ポニーキャニオン 所属タレント

ポニーキャニオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 00:32 UTC 版)

所属タレント

スワロウ

アニメクリエイティブ本部スワロウグループ(ポニーキャニオンアーティスツ担当よりポニーキャニオン本体へ分割統合)

スワロウ所属声優
かつてスワロウに所属していた声優・アーティスト
(モアナと業務提携))

ポニーキャニオンアーティスツ

株式会社ポニーキャニオンアーティスツ所属

アーティスト
スポーツ関係者
元所属アーティスト
  • 大石昌良(2010年 - 2014年) - 2014年以降、F.M.Fへの移籍を経て、2020年からCAT entertainmentに所属。2018年からオーイシマサヨシ名義でレコードレーベルのポニーキャニオンに所属。
  • GRAPEVINE(2006年 - 2013年) - アロハプロダクションズの倒産により移籍。2013年に契約満了に伴い、翌年スペースシャワーミュージックへ移籍[注 25]
  • GO-BANGS - 前身のキャニオンミュージック時代
  • 平松愛理 - 前身のキャニオンミュージック時代

作品

映像作品

UHFアニメも、製作局あるいは製作委員会に参加している局が独立局ではない場合、キー局の欄に記載する。

フジテレビ

NHK

日本テレビ

基本的には子会社のバップから販売されるが、一部作品はポニーキャニオンが担当している。

TBS

毎日放送

テレビ朝日

テレビ東京

その他

キッズステーション

子供向け

  • 七田式メソッド右脳イメージトレーニングシリーズ ビデオ・DVD
  • こいぬぐんだん DVD
  • 『フェルコットアニメ』ビデオ・DVD

映画

ゲーム

ゲーム機(発売順)

  • あーみだーくじ(MSX TAPE、2,800円、1983年)
  • ディジーボール(MSX TAPE、2,800円、1983年)
  • キーストンケーパーズ(MSX ROM、4,800円、1984年)
  • ゼンジー(MSX ROM、4,800円、1984年)
  • デカスロン(MSX ROM、4,800円、1984年)
  • ビームライダー(MSX ROM、4,800円、1984年)
  • ヒーロー(MSX ROM、4,800円、1984年)
  • ピットフォール(MSX ROM、4,800円、1984年)
  • リバーレイド(ROM、4,800円、1984年)
  • おにゃんこTOWN(ファミリーコンピュータ、4,900円、1985年11月21日)
  • ルナーボール(ファミリーコンピュータ、4,900円、1985年12月5日)
  • アルカザール(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • ゴーストバスターズ(MSX ROM、5500円/MSX TAPE、4,800円、1985年)
  • パストファインダー(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • ピットフォールII(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • マスターオブザランプ(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • ロックンボルト(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • どきどきペンギンランド(MSX ROM、4,900円、1985年)
  • ガンバレ!味覚の国の大戦争(MSX TAPE、2,800円、1985年)
  • クルゼーダー(MSX ROM、4,900円、1985年)
  • ゴルゴ13狼の巣(MSX ROM、4,900円、1985年/MSX TAPE、3,500円、1985年)
  • ザクソン(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • シーソー(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • G.P.ワールド(MSX ROM、5500円、1985年)
  • ズーム909(MSX ROM、4,900円、1985年)
  • スパルタンX(MSX TAPE、3,500円、1985年)
  • 戦闘メカザブングル ブルーゲールPART1(MSX TAPE、3,500円、1985年)
  • チェッカーズインTANTANたぬき(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • チャレンジダービー(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • チャンピオンサッカー(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • チャンピオンプロレス(MSX ROM、5500円、1985年)
  • チャンピオンボクシング(MSX ROM、5500円、1985年)
  • ディジーバルーン(MSX TAPE、3,500円、1985年)
  • ファイナルジャスティス(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • プロテクター(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • 堀ちえみストロベリーパズル(MSX TAPE、3,500円、1985年)
  • 窓ふき会社のスイングくん(MSX ROM、4,800円、1985年)
  • ルナーボール(MSX ROM、4,900円、1985年)
  • スーパーピットフォール(ファミリーコンピュータ、5,500円、1986年9月5日)
  • 子猫物語(ディスクシステム、1986年9月19日)
  • ザナック(ディスクシステム、1986年11月28日)
  • タイガーヘリ(ファミリーコンピュータ、4,900円、1986年12月5日)
  • 連珠(MSX ROM、4,800円、1986年)
  • アルファロイド(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • Othello(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • カモン!ピコ(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • ガルケイブ(MSX ROM、4,800円、1986年)
  • ザナック(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • ザナックEX(MSX ROM、5,800円、1986年)
  • シティファイト(MSX DISK、6,800円、1986年)
  • 将棋(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • 谷川浩司の将棋指南(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • チャンピオンアイスホッケー(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • チャンピオン剣道(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • 忍者プリンセス(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • バック トゥ・ザ フューチャー(MSX ROM、4,900円、1986年)※MSX1版
  • バック トゥ・ザ フューチャー™ アドベンチャー(MSX DISK、6,800円、1986年)※MSX2版
  • ハングオン(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • バンクパニック(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • ヒランヤの謎(MSX DISK、6,800円、1986年)
  • ポリスストーリー(MSX ROM、4,900円、1986年)
  • ロウ・オブ・ザ・ウエスト(ファミリーコンピュータ、1987年3月6日、5,500円)
  • ウィンターゲームズ(ディスクシステム、1987年3月27日)
  • ドクターカオス(ディスクシステム、1987年6月19日)
  • ウルティマ 恐怖のエクソダス(ファミリーコンピュータ、1987年10月9日、5,900円)
  • 11月13日 谷川浩司の将棋指南2(ディスクシステム、1987年11月13日)
  • アタックアニマル学園(ファミリーコンピュータ、1987年12月26日、5,500円)
  • コロニスリフト(MSX ROM、5,800円、1987年)
  • ウルティマVI 偽りの予言者(MSX DISK、11,800円、1987年)
  • SUPER RUNNER(MSX ROM、5,800円、1987年)
  • ハイスクール!奇面組(MSX ROM、5,800円、1987年)
  • ファンタジーゾーン(MSX ROM、5500円、1987年)
  • フライトデッキ(MSX ROM、4,900円、1987年)
  • プロジェクトA2史上最大の標的(MSX ROM、5,800円、1987年)
  • 魔性の館ガバリン(MSX ROM、4,900円、1987年)
  • ルーカスフィルム ボールブレイザー(ファミリーコンピュータ、1988年3月4日、5,500円)
  • 谷川浩司の将棋指南II <名人への道>(ファミリーコンピュータ、1988年3月18日、5,500円)
  • 谷川浩司の将棋指南II詰め将棋・次の一手(ディスクシステム、1988年8月10日)
  • 魔塔の崩壊(ディスクシステム、1988年9月2日)
  • 霊幻道士(ファミリーコンピュータ、1988年9月16日、5,900円)
  • 孔雀王(ファミリーコンピュータ、1988年9月21日、5,800円)
  • ダンディー(ディスクシステム、1988年10月21日)
  • ハッカー(MSX ROM、5,800円、1988年)
  • アウトラン(MSX ROM、6,800円、1988年)
  • 居眠り流阿佐田哲也のA級麻雀(MSX ROM、5,800円、1988年)
  • ウルティマ恐怖のエクソダス(MSX ROM、6,800円、1988年)
  • 孔雀王(MSX ROM、5,800円、1988年)
  • ケンペレンチェス(MSX ROM、5500円、1988年)
  • スクーター(MSX ROM、4,900円、1988年)
  • スターヴァージン(MSX ROM、5300円、1988年)
  • スペースシャトル(MSX ROM、4,900円、1988年)
  • 谷川浩司の将棋指南II(MSX ROM、5500円、1988年)
  • ドーンパトロール(MSX ROM、4,900円、1988年)
  • ボールブレイザー(MSX DISK、6,800円、1988年)
  • 光GENJI ローラーパニック(ディスクシステム、1989年3月20日)
  • ファンタジーゾーンII(MSX ROM、5,800円、1989年5月21日)
  • アークティック(MSX ROM、5,800円、1989年7月21日)
  • A列車で行こう(MSX ROM、7,800円、1989年8月21日)
  • 倉庫番(ゲームボーイ、1989年9月1日)
  • 谷川浩司の将棋指南III(ファミリーコンピュータ、1989年9月14日、5,800円)
  • ウルティマ 聖者への道(ファミリーコンピュータ、1989年9月20日、5,900円)
  • ウルティマI(MSX DISK、7,800円、1989年9月21日)
  • スーパースタープロレスリング(ファミリーコンピュータ、1989年12月9日、5,900円)
  • クォーターバックスクランブル(ファミリーコンピュータ、1989年12月19日、5,900円)
  • 将棋(ゲームボーイ、1989年12月19日)
  • ウルティマII(MSX DISK、7,800円、1989年)
  • ウルティマIII(MSX DISK、8,800円、1989年)
  • 熱血柔道(MSX ROM、6,800円、1989年)
  • マラヤの秘宝(MSX ROM、5,800円、1989年)
  • アークティック(ファミリーコンピュータ、1990年2月23日、5,500円)
  • AD&D ヒーロー・オブ・ランス(ファミリーコンピュータ、1990年3月8日、6,800円)
  • ペンギンランド(ゲームボーイ、1990年3月21日)
  • 倉庫番2(ゲームボーイ、1990年6月22日)
  • タスマニア物語(ゲームボーイ、1990年7月27日)
  • 孔雀王II(ファミリーコンピュータ、1990年8月21日、6,800円)
  • 田村光昭の麻雀ゼミナール(ファミリーコンピュータ、1990年9月21日、5,800円)
  • シャッフルパックカフェ(ファミリーコンピュータ、1990年10月21日、6,200円)
  • バーズテイル 知られざる物語(ファミリーコンピュータ、1990年12月21日、6,800円)
  • 石田芳夫 詰碁パラダイス(ゲームボーイ、1990年12月21日)
  • バブルゴースト(ゲームボーイ、1990年12月21日)
  • AD&D ヒルズファー(ファミリーコンピュータ、1991年3月21日、7,800円)
  • シャドウブレイン(ファミリーコンピュータ、1991年3月21日、9,800円)
  • ジャングルウォーズ(ゲームボーイ、1991年6月21日)
  • AD&D プール・オブ・レイディアンス(ファミリーコンピュータ、1991年6月28日、9,800円)
  • 恋は駆け引き(ゲームボーイ、1991年7月21日)
  • A列車で行こう(ファミリーコンピュータ、1991年8月21日、7,800円)
  • AD&D ヒーロー・オブ・ランス(MSX ROM、7,500円、1991年9月21日)
  • ウルティマ 〜失われたルーン〜(ゲームボーイ、1991年12月14日)
  • バーズテイルII(ファミリーコンピュータ、1992年1月25日、7,000円)
  • AD&D ドラゴン・オブ・フレイム(ファミリーコンピュータ、1992年2月21日、6,800円)
  • ウルティマVI 偽りの予言者(スーパーファミコン、1992年4月3日、9,800円)
  • ジャングルウォーズ2(スーパーファミコン、1993年3月19日、9,500円)
  • 大仁田厚 FMW(スーパーファミコン、1993年8月6日、9,800円)
  • 将棋 風林火山(スーパーファミコン、1993年10月29日、8,800円)
  • ウルティマ 〜失われたルーン2〜(ゲームボーイ、1993年11月19日)
  • アイ・オブ・ザ・ビホルダーメガCD、1994年4月22日、7,800円)
  • アローン・イン・ザ・ダーク(3DO、7,800円、1994年10月21日)
  • F1GP in(3DO、7,800円、1994年10月28日)
  • METAL JACKET(プレイステーション、1995年9月22日、5,800円)
  • レジェンド オブ K-1ザ・ベストコレクション(セガサターン、4,980円、1997年1月24日)
  • ZAP!SNOW BOARDING TRIX(セガサターン、5,800円、1997年2月21日)
  • レジェンド オブK-1 グランプリ'96(セガサターン、4,980円、1997年4月18日)
  • 歌舞伎町リーチ麻雀 東風戦(スーパーファミコン、1994年7月15日、8,800円)
  • ピットフォール マヤの大冒険(スーパーファミコン、1995年7月14日、9,800円)
  • ウルティマ 恐竜帝国(スーパーファミコン、1995年7月28日、9,800円)
  • 白いリングへ(スーパーファミコン、1995年10月27日、9,980円)
  • オールスター麻雀(プレイステーション、1997年9月18日、6,800円)
  • ウルティマVII ザ・ブラックゲート(スーパーファミコン、1994年11月18日、9,800円)
  • ZAP! SNOW BOARDING TRIX'98(セガサターン、5,800円、1997年12月18日)
  • ザップ!スノーボーディングトリックス'98(プレイステーション、1997年12月25日、5,800円)
  • 花札・リアル3D(プレイステーション、1998年12月10日、4,800円)
  • ファイティングアイズ(プレイステーション、1998年12月17日、6,800円)
  • ザ・首都高レーシング(ゲームボーイ、1998年12月18日)
  • 将棋2(ゲームボーイ、1999年3月19日)
  • ピットフォールGB(ゲームボーイ、1999年3月19日)
  • フィッシュオン!バス(プレイステーション、1999年9月22日、5,800円)
  • 週刊Gallop ブラッドマスター(プレイステーション、1999年11月25日、6,800円)
  • 将棋2(ニンテンドウパワー、2000年4月1日)
  • ザ・首都高レーシング(ニンテンドウパワー、2000年4月1日)
  • ブラックジャック VS 松田純(プレイステーション、2000年8月10日、4,800円)
  • 実戦に役立つ詰碁(ゲームボーイ、2000年8月11日)
  • お水の花道(プレイステーション、2000年8月17日、6,800円)
  • リーチ麻雀(プレイステーション、2000年12月14日、6,800円)
  • ブロックウオーズ(プレイステーション、2001年9月6日、3,800円)
  • 将棋3(ゲームボーイ、2001年12月24日)
  • ZANAC(バーチャルコンソール、2007年10月9日)
  • Lunar Ball(バーチャルコンソール、2007年12月11日)

パソコン

  • 1982年発売
    • 『スペースアステロイド』、シューティングPC-8800
    • 『アドベンチャーラリー』、レース、PC-8800。
    • 『フォトン・モンスター』PC-8800。
    • 『ビンゴ&サイモン』、その他、PC-8800。
    • 『ブラックジャック』、カード、PC-8800。
    • 『ポーカー』PC-8800。
    • 『ヘビーボンバーズ』、シューティングPC8000
    • 『7ならべ』、カード、PC-8800。
    • 『神経衰弱』、カード、PC-8800。
    • 『スパイ大作戦』PC-8800。
    • 『ディープスキャン/ディープスキャナー』、シューティング、PC-8800。
  • 1983年
    • 1月
      • 『神風/フォーリングクラッシュ』、シューティング、PC-8800。
      • 『ハムレット/二次元四目並べ』、PC-8800。
      • 『スペーストレック』、SLG、PC-8800。
      • 『ハイスピードエイリアン』PC-8800。
      • 『エイリアンハンター』PC-8800。
      • 『囲碁トレーナー』、テーブル、PC8001,PC-8800。
      • 『クリゴンキャプチャー』、SLG、PC-8800。
    • 3月
      • 『ハッピーブッシュマン』、アドベンチャー、PC-8800。映画『ブッシュマン』のゲーム化。
      • 『幻魔大戦』、PC-8800、FM-7、FM-8。映画『幻魔大戦』のゲーム化。
    • 4月
      • 『くわがたさまのお通りだい』、アクション、PC-8800。
      • 『ギャラックコンボイ』、アクション、PC-8800。
    • 5月
      • 『スラバヤ沖海戦』、SLG、PC-8800。太平洋戦争の海戦。
      • 『真珠湾攻撃&マレー沖航空戦』、SLG、PC-8800。
      • 『ハリコフ攻防戦』、SLG、PC-8800。
      • 『フォークランド上陸作戦』、SLG、PC-8800。フォークランド紛争
      • 『大銀行強盗&スクウェア・ポーカー』、テーブル、PC-8800。
      • 『国士無双』、テーブル、PC-8800。麻雀
      • 『パチンコフィーバー』、アクション、PC-8800。
      • ダンケルク』、SLG、PC-8800。第二次世界大戦のダンケルクの戦い
    • 6月
      • 『ミッドウェー海戦』、SLG、PC-8800。
    • 7月
      • 『スリーピーシェリフ』、アクション、PC-8800。
      • 『セイバーパート1』、アクション、PC8000。
      • 『The RACER・ギャラクシーファイター』、レース・シューティング、PC8000。
      • 『3Dオリエンテーリング&ザ・メーズ』、PC-8800。
      • 『エラーパニック』、PC-8800。
    • 8月
      • 『ゴルゴ13 モレッティー一族惨殺事件』、アドベンチャー、PC-8800。
      • 『南極物語』、アドベンチャー、PC-8800。同名映画のゲーム化。
      • 『エルアラメイン』、SLG、PC-8800。第二次世界大戦時のエル・アラメインの戦い
      • 『バルジ大海戦』、SLG、PC-8800。
    • 9月
    • 10月
      • 『ゴミムシ君』、アクション、PC-8800。
      • 『あーみだくじ』、アクション、PC-8800。
    • 12月
      • 『ペンキ屋ユウちゃん』、アクション<アダルト>、PC-8800。
      • 『囲碁道場』、テーブル、PC-8800。
      • 『サイクロプスクラッシャー&ウォーターマン』、アクション、PC-8800。
      • 『となりのお姉さん第一弾早く伝書鳩をとばして!』、アクション<アダルト>、PC-8800。反射神経型。
      • 『おーい!かぐや姫』、アクション<アダルト>、PC-8800。反射神経型。
  • 1984年
    • 1月
      • 『フラッシュウォーズ』、SLG、PC-8800。スタートレックタイプのゲーム。
      • 『UNITY』、SLG、PC-8800。
    • 2月
      • 『キャノンボール2』、アクション<ロードレース>、PC-8800。同名映画のゲーム化。
      • 『フルーツパニック』、アクション、PC-8800。マッピータイプのゲーム。
    • 3月
      • 『ぺんぎんビレッジ』、アドベンチャー、PC-8800。アニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』のゲーム化。
      • 『ガンバレ!味覚の国大戦争』、SLG、PC-8800。
      • 『プロジェクトA』、アクション、PC-8800。同名映画のゲーム化。スパルタンXタイプのゲーム。
      • 『綿の国星』、FM-7。
    • 4月
      • 『ボールパニカー』、ピンボール、PC-8800。
      • 『さよならジュピター』、アクション<迷路>、PC-8800。同名映画のゲーム化。
    • 7月
      • 『デーモンズ』、アドベンチャー、PC-8800、FM-7,FM-8。
      • 『セイバーパート2』、アクション、PC-8800。ラリーXタイプのゲーム。
    • 8月
      • 『アレンジボール』、アクション、PC-8800。パチンコフィーバーの続編。
      • 『ゴルゴ13 狼の巣』、アドベンチャー、PC-8800、MSX<ロムカセット>。コミック『ゴルゴ13』を元にしたオリジナルゲーム。
    • 11月
      • 『超人ロック』、アドベンチャー・アクション、PC-8800<FD>。コミック「超人ロック」のゲーム化。
  • 1985年
    • 1月
      • 『スパルタンX』、アクション、PC-8800。同名映画のゲーム版だが、バイクゲームがメイン。
    • 6月
      • 『ルナーボール』、アクション、PC-8800。ピンボール。
  • 1986年
    • 3月
      • 『バック トゥ・ザ フューチャー』、アクション、PC-8800。同名映画の名前と設定を借りただけのゲーム。
    • 4月
      • 『ヤンパラアドベンチャー ヒランヤの謎』、アドベンチャー、PC-8800。
      • 『オペレーショングレネードライン西岸の大包囲作戦』、SLG、PC-8800。SPIの西部戦線シリーズの同名ボード・ウォーゲームのパソコン版。第二次世界大戦末期の連合国ドイツ軍のライン川周辺の戦い。
    • 5月
      • 『ピンボールランド』、アクション<ピンボール>、PC-8800<FD>。
    • 7月
      • 『サマーゲームス』、アクション、PC-8800<FD>。オリンピックの陸上競技のゲーム。ハイパーオリンピックタイプのゲーム。アップルの『EPYX』の移植版。
    • 8月
      • 『シティファイト』、SLG、PC-8800<FD>、FM-7<FD>。SPIシリーズ第二弾。SPIのボードウォーゲームのパソコン版。第二次世界大戦の市街戦における分隊単位の歩兵戦闘を8つのシナリオで再現。マップ作成可能。
    • 11月
      • 『スーパーピットフォール』、アクション、PC-8800。
    • 12月
      • 『パットン第3軍』、SLG、PC-8800<FD>、PC-9800<FD>、6800円。SPIの西部戦線シリーズ『PATTON'S 3RD ARMY』のボードウォーゲームを前作オペレーショングレネードに続きコンピュータゲーム化。第二次世界大戦末期のメッツ要塞攻略とドイツ国境進撃をパットン将軍に成り代わりシミュレートする。
      • 『バック トゥ・ザ フューチャー™ アドベンチャー』、アドベンチャー、PC-8800、FM-7<FD>。同名映画のエピソードと画像を取り入れたアドベンチャーゲーム。
  • 1987年
    • 1月
      • 『ウィンターゲームズ』、アクション<スポーツ>、PC-8800。冬季オリンピックをテーマにしたゲーム。
    • 5月
      • 『ロウ・オブ・ザ・ウエスト』、アドベンチャー、PC-8801mkIISR。アメリカの西部開拓時代をテーマにしたゲーム。
    • 7月
      • ウルティマ4/Ultima IV Quest of the Avatar』RPG、PC-8801mkIISR<FD>。
    • 8月
      • 『レニングラード』、SLG、PC-8800<FD>。SPIシリーズ。第二次世界大戦のレニングラード包囲戦をテーマにしたSLG。おおまかな指令を与えれば部隊は自動的に行動する日本では珍しいシステムのゲーム。
    • 10月
      • 『アイドロン』、シューティング、PC8801<FD>。ルーカスフィルムの同名ゲームの移植。
      • 『リトル コンピュータ ピープル』、PC-8801mkIISR<FD>。アクティビジョンのゲームリトル・コンピュータ・ピープル(英語版)の移植。主人公を女性に変更している。FC版は、スクウェアがアップルタウン物語という名で発売している。
      • 『谷川浩司の将棋指南2』、テーブル、PC-8800<FD>。
    • 時期不明
      • 『英雄ナポレオン』 - PC-9801 ※企画・プログラミング:G.A.M
  • 1988年
    • 2月
      • 『ハッカー』、アクション、PC-8801mkIISR<FD>。
    • 4月
      • 『ビーチヘッド』、アクション、PC-8800<FD>。
    • 12月
      • 『ウルティマ1/Ultima1Ultima I the First Age of Darkness』、RPG、PC-8801mkIISR<FD>。当時唯一未訳の本編タイトルだったが、オリジナル発売から8年を経ての日本語化であった(後に「VII」が2011年現在唯一未訳の本編タイトルとなるが)。
  • 1989年
  • 1990年
    • 7月
      • 『ウルティマV/Ultima V Warriors of Destiny』RPG、PC9801<FD>。
    • 9月
      • 『ザ バーズテイル』RPG、PC-8801mkIISR<FD>。ウィザードリィやウルティマなど並ぶ名作ゲームの移植。
  • 1991年
    • 8月
      • AD&D ヒルズファー』、PRG、PC-8801mkIISR<FD>。アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズをもとにしたゲーム。
    • 10月
      • 『ザ バーズテイル2』RPG、PC-8801mkIISR<FD>。ウィザードリィやウルティマなど並ぶ名作ゲームの移植。

スマートフォン

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ アニメ関連部門においては「ぽにきゃん.jp」(アニメ情報サイト)「ぽにきゃんBOOKS」『ぽにきゃん!アイドル倶楽部』等、ひらがな表記の「ぽにきゃん」を使用する事例もある。
  2. ^ JVAの前身である日本ビデオ協会発足(1971年)後で、両協会に会長を輩出した唯一の会員企業でもある[要出典]
  3. ^ フジパシフィックミュージックのWebサイト(英語版〈[1][リンク切れ]〉)に"PONY CANYON is one of the largest independent labels in the world."の記述がある。
  4. ^ フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)によるニッポン放送の資産部門の吸収合併(現在のニッポン放送はこの時に分割し、放送事業を承継する為に設立された新会社。)、フジテレビの事業持株会社化。
  5. ^ 『ポニービデオ』発売以前には、NHKサービスセンター東映東宝などからビデオソフトが発売されている[9]
  6. ^ 2022年11月時点での所属アーティストで通算在籍期間が一番長いのは工藤静香だが、2000年から2002年までは別レーベルに所属しており、その後2005年まで活動休止していたため5年間の在籍期間の空白がある。連続在籍期間最長はaiko(1998年デビュー)となる。
  7. ^ 提供クレジット変更は2017年1月期以降に適用(ただし、テレビ東京系列などでは従来のロゴを引き続き使用)。「セイレン」(音楽ソフト)「小林さんちのメイドラゴン」(映像ソフト、ただし、適用準備期間のためレーベルロゴは非表示)ほか一部タイトルにて新CIロゴを適用。
  8. ^ ポニー発足から1982年のPCマーク制定まで。
  9. ^ 1982年のPCマーク制定から1986年目玉マーク制定まで。
  10. ^ a b 静止画バージョンもある。
  11. ^ 1986年の目玉マーク制定から1987年のポニーキャニオン発足まで。
  12. ^ 1987年のポニーキャニオン発足から1992年まで。
  13. ^ 静止画バージョンもある(特に映画系や音楽系等の関連の映像作品に多い)。
  14. ^ 1992年から2004年まで。
  15. ^ 2004年から2016年9月まで。
  16. ^ a b 作品によって「ボイス入り」と「ボイスレス」の2種類があるが、大半の作品は「ボイスレス」である。
  17. ^ 2016年10月以降。
  18. ^ 同様の返品枠対象外では、ビクターエンタテインメントSPがあり、ビクターが販売受託していたBMGビクターやMCAビクターのシングルにも付与された。
  19. ^ 同様のケースでは東芝EMIが販売している商品を認識するために、背部分に三色の色記号が印刷されていた。
  20. ^ 後にアップフロントワークス(zetimaレーベル)に所属。
  21. ^ 同社設立前、当社はミルキィホームズ関連は映像作品販売のみの担当で、音楽制作はランティスが行っていた。
  22. ^ 当時の社名は響ミュージック
  23. ^ 同日発売で1995年に発売したアルバム『Mitsuko Mori』の再発されている。
  24. ^ 福原香織との声優ユニット・「かと*ふく」はエイベックス・ピクチャーズからのリリース。
  25. ^ アロハプロダクションズ在籍時の音楽出版権はアミューズが保有。
  26. ^ のちに業態変更に伴いミディアと社名変更、現在はエイベックス・エンタテインメントへ吸収合併。

出典

  1. ^ a b c d e f g 第70期決算公告、2018年(平成30年)6月19日付「官報」(号外第131号)106頁。
  2. ^ ポニキャン×A-1 劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』が今年公開 オリコンスタイル
  3. ^ 「コミュニケーションからのイノベーション」を掲げたポニーキャニオンの本社オフィス移転プロジェクト (オフィス訪問[2)|魅惑のオフィス訪問 アスクル みんなの仕事場]” (日本語). アスクル みんなの仕事場. 2022年5月3日閲覧。
  4. ^ 都市再生特別地区(虎ノ門一・二丁目地区) 都市計画(素案)の概要 (PDF)”. 森ビル株式会社 独立行政法人都市再生機構 東洋海事工業株式会社. 2018年12月10日閲覧。
  5. ^ ポニーキャニオン - オフィス移転の事例” (日本語). www.joneslanglasalle.co.jp (2020年2月14日). 2022年5月3日閲覧。
  6. ^ ポニーキャニオン本社移転に関するお知らせ” (日本語). ポニーキャニオン公式企業サイト. 2022年5月3日閲覧。
  7. ^ 検証日本ビデオソフト史 1章「五千億円産業説」とその波紋 1.熱気を呼んだ背景、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  8. ^ 検証日本ビデオソフト史 2章 市販ソフトの胎動 2.フジ・ポニーの華々しい登場、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  9. ^ 検証日本ビデオソフト史 2章 市販ソフトの胎動 1.最初期のビデオソフト、日本映像ソフト協会。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  10. ^ https://www.fujimediahd.co.jp/ir/pdf/report/r70m.pdf
  11. ^ 高嶋塾 Vol.8 キャニオン・レコード
  12. ^ 稲増龍夫、『アイドル工学』、筑摩書房、1989年、123頁
  13. ^ スワロウ 公式サイト”. 2018年2月15日閲覧。
  14. ^ ポニーキャニオンが”声優アーティストスクール”開講!第1期生募集スタート”. 2018年2月15日閲覧。
  15. ^ 当社 グループ企業再編について”. ポニーキャニオン. 2019年8月2日閲覧。
  16. ^ ポニーキャニオン、劇場配給作品のラインナップ発表会を実施”. Musicman-NET (2014年1月31日). 2017年8月9日閲覧。
  17. ^ 『ラ・ラ・ランド』リピーター続出で興収40億円突破!本年度実写で初”. シネマトゥデイ (2017年4月18日). 2017年8月9日閲覧。
  18. ^ ポニーキャニオンの新イベントスペースがオープン。オリコンデイリーランキング2位のAnge☆Reveがこけら落としでライブを開催!!”. ポニーキャニオン (2019年7月9日). 2019年10月18日閲覧。
  19. ^ 池袋ライブ劇場 “harevutai”が11月1日のオープンに先駆けて、内覧イベントを開催。業界関係者が殺到し、会場キャパ500名を埋め尽くす大盛況のうちに終了!”. ポニーキャニオン公式企業サイト. ポニーキャニオン (2019年10月2日). 2022年4月10日閲覧。
  20. ^ ポニーキャニオン「共創」志向を実現する組織改編を実施ヒット(ORICON BiZ online)(2021年6月1日)
  21. ^ 「トロピカル~ジュ!プリキュア」のBlu-ray&DVDが発売決定!! - MARVELOUS!” (日本語). マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!. 2021年10月10日閲覧。
  22. ^ TVアニメ「トロピカル~ジュ!プリキュア」Blu-ray&DVDが発売決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年10月10日閲覧。
  23. ^ Blu-ray&DVD発売決定!!”. プリキュアLIVE公式ブログ. マーベラス (2021年9月26日). 2021年10月10日閲覧。
  24. ^ GARNiDELiAは、株式会社ポニーキャニオンへ、レーベル移籍しましたことをご報告致します。(@GARNiDELiA)”. Twitter. 2021年5月1日閲覧。
  25. ^ GARNiDELiA、MARiAソロALリリース決定&ポニーキャニオンへの移籍を発表”. BARKS. 2021年7月26日閲覧。
  26. ^ アニメクリエイティブ本部 | ポニーキャニオン公式企業サイト
  27. ^ アーティスト一覧(ポニーキャニオンのアニメ関連情報公式サイト「ぽにきゃん」)
  28. ^ 愛美から、皆様へ。#愛美ソロ解禁
  29. ^ INTERVIEW > OZROSAURUS part.1 - Black File
  30. ^ 神聖かまってちゃん“レンタル移籍”で「進撃の巨人」2期エンディング歌う”. ナタリー (2017年4月1日). 2017年4月1日閲覧。
  31. ^ Mr.FanTastiC、ナナホシ管弦楽団 (Gt) が脱退。今後は3人体制で活動継続”. skream!. 2021年11月21日閲覧。
  32. ^ この度ミスファン並びにメガテラ・ゼロは新しい事務所フォーライフ様に入りました!(@megater_0)”. Twitter. 2021年11月21日閲覧。
  33. ^ “農業ファンタジーアニメ「異世界のんびり農家」2023年1月放送開始、スタッフ情報も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年8月26日). https://natalie.mu/comic/news/491228 2022年8月26日閲覧。 
  34. ^ “人間不信の冒険者たちが世界を救うようです:“なろう系”ラノベがテレビアニメ化 2023年1月放送 メインキャストに小林裕介、渡部紗弓、菊池紗矢香、土岐隼一”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年10月11日). https://mantan-web.jp/article/20221011dog00m200018000c.html 2022年10月11日閲覧。 
  35. ^ “はつはる「お嬢と番犬くん」アニメ化!ヤクザの孫娘×過保護なイケメン若頭のラブコメ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年10月10日). https://natalie.mu/comic/news/497014 2022年10月10日閲覧。 
  36. ^ “「夢見る男子は現実主義者」TVアニメ化、突如現実を見た男子と美少女のすれちがいラブコメ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年11月18日). https://natalie.mu/comic/news/501913 2022年11月18日閲覧。 
  37. ^ “完全新作劇場版『グリッドマン ユニバース』2023年全国公開決定!”. PONYCANYON NEWS (ポニーキャニオン). (2022年8月26日). https://news.ponycanyon.co.jp/2022/08/74501 2022年8月27日閲覧。 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポニーキャニオン」の関連用語

ポニーキャニオンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポニーキャニオンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポニーキャニオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS