シマ社会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > シマ社会の意味・解説 

シマ社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/07 04:20 UTC 版)

シマ社会(シマしゃかい)とは、沖縄県及び奄美群島における地域社会を表す言葉である。本土におけるムラ社会に相当する。


  1. ^ 例えば徳川氏は、家康の先代までに分家した松平氏十八松平)を一門として大名旗本に取り立てたり、朱元璋は出身地の鳳陽を「中都」として都市整備したり、李氏朝鮮李成桂は先祖の出身地とされる全州の地方官に「留守」の格式を与えて全羅道の首府とするなど、出身地や先代までに分家した親族を何らかの形で優遇しているのが通常である。


「シマ社会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シマ社会」の関連用語

シマ社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シマ社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシマ社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS