INSPIREとは?

Weblio 辞書 > 自動車・バイク > 自動車(ホンダ) > INSPIREの意味・解説 

インスパイア

インスパイア

インスパイア主要諸元

タイプ 35iL 35TL
V6 3.5L i-VTECPGM-FI
駆動方式 FF
車名型式 ホンダ・DBA-CP3
トランスミッション 電子制御5速オートマチックロックアップ機構付)
寸法

重量

乗車
定員
全長(m) 4.940
全幅(m) 1.845
全高(m) 1.475
ホイールベース(m) 2.800
トレッド(m) 前/後 1.580/1.580
最低地上高(m) 0.145
車両重量kg 1,610 1,600
最大車両重量kg 1,620
乗車定員(名) 5
客室寸法(m) 長さ/幅/高さ 1.920/1.525/1.220(サンルーフ装着車1.190)
エン
ジン
エンジン型式 J35A
エンジン種類シリンダー数及び配置 水冷V型6気筒横置
機構 SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 3,471
内径×行程mm 89.0×93.0
圧縮比 10.5
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L) 70
性能 最高出力kWPS]/rpm) 206280]/6,200
最大トルクN・mkg・m]/rpm) 342[34.9]/5,000
燃料消費率km/L
10・15モード走行国土交通省審査値)
9.8
主要燃費向上対策 可変シリンダーシステム/ロックアップ機構トルコン
最小回転半径(m) 5.7
動力
伝達

走行
装置
変速比 1速 2.697
2速 1.606
3速 1.071
4速 0.765
5速 0.612
後退 1.888
減速比 4.312
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 225/50R17 94V
ブレーキ種類形式 油圧ベンチレーテッドディスク
油圧ディスク
サスペンション方式(前/後) ダブルウイッシュボーン式 /
マルチリンク・ダブルウイッシュボーン式
スタビライザー形式前・後 トーション・バー

■※メーカーオプション組み合わせ装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものです。
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。

燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。

主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
■INSPIRE、G-CON、INTER NAVI SYSTEMPGM-FIプロスマテックVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。
製造事業者本田技研工業株式会社


インスパイア

英語 Inspire

インスパイアとは、ひらめき与え感動させるという意味である。初代モデルは、アコード・インスパイアの名で1989年10月発売した。4代目アコード同時代モデルで、5ナンバーサイズアコードと同じだったが、4ドアハードトップである点が違った。アコードと違う点はエンジンにもあり、直列5気筒を縦置きし、クランクシャフト中央部ドライブトレーンを置くという新方式FF車だった。エンジンはGA2SOHC・20バルブPGM-FIの2Lで最高出力160ps、1本のバランサーシャフト組み込んでいた。前輪中心より後方エンジンマウントして、ホンダではFFミッドシップといった。

92年1月ワイドボディ3ナンバー車を設定、単にインスパイアと呼ぶようになったボディ骨格基本的には変えず、フェンダー/ドア部分張り出すかたちで、全幅1775mmとした。エンジンは直5・2.5Lとなり最高出力190ps。2Lの160psエンジン残った電子制御の4速ATはプロスマテックというプログラム組み込み山道の上下りコーナーなどで的確なシフトを行う、進歩したタイプとなった。

95年2月フルモデルチェンジワイドボディ3ナンバー車を2代目とすると、3代目になる。3ナンバー専用車となって、全長は4840mm、全幅1785mmとなった。エンジン直列5気筒SOHC20バルブの縱置き2.5L・180ps/190psを載せるほか、2L・160psも健在。ATはファジー制御取り入れプロスマテックで、セレクターはゲート式となった。パワーステアリングは、車速感応ロータリーバルブ式を採用した。7月V6SOHC32バルブ・3.2Lエンジンを載せた32Vというトップグレードを追加全長4870mm、全幅1800mmと、さらに大型化した。インテリアには木目パネル自発光式メーターなどを採用高級感増した。

96年11月マイナーチェンジ。全車に運転席助手席SRSエアバッグと3チャンネルデジタル制御ABS標準装備

98年10月フルモデルチェンジ、4代目デビュー新型アメリカ企画開発生産して、日本逆輸入したモデルエンジンV6・4バルブで、SOHC・2.5Lと、SOHC・3.2Lの両タイプをそろえ、その制御についても新技術投入した。2.5LはVTEC可変吸気システム、3.2LではVTEC低回時に吸入バルブの1個を休止する技術盛り込んでいた。

99年11月に安全装備等の充実をはかった。2001年4月マイナーチェンジ内外装を一新Sマチック採用。3.2Lエンジン搭載車がタイプSと呼ぶホットモデルに変身した。エンジン出力を260psとし、サスペンションチューニングタイヤのサイズアップをはかった。

2003年6月、5代目登場。再び国内生産車となり、エンジンV6・3Lのみ。車速・車間制御衝突軽減ブレーキなど最新技術満載する。

インスパイア

インスパイア_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

インスパイア

(INSPIRE から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/14 15:55 UTC 版)

インスパイア: inspire




「インスパイア」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「INSPIRE」の関連用語

INSPIREのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



INSPIREのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインスパイア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS