野球 各種記録

野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 06:21 UTC 版)

各種記録

野球組織

国際野球連盟(IBAF)を中心として、特に野球が盛んなアジア、アメリカを始め、 ヨーロッパやアフリカにも地域単位での連盟・協会が存在する。さらにその傘下に各国の連盟・協会が設置されており、各国内のリーグ運営や活動を統括している。

各地域の野球

世界では主に北米アメリカ合衆国カナダ欧州ではオランダイタリア中南米キューバドミニカ共和国ベネズエラメキシコプエルトリコニカラグアパナマオランダ領アンティルコロンビア東アジア日本大韓民国台湾などで盛んである。とりわけパナマ、キューバ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、ニカラグア、台湾においては、事実上の国技として親しまれている。日本では、国技と呼ばれることは少ないものの非常に人気の高いスポーツであり[16]、「日本の国民的スポーツ」のひとつである[17]

北米

アメリカ野球学会によると、ジャッキー・ロビンソンがデビューした1947年、アフリカ系米国人選手の割合は全体のわずか0.9%。徐々に比率は増し、62年には10.1%と初めて1割を超えた。81年には過去最高の18.7%に上った。だが、その後は伸び悩み、2005年には9.1%と1割を切り、昨季は6.7%と過去60年で最低に並ぶ数字となった、メジャーリーグでは、有望選手でも多くは高校卒業後にマイナー契約からメジャー昇格を目指すのが基本線。低所得者層のアフリカ系も少なくない中で、「アメリカンドリーム」をつかむには、安月給で移動も過酷な下積みを経験する道のりが待っている[18]

韓国

歴史

近況

韓国では青少年少女の人気スポーツとなっている[19]。1982年のKBOリーグは総観客数143万人だったが、2012年には700万人を突破し[20]、2016年には観客動員数800万人超えを記録。動員数は世界のプロスポーツリーグ上位10位内に入っている[19]。また、プロアマともに数々の国際大会で好成績を残している。その一方で、競技人口自体はさほど多くないのが特徴であり、それはアマチュア野球の段階で行われる少数精鋭化が要因である。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは各国でサッカー人気が根強いため野球がことさらに取り上げられることは少ないものの、欧州野球連盟には39か国が加盟しており、その中でイタリアとオランダ、ドイツの3か国ではプロリーグが存在している[21][22]

オランダ王立野球・ソフトボール協会は、野球の問題点を明らかにするためにアンケートを行い「他競技に比べ、運動量が少ない」「専用のグラウンドが必要である」「ルールが複雑である」「人数を集めるのが大変」など数多くの課題が上がり、これらの課題を解決するために野球をより簡略化したスポーツ「BeeBall」を考案した[23]

その他の地域

オーストラリアでは1850年代にアメリカ合衆国から金鉱に来た鉱夫により、野球がもたらされた[24]。1989年に最初のオーストラリアン・ベースボールリーグ(en)が発足したが、11年で終了した。その後2010年からMLB機構も支援する形でオーストラリアン・ベースボールリーグが発足している。

アフリカでは、オーストラリアと類似した沿革を持つ南アフリカで比較的早く野球がある程度の広がりを見せたが、それ以外の地域については普及途上である。詳細はアフリカの野球を参照。

日本国内の「野球」

世界では通用しない日本国内の特殊事情について、節をひとつ割いて、説明する。

プロ野球については、「日本のプロ野球」を参照。

ボール

軟式ボール(左)と、
硬式ボール(右)
2006年以降の公認軟式球

日本では広義の「野球」で用いられているボールには硬式球・準硬式球・軟式球の3種類がある。これは世界では一般的ではない状況である。

硬式球
ゴムコルクの芯をで巻き、牛革や馬革を縫い合わせて作った球。硬球(こうきゅう)とも言う。プロ野球や高校野球、中学生のシニア・ボーイズリーグ、小学生のリトルリーグでもこのボールを使って行う。
軟式球
全日本軟式野球連盟が公認したボール。中が空洞になったゴム製の球で、軟球なんきゅうとも言う。中学生以上向けの「M号球」と小学生向けの「J号球」があり、サイズ、重量、反発係数などが調整されている。硬式球に比べて安価で安全性が高いため、日本国内では草野球、少年野球、公園でのキャッチボールなど広く一般的に使われている。なお、表面に彫られたディンプルは桜の花びらを模した形状をしており、ボールの反発係数やサイズは硬式球に近いものとなっている。彫られたデザインは空気抵抗の調節の役に立っている。
準硬式球
軟式球の一種として開発されたものである。大きさやボールの表面は軟式A号とほぼ同じでゴム製だが、内部は硬式球のそれと類似しており、打球感は硬式とほぼ同一である。現在は軟式球H号と呼ばれる。大学野球で多く使われる。
Kボール

バット

材質により木製バットとその他の素材のバットに分けられる。公認野球規則では最大直径7 cm以下かつ全長106.7 cm以下とされているが、少年用や女性用を除くと実際の多くは全長82 - 87 cm程度である。

木製バット
原則として一本の木材を削って作製する。日本のプロ野球を含めて各連盟の公認での制限が無く、どのような試合でも使える。素材はアオダモ、ホワイトアッシュ、メイプル、トネリコなどがある。
金属製バット
アマチュア野球で各連盟が公認した場合に使用する。日本のプロ野球では使用が認められていない。高校硬式野球では重量を900グラム以上とする規定がある。素材はアルミ合金と超々ジュラルミンが主となっている。
繊維強化プラスチック製バット
柔らかい素材を生かして軟式野球で使われるもので、通称「カーボンバット」と呼ばれる。近年では反発力や飛距離を伸ばすため、ウレタンなど複数の素材を組み合わせたハイコンバットと呼ばれるものも多数存在する。中学生の大会では使用不可となっている。
竹製バット
竹材を接着剤によって貼り合わせて加工したもの。基本的には各連盟の公式戦では使えないが、耐久性に優れ、芯をはずして打つと手や腕に強い衝撃が感じられることを生かし、主に練習用として使用される。

野球場

日本においては、硬式野球仕様かつプロ野球の試合で使用される野球場は、本塁より左右両翼およびセンターのフェンスまでの距離について、古い球場では両翼90メートル、中堅120メートル弱の球場が多いが、1980年代以降に建設された球場では両翼99.1 - 100メートル、中堅122メートルを基準としている(野球場・規格の項参照)。

日本の野球場は、本塁から左右翼までの距離が等しい「左右対称」の野球場がほとんどであり、現在のNPB12球団の本拠地の中で左右対称でない野球場はMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島のみである。それに対し、MLBの球団の本拠地となっている野球場は本塁から左翼・右翼までの距離が異なる「左右非対称」の野球場が多く、30球場のうち27球場が左右非対称である[25]

歴史

日本へは、1871年(明治4年)に来日した米国人ホーレス・ウィルソンが当時の東京開成学校予科で教え、その後全国的に広まった。したがって、日本国内の野球の創成期の歴史は、そのまま大学野球の創成期の歴史と重なっている。1903年に米・サンフランシスコで米・カリフォルニア大学バークレイ校名誉教授・小圃千浦(日本国瑞宝章受章者)らによって日系人野球チーム“フジ・クラブ”が誕生し、日米野球交流の礎が作られることになる。

「ベースボール」を、初めて「野球」と日本語に訳したのは、第一高等中学校の野球部員であった中馬庚である(この詳細な経緯は中馬の項も参考のこと)。明治期の俳人で、1889年(明治22年)に喀血してやめるまで捕手として好んで野球をプレイした正岡子規が翻訳したという俗説があるが、子規が自らの幼名である「升(のぼる)」にちなんで「野球(のぼーる)」という雅号を用いていたことが誤解されたものと考えられている。ただし、子規が現在にまで残る野球用語を数多く翻訳したのも事実であり、2002年にはその功績によって野球殿堂入りを果たした。

野球日本代表は世界大会で度々好成績を残している。1996年のアトランタオリンピックでは準優勝、2006年と2009年のWBCでは優勝した。アマチュアレベルでもIBAFインターコンチネンタルカップで2回の優勝と5回の準優勝をしている。メジャーリーグベースボールでは野茂英雄イチロー松井秀喜が活躍の道を開き[26]、現在ではダルビッシュ有前田健太大谷翔平らが活躍している。

なお、沖縄県出身のプロ野球選手の数は片手で数えられるくらいだったが、2010年頃から徐々に人数が増え [27]、現在では出身都道府県別の人口割合でプロ野球選手の輩出が最も多い [28]

日本のアマチュア野球

高校野球の試合
第89回全国高等学校野球選手権大会より)

日本では、社会人野球学生野球大学野球高校野球)がそれぞれ独立して運営されている。1990年全日本アマチュア野球連盟が発足し、社会人と学生との間で日本代表チームメンバーの派遣調整にあたるようになったが、あくまで連絡機関であり上部組織ではない。硬式野球と軟式野球(準硬式野球も含む)も互いに無関係な別組織の運営となっており、かつ硬式・軟式それぞれにおいても、国内の全関連競技団体が統一的な組織にはなっていない(詳細についてはアマチュア野球界における関連団体の組織体系を参照)。

日本では、特に高校野球などのアマチュア野球においていわゆる「ガラパゴス化」が起こっていると見られており、それに伴う日本野球のレベル低下の可能性が問題視されている。

その要因としては、トーナメント方式の大会様式、金属バットの普及、投手に対する「球数・登板間隔無制限」などが挙げられる。世界の青少年野球が「リーグ戦中心」で「球数制限、登板間隔制限」を行い、木製バットや反発係数の低い金属バットで野球をしている中で、日本の高校野球だけが「トーナメント中心」で、球数も登板間隔も無制限の「投げ放題」で、反発係数の高い金属バットを使用しているのである[29]

例えば、台湾の高校野球は2004年から木製バットを使用している。韓国の高校野球では、以前は金属バットを使用していたものの2000年より木製バットへ変更された。日本と同様に金属バットが普及しているアメリカでも、2012年から反発係数が木製バットと同じ程度になるバット(BBCOR規定=Batted Ball Coefficient of Restitution)のみ使用が許可されている[30]

大量得点したチームが盗塁やバントをすることは、MLBなど世界の野球では「マナー違反」「好ましくない」とされるが、日本では「大差でリードしていても攻撃の手を緩めないのは立派だ」と評する人さえいる[31]

「勝利至上主義」が原因で、試合に出られない高校生選手

私学の中には、試合に出られない野球部員を大量に抱え込む高校があるが、それが大きな問題にならないのは義務教育段階から「実力がなければ試合に出られないのは当たり前」という認識があるためであるとする意見もある[32]


注釈

  1. ^ 一試合におけるイニング数はルール体系によって異なることがあり、小学生中学生などでは7イニングの場合もある。また、2020年より世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催のアンダー世代の国際大会については原則7イニング制になったほか[4]メキシカンリーグも2022年より一部の試合で7イニングを導入した[5]
  2. ^ 例えば、右翼手を退かせ、一塁手を右翼手に変更し、控え選手を一塁手として起用するということは規則上問題ない。この場合、控えだった選手の打順は、退いた右翼手の打順を引き継ぐ。

出典

  1. ^ Oxford Dictionary. "A ball game played between two teams of nine on a diamond-shaped circuit of four bases." [1]
  2. ^ a b c d スーパーニッポニカ「野球」、神田順治森岡浩 執筆。
  3. ^ a b c d e f g h i [2]
  4. ^ Major changes coming to international baseball and softball, World Cups”. WBSC (2019年1月25日). 2022年4月17日閲覧。
  5. ^ Comunicado oficial: La LMB agilizará los juegos y tendrá enfrentamientos altamente competitivos” (スペイン語). Liga Mexicana de Beisbol (2022年4月6日). 2022年4月17日閲覧。
  6. ^ 野球にも「チャレンジ」!? メジャーのビデオ判定拡大とは”. Full-Count (2013年11月30日). 2021年3月31日閲覧。
  7. ^ “メジャーは「サイン盗み」も世界一? 歴史は50年以上、ハイテク化も進行。”. (2019年4月10日) 
  8. ^ サイン盗みの歴史とアストロズ。手を替え品を替えた120年間。
  9. ^ 「サイン盗み」とは? センバツで疑惑浮上。習志野が「2塁走者がサイン伝達した」と星稜が抗議
  10. ^ 「サイン盗み」を抗議した監督が悪者に、崩れる高校野球への幻想
  11. ^ 「あなたはサイン盗みをしていましたか?」プロ野球関係者30人への衝撃アンケート。
  12. ^ 覚悟必要メジャー「やり得」日本/サイン盗み考える
  13. ^ [3]
  14. ^ CBS, MLB to allow electronic pitch-signaling devices in 2022 season to prevent sign-stealing
  15. ^ コリジョンルール採用でクロスプレー望ましい方向へ”. 日刊スポーツ (2020年2月27日). 2020年5月7日閲覧。
  16. ^ 田口貞善『スポーツの百科事典』丸善、624ページ。
  17. ^ ボヤキも意図があってのこと。組織に役立つノムさんの言葉。 「叱っていい人」と「そうでない人」の差は?”. ダ・ヴィンチニュース (2017年7月6日). 2017年11月19日閲覧。
  18. ^ アフリカ系米国人進む野球離れ 大リーグ80年代ピークに” (2017年6月21日). 2017年12月31日閲覧。
  19. ^ a b c d 韓国プロ野球リーグ(KBO)が国内スポーツ史上初の観客動員数を記録 累計数800万人突破”. WBSC (2016年9月30日). 2017年1月10日閲覧。
  20. ^ <野球>KBOリーグ、韓国プロスポーツ初の観客800万人時代が目前に”. 中央日報 (2016年9月27日). 2017年1月10日閲覧。
  21. ^ 第2回 ヨーロッパの野球事情と、オランダ野球”. ベースボールドットコム (2013年7月1日). 2017年11月19日閲覧。
  22. ^ 野球ブンデスリーガ”. 国際野球情報wiki. 2021年7月9日閲覧。
  23. ^ “WBCで2大会連続ベスト4オランダ 競技人口減少の救世主「BeeBall」とは”. (2017年12月12日). https://full-count.jp/2017/12/12/post97620/ 2019年1月1日閲覧。 
  24. ^ History - BASEBALL Australia(英語)
  25. ^ 日本にもバラエティに富んだ球場を! MLBに見る“球場の形””. BASEBALL KING (2014年12月29日). 2019年2月7日閲覧。
  26. ^ エアイラス・プレーヤー・ランキング07〜08[4]
  27. ^ “野球王国・沖縄の謎…なぜこの10年でプロ選手が一気に増えたのか?”. (2019年8月9日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66401 2020年3月29日閲覧。 
  28. ^ “「人口当たりでは日本一」沖縄出身のプロ野球選手がこの50年で急増した"たったひとつの理由"”. (2021年8月13日). https://president.jp/articles/-/48781?page=1 2021年9月25日閲覧。 
  29. ^ 高校野球は「金属バット」でガラパゴス化する” (2018年9月12日). 2018年9月16日閲覧。
  30. ^ 高校野球は「金属バット」でガラパゴス化する” (2018年9月12日). 2018年9月16日閲覧。
  31. ^ “「少年野球は盗塁禁止に」という声が出る背景事情 盗塁を起点に始まるワンサイドゲームの悪影響”. (2021年7月27日). https://toyokeizai.net/articles/-/442273?page=2 2021年9月25日閲覧。 
  32. ^ “「試合に出ない選手」が少年野球で生まれ続ける訳 スポーツの勝利至上主義という日本独特の事情”. (2021年5月23日). https://toyokeizai.net/articles/-/429649?page=2 2021年9月25日閲覧。 
  33. ^ Alan Schwarz,World Cup announcement made,ESPN(英語),2005/05/10
  34. ^ 公益財団法人日本オリンピック委員会「野球」2014年2月28日閲覧
  35. ^ 2016年オリンピック野球競技復活キャンペーン 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年2月28日閲覧
  36. ^ a b Gallup SportsGallup 2015年11月17日閲覧。
  37. ^ Move Over, Baseball: Bloomberg Politics Poll Shows 67% of Americans Now Say Football Is National PastimeBloomberg.com 2015年11月17日閲覧。
  38. ^ World Series has record-low ratingAP通信 2015年11月17日閲覧。
  39. ^ 白熱のワールドシリーズ 勝負の分かれ目は雨中断日刊スポーツ 2016年12月16日閲覧。
  40. ^ a b Baseball is struggling to hook kids — and risks losing fans to other sportsThe Washington Post 2015年11月17日閲覧。
  41. ^ “Youth Sports Participation Statistics and Trends:” (英語). http://www.engagesports.com/blog/post/1488/youth-sports-participation-statistics-and-trends 2018年4月5日閲覧。 
  42. ^ アメリカでも「野球離れ」!? 昨年から見るMLB観客動員数の変化” (2018年6月13日). 2018年8月19日閲覧。
  43. ^ “観客動員数 巨人以外の11球団が前年比増 DeNAは18・3%増”. スポーツニッポン. (2015年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/12/kiji/K20150912011112780.html 2015年10月3日閲覧。 
  44. ^ “オリックスが最多観客動員=プロ野球”. 時事ドットコム. (2015年9月30日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015093001064&g=spo 2015年10月3日閲覧。 
  45. ^ “【広島】最多観客動員、球団史上初200万人超え!”. スポーツ報知. (2015年9月27日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150927-OHT1T50110.html 2015年10月3日閲覧。 [リンク切れ]
  46. ^ “セ・リーグ観客動員数、実数発表後で最多更新”. 日本経済新聞. (2015年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK31060_X01C15A0000000/ 2015年10月8日閲覧。 
  47. ^ “セ・リーグ観客動員数 実数発表の最多更新”. スポーツニッポン. (2015年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/07/kiji/K20151007011279970.html 2015年10月8日閲覧。 
  48. ^ “セ・リーグ 今季観客動員は史上最多1351万900人”. スポーツニッポン. (2015年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/08/kiji/K20151008011281110.html 2015年10月8日閲覧。 
  49. ^ “パ・リーグ、過去最多の観客動員…1072万人”. 読売新聞. (2015年10月7日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20151007-OYT1T50033.html 2015年10月8日閲覧。 
  50. ^ “観客動員数、1試合平均が過去最多に プロ野球交流戦”. 日本経済新聞. (2016年6月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20458_R20C16A6000000/ 2016年6月23日閲覧。 
  51. ^ “交流戦の観客動員数は過去最多更新 1試合平均2万9447人”. スポーツ報知. (2016年6月22日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160621-OHT1T50199.html 2016年6月23日閲覧。 
  52. ^ “プロ野球交流戦 観客動員、平均最多2.9万人”. 毎日新聞. (2016年6月21日). http://mainichi.jp/articles/20160622/k00/00m/050/060000c 2016年6月23日閲覧。 
  53. ^ “交流戦観客動員セ15・2%増、パ4・5%減…週末が“明暗””. スポーツニッポン. (2016年6月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/06/22/kiji/K20160622012823800.html 2016年6月23日閲覧。 
  54. ^ プロ野球、最多観客動員の裏で……。「野球離れ」を裏付ける恐怖の数字。 Number Web 2018年1月26日
  55. ^ “3月29日開幕!観客動員数が大幅に増えそうな予感の2019年プロ野球”. @DIME. (2019年3月27日). https://dime.jp/genre/683353/ 2019年4月5日閲覧。 
  56. ^ 日本シリーズの全国中継 四国新聞社 香川のニュース 2010年10月25日付 2010年11月7日閲覧。
  57. ^ 日本シリーズ、3試合地上波全国放送なし 東京新聞 2010年10月30日朝刊、2010年11月7日閲覧。
  58. ^ 野球賭博防止の信託、資産約4.5億円に 没収制度で再発防ぐ/台湾” (2016年3月19日). 2017年12月31日閲覧。
  59. ^ 味全ドラゴンズ、台湾プロ野球に加盟 19年半ぶり復帰”. フォーカス台湾 (2019年6月24日). 2019年7月17日閲覧。
  60. ^ <野球>KBOリーグ、韓国プロスポーツ初の観客800万人時代が目前に”. 中央日報 (2016年9月27日). 2017年1月10日閲覧。
  61. ^ “U-18対戦国の野球/代表の大半がプロ入りの韓国。甲子園はエリート集団の憧れの地”. (2015年8月27日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20150827_11.html 2019年9月8日閲覧。 
  62. ^ <Wコラム>日本と違う韓国のビックリ~極端な少数精鋭主義の韓国スポーツ界 wowKorea 2016年7月4日
  63. ^ プロ野球、「3時間半ルール」を撤廃 YOMIURI ONLINE、2013年3月7日。
  64. ^ “ファウルボール直撃事故で再燃する「スポーツ観戦は自己責任」論”. (2015年8月2日). http://dailynewsonline.jp/article/993733/ 2015年8月23日閲覧。 
  65. ^ 高校野球のブラバン応援はいつ始まった? 観戦のお供にオススメ『ブラバン甲子園大研究』(週刊野球太郎) goo ニュース 2016年8月8日
  66. ^ あれもこれも発祥はカープ!?  好調・広島を支える熱狂応援文化の秘密(週刊野球太郎) goo ニュース 2014年4月18日
  67. ^ 強力助っ人のふたりは「鳴り物応援」が好き。期待、聞きたい、応えたい web Sportiva 2018年8月28日
  68. ^ セ・リーグの強打者もノリノリで感謝。プロ野球を魅力的にする応援 web Sportiva 2018年8月13日
  69. ^ 【WBC】日本の「鳴り物応援」に国内外から賛否両論の声 ロケットニュース24 2017年3月22日
  70. ^ 近隣住民からの苦情も 選抜高校野球決勝に進出の習志野高校、「応援がうるさい」と批判され物議 リアルライブ 2019年4月3日
  71. ^ “キューバでも進む野球離れ、世界に目を向ける若者”. (2015年6月10日). http://jp.wsj.com/articles/SB11793851007525823752504581039283189586672 2015年6月13日閲覧。 
  72. ^ “4年で約2000チーム減 若年層の野球人口取り戻す妙案どこに…”. (2016年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/04/15/kiji/K20160415012403750.html 2016年4月16日閲覧。 
  73. ^ “高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?”. プロフェッショナルビュー・ベースボール Professional-View Baseball. (2014年7月3日). http://baseball.professional-view.com/blog/2014/07/03/post-2838/ 2015年10月3日閲覧。 
  74. ^ 8月9日 野球の日”. なるほど統計学園. 2015年10月3日閲覧。
  75. ^ 部員数統計(硬式、2016年5月末時点)”. 日本高等学校野球連盟. 2017年6月10日閲覧。
  76. ^ 部員数統計(軟式、2016年5月末時点)”. 日本高等学校野球連盟. 2017年6月10日閲覧。
  77. ^ The 15th Academy Awards (1943) Nominees and Winners” (英語). Oscars.org. 2014年8月22日閲覧。
  78. ^ The 57th Academy Awards (1985) Nominees and Winners” (英語). Oscars.org. 2014年8月22日閲覧。
  79. ^ The 62nd Academy Awards (1990) Nominees and Winners” (英語). Oscars.org. 2014年8月22日閲覧。
  80. ^ SPORTS - AFI: 10 Top 10” (英語). AFI.com. 2014年7月17日閲覧。
  81. ^ “【野球賭博】またも巨人、笠原将生・松本竜也の2投手が関与”. (2015年10月21日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/20/baseball-gamble_n_8343364.html 2015年10月25日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野球」の関連用語

野球のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野球のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS