サケ アイヌとサケ

サケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 06:03 UTC 版)

アイヌとサケ

北海道のアイヌ民族は鮭をカムイチェㇷ゚(神の魚)、またシペ(本当の食べ物)と呼び、生活の大半をその恵みに依存していた[32][33]

石狩市の石狩紅葉山49号遺跡からは約4000年前の縄文時代に使われていたと推測される、の部品や松明などサケ漁の用具が出土している[33]

アイヌは、漁期が近づけば天空の天の川を見上げて「天の石狩川」「天の天塩川」など、その地一番の大河になぞらえ、どこが一番濃く見えるかで漁の豊凶を占った。白老登別付近では、頭がハゲたカラスが現れれば、豊漁の兆しとしてよろこんだ。

やがて最初に上って来た鮭を捕らえるや、それを神に捧げる「アシリチェㇷ゚カムイノミ」(新たなる鮭の祈祷)を行い、イナウ(木幣)とトノトどぶろく)を共に捧げて祈った。サケは回転式の「マレㇰ」で突くか、ウライ(簗)で捕らえ、水量のあるところでは2艘の丸木舟の間に網を張って漕ぎ、サケを追い込む「ヤーシ漁」(網漁)を用いた。W字型をした天空のカシオペヤ座は2艘の舟と網に似ていることから、アイヌは「ヤーシ・ノッカ」(網曳き形の星)と呼ぶ。暴れるサケはそれ専用に作られた神聖な棍棒「イサパキㇰニ」で打って止めをさすが、これには活け締めの効果があるとされる[34]。鎌などで引っ掛けることは神を冒涜するものとされた。漁期には物忌みが守られ、生理中の女性は川に近づくことを許されなかった。

サケは河口のコタンで独り占めはせず、上流部へもいきわたる様に節度を持って獲る。そしてチポㇿ(イクラ)やウㇷ゚(白子)を持った美味いサケを狙うのではなく、産卵を終えて弱ったサケ「ホッチャレ」を重点的に獲った。来年への資源確保も重要だが、脂肪が抜けきった「ホッチャレ」のほうが乾燥保存に向く、という事情もあった[35]

こうして獲られたサケの身は、一部を当座の食用に回すほかはすべて保存食に加工した。腹を割いて内臓を取り除き、戸外の物干し棚にかけて乾燥させる。屋内の囲炉裏の上に吊り下げ、燻製にする。あるいは雪の中に埋めて凍らせる。乾燥サケを「サッ・チェㇷ゚」(乾いた魚)、もしくは「アタッ」と呼ぶ。食べる際は水に戻し、魚油を加えて旨味を足しながら煮込む。凍ったサケが、北海道の郷土料理として有名なルイベである。食べる際はマキリ(小刀)で大まかに切り分け、ヤナギの串に刺して火にあぶって解かし、少量の塩で味をつけて食べる。塩は交易でのみ得られる貴重品なので、保存料として大量には使えなかった。アイヌの伝統的な食文化に、塩引き鮭、新巻鮭は存在しない。

アイヌの代表的な鮭料理としてはルイベのほか、「チェㇷ゚オハウ」(鮭の煮込み汁)、「チタタㇷ゚」(たたき、鮭の場合はエラと白子)、「チポㇿサヨ」(イクラ入りの)が挙げられる。特に白米のチポㇿサヨは鮭の漁期に貴重な白米が入手できてこそ作られる料理であり、大変なごちそうだった。

また、サケは身だけでなく皮はなどの材料に用いられていた[33]


  1. ^ Basic Report: 15079, Fish, salmon, chum, raw Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26
  2. ^ 『漢字百話 魚の部 魚・肴・さかな事典』大修館書店、1987年11月1日。ISBN 4-469-23045-6
  3. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  4. ^ サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
  5. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。
  6. ^ 沖森卓也ほか『図解 日本の文字』三省堂、2011年、52頁
  7. ^ シロサケ集団におけるIDHおよびLDHアイソザイムの地理的分布 日本水産学会誌 Vol.45 (1979) No.3 P.287-295, doi:10.2331/suisan.45.287
  8. ^ サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
  9. ^ 森田 保『千葉県 謎解き散歩』新人物往来社2011年ISBN 978-4-404-04079-4、P245-247
  10. ^ 市村政樹、柳本卓、小林敬典 ほか、北海道東部根室海峡周辺で採集された「サケマス」のDNA 分析による交雑判別 日本水産学会誌 Vol.77 (2011) No.5 P.834-844, doi:10.2331/suisan.77.834
  11. ^ サケとカラフトマスの産卵環境 (PDF) 独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
  12. ^ チリ水産養殖プロジェクト JICA、2018年1月31日閲覧
  13. ^ 出村雅晴、魚粉価格の動向と養殖漁業への影響 農林中金総合研究所
  14. ^ サケ稚魚の生態調査(5)降海期に於けるサケ稚魚の行動について 北海道さけ・ますふ化場研究報告
  15. ^ 上野康弘、石田行正、日本系シロザケ幼魚の夏季の分布と回遊経路 (PDF) Bulletin of the National Research Institute of Far Seas Fisheries (33), 139-147, 1996-03
  16. ^ a b 浦和茂彦、日本系サケの回遊経路と今後の研究課題 (PDF) さけ・ます資源管理センターニュース, 2000, No.5
  17. ^ 島崎健二, 中山信之, 「北西太平洋における冬季のサケ・マス分布」『北海道大學水産學部研究彙報』 26巻 1号 p.87-98 1975年, 北海道大学水産学部。
  18. ^ a b c d e サケは海で何を食べているのでしょう? (PDF) 水産総合研究センター salmon情報第6号 2012(H24)年3月
  19. ^ 関二郎, 「北海道太平洋沿岸域におけるサケ幼稚魚の摂餌特性と餌料環境に関する研究」『さけます資源管理センター研究報告』 7号 p.1-104 2005年, 水産庁さけ・ます資源管理センター。
  20. ^ シロザケ 北海道立総合研究機構水産研究本部 (PDF)
  21. ^ 南千島、エトロフ島沖合における南下回遊期のシロザケ(アキザケ)の遊泳行動 (PDF) 遠洋水産研究所報告 昭和50年11月
  22. ^ a b 長澤和也、帰山雅秀、「日本沿岸水域における魚類と海鳥類によるサケ幼稚魚の捕食」『北海道さけ・ますふ化場研究報告』 1995, (45), p.41-53
  23. ^ 田子泰彦、「降海期サクラマス幼魚によるサケ稚魚の捕食試験」『富山水試研報』 15号, p.1-10(2004-03)
  24. ^ “知床ヒグマ“サケ離れ” 開発で遡上減響く 栄養源のわずか5% 京大院生ら実態解明”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年7月20日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/552322.html 
  25. ^ コトバンク鮭児とは[1]
  26. ^ 鮭児(ケイジ)とは
  27. ^ 独立行政法人水産総合研究センター さけますセンー (2007年5月11日). “さけますQ&A”. 2008年4月15日閲覧。
  28. ^ サーモン寿司30周年に際してのご挨拶”. 大日本水産会. 2020年7月19日閲覧。
  29. ^ 「鮭(サケ)」と「サーモン」。呼び方の違いを説明できますか?”. TBS Topics (2019年10月21日). 2020年7月19日閲覧。
  30. ^ 核酸原料株式会社エル・エスコーポレーション
  31. ^ プロテオグリカン応用研究プロジェクト弘前大学(2018年1月31日閲覧)
  32. ^ 萱野茂「アイヌ料理」154頁。
  33. ^ a b c サケ 北海道の食文化・サケ”. 国土交通省 北海道開発局. 2019年10月5日閲覧。
  34. ^ 北海道の釣具屋になぜ金属バット? 「サーモンメタルバット」の使い道にネット民が震える - ねとらぼ
  35. ^ 萱野茂「アイヌ料理」159-160頁。
  36. ^ 岩手県のマーク、花、鳥、木、魚などを紹介します。”. 岩手県ホームページ. 2014年7月17日閲覧。
  37. ^ 宮古市の花、木、鳥、魚”. 宮古市ホームページ. 2014年7月18日閲覧。
  38. ^ 高橋嘉夫,「DNAや白子を用いた レアアースの分離・回収:によるメカニズムの解明」 広島大学 研究助成金事業報告書 平成26年
  39. ^ 「サケの白子」でレアアース分離・回収 広島大とアイシン・コスモス研 SankeiBiz 記事:2013.5.18 閲覧:2015.6.18


「サケ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サケ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

サケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS