坂口安吾 坂口安吾の概要

坂口安吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/08 14:43 UTC 版)

坂口 安吾
(さかぐち あんご)
1946年12月、東京都蒲田区安方町の自宅二階にて
撮影:林忠彦
誕生 坂口 炳五(さかぐち へいご)
1906年10月20日
日本新潟県新潟市西大畑通28番戸(現・中央区西大畑町579番地)
死没 (1955-02-17) 1955年2月17日(48歳没)
日本群馬県桐生市本町2丁目266番地
墓地 新潟県新津市大安寺(現・新潟市秋葉区大安寺)
職業 小説家評論家
言語 日本語
国籍 日本
教育 学士哲学
最終学歴 東洋大学印度哲学倫理学科第二科(現・文学部東洋思想文化学科)
活動期間 1931年 - 1955年
ジャンル 小説評論随筆
主題 ファルスアプレゲール、行雲流水、大悟徹底
絶対の孤独、偉大なる落伍者
歴史探訪
文学活動 無頼派新戯作派
代表作風博士』(1931年)
日本文化私観』(1942年)
堕落論』(1946年)
白痴』(1946年)
桜の森の満開の下』(1947年)
二流の人』(1947年)
不連続殺人事件』(1947年)
主な受賞歴 探偵作家クラブ賞(1948年)
文藝春秋読者賞(1950年)
デビュー作 『木枯の酒倉から』(1931年)
配偶者 坂口三千代(旧姓・梶)
子供 坂口綱男
親族 坂口得太郎(曾祖父)、ミタ(曾祖母)
坂口得七(祖父)、ユウ(祖母)
吉田久平(母方の祖父)
坂口仁一郎(父)、アサ(母)
坂口献吉(長兄)、千鶴(妹)
村山セキ(五姉)、喜久(姪)
シウ、ユキ、ヌイ(異母姉)
キヌ、アキ(養女姉、六姉)
七松、成三(次兄、三兄)
上枝、下枝(四兄、七姉)
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

昭和の、第二次世界大戦前から戦後にかけて活躍した、近現代日本文学を代表する小説家の一人である。純文学のみならず、歴史小説推理小説、文芸や時代風俗から古代史まで広範に材を採る随筆囲碁将棋におけるタイトル戦の観戦記など多彩な活動を通し、無頼派新戯作派と呼ばれる地歩を築いた。

人物

新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科(現・文学部 東洋思想文化学科)卒業。アテネ・フランセフランス語習得。

戦前はファルスナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、太宰治織田作之助石川淳らと共に、無頼派新戯作派と呼ばれ地歩を築いた[1][2]

文学においての新人賞である芥川龍之介賞の選考委員を第21回から第31回の間務め、松本清張辻亮一五味康祐などの作家を推した。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された[1][3]

坂口安吾は純文学だけではなく、歴史小説や推理小説、文芸、時代風俗から古代まで広範な歴史における題材を扱った随筆や、フランス文学の翻訳出版、囲碁・将棋におけるタイトル戦の観戦記など、多彩な活動をした。一方で気まぐれに途中で放棄された未完、未発表の作品も多く、小説家としての観点からはけっして「器用な」小説家とはいえないが[1]、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている[1][4][5]

晩年に生まれた一人息子の坂口綱男写真家である[6]

生涯

生い立ち

1906年(明治39年)10月20日、新潟県新潟市西大畑通28番戸(現・中央区西大畑町579番地)に、憲政本党所属の衆議院議員の父・坂口仁一郎(当時45歳)、母・アサ(当時37歳)の五男、13人兄妹の12番目として難産で生まれる[2][7]。本名「炳五」(へいご)の由来は、「丙午」年生まれの「五男」に因んだもの。血液型はA型。本籍である新潟県中蒲原郡阿賀浦村大字大安寺(現・新潟市秋葉区大安寺)の坂口家の高祖は、碁所の坂口仙得家の末裔(似た名前の二名の囲碁棋士・坂口仙徳阪口仙得、いずれの末かが不明瞭)という代々の旧家で、「坂口家の小判を積み上げれば五頭山の嶺までとどき、阿賀野川の水が尽きても坂口家の富は尽きぬ」と言われたほどの富豪であり、遠祖・治右衛門(のち甚兵衛)は九谷焼の陶工であった[2][8]。しかし祖父・得七の投機の失敗により明治以後に没落した。父・仁一郎は政治活動に金銭を注ぎ、炳五の生まれた頃、家は傾きかけていた。邸内の広さは520で、松林の巨木に囲まれた邸宅は母屋と離れを合わせ90坪もある寺のような建物で、裏庭の松林を抜けると砂丘が広がり、日本海を見渡せた[2][9]。祖父・得七は、炳五誕生の10日後、79歳で死去した。

父・仁一郎は、「阪口五峰」「七松山人」の漢詩集の著書『北越詩話』(1918-1919年)、『舟江雑誌』のある漢詩人でもあり(森春濤の門下)、市島春城(春城)、会津八一と親交があった。新潟米穀株式会社取引所理事長、新潟新聞社(現・新潟日報社)社長なども務め、衆議院議員の政治家としては、大隈重信の下で憲政擁護に尽力し、若槻禮次郎加藤高明犬養毅尾崎行雄(咢堂)らと政友であった[10]。安吾は父について、「三流の政事家であった」としている[11]。10歳年上の長兄の献吉は、後に新潟日報社やラジオ新潟(現・新潟放送)の社長などを務めた。母・アサの実家は、新潟県中蒲原郡五泉町大字五泉(現・五泉市本町)の大地主・吉田家であった。吉田一族は皆〈ユダヤ的な鷲鼻〉を持ち、特に母・アサの兄(伯父)の眼は青く、〈まつたくユダヤの顔で、日本民族の何物にも似てゐなかつた〉という[9]。アサは仁一郎の後妻で、傾いた家計を支えるのに苦労していた。炳五は、5歳の時に生れた・千鶴に母親を奪われたという思いが強く、気丈でヒステリックな母から愛されなかったという孤独を抱き、見知らぬ街を彷徨うこともあった[7][9]。炳五は、自分ばかり憎み叱責する母に対する反抗心を増し、砂丘に寝転んで光と小石の風景を眺めながら、海と空と風の中にふるさとと愛を感じ、その中にふるさとの母を求めていた[9]

幼少時の炳五は破天荒な性格で知られ、ガキ大将として近所の子供を引き連れ、町内や砂丘、茱萸林、異人池で遊び回り、立川文庫の『猿飛佐助』を愛読し忍術ごっこに興じて忍法を研究していた。炳五の従姉妹の徳(アサの妹の娘。のちの献吉の妻)によると、ある叔父が「炳五はとてつもなく偉くなるか、とんでもない人間になるか、どちらかだ」と言っていたという[2][注釈 1]。小学校での成績は優秀で、ほとんどの科目が10点満点だったが、新潟県立新潟中学校(現・新潟県立新潟高等学校)に入学すると近眼黒板の字が読めなくなり、英語数学の成績も下がった。家計は遣り繰りがうまくいかずに差押えを受けていたため、母から眼鏡を買ってもらえず、炳五はその真相が級友に分かるのが恥ずかしく、ほとんど授業に出なくなる。また横暴な上級生への反抗の気持ちも強く学校を休み、放課後の柔道などの練習だけ通った。ようやく眼鏡も買ってもらうが、炳五の不注意で黒眼鏡を買ってしまい、友人たちが珍しがって引ったくり、いじっているうちに壊れてしまう。授業が面白くなく、野球漫画を描き、海岸の砂丘の松林で寝転がるなどして過ごし、雨の日は学校近くのパン屋の二階で歌留多小倉百人一首)に興じる。この頃、谷崎潤一郎『ある少年の怖れ』などを読む[9][2]。またこの頃、新潟市のシンボルであった木造の2代目萬代橋がかけ替えられることが決まり、長い間不思議な悲しみに襲われた[12]

「偉大なる落伍者」への決意

中学2年の時に、4科目(英語、博物など)で不合格となり留年したため、家庭教師をつけられるなどしたが、逃げ回っていた。勉強をしない炳五に漢文の教師が、「お前なんか炳五という名は勿体ない。自己に暗い奴だからアンゴと名のれ」と黒板に「暗吾」と書いたとされ、これが「安吾」の由来とされる[9][13]1922年大正11年)、反抗的な落伍者への畏敬の念が強く、ボードレール石川啄木の影響を受けていた炳五は、試験の際に答案を配られた直後、白紙で提出するなど反抗的態度を取る。この時、「学校の机の蓋の裏側に、余は偉大なる落伍者となつていつの日か歴史の中によみがへるであらうと、キザなことを彫つてきた」と安吾は自伝小説『いづこへ』に記しているが、実際は柔道部の板戸に彫ったという[14]。炳五が再び落第濃厚で、放校されることを危惧した父や兄・献吉が、9月に東京の私立豊山中学校(現・日本大学豊山高等学校)3年に編入させたことがきっかけで、父や長兄夫婦、四兄・上枝と共に東京府豊多摩郡戸塚町大字諏訪(現・西早稲田2丁目)の借家に移り住み、浅草寄席にも出かけた[2]。秋頃、仁一郎は胃癌と診断される[10]。母と離れて暮しはじめ、炳五は世の中の誰よりも母を愛していることをのちに知る[9]

文学作品は、兄・献吉の影響もあり早くから読んでおり、私立豊山中学校編入後は同級生の山口修三、沢部辰雄の影響で宗教にも目覚める。谷崎潤一郎バルザック芥川龍之介エドガー・アラン・ポーシャルル・ボードレールアントン・チェーホフなどを愛読した。また、詩歌では石川啄木北原白秋などを愛読し、短歌を作っていた。その他にも、日本史に興味を持ち、『講談雑誌』を愛読していた。自伝小説『風と光と二十の私と』には、ボクシング小説「人心収攬術」の翻訳を、友人Sの名前で雑誌『新青年』に掲載したとあるが(結局掲載されなかったのか)、その掲載記事は見当たらない。文学に自信が持てず、豊山中学時代は、野球や陸上競技に熱中、角力大会に入賞し、5年次の1924年(大正13年)に第10回全国中等学校陸上競技会(インターハイの前身)のハイジャンプで1メートル57センチの記録で優勝した[14][2]

悟達への想いと求道

関東大震災のあった1923年(大正12年)11月2日に父・仁一郎が細胞肉腫、後腹膜腫瘍で死去(64歳で没)。戸塚を離れ、池袋などを転々と引っ越し、1925年(大正14年)から兄と荏原郡大井町字元芝849(現・品川区東大井)に転居。本当は山に入って暮らすことを考えていたが、父の財産管理で10万円の借金があったことから、3月に豊山中学校を卒業後は代用教員になることを決心し、荏原郡世田ヶ谷町の荏原尋常高等小学校(現・若林小学校)に採用され、その分教場(現・代沢小学校)の代用教員となり、5年生を担当する。分教場主任の家に下宿し、月給は45円であった。生徒への教育方針は「温い心や郷愁の念を心棒に強く生きさせる」ことで[15]、優しいが怖い先生だったという[14]

この頃、短歌を書く時の名前を「安吾」と称するようになる。「安吾」とは、心安らかに暮らすことを意味する「安居」のことである[2]。のちに安吾は、〈僕は荒行で悟りを開いたから、安吾にした〉と鵜殿新に語っている[16]芥川龍之介佐藤春夫正宗白鳥の作品や、チェホフ『退屈な話』など、多くの文学書を愛読する。

卒業した豊山中学校が仏教真言宗の中学で、在学中から友人らの影響で宗教に目覚めていた安吾は、ますます求道への想いが強くなり、1926年(大正15年)から仏教の本格研究を志すため代用教員を辞め、4月に東洋大学印度哲学倫理学科第二科(現・東洋思想文化学科)に入学。住いは荏原郡大井町字元芝に戻ったり、四兄・上枝と婆やと共に北豊島郡西巣鴨町大字池袋(現・豊島区西池袋)に転居したりした。大学では読書会(原典研究会)を行なうなどした。龍樹に影響を受け、「意識と時間との関係」「今後の寺院生活に対する私考」を原典研究会刊『涅槃』に発表する。この頃、交通事故に遭い、後遺症で頭痛被害妄想が起こりがちになる[8][14]

睡眠時間をわずか4時間にし(午後10時に寝て午前2時に起床)、仏教書や哲学書を読み漁る猛勉強の生活を1年半続けた結果、神経衰弱に陥る[17][8]1927年(昭和2年)の芥川龍之介の自殺がさらに安吾の神経衰弱に拍車をかけ、創作意欲を起こしつつ書けない苦悩の中で、自殺欲や発狂の予感を感じ[18]、錯乱症状が悪化して、兄も安吾の病状に気づくようになる[2]。しかし、古今の哲学書や、サンスクリット語パーリ語チベット語など語学学習に熱中することで妄想を克服した[17]

フランス語と同人『言葉』

大学でサンスクリット語などの辞書を読むために、さらにラテン語フランス語を学び、1928年(昭和3年)に神田三崎町アテネ・フランセ初等科に通い始める[19]。そこで、フランス語を成績優秀で「賞」をもらうほど習熟し、同校に通う長島萃、江口清とも知り合う。当時の安吾は詰襟服にソフト帽を押し潰したようにかぶり、まだ酒も飲まず、講義に欠かさず出席して神経衰弱を治すために勉強に打ち込んでいたと江口清は述懐している[20]。安吾は彼らと読書会を開き、モリエールヴォルテールボーマルシェデュアメル などに惹かれた。当時隆盛であった左翼文学やプロレタリア文学には全く魅力を感じず、佐藤春夫宇野浩二葛西善蔵有島武郎を愛読し、小説家への夢を本格的に固める。この頃に第2回『改造』懸賞創作に小説を応募するが落選する[10]。翌1929年(昭和4年)、アテネ・フランセ中等科へ進んだ安吾は、校友会に参加し、菱山修三葛巻義敏らとも知り合った[19][14]。11月に再び、第3回『改造』懸賞創作に応募して落選したとされる[10]

1930年(昭和5年)3月に東洋大学を卒業した安吾は、既成の文学者のようになれない自分に煩悶し、書くべきものの必然性を求めて寄席レビュー歌舞伎を観たり、音楽(エリック・サティなど)を聴いたり、有名になりたいという野心と裏腹にカフェーの支配人になろうともするが、アテネ・フランセ高等科に進み、本格的に20世紀フランス文学を学ぶ。5月には荏原郡矢口町字安方127番地(のちに蒲田区安方町。現・大田区東矢口)に新築した家に、兄・献吉夫婦と、前年1929年(昭和4年)に妹・千鶴と上京してきた母・アサと移住した。母は、自分の実家から資金援助し安吾をフランス留学させてやろうと真剣に考えていたが、安吾自身は自信が揺らぎがちで、〈途中で自殺しそうな気配の方を強く感じて〉しまい、留学に踏み切れなかったという[21]。11月に、アテネ・フランセの友人葛巻義敏、長島萃、江口清、山田吉彦(きだみのる)らと同人誌『言葉』を創刊[19][注釈 2]。創刊号に翻訳プルウストに就てのクロッキ」(マリイ・シェイケビッチ)を掲載した。この頃から同人仲間と神楽坂神田銀座新橋に飲みに行くようになる[20]。同月14日には、兄妹の中で一番好きだった異母姉・ヌイが黒色肉腫のため死去(40歳で没)。

新進ファルス作家へ

1931年(昭和6年)1月に『言葉』第2号に、ナンセンス的な処女小説「木枯の酒倉から」(副題は「聖なる酔つ払ひは神々の魔手に誘惑された話」)を書き、島崎藤村が褒めているという話を聞いて、小説家としての資質に自信を持つようになる[20]。『言葉』を2号で廃刊後、5月に『青い馬』と改題して岩波書店から新創刊し、創刊号にドビュッシー風の小説「ふるさとに寄する讃歌」(副題は「夢の総量は空気であつた」)、随筆「ピエロ伝道者」、翻訳「ステファヌ・マラルメ」(ヴァレリー)、「エリック・サティ」(コクトー)を発表した。「エリック・サティ」[22]は葛巻義敏との共訳であった[20]

続いて6月、『青い馬』2号に散文ファルスとも言うべき「風博士」を発表。3号に、新潟県東頸城郡松之山町松之山温泉を舞台にした「黒谷村」を発表する。この「風博士」を牧野信一から激賞[注釈 3]、「黒谷村」も島崎藤村と宇野浩二にも認められ、一躍新進作家として文壇に注目された。安吾は、〈私は短篇小説をたつた三つ書いただけで一人前の文士になつてしまつた〉と述懐している[19]。次いで9月に「海の霧」を雑誌『文藝春秋』、10月に「霓博士の頽廃」を『作品』に発表し、売れっ子作家となり、牧野信一主宰の春陽堂の『文科』にも「竹薮の家」を連載した。この作品にも音楽性、映像性が見られる[2]。『文科』同人には、小林秀雄河上徹太郎井伏鱒二らがいた[注釈 4]

1932年(昭和7年)3月、『青い馬』は5号で廃刊、この最終号には評論「FARCEに就て」を掲載し、〈文学全般にわたつての道化〉について論じた。3月から京都に1か月半ほど滞在し、河上徹太郎の紹介で京都帝国大学仏文科卒業間際の大岡昇平を訪ねて、独文科の加藤英倫、安原喜弘らと知り合い交遊して帰京。文学上のことで口論となることのあった牧野信一とは徐々に疎遠となる[2]。6月、「母」を『東洋・文化』に発表。8月、青山二郎行きつけの京橋の酒場「ウヰンザア」にて、加藤の紹介で美人女流作家・矢田津世子と知り合い交際が始まる。この酒場で中原中也との交友も始まった。12月には鎌倉で療養中の・村山喜久(姉・セキの娘)を見舞い、詩画集『小菊荘画譜』を喜久の父・村山真雄の弟で画家の村山政司と共に作り、〈菊は娘の娘也と叔父安吾 世に推して憚らず〉などの健康回復の祈願を書く[2]

1933年(昭和8年)3月に田村泰次郎井上友一郎河田誠一菱山修三、矢田津世子らと同人誌『櫻』創刊に参加し、マニフェスト「新しき文学」を掲げ、5月から「麓」を連載するが、『櫻』は第3号以降の刊行が難しくなり、6月に矢田と共に脱退した[注釈 5]。全集未掲載で存在が知られていなかった短編探偵小説「盗まれた一萬圓」を『東京週報』1933年10月15日号に掲載していたことが2022年に判明した[24]。11月、小説論「ドストエフスキーバルザック」を『行動』に発表。

不安と流転の日々

1934年(昭和9年)1月に何度も自殺未遂を繰り返していた親友・長島萃が脳炎発狂し夭折したことに衝撃を受け、2月に「長島の死に就て」を『紀元』に発表。同月には河田誠一(詩人)も急性肋膜炎で死去した。この2人の友人の死は、安吾に生命の不安を与え、生活態度にも影響を及ぼした[2]。安吾は前年に知り合った蒲田新宿の酒場「ボヘミアン」のお安さんと3月から半ば同棲生活に入り、のちに大森区堤方町555(現・大田区中央)の十二天アパートに移住。5月、「姦淫に寄す」を『行動』に発表。9月に戯曲「麓」(未完)を『新潮』に発表するが、文学的転機に悩み、夏には越前福井県北部)など北陸地方に放浪し、流転の生活を送る[14]

1935年(昭和10年)4月に「蒼茫夢」、5月に随筆「枯淡の風格を排す」を『作品』に発表。徳田秋声を批判したこの随筆が縁で、尾崎士郎と知り合う。6月に『黒谷村』(「木枯の酒倉から」など6編収録)を竹村書房から刊行し、出版記念会を開く。新鹿沢温泉に赴き、長野県小県郡弥津村(現・東御市)の奈良原鉱泉で一夏を過ごし、7月、「金談にからまる詩的要素の神秘性について」を『作品』、8月に「逃げたい心」を『文藝春秋』に発表。この小説の主人公の逃走(蒸発)願望は、太宰治などの同時代作家に共通するものであった[25]。12月、母や母性について書いた「をみな」を『作品』に発表。お安さんと別離し、蒲田区安方町の家へ戻る。

1936年(昭和11年)3月、本郷の菊富士ホテルで執筆中に矢田津世子が来訪し再会するが、その後、矢田から絶縁の手紙が来る。このことや同月24日に牧野信一自殺に衝撃を受けたことから、1月から『文學界』に連載していた長編「狼園」を中断し、5月に牧野への追悼随筆「牧野さんの祭典によせて」を『早稲田文学』、「牧野さんの死」を『作品』に発表する。6月には、5年間交際していた恋人・矢田津世子に絶縁の手紙を送った[26]。矢田との間には肉体関係はなく、5年目の冬に一度接吻しただけだという[27]。11月末から、矢田との恋愛を主題にした長編「吹雪物語」の執筆に取りかかり、翌1937年(昭和12年)2月、尾崎士郎に見送られて東京を発つ。京都府京都市伏見区稲荷鳥居前町22に下宿し、「吹雪物語」の執筆に専念しながらも絶望に陥り、移った下宿先の上田食堂の二階に碁会所を開くなど囲碁三昧、飲酒に明け暮らす生活を送る[28][2]

切支丹物との出会い

1938年(昭和13年)5月に、安吾作品では最も長い700枚の渾身作「吹雪物語」を脱稿して上京し、本郷の菊富士ホテルに滞在。竹村書房から長編『吹雪物語』を7月に刊行するが、失敗作と評され失意に陥る。6月には可愛がっていた姪の村山喜久が松之山の自宅の池の前で自殺し二重の苦悩の中、執筆に専念し、12月に三好達治の雑誌『文体』に説話体小説「閑山」を発表した。日本の古典文学や昔話に親しみ、1939年(昭和14年)2月にも、説話体小説「紫大納言」を『文体』、3月は「木々の精、谷の精」を『文藝』に発表した。同年5月、安吾は〈人々のいのちとなるやうな物語〉を書くべく[29]、新たな小説の腹案を練るため、茨城県取手町の取手病院の離れに住み込むが、何を書いても本当の文学が書けない思いで空漠とした生活を送る[30]

1940年(昭和15年)1月には取手の寒さに悲鳴をあげ、三好達治の誘いで小田原早川橋付近の亀山別荘という結核患者のための家に転居する。リルケの『マルテの手記』を読み、絶望の必要性を教えられたことと、三好の勧めで『日本切支丹宗門史』など切支丹物を読み始め、執筆意欲を取り戻し、7月に歴史小説「イノチガケ」を『文學界』に発表する。12月に上京し、「風人録」を『現代文學』に発表。歴史小説への意欲は同人雑誌の頃の若い時代にも潜在していたが[20]、ここで新たに歴史人物への共感と視野が広まる[2]

絶対の孤独と「ふるさと」

大晦日大井広介と浅草雷門で会い、意気投合し『現代文學』同人となる[注釈 6]。翌1941年(昭和16年)1月に大井宅で歴史書を耽読し、蒲田区安方町の家に戻る。8月に評論「文学のふるさと」を『現代文學』に発表。シャルル・ペロー版『赤ずきん』の残酷な〈救ひ〉のない結末を鑑み、〈生存それ自体が孕んでゐる絶対の孤独〉が〈文学のふるさと〉だと考察し、〈モラルがないといふこと自体がモラル〉というところから文学は出発するのではないかと論じられ[25]、自身の孤独な半生を思想として結晶させている[2]。8月、小田原から蒲田区安方町94に移り、再び母や兄たちと住むようになったが、小田原の借家は9月に暴風雨で流失する。歴史長編小説『島原の乱』(未完)を構想し、10月に『現代文學』に「島原の乱雑記」を発表、11月は「ラムネ氏のこと」を『都新聞』に発表する。同月、石川淳と識る[31]

戦時下の1942年(昭和17年)2月、母・アサが73歳で死去。3月に評論「日本文化私観」を『現代文學』に発表。6月に「真珠」を『文藝』に発表。「真珠」は、真珠湾攻撃特殊潜航艇甲標的)で参加して戦死した九軍神を主題にした小説で、彼らの死を目前にしたゆえの透明な明るさと、安吾自身の飲んだくれの無頼の生活を対比させた作品である[1]。兄・献吉夫婦が新潟市二葉町1丁目に転居したため、『島原の乱』の執筆を兼ねて一夏を新潟で過ごす。11月に「青春論」を『文學界』に発表。独自の文学観や思想を確立してゆく。1943年(昭和18年)9月、最初の自伝小説「二十一」を『現代文學』に発表。10月に創作集『真珠』(「古都」「孤独閑談」など所収)を刊行したが、「孤独閑談」の一部の表現が時局に合わないとして再版を禁じられた。この頃、「猿飛佐助」の構想を立てるが中断する。12月に『日本文化私観』を文体社から刊行。戦時中は作品発表の場が大幅に減り、歴史書や『平家物語』を読み漁った。

1944年(昭和19年)1月に黒田官兵衛を主人公にした歴史小説「黒田如水」(『二流の人』の原型)を『現代文學』、2月に「鉄砲」を『文藝』に発表。徴兵逃れのために日本映画社嘱託となる。3月14日に矢田津世子が38歳で病死。安吾はしばらく打ちのめされた[2]1945年(昭和20年)4月に召集令状を受けるが、応召せず、6月に、記録映画『黄河』などの脚本を書いたが映画化はされなかった。2月26日に東京大空襲を受けたが、家は焼け残った。戦災に遭った親戚筋の大野璋五(裁判官)一家4人が坂口家と同居する。終戦後の9月に日本映画社を退社。世話になった友人の尾崎士郎戦争責任で追及されることを危惧して奔走する[2]。安吾は尾崎士郎の秘書という名目でGHQ戦犯事務所に同行して弁護をした[10]

時代の寵児

1946年、自宅にて執筆中

1946年(昭和21年)になると雑誌が復刊され出し、1月に「わが血を追ふ人々」(『島原の乱』構想の一部を独立させたもの)を『近代文學』に発表。4月に『新潮』に発表した評論「堕落論」は、終戦後の暗澹たる世相の中で戦時中の倫理や人間の実相を見つめ直し、〈堕ちきること〉を考察して、敗戦に打ちのめされていた日本人に大きな影響を与えた[1]。同誌に6月に発表した小説「白痴」も大きな反響を呼び、この2作によって脚光を浴びた安吾は一躍人気作家となる[1]。続いて7月に「外套と青空」を『中央公論』、9月に「女体」を『文藝春秋』、「欲望について」を『人間』、「我鬼」(のち『二流の人』に挿入)を『社会』を発表。「女体」は、夏目漱石の作品を〈全然肉体を生活してゐない〉とし、〈一組の夫婦の心のつながりを、心と肉体とその当然あるべき姿に於て歩ませる〉という主題の作品である[25]

10月に自伝小説「いづこへ」を『新小説』、「魔の退屈」を『太平』、「デカダン文学論」を『新潮』、「戦争と一人の女」を『新生』に発表。11月に自伝小説「石の思ひ」を発表。12月に「続戦争と一人の女」を『サロン』に発表し、旺盛な活動を見せる。この頃、太宰治織田作之助と座談会で面識をもつ。写真家林忠彦と酒場「ルパン」で知り合い「カストリを飲む会」を通じ交友し、12月に安方町の自宅の二階の紙屑だらけの仕事場で撮られた写真も後に有名になった。2年間ほど掃除をしていない部屋を見て、林忠彦は「これだ!」と叫んだという[2]。同月には文藝春秋社『座談』で阿部定と対談する[32]

多忙な人気作家へ

1947年(昭和22年)1月、独特の歴史観による歴史小説「道鏡」を『改造』に発表。道鏡孝謙天皇の恋の道程を描き、戦前の史観では悪逆非道とされていた人物を取り上げた安吾らしい作品としてセンセーショナルに迎えられたが、内容はむしろ女帝としての孝謙天皇を描いたものだった。同月には、「恋をしに行く」(「女体」の続編)を『新潮』、「私は海を抱きしめてゐたい」を『婦人画報』、徳川家康を題材にした歴史小説「家康」を『新世代』、自伝小説「風と光と二十の私と」を『文藝』に発表。20代の青春期の精神遍歴を描いた小説は、3月の「二十七歳」もあり、それに続く連作的な「三十歳」(翌年5月発表)では当時新進女流作家であった矢田津世子との恋愛について描かれ、安吾自身も年代記の眼目としている。人気作家となった安吾は、太宰治、織田作之助、石川淳らとともに「新戯作派」「無頼派」と呼ばれて、時代の寵児となり注目される反面、「痴情作家」とレッテルを貼られることもあった[2]

2月、随筆「特攻隊に捧ぐ」を『ホープ』に寄稿したが、GHQ検閲で全文削除となり未発表作となる。同月には初の新聞連載小説「花妖」を、岡本太郎の挿絵で『東京新聞』に連載開始するが、新聞小説としては型破りであったために読者の評判は悪く連載中断となってしまい、5月で未完となった。6月には虚無の極北、絶対の孤独を凝視した「桜の森の満開の下」を『肉体』、自伝小説「暗い青春」を『潮流』、評論「教祖の文学」を『新潮』、ファルス的な連作「金銭無情」「失恋難」「夜の王様」「王様失脚」(のちに長編『金銭無情』)を『別冊文藝春秋』他各誌に発表するなど旺盛な活動を見せた。作品の反響は大きく執筆のペースは大幅に増え、次々と作品を発表し、ヒロポンを服用しながら4日間一睡もしないこともあった。安吾には強気の反面、神経の弱い面が多分にあったという[20]

9月からは推理小説不連続殺人事件」を雑誌『日本小説』に連載し始める(挿絵は高野三三男)。作中に登場する巨勢博士は短編「選挙殺人事件」(1953年)、「正午の殺人」(1953年)でも活躍させている。安吾は少年時代から推理小説、探偵小説を愛好し、推理作家としてはアガサ・クリスティを最高の作家として挙げ、横溝正史も好んでいる[33][34]。飲みに行くこともままならなかった戦争中には、平野謙荒正人檀一雄埴谷雄高らと大井広介邸に集まり、犯人あてのゲームに興じていたが、推理に一番熱心であったが一番当らなかったという[35][3]。大井広介は、「彼(安吾)の推理は不可思議な飛躍をする」ことが多かったと回想している[35]。安吾は推理小説を、パズルの魅力やゲームとして楽しむ理知的な娯楽と捉えているが[36]、それを成立させるためには、「作家的、文学的、洞察と造型力」が必須であり、「いやしくも犯罪を扱う以上、何をおいても、第一に人間性についてその秘奥を見つめ」ていなければならないと語り[37]トリックが先にありきで後から登場人物を当てはめたような、「有りうべからざる人間心理をデッチあげ」、「人間性を不当にゆがめている」作品には批判的である[37][38][注釈 7]。10月に「青鬼の褌を洗う女」を『愛と美』(『週刊朝日』25周年記念号)に発表するが、この作品のモデルと自称する梶三千代とは、3月に新宿の酒場チトセで知り合い、毎週水曜日に秘書として手伝いをしてもらうようになり、9月から結婚生活に入った(正式な婚姻届はのちの1953年8月24日)[39][2]。なお、安吾自身は「青鬼の褌を洗う女」について、〈特別のモデルといふやうなものはない。書かれた事実を部分的に背負つてゐる数人の男女はゐるけれども、あの宿命を歩いてゐる女は、あの作品の上にだけしか実在しない〉としている[40]

ヒロポン・アドルム中毒

1948年(昭和23年)1月に『二流の人』(九州書房)を刊行。「淪落の青春」(未完)を『ろまねすく』に発表。伊藤整太宰治林房雄らのいる『ろまねすく』は前年8月に同人となった[注釈 8]。2月に『金銭無情』を文藝春秋新社から刊行する。この頃からヒロポンに加え、アドルムを服用するようになり、ちょうど太宰治の自殺した6月頃から、鬱病的精神状態に陥る。これを克服するために、短編やエッセイの仕事は断り、長編「にっぽん物語」(のち『火』)の連載執筆に没頭する。しかし不規則な生活の中でアドルム、ヒロポン、ゼドリンを大量に服用したため、病状は更に悪化し、幻聴幻視も生じるようになる。12月、執筆取材のために京都へ行くが発熱し旅館に病臥する状態だった。翌1949年(昭和24年)1月に戻った後にはアドルム中毒で狂乱状態、幻視、神経衰弱となり、夫人や友人達の手により2月23日に 東京大学医学部附属病院神経科に入院した[2]。3月に「にっぽん物語―スキヤキから一つの歴史がはじまる」を発表(続きは5月-7月まで)。

4月に薬品中毒症状と鬱病は治まり、「僕はもう治っている」を『読売新聞』に発表。「にっぽん物語」の完成を目指し、置手紙を残して外出先から電話をかけて病院を自主退院する。6月には「精神病覚え書」を『文藝春秋』に発表。8月に推理小説「復員殺人事件」を『座談』に連載開始し、本格推理小説で新境地を拓くが、載誌が廃刊となったため翌年3月に第19章までで中絶となる[41]。未完となった「復員殺人事件」はその展開を惜しまれ、他の探偵小説を書く暇があるのなら、これを完結させるべきだったと大井広介はのちに安吾に苦言を呈している[3]。生活のために執筆を再開するが、軽く使用した薬物のために病気が再発し発狂状態となる。やむなく夫人とともに静岡県伊東市に転地療養し、温泉治療でなんとか健康を取り戻し、11月に伊東市岡区広野1-601の借家に移転し、犬を飼い始める。なお、この1949年(昭和24年)から1954年(昭和29年)まで5年間、芥川賞選考委員を勤め、五味康祐『喪神』、松本清張或る「小倉日記」伝[42]を強く推すなど新風を吹き込んだ。

巷談師の自覚と珍騒動

1950年(昭和25年)1月には、ファルス的小説「肝臓先生」を『文學界』に発表。続いて戯作者精神を発揮した社会時評「安吾巷談」を『月刊 文藝春秋』で発表し、文藝春秋読者賞を受賞するが、この頃、再び睡眠薬を服用し、中毒症状の発作を起こした。5月から「街はふるさと」を『読売新聞』に連載し、執筆のため度々上京して文京区小石川林町のモミジ旅館に宿泊した[2]。8月に「巷談師」を『別冊文藝春秋』に発表。10月からは探偵小説「明治開化 安吾捕物帖」を『小説新潮』に連載。この作品は、探偵・結城新十郎が勝海舟との談話を交えながらシリーズで解決役となる。安吾は、短編の推理の理想的な形式として日本流のシャーロック・ホームズシリーズを書こうとし、日本では岡本綺堂半七捕物帳』のような成功作があるということで「捕物帳」になった[3]。同月には石坂洋次郎林房雄らとの合作によるラジオ小説『天明太郎』を宝文館で刊行した。翌1951年(昭和26年)3月から歴史考察を記した「安吾新日本地理」を『文藝春秋』にて連載開始。古代王朝に関する大胆な仮説(蘇我天皇説)も提唱した鋭い感性からくる歴史観は、その後の作家(松本清張黒岩重吾など)が古代史を論ずる際の嚆矢となった。

チャタレー裁判を傍聴する坂口安吾(最前列右から2人目)、1952年1月18日

安吾は流行作家としての収入があっても全て使い切ってしまい、5月に税金滞納により家財や蔵書、原稿料も差し押さえとなる。国税庁に腹を立てた安吾は6月に、「差押エラレ日記」、「負ケラレマセン勝ツマデハ」を『中央公論』に書き、税金不払い闘争を行なった。夏から岐阜県北部の飛騨高山地方を旅行し、日本古代への新たな興味を抱く。一方、この頃から競輪場に通い出し、伊東競輪のあるレースの着順判定(写真判定)に不正があったのではないかと調査、当時の運営団体である静岡県自転車振興会検察庁に告訴するという伊東競輪不正告訴事件を9月に起こす。監督官庁である通商産業省は「坂口氏の思い違いである」として断定する[43]が、11月にはこれについて書いた「光を覆うものなし」を『新潮』に発表し、その中で再度写真のすり替えによる不正を主張したが、12月に嫌疑不十分で不起訴となった。この時代の競輪は、チンピラヤクザの巣窟だったという[44]

この競輪告訴事件の泥沼化により疲れ果て、アドルムを多量に服用し伊東市から離れて、被害妄想から大井広介邸など転々と居場所を変えることになり、妻・三千代の実家や石神井檀一雄宅に居候する。檀一雄の家に身を寄せていた頃、安吾は「ライスカレーを百人前頼んでこい」と妻に言いつけ、三千代夫人は仕方なく、近所の食堂や蕎麦屋(「ほかり食堂」と「辰巳軒」)に頼み、庭に次々と出前が積み上げられていくという「ライスカレー百人前事件」を引き起こす[39][44][注釈 9]。檀一雄はその時の安吾について、「云い出したら金輪際にひかぬから」と語っている[45][44]。その後安吾は、1952年(昭和27年)2月末、『現代文學』同人だった南川潤の紹介で群馬県桐生市本町2丁目266番地の書上又左衛門邸の離れに身を隠す。この頃、この地で古墳巡りやゴルフを始めた[2]。小説の執筆は激減するが、同年1月からは歴史人物譚「安吾史譚」を『オール讀物』に連載し、評論家として活躍、巷談師を自称する。同月には、チャタレー裁判を林房雄らと共に傍聴し、「チャタレイ傍聴記」を『読売新聞』に載せた。6月に「夜長姫と耳男」、9月に戯曲「輸血」を『新潮』に発表。10月からは歴史小説「信長」を新聞『新大阪』に覆面作家として連載。連載と並行して作者名を当てる懸賞募集も行われ、応募総数2784通のうち正解は1299名だった。

歴史探訪と途絶

1953年(昭和28年)1月、「屋根裏の犯人」を『キング』に発表。4月ころから鬱病が再発し、アドルム、ブロバリンの大量服用で錯乱状態となったことで、南川潤とも絶縁する。8月に、文藝春秋新社の企画で、安吾が上杉謙信で、檀一雄武田信玄という想定で川中島決戦を再現するため信州に旅行するが、ここで暴れて松本警察署留置場に入れられ、釈放された8月6日の朝、長男(綱男)の誕生を知る。薬物の発作が治まると、子供の親だという自覚が芽生え、生活が変化する。1954年(昭和29年)1月、子供が出来たために、財産が無いことを案じた「人の子の親となりて」を『キング』に発表。50歳近くで初めての子ができたことに惑いながらも、子供の成長の伴い愛情を深め、貯金をしようかという気になり始め、また子にはパパ、ママと呼ばせる[46]

同年8月、歴史小説「真書太閤記」を『知性』に連載開始。「信長」と対をなし、豊臣秀吉太閤)を描いた作品である(未完)。10月に法要のため、初めて妻と息子を連れて新潟に帰省し、幼少時代の地を歩く。11月に行きつけの浅草のお好み焼き店「染太郎」で、知人たちと食事をし、トイレに立つ時に熱い鉄板に手をついてしまうという「染太郎火傷未遂事件」を起こす[47]。ジュっと音がして焼けた安吾の手のひらを、すばやくで冷やして手当をしてくれた店の女主人に感謝した安吾は、「テッパンに手をつきてヤケドせざりき男もあり」という色紙を贈った[47]。12月には、「安吾日本風土記」の構想のために九州宮崎県に赴き、高千穂神社を訪れた[2]。『中央公論』編集長・笹原金次郎によれば、安吾は庶民の声を綴ろうと、「日本全国歩こう。地方を廻って、古老から話を訊くんだ。日本人の、全く新しい歴史を書きたいんだ」と意欲を持って、「安吾日本風土記」に臨んでいたとされる[2]

1955年(昭和30年)1月、歴史小説「狂人遺書」(「真書太閤記」の後継をなす作品)を『中央公論』、2月に推理小説「能面の秘密」を『小説新潮』に発表。「安吾日本風土記――高千穂に冬雨ふれり」を『中央公論』に発表して連載開始し、富山県や新潟県、さらに高知県へ取材した。3月号には「安吾日本風土記――富山の薬と越後の毒消し」を発表。2月15日夜に桐生市の自宅へ戻り、17日早朝に、「舌がもつれる」と言いながら突然痙攣を起こし倒れ、7時55分に脳出血により死去[2]。48歳没。

葬儀は2月21日に青山斎場で行われ、尾崎士郎川端康成佐藤春夫青野季吉らが弔辞を読む。川端康成は、「すぐれた作家はすべて最初の人であり、最後の人である。坂口安吾氏の文学は、坂口氏があってつくられ、坂口氏がなくて語れない」とその死を悼んだ[2]。安吾は生前、葬式は退屈で不要だから「バカ騒ぎを一晩やりなさい。あとは誰かと恋をしてたのしく生きて下さい。遺産はみんな差しあげます。お墓なんか、いりません。」「告別式の盛儀などを考えるのは、生き方の貧困のあらわれにすぎず、貧困な虚礼にすぎないのだろう。」と語っており[48]、墓は故郷の新潟県新津市大安寺(現・新潟市秋葉区大安寺)の坂口家墓所に葬られたが、墓には安吾の名や戒名は一切印されていない。

小説としての絶筆は「狂人遺書」となった。没後にエッセイとして3月に「諦めている子供たち」が『暮しの手帖』、「砂をかむ」が『風報』、4月に「育児」が『婦人公論』、「青い絨毯」が『中央公論』、「世に出るまで」が『小説新潮』に掲載される。「狂人遺書」について安吾は生前、〈誰にもわかってもらえなかった秀吉の哀しさと、バカバカしいほどの野心とを書くんだよ〉と言い、53歳の高齢となって初の子供(鶴松)ができた晩年の豊臣秀吉に自己を投影して、長男・綱男への気持ちを表現すると同時に、大きな執筆意欲を示していた[20]

死後

1957年(昭和32年)、新潟市寄居浜の護国神社境内に「ふるさとは語ることなし」の詩碑が建立された[2]。また毎年2月17日は「安吾忌」が催されている。

未完成であった推理小説「樹のごときもの歩く」が、1957年(昭和32年)8月から11月まで4回『宝石』で連載された[49]。これは、掲載雑誌廃刊のために第19章までで未完のままであった推理小説「復員殺人事件」(1949年8月-1950年3月)を「樹のごときもの歩く」と改題して再掲載したものであり[41]、その後を同年12月から高木彬光が続きを書き継いで、翌1958年(昭和33年)4月に完結させた[49][41][50]。高木が書き継いだ新稿の後半部は第20章から第30章となる[41]。高木は安吾夫人から、犯人のことや事件解決の決め手などの「安吾の意図」を聞いていたという[50]。しかし結果的には、「解決編」(最終回の第28章から第30章[41])は安吾の遺志どおりには展開されてはいないとされている[50]


注釈

  1. ^ 母・アサの兄で、吉田一族の中でもとりわけユダヤ人顔で眼の青い伯父が炳五ににじり寄り、「お前はな、とんでもなく偉くなるかも知れないがな、とんでもなく悪党になるかも知れんぞ、とんでもない悪党に、な」と言った〈薄気味悪さを呪文のやうに覚えてゐる〉と安吾自身も語っている[9]
  2. ^ 『言葉』の同人は、坂口安吾、江口清葛巻義敏、若園清太郎、関義、本多信、高橋幸一、長島萃、山沢種樹、野田早苗、脇田隼夫、青山清松、白旗武、片岡十一、根本鐘治、山口修三、山田吉彦(きだみのる)、大沢比呂夫、吉野利雄らであった[8]
  3. ^ 牧野信一は『風博士』を、「私は、フアウスタスの演説でも傍聴してゐる見たいな面白さを覚えました。奇体な飄逸味と溢るゝばかりの熱情を持つた化物のやうな弁士ではありませんか」と賞讃した[23]
  4. ^ 『文科』の同人は、坂口安吾、牧野信一坪田譲治田畑修一郎小林秀雄嘉村礒多井伏鱒二河上徹太郎中島健蔵佐藤正彰中山省三郎らであった[8]
  5. ^ 『櫻』の同人は、坂口安吾、井上友一郎田村泰次郎菱山修三河田誠一北原武夫、大島敬司、真杉静枝、高見沢矗江(小林秀雄の妹)、矢田津世子らであった[8]
  6. ^ 『現代文學』の同人は、坂口安吾、井上友一郎豊田三郎高木卓檀一雄野口富士男大井広介山室静、赤木俊(荒正人)、佐々木基一北原武夫菊岡久利南川潤宮内寒弥平野謙、杉山英樹らであった[8]
  7. ^ 安吾は、「現下の探偵小説界は、洋の東西を問わず、実はアベコベに、公理や算式がないことを利用して、勝手なデタラメをかき、クダラヌ不合理をデッチあげて、同じ穴のが、馴れ合って、埒もないものをヤンヤと云っているだけなのである」と批判している[37]
  8. ^ 『ろまねすく』の同人は、坂口安吾、辰野隆伊藤整太宰治林房雄田村泰次郎、清水昆、寒川光太郎らがいた[13]
  9. ^ 戌井昭人は、ヤクザ者に命を狙われ、追われていると思っていた安吾が、自分側の味方の仲間には、相当数の人間がいるんだというハッタリをかますために、100人前もライスカレーを頼んだのではないかと推察している[44]
  10. ^ 柄谷は、「彼の作品では、エッセイが小説的で、小説がエッセイ的である」と述べているため、この場合の「どんな作家にもあるような代表作」は、近代的小説を中心として見る戦後の文学史における小説らしい小説であり、柄谷が言うところの、「近代小説の形態」をなしている小説(エッセイ的でないもの)を含意している。
  11. ^ その意味で、奥野は、「坂口安吾は、ついに十全の自己表現の場を見いだしえなかった、永遠に未完成、未熟な悲劇の小説家といえよう」と述べている[1]
  12. ^ 初出は『坂口安吾全集15』(筑摩書房 1999年) ISBN 4-480-71045-0
  13. ^ その少し前に瀬波温泉から仁一郎宛に手紙を出していたため、岩船郡瀬波村大字浜新田字青山519番地(現・村上市浜新田)で死去したという説もある。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 奥野健男「坂口安吾――人と作品」(文庫版『白痴二流の人角川文庫、1970年。改版1989年、2008年、2012年)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『新潮日本文学アルバム35 坂口安吾』(新潮社、1986年)
  3. ^ a b c d e 都筑道夫「安吾流探偵術」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』東京創元社、1985年)
  4. ^ a b c d 三枝康高「作品解説」(文庫版『白痴・二流の人』角川文庫、1970年。改版1989年、2008年、2012年)
  5. ^ a b c 三島由紀夫「内容見本」(『坂口安吾全集』推薦文 冬樹社、1967年11月)。三島34巻 2003, p. 609に所収
  6. ^ 写真家・坂口綱男T.Sakaguchi Home
  7. ^ a b c 坂口安吾「をみな」(『作品』1935年12月号に掲載)
  8. ^ a b c d e f g 「年譜」(文庫版『白痴・二流の人』角川文庫、1970年。改版1989年、2008年、2012年)
  9. ^ a b c d e f g h i 坂口安吾「石の思ひ」『光』1946年11月
  10. ^ a b c d e 「年譜」(文庫版『風と光と二十の私と・いずこへ 他十六篇』岩波文庫、2008年)
  11. ^ 石川淳『諸国畸人伝』(筑摩書房、1957年、中公文庫、2014年)
  12. ^ 坂口安吾「日本文化私観」(『現代文学』第五巻第三号に掲載)
  13. ^ a b 「坂口安吾略年譜」(『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』河出書房新社、2013年)
  14. ^ a b c d e f 「年譜」(文庫版『堕落論新潮文庫、2000年)
  15. ^ 坂口安吾「風と光と二十の私と」(『文藝』1947年1月号に掲載)
  16. ^ 鵜殿新「わが師友」(『坂口安吾選集第8巻』月報、創元社、1957年)。七北数人『評伝坂口安吾 魂の事件簿』(集英社、2002年)
  17. ^ a b 坂口安吾「二十一」(『現代文學』1943年9月号に掲載)
  18. ^ 坂口安吾「山口修三宛ての書簡」(昭和3年4月)
  19. ^ a b c d 坂口安吾「処女作前後の思ひ出」(『早稲田文学』1946年3月号に掲載)
  20. ^ a b c d e f g 江口清「若かりし日の坂口安吾」(『レイモン・ラディゲと日本の作家たち』清水弘文堂、1973年)
  21. ^ 坂口安吾「世に出るまで」(『小説新潮』1955年4月号に掲載)
  22. ^ 『エリック・サティ』新版は佐藤朔により改訂刊行(深夜叢書社、1977年、新版1990年)
  23. ^ 牧野信一「『風博士』」(『文藝春秋]』1931年7月号に掲載)
  24. ^ 坂口安吾 若き日の探偵小説 短編「盗まれた一萬圓」朝日新聞』朝刊2022年12月6日(社会・総合面)2022年12月14日閲覧
  25. ^ a b c 「坂口安吾 作品ガイド100」(『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』河出書房新社、2013年)
  26. ^ 坂口安吾「矢田津世子宛ての書簡」(1936年6月16日付)
  27. ^ 坂口安吾「二十七」(『新潮』1947年3月号に掲載)
  28. ^ 坂口安吾「古都」(『現代文學』1942年1月号に掲載)
  29. ^ 坂口安吾「かげろふ談義」(『文体』1939年1月号に掲載)
  30. ^ 坂口安吾「ぐうたら戦記」(『文化展望』1947年1月号に掲載)
  31. ^ 渡辺喜一郎『石川淳傳説』右文書院、2013年 pp.151-153
  32. ^ 阿部定×坂口安吾 ぢや強く生きてください」(『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』河出書房新社、2013年)
  33. ^ 「私の探偵小説」(『宝石』1947年6月号に掲載)
  34. ^ 坂口安吾「推理小説論」(『新潮』1950年4月号に掲載)
  35. ^ a b 大井広介「犯人あてと坂口安吾」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』東京創元社、1985年)
  36. ^ 坂口安吾「探偵小説とは」(『明暗』1948年2月号に掲載)
  37. ^ a b c 坂口安吾「探偵小説を截る」(『黒猫』1948年7月号に掲載)
  38. ^ 坂口安吾「推理小説について」(『東京新聞』1947年8月25日、26日号に掲載)
  39. ^ a b 坂口三千代クラクラ日記』(文藝春秋、1967年)
  40. ^ 坂口安吾「わが思想の息吹」(『文藝時代』1948年3月号に掲載)
  41. ^ a b c d e 「解題」(『坂口安吾全集8』筑摩書房、1998年)
  42. ^ 絵ばなし:昭和傑作列伝 松本清張『或る「小倉日記」伝』 鴎外を追う 孤独を埋める”. 毎日新聞 (2019年8月25日). 2021年9月12日閲覧。
  43. ^ 「坂口氏の思い違い」『朝日新聞』昭和26年9月22日3面
  44. ^ a b c d 戌井昭人「安吾は、どうしてライスカレーを百人前頼んだのか」(『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』河出書房新社、2013年)
  45. ^ 檀一雄『小説坂口安吾』(東洋出版、1969年)
  46. ^ 坂口安吾「砂をかむ」(『風報』1955年3月号に掲載)
  47. ^ a b 坂口綱男『安吾と三千代と四十の豚児と』(集英社、1999年)
  48. ^ 坂口安吾 私の葬式青空文庫
  49. ^ a b 中島河太郎「坂口安吾年譜」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』東京創元社、1985年)
  50. ^ a b c 権田萬治「解説」(文庫版『復員殺人事件』角川文庫、1977年。再版1978年)
  51. ^ a b c d e 柄谷行人「坂口安吾とフロイト」(新潮文庫 2000, pp. 283–302)
  52. ^ 「FARCE に就て」(青い馬 第5号、1932年3月)
  53. ^ 『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』(河出書房新社、2013年)
  54. ^ 檀一雄「作品解説」(角川文庫 1996, pp. 261–266)
  55. ^ 磯田光一「坂口安吾 人と作品」(角川文庫 1996, pp. 255–261)
  56. ^ a b 七北数人「解説」(風と光 2008, pp. 391–402)
  57. ^ a b 小川徹「坂口安吾」(文藝 1967年7月号に掲載)
  58. ^ a b 佐藤春夫「文学の本筋をゆく――坂口安吾選集」(『読売新聞』夕刊 1956年8月1日号)
  59. ^ 三好達治「若き日の安吾君」(『路傍の秋』筑摩書房、1958年)
  60. ^ a b 三島由紀夫「私の敬愛する作家」(『坂口安吾選集』内容見本 東京創元社、1956年6月)。三島29巻 2003, p. 225に所収
  61. ^ 坂口安吾「私の碁」(『囲碁春秋』1948年12月号に掲載)
  62. ^ 青空文庫でも参照が可能である。http://shogikifu.web.fc2.com/essay/essay021.html
  63. ^ 坂口安吾『明日は天気になれ』
  64. ^ https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card42891.html 青空文庫『天皇小論』参照
  65. ^ https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card42891.html 青空文庫『坂口流の将棋観』参照
  66. ^ 坂口安吾「安吾の新日本地理 安吾・伊勢神宮にゆく」(『文藝春秋』第二九巻第四号に掲載)
  67. ^ https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card45898.html 青空文庫『戦後合格者』参照(『新潮』第四八巻第三号に掲載)
  68. ^ https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card43150.html 青空文庫『インテリの感傷』参照
  69. ^ 青空文庫『安吾巷談「教祖展覧会」』参照 https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card43182.html
  70. ^ https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card42625.html 青空文庫『日本文化私観』参照
  71. ^ 『坂口安吾全集』(全17冊、筑摩書房、1998-1999年)ほか
  72. ^ a b c 坂口安吾年譜・詳細版 前史 2018年2月12日閲覧。






坂口安吾と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「坂口安吾」の関連用語

坂口安吾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



坂口安吾のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坂口安吾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS