MEとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 工学 > MEの意味・解説 

エム‐イー【ME】

main equipment》⇒主装置


エム‐イー【ME】

《macroengineering》マクロエンジニアリング。宇宙海洋開発のように、最高の技術最大組織運営される巨大プロジェクト


エム‐イー【ME】


エム‐イー【ME】


エム‐イー【ME】

medical electronicsmedical engineering工学理論技術医学医療応用して診断治療役立てること。また、その学問。ME機器にはCTスキャナー・レーザーメス・人工心臓などがある。


エム‐イー【ME】


エム‐イー【ME】

Middle English中期英語。1150~1500年の間の英語。


ミー【me】

私。僕。「私に」「私を」の意の英語を転用したもの。「ミーを助けて」「ミーの車」


方法改善

別名:メソッド・エンジニアリング、ME
【英】:Method Engineering

メソッド・エンジニアリング(ME)とは、ワークシステムを工学的に設計改善することを目的とする。

代表的手法として、対象システム目的とする機能達成面からアプローチする、「ワークデザイン」や現状システムの無駄や欠点取り除く視点に立つ「リサーチアプローチ」が有る

分析ツールとしては「ワークフロー分析」「プロセス分析」「ライン作業分析」「連合作業分析」「稼動分析」「時間分析」など多数有り広く適用されている。

メソッド・エンジニアリング対象範囲は、多数設備と人が広範囲関連する巨大システムから、小人数ワークエリア最適化目的とするものまで、幅広いメソッド・エンジニアリング適用領域も、当初製造部門主体であったが、その後間接業務サービス業務、設計業務等に対象を広げ、現在ではすべてのワークシステムをその設計改善対象としている。

ME(エム・イー)

Montreal Exchangeの略、モントリオール取引所のこと。

ME 【Music Effect】

音楽利用した効果音

平均誤差(ME)

分野
予報評価に関する用語
意味:
予報誤差総和を全予報回数で除した値。予報誤差系統的な偏りバイアス)を示す。
Mean Error

網点除去

読みあみてんじょきょ
英語:mesh elimination ,ME

入力画像網点構造を持つ場合出力機器網点成分干渉モアレ発生する.これを回避するため原画像の網点成分除去すること.

Me

名前 ミー; メ

ME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 02:12 UTC 版)

ME, Me, me




「ME」の続きの解説一覧

.me

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 19:22 UTC 版)

.meモンテネグロ国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。ユーゴスラビアドメイン(.yu)が使用されていたが、2007年に登録が開始された。






「.me」の続きの解説一覧



MEと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ME」の関連用語

MEのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2020 Japan Video Software Association
気象庁気象庁
©2020 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2020 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのME (改訂履歴)、.me (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS