石油 公害・環境問題

石油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 20:46 UTC 版)

公害・環境問題

歴史

前近代

地下から湧く燃える水の存在は、古代から各地で知られていた。産地で燃料や照明に用いた例も多い。たとえば4世紀には中国で石油の採掘が行われたという記録がある。ビザンティン帝国にはギリシャ火薬と呼ばれる火炎放射器、あるいは焼夷弾に似た兵器があった。ギリシャ火薬の製法は現在では失われているが、原料のひとつとして石油が使用されていたと考えられる。また1691年には現在も石油の生産が行われているルーマニアモレニ油田から石油が採掘され、産出された石油は品質の点で他の油より良いとされていた。しかし、大量生産はずっと後のことであった。なお、世界最古の石油製品は石器時代には既に接着剤として利用されていた天然アスファルトとされている[20]

このように石油の発見自体は非常に古く、産地においてその存在は有史以前から知られていたものの、積極的に利用されていたとは言い難く、それどころか多くの国で利用の禁止さえされていたこともある。その理由については宗教や迷信も含めて様々だが、やはり最も大きい理由として挙げられるのは燃焼時等に発生する有毒ガスの危険性であると推測される。

精製された現在の石油製品でさえその危険性は皆無ではなく、未精製の石油に至っては比較にならないほどリスクが高い。 そのため石油は産地におけるごく小規模の利用にとどまり、積極的な実用には至らなかった。

19世紀

オケマ(オクラホマ)の油井やぐら, 1922

アメリカ合衆国では1855年ネイティブ・アメリカンが薬用にしていた黒色の油を精製したところ、鯨油よりも照明に適していることが分かり、油田開発がスタートした[21]需要が伸びるにつれ、原油採掘の必要性が高まったところ、機械掘りの油井の出現が、石油生産の一大画期をなした。

エドウィン・ドレーク(ドレーク大佐)が1859年8月に、ペンシルベニア州タイタスビルの近くのオイル・クリークで採掘を始めたのが世界最初と言われる。しかし、別のところでもっと早くあったとする説もある。19世紀後半には、アメリカ合衆国、ルーマニアロシア帝国コーカサス地方が石油の産地であった。

1863年ジョン・D・ロックフェラーオハイオ州クリーブランドで石油精製業に乗り出し、1870年スタンダード石油を設立した。同社は事業統合を重ね、1884年にはアメリカ合衆国全体の石油精製能力の77%、石油販売シェアは80-85%に達した。その後あまりに巨大化したスタンダード石油に対し、世論の反発が起き、1890年に成立したシャーマン反トラスト法により、同社は34の会社に解体された。ただし、消滅したわけではなく、分割されただけである。スタンダード石油が前身となって、今日のエクソンモービルシェブロンなどの旧7大メジャーができた。

1858年には、最初の実用内燃機関として、石炭ガスで動作するルノアール・エンジンが発明され、1876年にドイツ帝国のニコラウス・オットーが、4ストローク機関オットーサイクルを発明した。1870年頃には石油から灯油を採った後に残るガソリンは、産業廃棄物として廃棄されていたが、1883年ゴットリープ・ダイムラーが、液体燃料であるガソリンを用いられる内燃機関を開発、1885年にダイムラーによる特許が出される。同年、ドイツ帝国のカール・ベンツは、ダイムラーとは別にエンジンを改良した[22]自動車の動力源には、蒸気機関や電気も用いられていたが、20世紀初めまでにこれらは衰退した。このような技術革新により、19世紀後半以降石油の普及が促進された。

第二次世界大戦まで

19世紀末の自動車の商業実用化、20世紀初めの飛行機の発明は、ガソリンエンジンと切り離しては考えられない。船舶も重油を汽缶(ボイラー)の燃料にするようになった。

石油自体は珍しくないが、大量生産できる油田は少なく、発見が困難であったため、石油産地は地理的に偏った。戦車軍用機軍艦などの燃料でもあったことから、20世紀半ばから後半にかけて、石油は戦略資源となった。

20世紀前半には、ベネズエラインドネシアが石油の輸出地に加わった。この当時、世界の石油生産はアメリカ、ソ連、そしてベネズエラが多く占めていた。その中でもアメリカ合衆国は約70パーセントを占めていた。

第二次世界大戦後

第二次大戦後、石油の新たな用途として、既に戦前に登場していた化学繊維プラスチックが、あらゆる工業製品の素材として利用されるようになった。また、発電所の燃料としても石油が利用された。

また、中東に新たな大規模油田が相次いで発見された。中東は良質の優れた油田が多いだけでなく、人口が多くなく現地消費量が限られているため、今日まで世界最大の石油輸出地域となっている。

石油の探査には莫大な経費と高い技術が必要となるが、成功時の見返りもまた莫大である。必然的に石油産業では企業の巨大化が進んだ。独自に採掘する技術と資本を持たない国では、巨大資本を持った欧米の少数の石油会社に独占採掘権を売り渡した。これによって石油開発の集中化はさらに進み、石油メジャーと言われる巨大な多国籍企業が誕生した。大量産出によって安価になった石油はエネルギー源の主力となった。この変化はエネルギー革命と呼ばれた。

しかし1970年代に資源ナショナリズムが強まると、石油を国有化する国家が相次いだ。1973年から1974年には、第四次中東戦争アラブ石油輸出国機構がイスラエル支持国への石油輸出を削減する動きをみせ、オイルショックと世界的な不況をもたらした。

他にも北海メキシコ湾など、世界各地で石油が採掘されるようになると、原油供給が中東に集中していた状況は改善され、石油の戦略性は低下していった。しかし今日でも石油の重要性は低下しておらず、原油価格の変動が、世界経済に与える影響は依然として大きい。

日本の石油事情

日米貿易は1853年の日米和親条約に始まったが、石油については、1879年にアメリカ人で商船J. A.トムソンの船長チャールズ・ロジャースが知人に頼まれ日本の物産を購入する際、新たな市場としての日本へ貨物として原油を精製した石油を届けている[23]

現在では、新潟県・秋田県の日本海沿岸、および北海道勇払平野)で原油が採掘されている。生産量は年間で63万キロリットル(2014年度)で、国内消費量全体に占める比率は0.3%に過ぎない[24]。新たに釧路平野に原油の存在が予測されており、経済産業省は新たに鉱区を設定した。

一方で原油の輸入量は国内消費量全体の99.7%、1億9,104万キロリットル(2016年度)[25]である。輸入相手国は上位よりサウジアラビアアラブ首長国連邦カタールイランクウェートと、中東地域からが全体の87%を占めている(2016年度)[25]

日本の石油会社

国際石油資本(メジャー)のような海外大手石油会社は、石油の探鉱、生産、輸送、精製、元売りまでを一貫して手がける垂直統合を行っているため、日本の石油会社も精製、元売り(これを下流事業という)のみから、上流事業(探鉱、開発、生産)を手がけるようになってきた。上流事業を専業とする日本の有力石油会社には国際石油開発帝石石油資源開発三井石油開発があり、下流事業の有力会社としては以下のグループがある。

国内石油会社

日本の石油諸税

日本で消費される石油には多段階にわたってさまざまな税金がかかっている。これを石油諸税と言う。


この結果、たとえばガソリン1リットルには、消費税を除いて約56円の税金がかかっている計算になる。

前記の各税金のうち軽油引取税だけが地方税で、それ以外の税金は国税である。石油諸税の年間税収額は、2004年(平成16年)度予算で約4兆8,641億円となっている。地方税である軽油引取税を除いた税収合計は、国税収入の約12%を占め、所得税、法人税、消費税に次ぐ第4位の税収規模になっている。また、消費税以外の石油諸税は目的税となっており、その84%が道路整備財源として使われている。そのほか石油対策、空港整備などに使用されている。

日本の石油輸入先

2016年度 19,104万kl(上位10位内の中東地域で87.2%)[25]

  • 1位 サウジアラビア 37.4%
  • 2位 アラブ首長国連邦 23.7%
  • 3位 カタール 8.7%
  • 4位 イラン 7.0%
  • 5位 クウェート 6.6%
  • 6位 ロシア 5.8%
  • 7位 メキシコ 2.7%
  • 8位 イラク 2.4%
  • 9位 インドネシア 1.4%
  • 10位 オマーン 1.4%

日本の石油備蓄

(2016年3月末現在)207日分(原油5.5億バレル相当)[26]

  • 国家備蓄 4,734万kl(製品換算)122日分
  • 民間備蓄 3,130万kl(製品換算)81日分
  • 産油国共同備蓄 134万kl(製品換算)4日分

アメリカの石油戦略備蓄

米国には2011年2月現在17.27億バレルの石油備蓄を持つ。この中には米国内油田で産出せずに備蓄指定しているものを含む。(日本5.5、ドイツ2.8、フランス1.8、オランダ1.4等だが、ロシア、中国などの備蓄量は不明)


注釈

  1. ^ JXTGエネルギーはベトナムマレーシアパプアニューギニアイギリスで石油開発も行っている。
  2. ^ 旧・東燃ゼネラル石油で使用されていたEsso・Mobil・ゼネラルの3ブランドは2019年度をもって廃止、順次ENEOSに統一される。
  3. ^ コスモ石油はアブダビカタールで石油開発も行っている。

出典

  1. ^  沈括. 『夢渓筆談』巻二十四 雑誌一. - ウィキソース. :鄜・延境内有石油、旧説「高奴県出脂水」、即此也。
  2. ^ 甘利重治・山岡博士著 河村幹夫監修 『石油価格はどう決まるか』 時事通信社 2007年12月20日第一刷発行 ISBN 978-4-7887-0768-9
  3. ^ 米ホワイティングが破産法適用申請、原油安がシェール業者に打撃”. ロイター (2020年4月2日). 2021年2月4日閲覧。
  4. ^ 米国石油生産事業者が経営破たん、原油価格暴落後初めて(米国)”. www.jetro.go.jp. 日本貿易振興機構 (2020年4月3日). 2021年2月4日閲覧。
  5. ^ 米 シェールオイル企業が初の破綻 原油価格の急落で”. NHKニュース. 日本放送協会 (2020年4月2日). 2021年2月4日閲覧。
  6. ^ 米シェール石油・ガス開発の先駆者、チェサピーク・エナジーが経営破たん”. ジェトロ. 日本貿易振興機構 (2018年6月30日). 2021年2月4日閲覧。
  7. ^ Crude oil: evidences for its biological origin”. Encyclopedia of the Environment. 2021年8月19日閲覧。
  8. ^ a b Sherwood Lollar, B.; Westgate, T. D.; Ward, J. A.; Slater, G. F.; Lacrampe-Couloume, G. (2002-04). “Abiogenic formation of alkanes in the Earth's crust as a minor source for global hydrocarbon reservoirs” (英語). Nature 416 (6880): 522–524. doi:10.1038/416522a. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/416522a. 
  9. ^ a b Peters, K. E.; Walters, C. C.; Moldowan, J. M. (2004). The Biomarker Guide: Volume 1: Biomarkers and Isotopes in the Environment and Human History. 1 (2 ed.). Cambridge: Cambridge University Press. doi:10.1017/cbo9780511524868. ISBN 978-0-521-78697-3. https://www.cambridge.org/core/books/biomarker-guide/38F1AC02B49B61216C2252A9B4D940D0 
  10. ^ Peters, K. E.; Walters, C. C.; Moldowan, J. M. (2004). The Biomarker Guide: Volume 2: Biomarkers and Isotopes in Petroleum Systems and Earth History. 2 (2 ed.). Cambridge: Cambridge University Press. doi:10.1017/cbo9781107326040. ISBN 978-0-521-03998-7. https://www.cambridge.org/core/books/biomarker-guide/B83B3155C79DE5D4547F557937D15D7C 
  11. ^ 石井吉徳「高く乏しい石油時代が来る」
  12. ^ Gold, T. (1992-07-01). “The deep, hot biosphere.” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 89 (13): 6045–6049. doi:10.1073/pnas.89.13.6045. ISSN 0027-8424. PMC PMC49434. PMID 1631089. http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.89.13.6045. 
  13. ^ Glasby, Geoffrey P (2006). “Abiogenic origin of hydrocarbons: an historical overview”. Resource Geology 56 (1): 85–98. doi:10.1111/j.1751-3928.2006.tb00271.x. http://static.scribd.com/docs/j79lhbgbjbqrb.pdf 2008年1月29日閲覧。. 
  14. ^ “The Mysterious Origin and Supply of Oil”. Live Science. オリジナルのJanuary 27, 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160127095201/http://www.livescience.com/9404-mysterious-origin-supply-oil.html. 
  15. ^ https://agris.fao.org/agris-search/search.do?recordID=JP9402002”. Agricultural Science and Technology (AGRIS). 2021年8月19日閲覧。
  16. ^ Kanamori, Takeshi; Rashid, Naeem; Morikawa, Masaaki; Atomi, Haruyuki; Imanaka, Tadayuki (2002-12). “Oleomonas sagaranensis gen. nov., sp. nov., represents a novel genus in the α- Proteobacteria” (英語). FEMS Microbiology Letters 217 (2): 255–261. doi:10.1111/j.1574-6968.2002.tb11484.x. https://academic.oup.com/femsle/article-lookup/doi/10.1111/j.1574-6968.2002.tb11484.x. 
  17. ^ Toki, Tomohiro; Gamo, Toshitaka; Tsunogai, Urumu (2006-08-18). “Origins of hydrocarbons in the Sagara oil field, central Japan: Origins of hydrocarbons in the Sagara oil field” (英語). Island Arc 15 (3): 285–291. doi:10.1111/j.1440-1738.2006.00528.x. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1440-1738.2006.00528.x. 
  18. ^ Lea-Smith, David J.; Biller, Steven J.; Davey, Matthew P.; Cotton, Charles A. R.; Perez Sepulveda, Blanca M.; Turchyn, Alexandra V.; Scanlan, David J.; Smith, Alison G. et al. (2015-11-03). “Contribution of cyanobacterial alkane production to the ocean hydrocarbon cycle” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (44): 13591–13596. doi:10.1073/pnas.1507274112. ISSN 0027-8424. PMC PMC4640736. PMID 26438854. http://www.pnas.org/lookup/doi/10.1073/pnas.1507274112. 
  19. ^ Ladygina, N.; Dedyukhina, E.G.; Vainshtein, M.B. (2006-05). “A review on microbial synthesis of hydrocarbons” (英語). Process Biochemistry 41 (5): 1001–1014. doi:10.1016/j.procbio.2005.12.007. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1359511305004988. 
  20. ^ 化学はじめて物語”. 日本化学工業協会. 2020年2月10日閲覧。
  21. ^ 『歴史学事典13』弘文堂、2006年、372頁
  22. ^ 熱力学とエンジンの話日機連かわら版162号 2020年8月3日
  23. ^ Charles Jabez Rogers, Captain』、メイン州海事博物館。
  24. ^ 石油連盟 今日の石油産業データ集2016 12頁
  25. ^ a b c 資源エネルギー庁 資源・エネルギー統計年報 平成28年 92頁
  26. ^ 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 基礎情報:備蓄データ
  27. ^ a b 藤和彦著 『石油を読む』 日本経済新聞社 日経文庫 2005年2月15日1版1刷 ISBN 4-532-11056-4
  28. ^ 石鉱連資源評価スタディ2007年 (世界の石油・天然ガス等の資源に関する2005年末における評価)2007年11月石油鉱業連盟発行
  29. ^ BP Statistical Review of World Energy 2017 14頁


「石油」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「石油」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石油」の関連用語



3
100% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

石油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS