未曾有とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 未曽有 > 未曾有の意味・解説 

未曾有

読み方:みぞう
別表記:未曽有

未曾有(みぞう)とは、「これまで一度たりとも起きなかったような極めて稀な事態珍事)」を意味する言葉。「いまだかつて有らず(未だ曾て有らず)」と読み下しできる漢語表現もっぱら未曾有の(+名詞)」という言い方で用いられる。どちらかといえば災禍不祥事といったネガティブ寄り出来事形容する語として用いられやすい。

古今未曾有ここんみぞう)」と表現される場合もある。「古今」は「昔から現在に至るまで」という意味であり、「未曾有」だけでも同じ意味合い含まれる。つまり「古今未曾有」と「未曾有」の間に際立った意味の違いはない。敢えて言えば古今未曾有」の方が字数が多いだけに強調されたニュアンスがある。

「未曾有」の語源

「未曾有」は漢語由来する語彙である。そもそもは、仏典登場するパーリ語(あるいはサンスクリット語)の「abbhuta」を漢訳した語彙とされる

たとえば「Abbhuta-dhamma」は「未曾有法」と漢訳されている。(いわゆる奇跡物語」のようなニュアンスである)。また、あらゆる仏典中に「未曾有」の語が数多く見いだされる。
如来知見広大深遠無量無礙。力。無所畏禅定解脱三昧。深入無際成就一切。未曾有法。
如来知見広大深遠にして、無量無礙・力・無所畏禅定解脱三昧に、無限に深く入り一切未曾有の法を成就す。
――「法華経方便品 第二「未曾有」は、仏教分野限らず、「いまだかつてない」という意味の普通の表現として用いられた。たとえば後漢時代紀元1世紀頃)に表された「論衡」には「今引《未曾有》之禍」というくだりが確認できる。
今引未曾有之禍、以自誓子路子路安肯曉解而信之?
今まさに未曾有の災禍が起きている(以下略
――「論衡

「未曾有」の類語

「未曾有」と同様の意味合い表現としては「かつてない」「いまだかつてない」「前代未聞」あるいは「史上初」のような表現が挙げられる。特に「前代未聞」は、おおむねネガティブ出来事について用いられやすい傾向があるという点も「未曾有」と共通点している。

文脈によっては「類例のない」「類のない」「類なき」「比類なき」といった表現も「未曾有」の類義語として該当しうる。これらの表現事態出来事形容する語とは限らず、たとえば「美しさ」「すばらしさ」を形容する場合もある。また、比類なき美しさ」という風にポジティブ表現として用いられることも多い。

み‐ぞ‐う【未曽有】

《「未(いま)だ曽(かつ)て有らず」の意》

今まで一度もなかったこと。また、非常に珍しいこと。希有(けう)。みぞうう。「未曽有の大地震

十二分経の一。仏・菩薩(ぼさつ)による奇跡を記した経典


未曾有

読み方:ミゾウ(mizou)

今まで1度もなかったこと


未曾有

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 00:30 UTC 版)

名詞

(みぞう)

  1. 今まで起こったことの無いこと。とても珍しいこと。

語源

仏教用語で、「びっくりした」という意味サンスクリット語adbhuta否定接頭辞a(d)-+bhuta:存在)が漢訳されたもの。

発音

み↗ぞう・み↗ぞ↘う(み↗ぞお・み↗ぞ↘お)
み↗ぞ↘うう(み↗ぞ↘おう・み↗ぞ↘ーう)


関連語

翻訳




未曾有と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未曾有」の関連用語

未曾有のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



未曾有のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの未曾有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS