島 島の生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 22:41 UTC 版)

島の生物

島には、特殊な生物相が見られることがよくある。固有種が多く、また、飛べない鳥の出現なども広く見られることである。島の生物の生態についての研究は、島嶼生物学が扱う。

洋島では、漂着する生物が定着する事によって生物相ができることから、両生類哺乳類を欠くといったような、大陸に比べて偏った生物相になりやすい。ガラパゴス諸島ハワイ諸島小笠原諸島などが有名である。

陸島でも、大陸では絶滅したが生き残っているなど、特殊な生物が見られる例が非常に多い。

しかし逆に何らかの要因で外来種が入ってくると島の固有種に壊滅的なダメージを与えたり、固有種と外来種の雑種が生まれたりするなどの影響が出ることが多い。

行政上の「島」

律令制時代の日本

日本では、律令制時代の8世紀から9世紀にかけて、(令制国)と同格の行政機関として「島(嶋)」が置かれていた。長を「島司」、役所を「島府」と言い、国分寺に相当する「島分寺」が建立された。島司は国司に相当する官職であり、中央から派遣された官吏である。

701年制定の大宝律令では、壹伎島対馬島多褹島の3島が置かれていた(いずれも西海道)。このうち多褹島は824年に廃止されて大隅国に併合された。また、876年には肥前国から五島列島平戸島が分割され値嘉島(ちかのしま)が新設されたが、10世紀初頭までには廃止された。壱岐・対馬は「国」に改められたが、この2国を他の令制国(中国風に「州」とも呼んだ)と区別し「島」と呼ぶ慣習は残った。西海道が九州二島と称されたり、日本全土が六十六州二島と称されたりしたのは、このためである。

近代日本の島嶼制度

近代の日本では、伊豆諸島小笠原諸島隠岐諸島奄美諸島などの島嶼部において町村制が施行されず、島嶼町村制と呼ばれる特殊な行政制度が採られた。これらの地域では、「郡役所」に相当する「島庁」が置かれた。島庁の長は「島司」である。島庁は、1920年代には府県の支庁に改められた。現在でも日本のいくつかの都道府県では、離島地域を島嶼もしくは島嶼部とし、法制や行政上、特別扱いすることがある。

東京都

東京都にあっては島嶼とは、伊豆諸島小笠原諸島南方諸島)を指す。島嶼部(とうしょぶ)と呼ばれることもあり、日本において「部」を付ける場合は東京都所管の離島を指す場合がほとんどである。

これらの諸島にある自治体には、東京都の他の町村、他の道府県の町村と異なり、包含するが存在しない。また、鳥島は帰属を巡って争いがあることから特定の町村に属さず、都の直轄となっている(厳密には都の出先機関である東京都総務局八丈支庁が管轄)。小笠原諸島の沖ノ鳥島南鳥島硫黄島を含む火山列島小笠原村に属している。

東京都島嶼部の自治体は大島町利島村新島村神津島村三宅村御蔵島村八丈町青ヶ島村小笠原村の2町7村で構成される。

長崎県

自治体の領域内における島の数が全都道府県で最も多い長崎県壱岐対馬五島列島を総称して長崎県島嶼部と呼ぶ場合がある。これら3諸島には、県の出先機関としてそれぞれ壱岐振興局対馬振興局五島振興局が設置されている。また、長崎県企画振興部地域振興課ではこの3諸島に加えて西彼杵半島周辺の島々(西彼諸島)や架橋により本土と繋がっている平戸島も「島嶼部」に含めている[5]

鹿児島県

鹿児島県では県庁企画部離島振興課が所管する獅子島甑島列島新島上三島三島村)・トカラ列島十島村)・種子島屋久島口永良部島奄美群島を総称して鹿児島県島嶼部と呼ぶ場合がある。この内、種子島・屋久島・口永良部島には熊毛支庁、奄美群島には大島支庁がそれぞれ県庁の出先機関として設置されている。

かつては離島であったが噴火により本土と地続きになった桜島や架橋により自動車での往来が可能となった長島については、島嶼に含める場合と含めない場合がある。

日本統治時代の朝鮮

日本統治時代の朝鮮では、郡と同格の行政機関「島」が置かれていた。長を「島司」、役所を「島庁」と言う。行政機関としての「島」は済州島鬱陵島の2つであった。日本統治時代の朝鮮の行政区画参照。

上記定義以外で「島」と呼ばれるもの

湖沼・河川の中にある陸地

湖沼や河川の中にある陸地は四方を水域に囲まれているため島と呼ばれることがあるが、海洋ではないため地政学における島に当たらない。河川の中にある陸地は中州と呼ばれることもある。

浮島

水底に接していない島を浮島(うきしま)と呼ぶ。天然の湖沼の一部には浮島が見られ、植物の栽培(農耕)や人の居住が行われることもある。

ミャンマーインレー湖の浮島は表土を持ち、植物の栽培が可能である。ペルーボリビア間に広がるチチカカ湖にも浮島がある。

日本では、和歌山県新宮市の沼地にある泥炭でできた浮島が最大(約0.5ヘクタール)であり、その上に構成された植物群とともに天然記念物(「新宮藺沢浮島植物群落」、通称「浮島の森」に指定されている。このほかにも、例えば秋田県鹿角市作沢沼にはミズゴケ類からできた直径数mの浮島がある。

独立したものの象徴としての「島」

陸地地名としての「島」
日本語の「島」には古来より、さまざまな意味がある。川沿いの耕地、一定の領域,集落、盆地の小高い処など。日本各地の内陸には、「島」がつく地名があるが、それらはこれに由来するものも多い。静岡県の蛭ヶ小島、長野県の島々川中島など。
縄張り
「区画」という意味から、ヤクザが独占的に勢力を及ぼす範囲。「シマ」と片仮名表記されることが多い。
臓器の「島」
膵臓中でインスリンなどのホルモンを分泌するランゲルハンス島は、顕微鏡下の観察で他の膵細胞から独立して見えたことに由来する。

形からの連想で「島」と名付けられたもの

島式プラットホーム
線路に挟まれたプラットホームのことを「島式ホーム」と呼ぶ。
島(パチンコパチスロ用語)
遊技台が設置されている取り付け台を、通路に挟まれている様から「島」と呼ぶ。
デスクや陳列棚の「島」
オフィスや店舗の陳列棚などが数個まとめて配置され、その四方が通路で囲まれているものを島と呼ぶことがある。スーパーマーケットの陳列棚の場合、それぞれの島の両端には店側の最も売りたい商品が並べられていることが多く、大抵は買い得な価格が設定されている。コミックマーケットなどの同人誌即売会では参加者がジャンルごとにまとまって配置されることから、特定のジャンルの参加者が集まっている一帯をジャンルごとに「(作品名)島」「評論島」などと呼ぶ。

奄美・沖縄の「シマ」

奄美地方沖縄県では、自分たちの生活の場や故郷、集落などのことを「シマ」と表現する(シマ社会)。これは接頭語としても用いられ、泡盛は「島酒」、地元産の農産物は「島野菜」などと呼ばれる。

庭園を指す「島」

平安時代末期から鎌倉時代初期に記されたと考えられている日本最古の造園書である『作庭紀』(さくていき)は、庭の主たる構成要素として築山、池、島、南庭白砂、鑓水を挙げている。これが転じて、池や築山のある日本庭園のことを島と呼ぶこともある。


  1. ^ コトバンク:日本大百科全書(ニッポニカ)「島」の解説”. 2021年9月26日閲覧。
  2. ^ 常用外漢字であることから、しばしば「島しょ」と表記される。
  3. ^ 日本の島の面積 国土地理院
  4. ^ 小田静夫「琉球弧の考古学」(青柳洋治先生退職記念論文集編集委員会編 『地域の多様性と考古学-東南アジアとその周辺-』雄山閣、2007年3月20日、pp.37-61 所収)
  5. ^ III しまの状況(長崎県)[リンク切れ]


「島」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「島」に関係したコラム

  • 海外のCFD業者の一覧

    海外のCFD業者を使ってCFD取引を行うメリットは、日本国内のCFD業者よりもレバレッジが高い点が挙げられます。レバレッジが高ければ、少ない証拠金で取引ができます。中には、日本国内のCFD業者のレバレ...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS