12月8日 記念日・年中行事

12月8日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/12 02:52 UTC 版)

記念日・年中行事

フィクションのできごと

誕生日(フィクション)

脚注


注釈

  1. ^ 小説では「渋谷キャトル」という架空の会場。映画では国立代々木競技場第一体育館
  2. ^ オリジナルに当たる『宇宙戦艦ヤマト』(テレビシリーズ)では2200年9月6日

出典

  1. ^ 『朝日新聞』昭和47年(1972年)12月9日朝刊、13版、3面
  2. ^ “森繁久弥さんに国民栄誉賞、22日表彰式”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2009年12月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20091208-573783.html 2020年10月15日閲覧。 
  3. ^ “改正入管法が可決、成立 外国人労働者の受け入れ拡大”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年12月8日). https://www.asahi.com/articles/ASLD774W1LD7UTFK033.html 2018年12月26日閲覧。 
  4. ^ 2018-19 GPファイナル 女子フリー 試合速報”. スポーツナビ. ヤフー (2018年12月9日). 2018年12月26日閲覧。
  5. ^ Mary queen of Scotland Encyclopædia Britannica
  6. ^ “藤村俊二さん死去 82歳、心不全「おヒョイさん」の愛称”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/01/kiji/20170201s00041000191000c.html 2020年10月28日閲覧。 
  7. ^ 高倉照幸氏が死去 西鉄黄金期1番打者で日本一貢献 - 日刊スポーツ 2018年2月13日
  8. ^ プロフィール”. 琴ちゃわんdeもう一杯!!. 2020年10月30日閲覧。
  9. ^ SKE48 プロフィール
  10. ^ 渡辺佳彦 (2014年11月17日). “眼相がいい 岩出玲亜が10代日本最高記録”. ニッカンスポーツ. 2014年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月19日閲覧。
  11. ^ 摩味|株式会社青二プロダクション”. 2023年3月14日閲覧。
  12. ^ lilyholic media”. 2018年1月17日閲覧。
  13. ^ 浦沢直樹『YAWARA!』 13巻、小学館〈ビッグコミックス〉、1990年、204頁。ISBN 4-09-182113-8 
  14. ^ 2013年に放送されたテレビドラマ第8話に登場した人事調書。
  15. ^ 岩井俊二『リリイ・シュシュのすべて』角川文庫、2004年、12頁。ISBN 978-4-04-344105-1 
  16. ^ 特務機関調査プロジェクトチーム『新世紀エヴァンゲリオン完全解体全書―新たなる謎と伝説』青春出版社、1997年、199頁。ISBN 978-4-413-03073-1 
  17. ^ キャラ紹介 園智恵理 CHIERI SONO”. 『AKB0048』. サテライト/AKB0048製作委員会. 2022年12月6日閲覧。
  18. ^ Kamedas2』(集英社、2001年)72頁
  19. ^ p_kouhouのツイート(1472401298947411968)
  20. ^ 十時 愛梨(ととき あいり)”. THE IDOLM@STERアイドル名鑑. 窪岡俊之 Bandai Namco Entertainment Inc.. 2022年12月6日閲覧。
  21. ^ チェイス”. 【公式】キングスレイド|超本格リアルタイム3DバトルRPG. 2022年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月6日閲覧。
  22. ^ bunal_prのツイート(1468233889302855685)


「12月8日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「12月8日」の関連用語

12月8日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



12月8日のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの12月8日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS