破天荒とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 北夢瑣言 > 破天荒の意味・解説 

は てんこう -てんくわう [2]破天荒

名 ・形動 [文] ナリ
北夢瑣言 唐摭言による。唐代荊州から進士合格者が出ず天荒文明未開荒地)と呼ばれたが、劉蛻が初め合格して、天荒を破ったと称したことから
今までだれもしたことのないことをする・こと(さま)。未曽有みぞう)。前代未聞 -の大事業 -な冒険 -な試み


破天荒

読み方:ハテンコウ(hatenkou)

今までだれもしたことのないことをすること


破天荒

読み方:はてんこう

  1. 未だ嘗て人の為さざりし事を断行し得たるをいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

破天荒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 00:17 UTC 版)

破天荒(はてんこう)とは、故事成語のひとつ。意味は、「今まで人がなし得なかったことを初めて行うこと」、「前人未到の境地を切り開くこと」。


  1. ^ 平成20年度「国語に関する世論調査」の結果について”. 文化庁. 2009年9月5日閲覧。
  2. ^ 唐荊州衣冠藪澤、毎歳解送擧人、多不成名。號曰、天荒解。劉蛻舍人、以荊解及第。號爲破天荒。(『北夢瑣言』巻四、「唐摭言」ニ)


「破天荒」の続きの解説一覧

破天荒

出典:『Wiktionary』 (2009/09/26 02:00 UTC 版)

名詞, 形容動詞

はてんこう

  1. 誰もが為し得なかったことをしてみせること、またそのさま。
    破天荒試み
    1900年至り破天荒の著想を披瀝して學界驚かし 初め量子論濫觴を開いた。(長岡半太郎プランク先生の憶い出』)
  2. 字面からか、誤用っぽいあらっぽいこと。型破り様子
    破天荒人生歩む
    破天荒芸人今までにないような芸人、などの意)

由来

唐代には荊州から進士合格者が現れず「天荒」つまり未開荒地と評されていたが、やがて大中年間に劉蛻(りゅうぜい)が初め合格し、人々はこれを「破天荒」天荒を破ったと評した。(出典『北夢瑣言 4』『唐言 2』)

関連項目




破天荒と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破天荒」の関連用語

破天荒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



破天荒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破天荒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの破天荒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS