狂言 舞台

狂言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/11 00:45 UTC 版)

舞台

A.能舞台平面図
B.舞台上の位置および見所の名前

能舞台が用いられる。登場人物は、原則として下手の「鏡の間(画像A-1)」から現れて以降は、終劇まで鏡の間へ入ることはない。その場面上にいないことを表現する際は、「後見座(画像A-10)」「狂言座(画像A-11)」「笛座前(画像B-3)」のいずれかで、演者は静かに座り込む。逆に、その場に登場している態の演者は、「常座(画像B-1)」「脇座前(画像B-9)」「角(画像B-7)」を結ぶ三角形の中のみで演技を行う[4]

登場人物(役柄)

狂言で主役を務める者は、能と同様にシテ(仕手)というが、その相手役を務める者は能のワキ(脇)とは異なり、アド(挨答)という。大藏流(※流派のひとつ。流派については後述)ではアドが集団で登場する立衆物(たちしゅうもの)などの場合、統率する一番目のアド(立頭)をオモと呼ぶ。また、和泉流(※流派のひとつ)では、アドに準ずる役柄を小アドなどと称する。実際の台本では後述の役名で表記されることの方が多い。

役名は役割を示す一般名詞であることが多く、固有の役名は少ない。「大名(名主の意)」「果報者(成功者の意)」「太郎冠者・次郎冠者・三郎冠者」「出家(僧侶の意)」「山伏」「素破(すっぱ、詐欺師の意)」「」「聟(むこ、大名などの娘婿)」「商人」など、十数種類に限られる。また、どの役柄がシテとなるかが、そのまま後述の演目分類になっている[2]

出立(装束)

演者は男役の場合はを着用し、役柄によって袴の長さや脚絆の有無を変える。女役の場合は頭に長い白い布を巻いて小袖をまとった「女出立(おんないでたち)」と呼ばれる扮装を着用する。基本的には素顔で演じられ、表情の演技も行うが、演目によっては狂言面を用いる場合もある[5]

狂言の種類(分類)

狂言方の役割

  • 本狂言(ほんきょうげん)
    通常、狂言という場合はこれをさす。一曲として独立して演じられるもの。
  • 間狂言(あいきょうげん)
    単に「アイ」とも。能の一場面(前シテと後シテの前後間をつなぐ場面など)に出演する狂言方の役および演技の呼称。歌舞伎など他の演芸作品の間(アイ)で演じる場合にこの語を用いることもある。
  • 別狂言(べつきょうげん)
    式三番における狂言方の役および演技の呼称。具体的には「」における三番叟(大藏流では「三番三」と書く)と、その特別演出である風流(ふりゅう)をいう。

本狂言の種類

狂言の演目は「曲目」と称する場合がある[2]。『大藏流狂言名寄』では、シテの主役別に曲目を以下のように分類している[2][6]。なお、時代や流派によって分類は変化する。

  • 脇狂言(わききょうげん)
    祝言本位の曲。正月などに演じられる。「末広がり」「三本の柱」「福の神」「大黒連歌」「筑紫奥」「三人夫」「松楪」「佐渡狐」「鍋八撥」「隠笠(※和泉流では宝の笠)」「宝の槌」など。
  • 大名狂言(だいみょうきょうげん)
    主従もののうち、大名がシテを務めるもの。「粟田口」「入間川」「鼻取相撲」「蚊相撲」「靱猿[7]」「墨塗」「鬼瓦」「萩大名」「二人大名」「文蔵」「富士松」「武悪」「寝音曲」「栗焼」「今参り」など。
  • 小名狂言(しょうみょうきょうげん)
    大名などに仕える「太郎冠者」がシテを務めるもの。「止動方角」「鐘の音」「空腕」「縄綯」「千鳥」「太刀奪」「素袍落」「木六駄」「棒縛」「附子」「文荷」「呼声」など。
  • 聟・女狂言(むこ・おんなきょうげん)
    聟がシテを務めるものおよび、女性が登場するもの。「八幡前」「鶏聟(雞聟)」「船渡聟」「二人袴」「吹取」「釣針」「水掛聟」「右近左近(※和泉流では内沙汰)」「鎌腹」「箕被」「貰聟」「伯母ヶ酒」「千切木」「比丘貞」「花子」など。
  • 鬼・山伏狂言(おに・やまぶしきょうげん)
    閻魔王や鬼の類がシテを務めるもの(人が鬼に化ける話もこれに含まれる)および、山伏がシテを務めるもの。舞狂言(仕舞狂言、能がかり狂言)もここに含まれる。「朝比奈」「節分」「首引」「清水」「神鳴」「禰宜山伏」「蟹山伏」「柿山伏」「梟(※和泉流では梟山伏)」「菌(※和泉流では)」「蝸牛」「枕物狂」「髭櫓」「通圓」「八尾」など。
  • 出家・座頭狂言(しゅっけ・ざとうきょうげん)
    出家(僧侶)、新発意(しんぼち 出家したばかりの若い僧侶)、座頭がシテを務めるもの。「宗論」「布施無経」「悪太郎」「魚説教(※和泉流では魚説法)」「御茶の水」「六地蔵」「丼礑」「月見座頭」「川上」「薩摩守」「猿座頭」「伯養」「呂連」など。
  • 集狂言(あつめきょうげん)
    上記の分類に収まらないもの。「瓜盗人」「連歌盗人」「金藤左衛門」「茶壺」「磁石」「膏薬練」「酢薑」「鳴子遣子」「芥川」「八句連歌」「横座」「合柿」「居杭(※和泉流では井杭で、小名狂言に分類)」「釣狐」など。

  1. ^ a b c 狂言』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i j 北川忠彦、安田章(校注)『完訳日本の古典 48 狂言集』(小学館 1985年)pp.396-402「解説 二」
  3. ^ 今尾哲也 『河竹黙阿弥 : 元のもくあみとならん』〈ミネルヴァ日本評伝選〉ミネルヴァ書房、2009年。ISBN 978-4-623-05491-6 
  4. ^ 『完訳日本の古典 48 狂言集』p.44、p.90
  5. ^ 狂言面』 - コトバンク
  6. ^ 『完訳日本の古典 48 狂言集』pp.410-441「狂言名作解題」
  7. ^ 通常、狂言師は子供のころに、「靱猿」のサル役でデビューする。






狂言と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狂言」の関連用語

狂言のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狂言のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狂言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS