑え上位を独占。この結果に海外ネットユーザーが不満を抱き、コミュニティサイト4chanで組織票を依頼。1位には、日本のボーカロイドソフト初音ミクがランクインする事態に発展した。[49]


注釈

  1. ^ 2015年頃に韓国で生まれた『愛国者』と『エンターテイナー』を合わせた造語
  2. ^ それ以前から日本で活躍した俳優やタレントは、まるで「踏み絵」のように竹島問題や日本の印象について記者から質問を受け、親日派のレッテルを貼られて芸能活動ができなくなることを恐れたタレントの多くは反日と受け取られる回答をしている。
  3. ^ 2017年、自身のインスタグラムに掲載した動画に白地に中央から放射線状に赤い色が広がる柄に染色された絞り染めのTシャツ姿が映っていた。
  4. ^ 2016年、自身のスナップチャットに旭日旗模様のスタンプ入りの写真を投稿した。
  5. ^ 2013年、2人で旭日旗がプリントされたペアTシャツを着た。
  6. ^ 2012年、東日本大震災への応援メッセージの意味で着たTシャツに旭日旗プリントがあった。
  7. ^ リハーサルの際に歌ったが、日本での活動に支障が出るとのことで本番では歌わなかった。
  8. ^ この曲では『ペクチェ (百済)』名義。
  9. ^ 過去にはナチスを思わせる帽子で写真に収まったリーダーのRMが非難を受けている。
  10. ^ 日本でいうウェブマスターのこと。

出典

  1. ^ K-POP=アイドルではない/古家正亨さんインタビュー 前編”. 日刊スポーツ. 2018年4月2日閲覧。
  2. ^ http://blog.daum.net/urangg/197
  3. ^ http://yurajun.tistory.com/3064
  4. ^ a b The Record 2009-08 Vol.597 特集「2008年 世界の音楽産業」社団法人日本レコード協会。数値はIFPI「Recording Industry In Numbers 2009」)
  5. ^ 2011年9月20日 朝日新聞『韓流番組、なぜ増えた? TV局「自前より安い」・韓国「輸出」に力』
  6. ^ K-POP Night in Japan 2010(韓国文化院)
  7. ^ [芸能]K-POPの競争力強化支援へ、韓国政府(統一日報 2011年6月22日)
  8. ^ a b “ジャパンエキスポに韓国が介入? 山田五郎のラジオ解説が波紋”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年7月10日). http://www.j-cast.com/2011/07/10100988.html?p=all 2015年8月27日閲覧。 
  9. ^ etnews
  10. ^ cnngo
  11. ^ a b それでもなぜK-POPは世界を制したのか。韓国アイドルが政治を語り始めた理由”. Business Insider Japan (2018年11月25日). 2019年9月7日閲覧。
  12. ^ a b c d e 防弾少年団を「反日」にした「愛国ティナー」の圧力”. SmartFLASH. 光文社 (2018年11月20日). 2019年9月6日閲覧。
  13. ^ a b c d 原爆にナチス…火種抱えた「防弾少年団」は大統領のお気に入り”. SmartFLASH. 光文社 (2018年11月13日). 2019年9月6日閲覧。
  14. ^ 「KARA」、竹島問題質問に「沈黙」 韓国メディアから批判浴びる”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2012年8月24日). 2019年9月6日閲覧。
  15. ^ ソルヒョン(AOA)、「安重根」わからず…視聴者から非難殺到で謝罪”. WoW!Korea (2016年5月13日). 2019年9月6日閲覧。
  16. ^ 「BIGBANG」G−DRAGONの海外公演での衣装に旭日旗?韓国ネットで物議”. Record china (2017年8月10日). 2019年9月7日閲覧。
  17. ^ ヒョナ-ヒョンスン、旭日旗ペアTシャツ論争「コンセプトは?」”. 中央日報日本語版 (2013年11月27日). 2019年9月7日閲覧。
  18. ^ BIGBANG、BEAST、少女時代……韓国の若者は、なせ“旭日旗アレルギー”に燃料を投下してしまうのか”. サイゾー (2016年8月18日). 2019年9月7日閲覧。
  19. ^ a b 韓国“K-POP”は反日ソングだらけ! あの『少女時代』までも反日ソングを歌う - ガジェット通信” (日本語). ガジェット通信 (2010年8月31日). 2011年10月15日閲覧。
  20. ^ 日本入国拒否された歌手イ・スンチョルの「独島コンサート」とは?”. 中央日報日本語版 (2014年11月11日). 2019年9月6日閲覧。
  21. ^ "日本入国拒否"イ・スンチョルの「その日に」、音源配布4日で5万件の反応”. WoW!Korea (2014年11月18日). 2019年9月6日閲覧。
  22. ^ 防弾少年団、秋元康さんとのコラボ断念 韓国で批判”. 朝日新聞 (2018年9月17日). 2019年9月6日閲覧。
  23. ^ TWICE日本人メンバーがバッシングされるなか『FNSうたの夏まつり』に東方神起、IZ*ONEが出演 日本での反響は?”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月26日). 2019年9月6日閲覧。
  24. ^ BTS(防弾少年団)が日本で活動できなくなる? 韓国向け輸出規制への反発で噂される対抗処置”. 日刊サイゾー (2019年7月14日). 2019年9月6日閲覧。
  25. ^ a b c d BTSの"マスター"、相次ぐ活動休止の背景 K-POPシーン独自の文化を解説1”. Real Sound (2019年6月6日). 2019年9月7日閲覧。
  26. ^ a b c d BTSの"マスター"、相次ぐ活動休止の背景 K-POPシーン独自の文化を解説2”. Real Sound (2019年6月6日). 2019年9月7日閲覧。
  27. ^ a b c d K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い1”. NEWSポストセブン. 小学館 (2018年1月12日). 2019年9月7日閲覧。
  28. ^ a b c K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い2”. NEWSポストセブン. 小学館 (2018年1月12日). 2019年9月7日閲覧。
  29. ^ 大好きなアーティストを1位に ストリーミング回数を操作する熱狂的ファンたち BuzzFeed News 2018年10月25日
  30. ^ 防弾少年団(BTS)全米1位獲得は“チャート不正操作”だった? 空前の快挙があぶり出した「K-POPの闇」 Nifty news 2018年9月30日
  31. ^ KRIS(元EXO)に米iTunesチャートの順位操作疑惑…不正行為と見なされビルボード順位から除外 wow korea 2018年11月8日
  32. ^ 「原爆Tシャツ」「ナチス帽」で苦境のBTS 全米1位の裏にある“異常”な実態 (2/5) ITメディアビジネス 2018 11月15日
  33. ^ 国会が小中女子グループ所属事務所を呼んだ理由は…”. 中央日報 (2010年9月30日). 2010年12月31日閲覧。
  34. ^ KBS「未成年ガールグループの衣装-ダンス規制を準備中」”. 中央日報 (2010年10月18日). 2010年12月31日閲覧。
  35. ^ 青少年芸能人の過剰露出・扇情性…政府が規制へ”. 中央日報 (2010年11月9日). 2010年12月31日閲覧。
  36. ^ 【写真】少女たちの果敢な露出”. 中央日報 (2010年12月10日). 2010年12月31日閲覧。
  37. ^ 少女時代-KARA、法的措置を取るか?「強固に対応」 X SPORTS NEWS 2011年1月13日
  38. ^ 韓流中傷の日本漫画がネットに 事務所「強気の対応」表明 朝日新聞 2011年1月14日
  39. ^ 「K-POPの流行は韓国政府が操作した詐欺」…日本放送中央日報2011年2月28日
  40. ^ 高岡蒼甫「ここはどこの国だよ!」韓流ドラマばかりのテレビ局批判、2011年7月25日 J-CASTニュース、2011年7月28日閲覧。
  41. ^ 『フジテレビ(8ch)は韓国のテレビ局か』高岡蒼甫氏(@tkok_sosk_8228)一連の発言まとめ、7月24日までの
  42. ^ フジテレビの韓流騒動について、2011年08月15日
  43. ^ 「韓流が嫌なら見るな」は間違っている 作家・深水黎一郎がフジ騒動を分析、J-CASTニュース 2011年8月17日
  44. ^ a b 8・21フジテレビ韓流ゴリ押し・偏向報道抗議8000人デモのまとめ、ガジェット通信2011.08.21
  45. ^ NEWSポストセブン 2011.08.22配信
  46. ^ 【お台場デモ】8.21フジテレビ包囲、TV放送の正常化を求める運動[桜H23/8/22 ]
  47. ^ 朝日新聞 2011.9.1朝刊 37面
  48. ^ 도쿄 '반한류 시위' 1천명 운집‥"심상찮다"、MBC.2011.8.21
  49. ^ ロンドンオリンピックの歌手投票でK-POPを抜き初音ミクが1位に! 2位以下はK-POP続き
  50. ^ YOUTUBE.Emma Stone Is Obsessed With K-Pop - CONAN on TBS 2015-07-15.
  51. ^ Korean Group Ranks 2nd in Billboard Chart”. Korea Times (2007-11-10). 2011年7月16日閲覧。
  52. ^ Yoon, Lina. (2010-08-26) K-Pop Online: Korean Stars Go Global with Social Media. TIME. Retrieved on 2011-02-20.
  53. ^ Mrkic, Mike (2011年2月26日). “Korean pop the next big thing?”. Star Observer. 2011年2月27日閲覧。
  54. ^ billboard HOT 100 2012-10-6
  55. ^ Q.韓国でのレコードの種類を教えてください。「シングルアルバム」や「正規アルバム」って何?、もっと!コリア - 2020年8月1日閲覧。
  56. ^ 過去に所属にしていたアーティストも含まれています




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「K-POP」の関連用語

K-POPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



K-POPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのK-POP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS