醤油 醤油と微生物

醤油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/15 16:31 UTC 版)

醤油と微生物

麹菌

カビの中で、麹を作る際に用いられる菌が麹菌である。ニホンコウジカビAspergillus oryzae)および、ショウユコウジカビAspergillus sojae)は、ともに醤油醸造に用いられている。

酵母

仕込中期にアルコール発酵を行う酵母を「主発酵酵母」と呼ぶ。過去、主発酵酵母は耐塩性のサッカロミセス属と分類されていたが、現在はジゴサッカロミセス・ルーキシー(Zygosaccharomyces rouxii) と分類されている。古くなった醤油に生える白いカビ状のものも同種のもの。また、仕込後期に穏やかに香気成分を生産する酵母を「後熟酵母」と呼ぶ。Candida versatilis等、主にカンジダ属の酵母である。

乳酸菌

過去、Pediococcus属乳酸菌と考えられており、Pediococcus halophilusPediococcus sojaeと分類されていたが、DNA相同性による分類の結果、アンチョビキムチから分離された耐塩性乳酸菌と同種であることが判明し、現在ではTetragenococcus halophilusと分類されている。また、塩分を減少させた減塩醤油では耐塩性乳酸菌が増殖しやすく、耐塩性乳酸菌による"腐敗"が生じる事がある[97]

健康への影響

醤油などの大豆発酵食品に含まれる微生物は認知機能低下の防止に役立つ可能性がある[98]

醤油と日本料理

日本の料理には欠かせない調味料であるが、江戸時代における濃口醤油の発明はその後の日本料理の発展において重要な役割を果たした。握り寿司、蕎麦、蒲焼天ぷらといった江戸で生まれた料理は濃口醤油の誕生なくしては存在していなかったと言っても過言ではない。今日の日本料理の代表となっている多くの江戸料理は濃口醤油と密接に関係している。江戸時代の料理書である『料理早指南』には、味噌汁澄まし汁の味を引き立てるためにたまりを少し差すとの解説がある。これを「影を落とす」と表現するとされ、すでにうま味を与える調味料としての醤油の性格が認識されていることが理解される[99]

醤油に関する諸説

人の髪の毛から作られている
日本では、大正時代から昭和初期と太平洋戦争終戦から数年間にかけ、物資不足解消のため、様々な原料から食品を製造する試みが行われていた。醤油原料としても様々な原料が検討され、それぞれ長所・短所がある独特の製品が作られた。これを代用醤油と呼ぶ。原料としては、魚介類海藻カイコの蛹、鯨ひげ[100] などが用いられた。製造法の代表的なものとして、タンパク質原料を塩酸で加水分解したものを中和してアミノ酸液を得るものである。また、廃毛髪[101] や、牛の血液を用いたという俗説[要検証]もある。
2017年7月現在の日本でも、都市伝説として、醤油の原料に人毛由来のアミノ酸が使われているという噂があるが、[要出典]2017年7月現在ではキャリーオーバーを除きJAS法や品質表示基準によって植物性たん白質の使用しか認められておらず、髪の毛のような動物性たん白質の使用は禁止されている。また、2017年7月現在の日本において、仮に毛髪由来のアミノ酸を原料として醤油を作った場合、法的にそれを「しょうゆ」と呼ぶことはできない。コスト面においては、毛髪収集に必要なコストは大半が人件費であり、脱脂加工大豆の購入価格がそれよりも大幅に安いため、毛髪からアミノ酸を生産するのは非経済的である。また、味も非常に悪いため、素人が興味本位で作ることはあっても、一般に出回ることはまず考えられない。なお、中国では一部業者によりアミノ酸の基準量を満たす目的で人毛由来のアミノ酸を添加した醤油が製造されているとの報道が2004年1月にあったため、中国政府によって人毛を原料とする醤油の製造が禁じられた。[要出典]
飲めば兵隊に取られない
かつて徴兵制度が実施されていた時代に、検査の前日に大量の醤油を飲むことによって体調を崩し不合格となるといったことが、兵役を逃れる目的で実際に行われていたとされる。醤油は高濃度の塩分を含む液体のため、一時に大量を摂取すれば腎機能や肝機能の検査値に異常をきたすことは確実だが、こうした無茶な行為によって不可逆的な疾病を患ったり、急性症状によって死に至る例もあったと伝えられている。徴兵制度導入初期には免役率が80 %以上と高く、徴兵される場合のほうが不運と考えられたため、このような徴兵逃れ行為が横行したが、その後の改訂で国民皆兵義務づけられ免役率が下がると、むしろ免役されるほうが不名誉と考えられるようになり、徴兵逃れ行為は下火となった。
醤油を使うとガンになる
昭和40年代に広まっていた俗説。はっきりとした根拠は不明だが、麹菌がアフラトキシンを生産する、という噂が一人歩きしたものに、「大量に醤油を摂取した場合には塩分の過剰摂取による体調不良が起きる」ことが付与されて作られた俗説と考えられる。
大手メーカーの特売品は2週間で醤油の模造品を作っている
本醸造醤油の場合は、混合醸造方式・混合方式を利用することができないため、理論的に2週間では不可能と言ってよい。仕込み開始から2週間、比較的高温で推移させた場合は、麹菌の酵素によりもろみは一応液化するが、微生物による発酵過程を経ないため、香りは立たず、色は黒く、歩留まりは悪くなると思われる[要出典]。また、先に挙げた酵素添加による速醸法を用いることで、1か月程度に醸造期間を短縮することができる。しかし醤油醸造は酵素反応で原料が分解されれば終了という単純なものではなく、広く使われてはいない。農林水産省のウェブサイトによると、日本生産の8割を占める本醸造醤油は寝かせる期間だけでも6 - 8か月である。
英語のSoyの語源は薩摩弁である
幕末期に薩摩藩が輸出していたこと、薩英戦争後にイギリスと急接近したこと、1867年のパリ万博に出展したことなどから、英語のsoyの語源は当時の薩摩弁で醤油を指す「そい」であるという俗説がある。しかし、カリブの海賊であったウィリアム・ダンピアが1688年に太平洋を航海した時の記録には、すでにsoyという単語が使われている。また、パリ万博で賞を取ったのは、幕府側代表だった水戸藩の領内で作られたものである[102]

注釈

  1. ^ 紀元前8世紀頃の『周礼』で、「醤」という漢字が初めて使われた。
  2. ^ 醪は一回しか搾るのではなく、搾り粕に食塩水を混ぜて醤油を抽出し再び搾ること(番醤油)は、圧搾技術の未熟だった昔においてはしばしば行われていた[32]
  3. ^ 当初は大都市および近郊都市に限り配給が行われることとなっており、具体的な対象地域は東京市、神奈川県の7市、愛知県の6市、大阪府の7市1町、京都市兵庫県の8市21町村であった。割当量は年齢を問わず関東地方では1人3.5合/月、関西地域では4.5合/月となっていた。
  4. ^ 醤油業界側は醸造醤油が日本人の食生活においていかに重要な地位を占めているかを強調したが、GHQは当時の窮迫した食糧事情から、どちらが援助物資を有効に活用できるかを判断したのであった。
  5. ^ 85 - 90 ℃で、45 - 50時間の処理[35]
  6. ^ 醤油業界のミセス・アップルトンへの評価は従来大変厳しいものであったが、後の調査で彼女は醸造醤油の良き理解者であり、当初の配分比率も上司の強い指示に抗しきれず提案したものであったようである。再度の上申は、彼女の日本の伝統的な醸造醤油への深い理解と思い入れによるものであったと考えられる。また「私がおいしいと思うのですもの、アメリカはもちろんヨーロッパの主婦だって、使ってみればしょうゆの素晴らしさがわかると思うの」と、自らも醤油でステーキソースを作り客にふるまうほどの愛用者であった。
  7. ^ 消費者の8割が新製造法の醤油を支持した。
  8. ^ 醤油醸造協会の正田文右衛門(正田醤油)とアミノ酸業界の大内鋼太郎(味の素)。
  9. ^ なお、価格については1950年以降もしばらくの間、最上品の四社(ヤマサ醤油キッコーマンヒゲタ醤油丸金醤油)の製品は、一律旧公定価格の1割7分高(一斗樽中身640円)とする自粛価格の設定が行われた。
  10. ^ 野田醤油は新式2号、NK式タンパク質処理法だけでなく、新式1号という技術も無償公開している。これら技術に共通することは小規模の醤油蔵でも容易に適用できることである。伝統の醤油醸造が生き残れるように、出来る限り伝統を守れるよう各種特許を公開し続けたのである。
  11. ^ 野田醤油が発明した新式2号醤油製造法がこれ。
  12. ^ 諸味を搾ったままの生揚げ醤油(きあげしょうゆ)のこと(後述)。
  13. ^ 当時公文書には小書き仮名を用いなかったため。その後、一般的表記である「しうゆ」に変更された。
  14. ^ 生揚げ醤油を単に濾過しただけの生醤油も、一部では市販されている。

出典

  1. ^ 日本酒の「水」を理解する:灘の男酒と伏見の女酒
  2. ^ 龍野の醤油について
  3. ^ フンドーダイ「透明醤油」 | 醤油 | 熊本県熊本市北区楠野町972”. フンドーダイ「透明醤油」. 2024年2月25日閲覧。
  4. ^ 「透明醤油」でつかむ世界の胃袋 熊本老舗フンドーダイの算段”. 日本経済新聞 (2023年9月6日). 2024年2月25日閲覧。
  5. ^ 多聞院日記 巻12-巻23 (三教書院 1939)国立国会図書館デジタルコレクション
  6. ^ 山科言継言継卿記』永禄2年(1559年)条や1638年成立の『毛吹草』等。
  7. ^ a b ヤマサしょうゆ博士 - しょうゆの歴史 - しょうゆのルーツは「醤(ひしお)」
  8. ^ a b 日本醤油協会 2005, pp. 188–189.
  9. ^ 土浦市史編さん委員会 編 1985, p. 734.
  10. ^ 本堂 1989, pp. 346–347.
  11. ^ 枻出版社 2010, p. 65.
  12. ^ つくば書店レポート部 編 2011, p. 45.
  13. ^ a b c d e f 「醤」(ひしお)の時代 | キッコーマン ホームページ”. www.kikkoman.co.jp. 2021年9月8日閲覧。
  14. ^ 万能調味料しょうゆの歴史| しょうゆ情報センター
  15. ^ 味噌の醸造技術 中野政弘編著
  16. ^ 豊浜水産物加工業協同組合
  17. ^ 河野酢味噌製造工場
  18. ^ 『日本の味 醤油の歴史』吉川弘文館
  19. ^ ヤマサしょうゆ博士 - しょうゆの歴史 - しょうゆの誕生
  20. ^ 万能調味料 しょうゆの歴史 しょうゆ情報センター(醤油PR協議会)、『味噌・醤油入門』海老根英雄・千葉秀雄
  21. ^ a b 川田正夫 1991.
  22. ^ ―醤から醤油へ―しょうゆ発達小史”. 2015年1月25日閲覧。
  23. ^ 松江重頼の『毛吹草』、巻4の諸国の名産「和泉」の項に「酒、醤油溜…」と記載。
  24. ^ a b 「ナガジン」発見!長崎の歩き方”. www.city.nagasaki.lg.jp. 2022年5月2日閲覧。
  25. ^ a b 波佐見焼の歴史|波佐見陶磁器工業協同組合(公式ホームページ)”. 波佐見陶磁器工業協同組合. 2022年5月2日閲覧。
  26. ^ 植物学者ツンベルクの『日本紀行』の中に記載。
  27. ^ a b A-G・オードリクール『作ること使うこと:生活技術の歴史・民俗学的研究』 山田慶兒訳 藤原書店 2019年、ISBN 978-4-86578-212-7 pp.36-39.
  28. ^ キッコーマン 『種類による分類』「淡口しょうゆ:塩分は濃く、淡めの色合いとおとなしい香りが特長」
  29. ^ a b c ヤマサしょうゆ博士 - しょうゆの歴史 - しょうゆの発達
  30. ^ (富山県)上市町史編纂委員会『上市町史』上市町、1970年、p566頁。 
  31. ^ a b c d e f 国立科学博物館 2008, p. 159.
  32. ^ 近代日本の創造史 2008, p. 15.
  33. ^ 国立科学博物館 2008, p. 157.
  34. ^ a b 近代日本の創造史 2008, p. 18.
  35. ^ a b c d e f 近代日本の創造史 2008, p. 19.
  36. ^ 六大府県で味噌、醤油の割当配当(昭和17年1月8日 朝日新聞(夕刊))『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p.124 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  37. ^ 味噌、醤油の割当切符制を本格的に実施(昭和17年1月17日 東京日日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p124 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  38. ^ 日本醸造協会 1977.
  39. ^ a b c d 日本醤油技術センタ46(4) 2020, p. 7.
  40. ^ a b c 近代日本の創造史 2008, p. 20.
  41. ^ a b c 国立科学博物館 2008, p. 160.
  42. ^ 「しょうゆ四印一本値」『日本経済新聞』昭和25年7月12日3面
  43. ^ 近代日本の創造史 2008, pp. 21–22.
  44. ^ a b c d 国立科学博物館 2008, p. 163.
  45. ^ a b c d 近代日本の創造史 2008, p. 22.
  46. ^ 近代日本の創造史 2008, pp. 22–23.
  47. ^ 日本醤油技術センタ46(4) 2020, p. 8.
  48. ^ a b c フードカルチャー(6) 2016, p. 8.
  49. ^ 日本醤油技術センタ48(1) 2022, p. 17.
  50. ^ 日本醤油技術センタ47(1) 2021, p. 12,18.
  51. ^ 日本醤油技術センタ47(1) 2021, p. 18.
  52. ^ 日本醤油技術センタ47(1) 2021, p. 17,18.
  53. ^ 日本醤油技術センタ47(1) 2021, p. 17.
  54. ^ 日本醸造協会 1986, p. 454.
  55. ^ 日本醸造協会 1986, p. 455.
  56. ^ a b c しょうゆ業界におけるめんつゆ・たれ類の動向等 独立行政法人農畜産業振興機構 砂糖類情報 2008年10月。2022年9月23日閲覧
  57. ^ 「濃縮めんつゆ」は「めんつゆ」を超えた!?いまや、キッチンの定番アイテムに!〜キッコーマン「濃縮めんつゆ」の使用実態調査より〜』(プレスリリース)キッコーマン、2005年http://www.kikkoman.co.jp/news/05028.html2021年8月7日閲覧 
  58. ^ 便利に使う市販つゆ類、原材料は?開栓後の消費期限は? (PDF) 社団法人 全国消費生活相談員協会 2007年(平成19年)12月7日
  59. ^ 都道府県別の醤油の出荷量 職人醤油、2021年8月7日閲覧
  60. ^ 醤油香味成分に関する研究(第21報) 1961.
  61. ^ 生醤油とは | 職人醤油 - 醤油を使い分けると、食はもっと楽しくなる!
  62. ^ しょうゆ容器の開発競争”. 香雪社 FoodWatchJapan (2013年11月26日). 2022年9月23日閲覧。
  63. ^ 醤油市場に“鮮度容器”広がる 販売シェア 個数・金額とも3割超、容量は約15%”. 食品産業新聞社 (2018年3月19日). 2022年9月23日閲覧。
  64. ^ 蕎麦屋ナビ 日本蕎麦の豆知識
  65. ^ a b キッコーマン 歴史
  66. ^ 金澤大野醤油”. 大野醤油醸造協業組合. 2017年6月10日閲覧。
  67. ^ 「(知っとーと?)九州のしょうゆ、なぜ甘い? 砂糖文化圏、甘み・うまみ追求」『朝日新聞朝日新聞西部本社、2014年4月26日、夕刊、8面。(WEST3)
  68. ^ 「[ザ九州人]〈4〉南蛮渡来 甘いの大好き」『読売新聞読売新聞西部本社、2000年3月10日、朝刊、38面。
  69. ^ 「[富山なぞ食探検隊]漁師料理 決め手は甘いしょうゆ」『読売新聞読売新聞社、2007年1月20日、朝刊、24面。
  70. ^ a b 味噌VS醤油 琉球新報 2007年2月21日
    ルポ・編集部が行く!! / 大分郷土料理「リュウキュウ」のなぞを解け! 週刊レキオ 2005年1月20日
  71. ^ 沖縄風味「シークワーサー醤油」のプチコーン J-CAST 2008年5月20日
  72. ^ “平安の調味料を家庭で 四醤ブレンドし開発 日田の「まるはら」、来月1日発売/大分”. 『毎日新聞』地方版. (2017年3月23日). https://mainichi.jp/articles/20170323/ddl/k44/020/278000c 
  73. ^ 飯野亮一. “豆腐の歴史(1)” (PDF). キッコーマン. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月19日閲覧。
  74. ^ 下渡 敏治. “中国における醤油の歴史と日本への伝来 日中の食文化形成に関する学際的研究― 食文化の生成・伝来・融合化を中心として 人文科学、社会科学に関する学際研究への助成”. サントリー文化財団. 2020年7月25日閲覧。
  75. ^ 『中国の食譜』
  76. ^ 舘博. “日本の醤油の特徴” (PDF). キッコーマン. 2022年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月19日閲覧。
  77. ^ 平野久美子 (2005). 台湾 好吃大全. 新潮社. p. 102. ISBN 978-4106021381 
  78. ^ 中華民国雲林県 丸荘醤油
  79. ^ 韓国の味噌(テンジャン)と醤油(カンジャン)の発酵過程を公開! 海外文化弘報院
  80. ^ 『韓国におけるカンジャンの利用』
  81. ^ しょう油の日本農林規格 (PDF)
  82. ^ a b 久寿米木一裕、「耐塩性酵母の育種および醤油・味噌醸造への応用」 『日本醸造協会誌』 2001年 96巻 1号 p.33-42, doi:10.6013/jbrewsocjapan1988.96.33, 日本醸造協会・日本醸造学会
  83. ^ 醤油の知識 2番搾り”. 2022年9月23日閲覧。
  84. ^ 横山, 勉 (2013年5月27日). “脱脂大豆は“ダイズカス”に非ず”. FoodWatchJapan. 香雪社. 2020年7月4日閲覧。
  85. ^ a b c 横山, 勉 (2013年6月25日). “「美味しんぼ/醤油の神秘」の誤り”. FoodWatchJapan. 香雪社. 2020年7月4日閲覧。
  86. ^ 酵素利用技術 3.3 みそ・醤油 特許庁資料室
  87. ^ しょうゆの製造法 農林水産省
  88. ^ a b c 中台忠信、「醤油の異臭とその防止策」 『におい・かおり環境学会誌』 2013年 44巻 1号 p.21-27, doi:10.2171/jao.44.21, におい・かおり環境協会
  89. ^ a b 年始のご挨拶や手土産に最適「職人醤油」 All About 2010年1月11日
  90. ^ a b c キッコーマン株式会社 ファクトブック 資料編 2005年度(インターネット・アーカイブ) (PDF)
  91. ^ 醤油業界概要 しょうゆ情報センター(醤油PR協議会)
  92. ^ 平成18年(2006)米麦加工食品企業実態統計調査年報 (PDF) 農林水産省総合食料局消費流通課
  93. ^ a b "『醤油の統計資料 2018年実績』" (xlsx). しょうゆ情報センター. 2018年. 2023年10月29日閲覧
  94. ^ a b "都道府県別の醤油の出荷量". 職人醤油. 2023年10月29日閲覧
  95. ^ 例えば、ハラールしょうゆ | キッコーマン(2022年09月23日閲覧)など。
  96. ^ 勝田英紀「味噌・しょうゆ輸出とハラール認証について」(PDF)『商経学叢』第66巻第1号、近畿大学商経学会、2019年7月31日、55-74頁、ISSN 0450-28252022年9月25日閲覧 
  97. ^ 末澤保彦、耐塩性乳酸菌Lactobacillus rennini による減塩醤油の変敗 『日本醸造協会誌』 2010年 105巻 2号 P.69-78, doi:10.6013/jbrewsocjapan.105.69
  98. ^ Boston, 677 Huntington Avenue (2018年8月6日). “Straight Talk About Soy” (英語). The Nutrition Source. 2022年8月18日閲覧。
  99. ^ 石毛直道『世界の食べもの 食の文化地理』p272 講談社学術文庫
  100. ^ 大村秀雄 『鯨を追って』岩波書店(岩波新書)、1969年、21頁。
  101. ^ 髪の毛から醤油が作れる?(インターネット・アーカイブ)
  102. ^ ヨネビシ醤油 会社沿革






醤油と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「醤油」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

醤油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



醤油のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの醤油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS