長寿 ギネス世界記録非認定の主な長寿者

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 寿 > 長寿の解説 > ギネス世界記録非認定の主な長寿者 

長寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 02:36 UTC 版)

ギネス世界記録非認定の主な長寿者

不確かな記録を含む。

ただし、デーモン閣下のような一般的にテレビなどで長寿と言及されない人物は対象外とする。

2001年以後没又は存命

名前 性別 年齢 生年月日 没年月日 備考
ビラフンダ・サヤドー U.コウィダ 男性 1112歳+ 908年[7] 2020年3月24日
生存確認[8]
現代におけるもっとも極端な主張とされている。
ジェームズ・オロフィンツィ 男性 170歳+ 1844年8月15日 2014年8月15日
生存確認[9]
ドハクァボ・エッバ 男性 161歳130日 -
162歳129日
1853年 2015年5月10日[10]
ムバフ・ゴト 男性 146歳120日 1870年12月31日 2017年04/30-4月30日
[11][12]
ジャワ島在住、本名バグス・ソディメジョ。
政府発行の身分証に1870年12月31日生まれと記されている[13]
ハビーブ・ミヤーン 男性 138歳084日 1870年05/28-5月28日 2008年08/20-8月20日 年金手帳には1878年5月20日生まれと記されている
(その場合、生存日数は130年92日となる)。
阿麗米罕・色依提 女性 135歳174日 1886年06/25-6月25日 2021年12/16-12月16日[14] 新疆ウイグル自治区疏勒県在住のウイグル[15]
ハムリ・アブドゥーラ 男性 133歳 不詳 不詳
アンティサ・フビチャワ 女性 132歳084日 1880年07/08-7月8日 2012年9/30-9月30日 生年月日は旧ソ連時代の記録などによるもの。
2012年10月7日に現地メディアが死去を報じた[16]
サルハト・ラシドワ 女性 131歳016日 -
132歳015日
1875年 2007年01/16-1月16日
マリア・オリヴィア・ダ・シウヴァ 女性 130歳130日 1880年02/28-2月28日 2010年07/08-7月8日
サハン・ドソヴァ 女性 130歳045日 1879年03/27-3月27日 2009年05/11-5月11日 1926年に実施された国勢調査の時点で47歳であったと主張。
旧ソ連時代のパスポートやカザフスタンの身分証明書に生年月日が記載[17]
モハメド・アル・ワシミー 男性 129歳+ 1875年 2005年8月
生存確認
生年は自称。
クルス・エルナンデス 女性 128歳309日 1878年05/03-5月3日 2007年03/08-3月8日
エリザベス・イスラエル 女性 128歳260日 1875年01/27-1月27日 2003年10/14-10月14日
スワーミー・カリヤーンデーヴ 男性 127歳346日 1876年07/26-7月26日 2004年07/12-7月12日
羅美珍 女性 127歳335日 1885年07/09-7月9日 2013年06/11-6月11日 61歳で息子を出産したことになるなど疑問点あり[18]
リーンドラ・ベッセラ・ランブラレス 女性 127歳200日 1887年08/31-8月31日 2015年3月19日[19] 出生証明書は40年前に紛失しており、
メキシコ当局が新しい証明書を提供しようとしていた[20]
ハミダ・ムスルマニ 女性 126歳+ 1877年 2004年6月
生存確認
ロイター通信が世界最高齢になる可能性があると報じた。
ベニート・マルティネス・アブロガン 男性 125歳356日 1880年06/19-6月19日 2006年06/10-6月10日 出生証明書なし。
フアン・ラモス 男性 125歳214日 1880年07/24-7月24日 2006年01/24-1月24日
アベワラ・グレイス 女性 125歳155日 1878年08/16-8月16日 2004年01/18-1月18日
アルバータ・デイヴィス 女性 125歳034日 1881年12/24-12月24日 2007年01/27-1月27日
アンナ・ビッサー 女性 125歳014日 1878年12/25-12月25日 2004年01/08-1月8日
フランシスコ・ベアチャプリナ 男性 125歳 不詳 不詳
フランシスカ・スサノ 女性 124歳080日 1897年9月11日 2021年11月22日
マリアム・アマシュ 女性 124歳 1888年 2012年12/22-12月22日 出生時はオスマン帝国の施政下にあり、当時の政府が発行した
出生証明書をもとにイスラエル政府が1888年生と記した
IDカードを発行した[21]
カルメロ・フロレス・ラウラ 男性 123歳327日 1890年07/16-7月16日 2014年6月8日 ボリビアには1940年以前の戸籍は存在しないが、
洗礼証明書に記載された生年月日をボリビア当局が認定した[22]
ハバ・レジャ 女性 123歳069日 -
123歳099日
1880年8月 2003年11/08-11月8日
グエン・ティ・チュー 女性 123歳069日 1893年05/04-5月4日 2016年07/12-7月12日 ホーチミン市出身・在住。ワールド・レコード・アソシエーション
(WRA)により世界最高齢女性と認定されていた[23]
セヘル・ブルット 女性 122歳094日 -
123歳093日
1884年 2007年04/04-4月4日
シン・ダラム・パル 男性 122歳+ 1897年10/06-10月6日 2019年
生存確認
生年月日はパスポートの記載による。
第18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会にエントリー[24]
セリノ・ビジャヌエバ 男性 121歳267日 1896年07/25-7月25日 2018年04/18-4月18日 生年月日はチリ政府発行の身分証明書に記載があるが、出生当時の
公的書類が現存していなかったためギネスへの申請を断念した[25]
マリア・ルシマール・ペレイラ 女性 120歳295日+ 1890年09/03-9月3日 2011年6月25日
生存確認
北西部アクレ州タラウアカ市在住のカシナワ族のインディオ[26]
ユーフー・セワン 男性 120歳+ 1893年 2013年11月
生存確認
中国雲南省出身、タイ北部チエンラーイ県メーファールワン郡
モン族の村在住[27]
エマ・ボディー・ビゲイ 女性 119歳158日 1887年11/03-11月3日 2007年04/06-4月6日 2007年公表の社会保障記録によると1896年生の110歳とも
(英語版記事(※2016年3月削除)より)。
ガームー・トンナムチョークディー 男性 119歳077日 1894年05/08-5月8日 2013年7月22日 北部メーホンソーン県在住で生年月日は身分書の掲載による[28]
呂紫劍 男性 118歳333日 1893年11/22-11月22日 2012年10/21-10月21日 生年月日は自称か。
ジュリア・フローレス・コルケ 女性 118歳302日 1900年10/26-10月26日 2019年08/24-8月24日 肺線維症のためコチャバンバ県サカバで死去[29]
タヴァ・コロ 女性 118歳130日 1902年12/22-12月22日 2021年05/01-5月1日
マリア・エミリア・ケサーダ 女性 117歳171日 1901年01/05-1月5日 2018年06/26-6月25日
李素清 女性 117歳149日 1899年01/14-1月14日 2016年06/11-6月11日
グリゴリー・ネストル 男性 116歳274日 1891年03/15-3月15日 2007年12/14-12月14日 生年月日はパスポートの記載による。
フレディー・ブロム 男性 116歳106日 1904年05/08-5月8日 2020年08/22-8月22日 現在の東ケープ州出身。自然死[30]
本郷かまと 女性 116歳045日 1887年09/16-9月16日 2003年10/31-10月31日 実際の生年は1893年とする説がある[31]
マグダレナ・オリバー・ガバロ[32] 女性 115歳182日 1903年05/19-10月31日 2019年5/1-5月1日 存命中のスペイン最高齢者であったとされる。
グスタフ・ゲルネート 男性 114歳007日 1905年10/15-10月15日 2019年10/22-10月22日 男女を含めたドイツの最高齢者とされている[33]
ユゼフ・コワルスキー 男性 113歳308日 1900年02/02-2月2日 2013年12/07-12月7日 男性長寿2位だったジェームズ・シスネットより20日早く生まれた。

2000年以前没

名前 性別 年齢 生年月日 没年月日 備考

李青曇 男性 255歳001日 -
256歳364日
1677年 1933年05/06-5月6日 生誕150年、200年に清国政府が祝辞の言葉をあげている。
ぎざえもん/儀左衛門 男性 208歳 1632年 1840年存命? 因幡国松下村の百姓。江戸の中期に209歳(数え年)まで生き、将軍に自らの白髪を
献上したという記録が残る。妻も197歳まで生きたとの事。鳥取藩主・松平因幡守
(池田斉訓)から表彰された。その時、孫夫婦までが120歳以上だった(息子159歳、媳婦156歳、孫129歳、孫の妻124歳。また、来孫まで名前が記載されている)[34]
まんぺい/満平 男性 193歳+ 1602年 1796年 三河国宝飯郡水泉村の百姓[35]。萬平(万平)とも。
また、妻173歳、息子153歳、孫105歳とされている。
ケンタイ・ジャーン ? 185歳 不詳 不詳
ピトラス・ソアルテン ? 184歳001日 -
185歳364日
1539年 1724年
まつばら せんえもん松原仙右衛門 男性 183歳+ 1632年 1815年存命? 因幡国松原村の百姓。当時、妻・きのは171歳、息子・佐右衛門は131歳、その妻・いさは129歳、孫・富右衛門は103歳、その妻・かねは101歳だったという。
鳥取藩主・松平因幡守(池田斉稷)から表彰され、苗字帯刀を許され、
銭10貫文などを与えられた[36]
セノス・ロウェン ? 171歳001日 -
172歳364日
1553年 1725年
フリア・シェピブ・ヘロウ ? 169歳001日 -
170歳364日
1807年 1977年
シラリ・ムスリモフ 男性 168歳105日 1805年05/20-5月20日 1973年09/02-9月2日 シラリ・ミスリモフとも、生年月日は自称か。
ヌズミ・ドゥスティ 女性 160歳001日 - 
161歳030日
1834年 1995年01月
ハテス・ハムス ? 163歳001日 -
164歳365日
1764年 1928年
孫見龍 ? 156歳001日 -
157歳365日
1523年 1680年
トーマス・パー 男性 151歳001日 -
152歳364日
1483年 1635年
マームッド・オグリー・エイバゾフ ? 150歳001日 - 
151歳364日
1808年 1959年
アム・アトゥワ・ムーサ 男性 149歳+ 1848年 1998年
生存確認
日本語版ギネスブック1999年版に自称年齢として掲載。
クリステン・ヤコブセン・ドラッケンベルグ 男性 145歳326日 1626年11/18-11月18日 1772年10/09-10月9日
山崎清左衛門 男性 142歳+ 1680年 1822年存命? 陸奥国一野村の百姓。妻は139歳、息子は112歳、その妻は109歳。
盛岡藩主・南部大膳大夫(南部利用)から表彰され、苗字帯刀を許され、
銭10貫文などを与えられた[37]
マリア・ド・コモ 女性 129歳101日 1871年05/05-5月5日 2000年07/14-7月14日
ジャクソン・ポラード 男性 125歳314日 1869年12/15-12月15日 1995年10/25-10月25日
アデシダ1世 男性 125歳 1832年 1957年 アクレ王国(現ナイジェリア)国王。キング・サニー・アデの祖父。
死までの60年間(1897-1957)在位した。生年月日は文書では残っていない。
飯越カメ 女性 123歳 1826年 1950年 1954年9月16日付の朝日新聞千葉版(南部)に掲載。
スージー・ブランソン 女性 123歳339日 1871年12/25-12月25日 1994年11月29日
マーク・スラッシュ 男性 123歳006日 1820年12/12-12月12日 1943年12/18-12月18日 1900年国勢調査で77歳と記載。121歳没(1822年生まれ)の可能性あり。
倉平ハル 女性 120歳311日 1815年05/18-5月18日 1936年3月24日 1933年1月に三越延命長寿の会が発行した『健康に輝く延命長寿の栞』[4]
文化12年4月10日(旧暦?)生まれの119歳で日本最長寿として掲載されている
(年齢は数え年と思われる)。
泉重千代 男性 120歳185日 1865年08/20-8月20日 1986年02/21-2月21日 1976年11月16日以降長寿世界一とされていたが、1880年生まれの105歳説が
指摘されており、ギネスは2012年版より公認を取り消している。
小林やす 女性 118歳088日 1846年03/02-3月2日 1964年05/29-5月29日 当時長寿日本一とされていた。
同時代の世界最高齢はメアリー・ケリー(113歳没)が認定されている。
ルーシー・ハンナ 女性 117歳0248日 1875年7/16-7月16日 1993年03/21-3月21日 黒人の最長寿とされたが、生年に異論がある。
また、本人と確認できる写真が存在しない。
マリー・ローレ・デュ・セール=テルモン 女性 117歳004日 1860年1/4-1月4日 1977年01/8-1月8日 114歳から117歳を初めて達成した人物とされるが、ルーシー・ハンナ同様、本人と確認できる写真、文献が存在しないため、リサーチグループは検証を保留中である。
中村重兵衛 男性 116歳329日 1852年06/10-6月10日 1969年05/05-5月5日 当時長寿日本一とされていた。
同時代の世界最高齢はマリー・ベルナトコヴァ(111歳没)が認定されている。
森元いと 女性 116歳296日 1853年08/15-8月15日 1970年06/07-6月7日 当時長寿日本一とされていた。
同時代の世界最高齢はエイダ・ロー(111歳没)が認定されている。
キャリー・C・ホワイト 女性 116歳088日 1874年11/18-11月18日 1991年02/14-2月14日 史上最初に116歳を超えた人物だとされたが、生年に異論がある。
アニティカ・ビュータリュー 女性 115歳157日 1882年06/17-6月17日 1997年11/21-11月21日 [38]
ケイティ・ハットン 女性 115歳037日 1876年12/18-11月18日 1992年01/24-1月24日
マーサ・グラハム 女性 114歳190日 1844年12/17-12月17日 1959年06/25-6月25日 史上最初に114歳を超えた人物だとされたが、生年に異論がある。
藤沢ミつ 女性 113歳283日 1876年04/09-4月9日 1990年01/17-1月17日 1986年5月21日の津川イネの死去後日本最高齢とされていたが、
実際の生年は1890年、本名は「藤沢コサヨ」の可能性がある。
ピエール・ジュベール 男性 113歳 1701年7月15日 1814年11月? ギネスブック初版(1955年)において、同姓同名の息子と混合され、
113歳と誤って認定されていた。実際には82歳[39]
ジェームズ・キング 男性 112歳202日 1854年11/05-11月15日 1967年06/05-6月5日
島田ハルノ 女性 112歳007日 1857年04/09-12月24日 1969年01/17-12月31日 同時代の世界最高齢はエイダ・ロー(111歳没)が認定されている。
鈴木サダ 男性 112歳+ 1796年/1797年 1909年05/12-5月12日 1909年5月14日付の朝日新聞に全国一の長寿者として訃報記事が掲載。
阿實キノ 女性 111歳+ 1832年 1944年01/08-1月8日
生存確認
1944年1月8日付の読売新聞に掲載。
堀籠とめ 女性 111歳296日 1857年01/22-1月22日 1968年11/14-11月14日 同時代の世界最高齢はマリー・ベルナトコヴァ(111歳没)が認定されている。
ジェームズ・ヘンリー・ブレットJr. 男性 111歳200日 1849年07/25-7月25日 1961年02/10-2月10日 [38] マーサ・グラハムの死後世界最高齢と考えられていたが、現在は削除
ロバート・アーリー 男性 111歳001日 1849年10/08-10月8日 1960年10/09-10月9日 [38]
森まつ 女性 111歳+ 1803年/1804年 1915年10/10-10月10日
生存確認
キルステン・ヘンドリクセン 女性 110歳105日 1810年02/07-2月7日 1920年05/22-5月22日 アン・ポウダーに次ぐ4番目のスーパーセンテナリアンとされるが、没日不詳のためいまだ認定されていない。
宮田トカ 女性 110歳026日 1872年02/29-2月29日 1982年03/27-3月27日 旧暦生まれ最後の生存者となる。
中村ノヨ 女性 109歳348日+ 1792年01/18-1月18日 1902年01/01-1月1日
生存確認
1902

年1月1日付の読売新聞に掲載。

鳥栖越山 男性 109歳356日 1824年04/06-4月6日 1934年03/28-3月28日
サロメ・セラーズ 女性 108歳82日 1800年10/19-10月19日 1909年01/09-1月9日 世界最後の18世紀生まれの人物とされる。

男性で世界最高齢の可能性ありの人物

鳥栖越山 男性 109歳356日 1824年04/06-4月6日 1934年03/28-3月28日
ウォルター・シュリンガー 男性 106歳343日 1849年01/07-1月7日 1955年12/16-12月16日
ルイ・アウグストゥス・フレイス 男性 106歳191日 1849年07/31-7月31日 1956年02/07-2月7日
ヘンリー・モール 男性 107歳338日 1854年10/12-10月12日 1962年09/15-9月15日
ジェームス・モンロー・キング 男性 112歳202日 1854年11/15-11月15日 1967年06/05-6月5日
イーライ・リンゼイ 男性 110歳271日 1858年02/27-2月27日 1968年11/24-11月24日
トーマス・ロビンソン 男性 109歳364日 1860年01/06-1月6日 1970年01/05-1月5日
ジョン・トルーマンハウザー 男性 109歳286日 1860年05/16-5月16日 1970年02/26-2月26日
ジョージ・ロビンソン 男性 110歳65日 1860年06/14-6月14日 1970年08/18-8月18日
テオフィルス・メイ 男性 110歳331日 1861年01/05-1月5日 1971年12/02-12月2日
ジェームス・ホルト 男性 111歳13日 1865年12/25-12月25日 1977年01/07-1月7日
アイザック・エドワーズ 男性 110歳316日 1863年12/06-12月6日 1974年10/18-10月18日
アニシオ・ロドリゲス・アルベス 男性 116歳229日 1892年12/30-12月30日 2009年8/16-8月16日 認定されれば田鍋友時、ヘンリー・アリンガムは
男性世界最高齢でなくなる。

注釈

  1. ^ 生年月日は1908年5月23日の可能性がある。
  2. ^ 1889年9月1日生まれという説も(その場合、年齢は114歳271日となる)。

出典

  1. ^ 長寿(ちょうじゅ)の意味”. goo国語辞書. 2019年12月5日閲覧。
  2. ^ Guinness World Records 2014 p.120
  3. ^ a b World's Oldest Person (WOP) Titleholders Since 1955ジェロントロジー・リサーチ・グループ
  4. ^ World's Oldest Men (WOM) Titleholders Since 1972ジェロントロジー・リサーチ・グループ
  5. ^ “最高齢は115歳女性 東京・渋谷区在住”. 47news. (2015年4月1日). オリジナルの2015年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150402163352/http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040101001330.html 
  6. ^ a b c d World's Oldest Person Titleholders (since 1955)”. web.archive.org (2010年9月28日). 2020年10月27日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ Nigeria Claims World Oldest Man: 170 Year-old Oluwaro of Iloro-Ekiti
  10. ^ Oromo Elder Dhaqqaboo Eebbaa (1853-2015): The oldest man ever to have lived has died at age of 163 OromianEconomist 2015年5月14日
  11. ^ 世界最高齢のインドネシア人男性が死亡、享年146歳 TRT 日本語 2017年5月2日
  12. ^ 「世界最高齢146歳」のインドネシア男性が死去 朝日新聞 2017年5月2日
  13. ^ 世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る AOLニュース 2016年8月31日
  14. ^ “中国最高齢女性、135歳で死去 新疆ウイグル自治区”. AFPBB News. (2021年12月20日). https://www.afpbb.com/articles/-/3381594 2021年12月20日閲覧。 
  15. ^ 中国の最高齢者は127歳女性 newsclip.be 2013年10月18日
  16. ^ “132歳?グルジア女性死亡 「長寿の秘訣はウオツカ」”. 朝日新聞. オリジナルの2012年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121008104032/http://www.asahi.com/international/update/1008/TKY201210080228.html 
  17. ^ “'World's oldest woman' dies at 130... after slipping in bathroom of new flat Kazakhstan gave her to celebrate her age”. デイリー・メール. (2009年5月11日). https://www.dailymail.co.uk/news/article-1180580/Worlds-oldest-woman-dies-130--slipping-bathroom-new-flat-given-celebrate-age.html 2021年2月2日閲覧。 
  18. ^ 中国「127歳」女性死亡 記録正しければ61歳で出産 朝日新聞 2013年6月11日(オリジナルの2013年10月19日地点のアーカイブ
  19. ^ メキシコで127歳の女性が死去、子孫は161人ロイター(2015年3月23日)2015年3月23日閲覧
  20. ^ Mexico's Leandra Becerra Lumbreras becomes oldest person who ever lived at 127”. Georgia News Day (2014年8月31日). 2014年9月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月25日閲覧。
  21. ^ '124-year-old' Arab-Israeli woman dies Israel News 2012年12月24日閲覧
  22. ^ ボリビアに123歳男性? 事実なら史上最高齢 産経新聞 (2013年8月16日地点でのアーカイブ
  23. ^ 世界最高齢ベトナム人女性123歳で死去 19世紀生まれは残り1人 NEWSALT 2016年7月16日
  24. ^ アジアマスターズ陸上 116歳(?)のインド選手も出場予定 和歌山放送 2014年9月13日
  25. ^ 南米チリで「121歳」の男性死亡…ギネス不認定 サンケイスポーツ、2018年4月19日
  26. ^ '120-year-old woman' discovered in Brazil during routine checks on birth certificates Mail Online 2011年6月29日
  27. ^ “タイで今度は「120歳」男性=世界最高齢の可能性 時事ドットコム”. (2013年11月19日). https://web.archive.org/web/20131202231043/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013111900944 2021年6月6日閲覧。 (2013年12月2日地点でのアーカイブ[リンク切れ]
  28. ^ 119歳?タイの「世界最高齢」男性死去 SankeiBiz 2013年7月24日(2013年12月2日地点でのアーカイブ
  29. ^ “Muere Julia Flores Colque, la indígena más longeva de Bolivia”. Uno TV. (2019年8月24日). https://www.unotv.com/noticias/portal/internacional/detalle/muere-julia-flores-colque-la-indigena-mas-longeva-de-bolivia-584614/ 2019年9月11日閲覧。 
  30. ^ “116歳、「世界最高齢の男性」亡くなる 南アフリカ”. BBC News. BBC. (2020年8月23日). https://www.bbc.com/japanese/53878415 2020年8月24日閲覧。 
  31. ^ Michel Poulain.“On the age validation of supercentenarians”
  32. ^ La abuela de Galicia sopla 112 velas en Ponte do Porto
  33. ^ [3]
  34. ^ 倉田務(幽谷)『筐底雑誌』(戴抱精舎、1892年)
  35. ^ 金杉英五郎『耄録防止法并に美貌保存法』(啓明閣、1927年)92頁
  36. ^ 金杉英五郎『耄録防止法并に美貌保存法』(啓明閣、1927年)93頁
  37. ^ 金杉英五郎『耄録防止法并に美貌保存法』(啓明閣、1927年)95-96頁
  38. ^ a b c The Oldest Human Beings
  39. ^ 日本語版ギネス世界記録2015年版. p. 77. ISBN 978-4-04-899601-3 
  40. ^ 2018年5月27日読売新聞






長寿と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長寿」の関連用語

長寿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



長寿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長寿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS