石毛宏典 石毛宏典の概要

石毛宏典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 05:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
石毛 宏典
基本情報
国籍 日本
出身地 千葉県旭市
生年月日 (1956-09-22) 1956年9月22日(64歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手
プロ入り 1980年 ドラフト1位
初出場 1981年4月4日
最終出場 1996年7月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
石毛宏典
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年7月15日 -
ジャンル 野球
登録者数 8.02万人
総再生回数 23,168,430回
事務所(MCN ZAK
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年8月1日時点。
テンプレートを表示

日本に於ける独立リーグの創設者・運営者としても知られ、IBLJを設立し、初代代表取締役を務めた。愛称はミスターレオハチ

現役時代は主に西武ライオンズで活躍し、1996年福岡ダイエーホークスで現役を引退した後に、同球団の二軍監督・オリックス・ブルーウェーブの監督などを経て、2004年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)を創設し、2009年創設の関西独立リーグ (初代)でも、最高顧問を務めた。

2009年より城西国際大学客員教授。2014年6月1日付で、千葉商科大学付属高等学校硬式野球部のテクニカルアドバイザーに就任[1]するも、現在は退任している。

2020年からは、YouTuberとして活躍の場を広げ、自身のチャンネルの石毛宏典TV・石毛宏典サブチャンネルのほか、不定期にプロ野球OBクラブチャンネルに出演しつつも、他の元プロ野球選手のYouTubeチャンネルにもコラボ出演などを積極的に行なっている。


  1. ^ a b “石毛氏が高校生指導へ 元プロ監督では初”. 日刊スポーツ. (2014年6月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20140603-1311430.html 2014年6月3日閲覧。 
  2. ^ 読売新聞1980年11月22日17面
  3. ^ 日本経済新聞 私の履歴書2010年8月23日付夕刊
  4. ^ 日本経済新聞 私の履歴書2010年8月23日付夕刊
  5. ^ a b c d ベースボールマガジン、2020年6月号、P13、石毛宏典、広岡・森野球を語る、ベースボール・マガジン社
  6. ^ 石毛、前掲書 pp.72-74
  7. ^ 石毛、前掲書 pp.79-80
  8. ^ 石毛宏典『石毛宏典の「独立リーグ」奮闘記』 pp.86-87
  9. ^ 石毛、前掲書 pp.97-98
  10. ^ 「明日へ 地域独立リーグ 1」2008年7月31日付読売新聞大阪版夕刊
  11. ^ “関西独立リーグ立ち上げに尽力・石毛宏典氏(上)”. ZAKZAKスポーツ. (2009年7月30日). http://www.zakzak.co.jp/spo/200907/s2009073018_all.html 2011年2月28日閲覧。 
  12. ^ 「平成23年 第51回競技者表彰委員会 野球殿堂入り候補者名簿」発表 - 日本野球機構オフィシャルサイト
  13. ^ “古葉氏、石毛氏らが第2回研修会受講 高校野球指導者に意欲”. スポーツニッポン. (2013年8月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/11/kiji/K20130811006392010.html 2014年6月3日閲覧。 
  14. ^ “学生野球資格回復に関する規則第4条による適性認定者”. 日本学生野球協会. (2014年1月20日). http://www.student-baseball.or.jp/charter_rule/rule/rule_tekiseishinsa_list.html 2014年6月3日閲覧。 


「石毛宏典」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石毛宏典」の関連用語

石毛宏典のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石毛宏典のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石毛宏典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS