サバ島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > サバ島の意味・解説 

サバ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 08:24 UTC 版)

サバ島(サバとう、Saba)は、カリブ海リーワード諸島小アンティル諸島北部)にある、オランダ領の島である。断崖絶壁に囲まれた小さく急峻な火山島で、島の中央にそびえるシーナリー山(887m)はオランダ領土の最高峰である。




  1. ^ Saba”. Global Volcanism Program. Smithsonian Institution. 2014年7月17日閲覧。


「サバ島」の続きの解説一覧

サバ島

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:20 UTC 版)

固有名詞

サバ島さばとう

  1. カリブ海小アンティル諸島リーワード諸島一部オランダ領アンティルのうちの1島である火山島

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サバ島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サバ島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサバ島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサバ島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS