藤岡弘、 エピソード

藤岡弘、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 02:50 UTC 版)

エピソード

上京・デビュー当初

藤岡が上京した時は、養成所に入る予定はあったものの確かな当ては何もなく、泊まる場所もないため上智大学の横の土手で野宿するなどしていた[31]。藤岡は後年のインタビューでこの頃を振り返り、たった一人きりで世間と向き合う自身にとっては世間そのものがショッカーのようであったと述べている[31]

養成所入所後も東京の流れの速さについていくのが精一杯であり、周囲が優秀であったため劣等感を感じていた[31]

松竹時代は、社風により青春映画のお坊ちゃん役が多く、自身とはかけ離れた役柄に悩んでいた[31]。出演作品には恵まれていたものの、次第に会社から与えられた仕事に甘んじていることや自身の役者としての方向性に疑問を感じるようになり、松竹を離れることを決意した[26]

『仮面ライダー』関連

負傷降板

当初、藤岡は本郷猛役だけでなく仮面ライダーのコスチュームも着用し、スーツアクターを兼任していた。危険度の高いアクションを除き、トランポリンを使用したアクションやオートバイで階段を登るバイクアクションなどもこなしている[注釈 8]。藤岡はスーツアクションを行うことは特別なことではなく当然だと思っていたが、その苦労までは想像できておらず[31]、後年のインタビューでは過酷な撮影ゆえに毎日現場へ向かう際に恐怖を感じていたことを明かしている[25]。第1話の撮影では、マスクをつけてのアクションは自身の息で前が見えなくなり、革製のスーツも動きづらかったが、準備に忙しいスタッフに申し出ることはできなかったことを述べている[32]

こうして撮影に取り組んでいたが、第9話・第10話[注釈 9]では下り坂をバイクで走り下りるシーン[注釈 10]でコーナーを曲がる際、たまたま工事中だったために砂利が多い場所で、オーバースピードからスリップし、曲がりきれないまま電柱を支えるワイヤーに突っ込む。その際にワイヤーに足が引っかかってワイヤーが跳ね上がり、そのまま反動でバイクとともに飛ばされるというアクシデントに見舞われる。藤岡は路上を2 - 30メートル転がって動けなくなったが、事故直後はまだ意識があり、背中の後ろの方から肩越しに見えていた自分の左脚を元の位置に戻し、靴が脱げていたために親指が動くかを確認し、かすかに動いたことに安心したところで意識を失ったという。容体は全身打撲のうえに左大腿部の骨が粉砕して筋肉に刺さる複雑骨折の状態で、全治3か月 - 6か月の重傷と診断され、長期休養を余儀なくされる[33]。この事故以降、仮面ライダーシリーズの主演俳優は演出上の一部例外を除いてスーツアクターを兼務することはなくなり、スーツアクターは全面的に大野剣友会やジャパン・アクション・クラブ(JAC、現・JAE)所属のスタントマンが担当するようになった。

救急搬送後、最初に手術を受けた東京都町田市内の病院は骨の接合手術に関して旧態依然とした技術しか持っておらず、藤岡は同じ病院で手術を受けた患者から「大腿部を複雑骨折して同様の手術を受けて1年ほど入院しているが、まだ完治していない」と聞かされ、車椅子生活すら覚悟した。この状況を知った知人の紹介で、東京都渋谷区千駄ヶ谷(当時)の前田外科病院に転院できることとなったが、当初、最初の病院は転院希望を断り、転院が決定した後も「(転院に関して)当院は一切保証しない」と、移動のためのストレッチャーなどを用意することなく黙視し、カルテレントゲン写真などの必要な情報提供も拒んだ。前田外科病院で行われた再手術では、ベトナム戦争傷痍軍人のために開発されたという方法が用いられた。それは筋肉に刺さっていた左脚の骨片を丹念に全て拾い集め、大腿骨骨髄に金属パイプを通してその周りに骨片を細いワイヤーで巻きつけるというものだった。それまで日本ではほとんど実例がなく、当時の最新技術だったこの手術は無事に成功した[33]が、『仮面ライダー』第1話の放送は病室のベッドで観ざるを得なかった[34]。ギプスが外れると、看護師の眼を盗んで筋肉がすっかり委縮して痩せ細った左脚の筋力強化のため、周囲が寝静まった時間帯にトレーニングを始めるが、その過酷さゆえに夜ごと床には汗だまりができたほか、時には発熱したため、日中になると疲れきって寝込むという「戦い」の日々を数か月送る。そんな当時のことを、藤岡は「看護婦さんとかに『この人は寝てばっかりだなぁ』って思われたのではないかなぁ」と振り返っている[33]。藤岡は後年のインタビューで、この時の体を動かせない苦痛やスタッフに多大な迷惑をかけたという想いで気持ちが先走っていたが、長い思索と心身ともに痛みに堪えなければならないという状況で精神的な成長を遂げることができたと述べている[26]

放送開始前の大事故で主演俳優の重傷という事態は、番組の存続に関わる一大事であり、通常であれば即刻番組降板も止むなしという状況に、緊急企画会議では毎日放送側から本郷猛を死亡させる案も出た。しかし、東映プロデューサー・平山亨は「子供たちのオールマイティーの夢を壊すことはできない」としてこれに強硬に反対すると、代案として2号ライダー登場のアイデアを取りまとめ、主役交代を機にこれまでの反省点を一気に修正し、番組をリニューアルすることで継続を決めた。これが功を奏し、番組は第14話[注釈 11]から登板した藤岡の劇団NLT時代の同期である佐々木剛演じる一文字隼人 / 仮面ライダー2号の人気で社会現象となるほど、大ヒット作と化した[注釈 12]

『仮面ライダー』での本格復帰は第53話[注釈 13]からだが、第40話・第41話[注釈 14]にゲスト出演という形で現場復帰を果たし、1971年末の桜島阿蘇山でのロケに参加する。この時、骨折箇所にはまだ金属パイプと固定用のボルトが入っており、傷口は絆創膏と包帯で抑えた状態だった[32]。主治医からは「下手すると脚のパイプが曲がって抜けなくなるばかりか、一生歩けなくなるかもしれない」と猛反対されたが、藤岡は「この舞台を用意してくれたスタッフのため、それでも構わない」とロケを強行する[32]。ただ、最初の撮影シーンがバイクに乗るスタントシーンで、目の前に事故を起こしたバイクが置かれていた時は「頭が真っ白になった」と語っている[35]。撮影中には足から鉄棒が出かかって出血するなどしていたが、東京へ戻ってすぐレントゲン撮影で曲がっていないことが確認され、無事に除去手術が行われた[32]。回復後の左脚はわずかに長くなってしまい、長年の腰痛の元になってしまったと自伝で述べている[要文献特定詳細情報]

後年の活動

大きなアクシデントを乗り越えて『仮面ライダー』で全国的に知名度が上がったものの、藤岡はあまりの人気ぶりに、当初は自分自身がそのイメージで固定されてしまうのを怖れたほどだった[要出典]。こうした理由もあり、後の仮面ライダーシリーズでは、本郷役での客演が実は少ない[注釈 15]

ただ、本人は自分の役者としての飛躍が『仮面ライダー』をきっかけにしたものであることは当時から忘れておらず、俳優として地歩を築くことに成功した現在では、「『仮面ライダー』は僕の青春でした」と語り、ゲームソフトなどでも本郷を演じている。また、「自分の代わりに怪我をしてくれたアクションチームの裏方のみんなを差し置いて、ヒーロー役だったということで今さら自分だけが表に出るわけにはいかないと思った」とも後年語っている[要出典]

2001年、映画『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』では、本郷とは明示されていないものの警視総監役で出演し、主人公・津上翔一らに「今の俺にできないことをやってくれ」と激励するという、仮面ライダー1号からのメッセージともとれる意味深な台詞で話題となった。

2005年9月11月11日から13日まで福岡市で開催されたイベント「FUKUOKAヒーローフェスタ2005 国際ヒーロー映画祭」[36]の実行委員長に就任する。イベント前の記者会見では「子供たちに夢と希望と生きる勇気を与えてきたヒーローの復権を訴えたい」と語った[37]。開催期間中に行われた屋外ステージでのセレモニーでは真剣で8本の巻藁を切り落とし[38]トークショーでは盟友ショッカーO野の進行で往年の映像を交えながら自らの人生を熱く振り返り、最後には「レッツゴー!! ライダーキック」を熱唱した[要出典]

2011年4月1日公開の『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』では、1号の声を担当する。声のみとはいえ、映像作品で1号を演じるのはテレビスペシャル『全員集合!7人の仮面ライダー』以来35年ぶりとなった。丸の内TOEIにて行われた舞台挨拶にも登壇してコメントを述べたが、壇上で同じく声の出演となった佐々木と宮内洋風見志郎 / 仮面ライダーV3 役)がそれぞれ変身ポーズを披露した流れで、観客から「変身ポーズをみせてほしい」とのリクエストが出され始める。藤岡はうつむいて困ったような仕草を見せたが、ちょうど隣にいた1号(のスーツアクター)が機転を利かせ、藤岡に代わってポーズを披露して事なきを得る一幕があった[39]

2011年に発売された『ウルトラマンVS仮面ライダー』のBD/DVD版では、1993年のビデオ版発売当時には実現できなかった、ハヤタ隊員 / ウルトラマンを演じた黒部進との対談及び記者会見の模様が収録された。

2014年3月29日公開の劇場版『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』では、『全員集合!7人の仮面ライダー!!』以来38年ぶりに本郷役を演じた。変身シーンでは「自分の歴史がよみがえり、血が騒いだ。不思議なもので体は覚えていたんですね。演じるというより、本郷はそのままの自分。何とも言えない感動がありました。」と感慨深げに感想を語っている[40][41]

2016年3月26日公開の映画『仮面ライダー1号』では、本郷役で44年ぶりに主演したうえ、企画から参加した[42]。撮影当時には69歳にしてスタントマンを使わずにアクションを演じており、本編冒頭で暴漢を返り討ちにしている[43]

2016年3月30日4月8日日本テレビで放送されたトーク番組『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』では、「歴代の仮面ライダー俳優」として藤岡が佐野岳葛葉 紘汰 / 仮面ライダー鎧武 役)や竹内涼真泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ 役)と共に2週に渡って出演し、藤岡については『仮面ライダー1号』や45年前のバイクスタントにまつわる話題、ガンアクション作品や漫画家・村枝賢一との交流にまつわる話題が紹介された。なお、4月8日放送分の最後では、藤岡が佐野と竹内に「仮面ライダーの火を消すんじゃないぞ」と告げている[44][45]

その他

1995年11月、愛媛県久万町で新たな2つの小惑星が発見され、2000年(平成12年)3月にそれぞれ「Fujioka(藤岡)」「Kamenrider(仮面ライダー)」と名付けられた。これは、藤岡が久万町出身であることと、『仮面ライダー』にちなんだもので、小惑星に漫画のキャラクターの名前が付けられたのはこれが初である[要出典]

藤岡弘、探検シリーズ

近年、藤岡の幅広い人気を決定的にしたのはテレビ朝日の『スイスペ!』枠で不定期に放送された「藤岡弘、探検シリーズ」である。もともと同局では1978年(昭和53年3月から『水曜スペシャル』枠で俳優川口浩を探検隊長に「川口浩探検隊シリーズ」が放送されており人気番組となったが、1985年(昭和60年)10月に同局の『アフタヌーンショー』で発覚した「やらせリンチ事件」の影響や、川口のがん発病もあり、同年11月に終了。その後、川口が1987年(昭和62年)11月17日に死去したことで自然消滅の状態になっていた。しかし、探検シリーズ復活を希望する声が途絶えないことと、藤岡のワイルドなイメージや以前から旅番組や海外紀行番組を通じて、旅好き・アウトドア好きは知られていた事もあり、藤岡を2代目隊長に起用し2002年(平成14年)12月25日に復活。「藤岡弘、探検隊」はこれまでに6度の探検を行っている[46]

全6回の平均視聴率(関東)が9.7%と、高視聴率には至らなかったが、これ以降、川口に代わり「隊長といえば藤岡弘、」と広く認知され、パブリック・イメージ、タレントキャラとして浸透することとなった。バラエティ番組などに出演する際のスタイルとして、サファリ・ルックやサバイバルベストが定番となったのもこの頃からである[注釈 16]。結局、2005年(平成17年)3月19日の第6弾が事実上の最終作となった。また、2014年現在まで再放送などの機会は得られていない。単発では2009年(平成21年)2月1日に放送された『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日開局50周年記念番組)内のコーナーとして4年振りに復活している。

  1. 今夜復活! あの伝説の探検隊が帰ってきた! アマゾン奥地1500km! テラプレータの密林に 謎の猿人 ジュンマは実在した!(2002年12月25日放送)
  2. アマゾン奥地6000km! 密林の恐怖 イプピアーラ 大追跡! これが半魚人伝説の正体だ!(2004年9月8日放送)
  3. ミャンマー奥地 赤い密林縦走3000km! 伝説の野人 ナトゥーを追え!(2005年3月19日放送)
  • 番外. 衝撃!無人島の大蛇伝説! 松の木よりもでかい蛇!(『よゐこの無人島0円生活』内にて放送。隊員は内藤大助&よゐこ

また、『シルシルミシルさんデー』(テレビ朝日系)では探検シリーズのパロディとして、藤岡が企業や巷の謎を調査するコーナー「藤岡弘、探検隊」を、また同局の『ナニコレ珍百景』では自然界の珍百景を紹介する「探検珍百景」「ワイルド珍百景」、照英とコンビを組んでの「洞窟珍百景」などで藤岡がリポーターを務めている(どちらも不定期放送)。

交友関係

『仮面ライダー』でアクションを担当した大野剣友会に対しては、番組上は敵であるショッカーを演じていたが、共にアクションを作り上げた本当の仲間であると述べている[31]

特捜最前線』で共演した二谷英明荒木しげる[47][48]、東映プロデューサーの平山亨阿部征司らが死去した際には追悼のコメントを寄せた[49]。2012年10月2日にはスケジュールの合間を縫って、入院中の平山を見舞っており、既に認知症を発症していた平山もこの時は状態が安定し、満面の笑みだった事が伝えられている[50][51]




注釈

  1. ^ その後、1980年(昭和55年)頃に父から突然電話が入る。父は静かな口調で「お前には財産も何も残してやれなかったが、地位や名誉という財産は他人に奪われることはあっても、『生き方』という財産は決して奪われない。だから、お前も誇りを持って生きなさい」と告げられた。しかし、突然のことでその言葉を理解しようとは思わなかった。その数日後、父の死を知らされて父の知人たちから失踪の真相を聞かされるうち、父に対する不信感は氷解したという。その真相については「差し障りがある」として明かしていないが、幼少時から父によく聞かされた「この国のために生きたい」との思いに、決して恥じないことだったとしている。
  2. ^ ちなみに、藤岡が演じる予定だった保本登役にはあおい輝彦が配役された。この時、『赤ひげ』の合格に加え、1973年大河ドラマ国盗り物語』のオーディションにも合格しており、織田信長役にキャスティングされていたが、信長役には改めて高橋英樹がキャスティングされた。藤岡としてはあくまで「勉強のため」との意識であり、合格するつもりなどなかったという。この作品での信長は高橋の当たり役となったが、藤岡は『おんな太閤記』(1981年(昭和56年))や『春日局』(1989年(平成元年))で信長役を演じることとなる。
  3. ^ 2013年8月15日、産経新聞関西版に掲載された阿含宗管長・桐山靖雄との対談の中で、「睡眠時間を削るなどしてがむしゃらに仕事したあげく、肝臓を壊してしまった」と明かしている。
  4. ^ せがた三四郎人気はNHK紅白歌合戦1998年)に応援ゲストとして登場するまでの勢いを見せた。この時は舞台上で藤岡がコメントしていると、ショッカー怪人や戦闘員が現れ、舞台上でアクションを展開、ついに変身ポーズの末、仮面ライダーが登場し怪人らを一網打尽、という演出だった。
  5. ^ 週刊ポスト2007年11月23日号より。知人と称するこの人物は、過去にも土地取引で問題を起こし、約6年の服役生活を送っていたなど、詐欺の常習者であった事と、別件で暴力行為による刑事事件も起こしており、藤岡自身も己の未熟さから騙されてしまったと告白している。この人物の娘の結婚式に藤岡が出席。程なく融資話を持ちかけられ、それに応じてしまい、金銭授受のない状態にも関わらず、口車に乗せられ、先方へ借用証書、直筆の領収書、礼状の3点を予め提出してしまった事から敗訴判決が命じられる結果となった。最高裁の判決に対してはあくまで戦うという意志表示を行っている。
  6. ^ 制作:フジテレビバラエテイ制作センター、チーフプロデューサー・演出:挾間英行、演出:奥村達哉、森田篤、司会:バナナマン生野陽子 出演者:デヴィ・スカルノ淡路恵子中尾ミエ美川憲一ミッツ・マングローブほか。
  7. ^ 日本空手道無門会」代表・富樫宜資の実弟。
  8. ^ シーンによっては、大野剣友会岡田勝中村文弥中屋敷鉄也が演じ分けている。
  9. ^ 第9話「恐怖コブラ男」(1971年5月29日放送分)、第10話「よみがえるコブラ男」(1971年6月5日放送分)。
  10. ^ 走り下りるシーンは第10話のラストカットとして使用されている。
  11. ^ 第14話「魔人サボテグロンの襲来」(1971年7月3日放送分)。
  12. ^ 佐々木は、藤岡の復帰が正式に決まった際にスタッフから「是非ダブルライダーで引き続き主演を」と依頼されたが、「藤岡君がカムバックするまでという約束で引き受けたのだから、藤岡君に返すべきだ。自分がいたままでは彼が付録のようになってしまう。」と固辞すると、当初の約束どおりに第52話『おれの名は怪鳥人ギルガラスだ!』(1972年3月25日放送分)をもって降板した(詳細は仮面ライダー#本郷猛(仮面ライダー1号 / 新1号)の復帰を参照)。
  13. ^ 第53話「怪人ジャガーマン決死のオートバイ戦」(1972年4月1日放送分)から。
  14. ^ 第40話「死斗(しとう)! 怪人スノーマン対二人のライダー」(1972年1月1日放送分)、第41話「マグマ怪人ゴースター桜島大決戦」(1972年1月8日放送分)。
  15. ^ 声のみの出演は『仮面ライダーV3』第21話と映画『仮面ライダーV3対デストロン怪人』、映画『五人ライダー対キングダーク』、『仮面ライダーストロンガー』第38話、映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』、顔出し出演は『仮面ライダーV3』第1話・第2話・第33話・第34話と『仮面ライダーストロンガー』第39話と正月特番だけである。『仮面ライダー (スカイライダー)』と『劇場版仮面ライダースーパー1』、『仮面ライダーZX』、『仮面ライダーBLACK RX』、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』にも1号が登場しているが、藤岡自身は出演しておらず、素顔の本郷としての登場シーンはない。『オールライダー』では1号の声を声優・稲田徹が担当した。
  16. ^ なお、隊長と初めて呼ばれたのは『深夜戦隊ガリンペロ』(2002年10月26日 - 2003年3月22日フジテレビ系)で、探検隊復活もこの番組がきっかけといわれている。
  17. ^ 第10話まではスーツアクター兼任。第92・93話ではショッカーライダーの声も一部担当。第11 - 13話はライブラリー出演。第9 - 13話の声は納谷六朗による吹き替え。第14 - 39話は出演なし、第40 - 52話は不定期出演であり、この間は佐々木剛が主演扱いになっている。第66・67話は変身後の姿のみの登場で藤岡の出演はなく、声は市川治による吹き替え。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 203, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  2. ^ 『テレビ・タレント人名事典 第5版』日外アソシエーツ、2001年、914頁。ISBN 978-4816916779
  3. ^ a b 内田涼 (2012年9月12日). ““隊長”藤岡弘、実はヘビが嫌い! インディ・ジョーンズ顔負けの冒険談を披露”. ぴあ映画生活. オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140214003943/http://cinema.pia.co.jp/news/0/48071/ 2014年2月14日閲覧。 
  4. ^ a b スタープロフィール / 藤岡 弘、”. Web版TVスター名鑑. 2013年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月7日閲覧。
  5. ^ a b OGな人びとVol.39「藤岡弘、」1ページ”. OCN TODAY. 2013年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  6. ^ a b “桐山靖雄×藤岡弘、8月15日特別対談「命を敬い明日に進む」”. 産経関西. (2013年8月15日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/8gubf 2014年2月14日閲覧。 
  7. ^ 週刊現代編集部『おやじ、ありがとう』講談社、2002年、134-135頁。ISBN 9784063389586
  8. ^ OGな人びとVol.39「藤岡弘、」2ページ”. OCN TODAY. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  9. ^ a b 「概説 変身ブームの変遷」『テレビマガジン特別編集 変身ヒーロー大全集』講談社、1995年11月30日、130-133頁。ISBN 4-06-178419-6
  10. ^ 藤岡弘、が33年ぶりに「徹子の部屋」に出演 !”. 藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」Powered by Ameba (2014年1月23日). 2014年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月19日閲覧。
  11. ^ 徹子の部屋 / 今週の徹子の部屋 / 1月23日(木) / 出演 藤岡弘、 - 「103歳で逝った母の武勇伝」”. テレビ朝日 (2014年1月23日). 2014年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月19日閲覧。
  12. ^ 海を越えた侍たち〜藤岡弘、がブラジルで見つけた日本人の心〜”. フジテレビジョン. 2014年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月16日閲覧。
  13. ^ “「日本の若者よ、日系社会見て」=藤岡弘、さんTV取材で来伯=〃バナナ王〃山田さんらと意気投合=「日本人の誇りを取り戻せ!」”. JORNALニッケイ新聞. (2014年5月16日). オリジナルの2014年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140616140755/http://www.nikkeyshimbun.jp/2014/140516-71colonia.html 2014年6月16日閲覧。 
  14. ^ 【ベストジーニスト】ローラ、V3で殿堂入り 7人目選出「本当にうれしい」”. ORICON STYLE (2015年10月5日). 2015年10月5日閲覧。
  15. ^ “藤岡弘、の長男・真威人が「せが四郎」となって俳優デビュー!「せがた三四郎」に続いて親子2代で“セガ愛”炸裂”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年3月25日). https://hochi.news/articles/20200325-OHT1T50233.html 2020年3月26日閲覧。 
  16. ^ 藤岡弘、大型自動二輪免許に何度もチャレンジした過去告白 - 公開記念トークショーにネオサイクロン号と登場”. マイナビニュース (2016年3月22日). 2016年3月25日閲覧。
  17. ^ “「仮面ライダー」から40年。藤岡弘、驚異の若さを語る”. 日刊SPA!. (2011年8月23日). オリジナルの2012年7月21日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/vhdg 2014年2月14日閲覧。 
  18. ^ 藤岡弘、さん「この無造作な味いいねぇ」/「俺のワイルド珈琲道」日経MJ』2018年6月29日(トレンド面)2018年7月15日閲覧。
  19. ^ 有機栽培 藤岡、珈琲(2018年7月15日閲覧)。
  20. ^ 〜〜平山亨;プロデューサー お別れ会〜〜”. 我が俳優人生 ここに記す 堀田眞三. 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  21. ^ ただし、キャメロンの作品に出たことは一度も無い。
  22. ^ “フジ、藤岡弘、に「誤った表現」し謝罪”. ORICON STYLE. (2013年8月23日). オリジナルの2013年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131108071452/http://www.oricon.co.jp/news/movie/2027902/full/ 2014年2月14日閲覧。 
  23. ^ 【フジテレビからのお知らせ】バラエティ番組「ドラゴンレイディ」藤岡弘、氏ご出演VTRに関する訂正とお詫び”. フジテレビジョン (2013年8月20日). 2013年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月23日閲覧。
  24. ^ フジテレビからの謝罪文の掲載について”. 藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」Powered by Ameba (2013年8月23日). 掲載日と同日に閲覧。
  25. ^ a b 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 62-65, 「INTERVIEW 藤岡弘、」
  26. ^ a b c 仮面ライダー怪人大全集 1986, pp. 202-205, 「藤岡弘青春記 仮面ライダーから日本沈没、そしてソードキル」
  27. ^ ゲーム雑誌「CONTINUE」のインタビューより[要ページ番号]
  28. ^ “藤岡弘、: 被災地へ1トンの米送る「仮面ライダーから勇気をもらって」とエール”. MANTANWEB. (2011年4月2日). オリジナルの2012年7月12日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/cj7z 
  29. ^ 梁山泊空手プロフィール”. 梁山泊空手道連盟. 2014年3月11日閲覧。
  30. ^ 加盟団体・会員募集”. 眞日本武道空手道連盟. 2014年3月11日閲覧。
  31. ^ a b c d e f OFM仮面ライダー1 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔1 藤岡弘、」
  32. ^ a b c d 仮面ライダー大全集 1986, pp. 226-231, 「スペシャルSTAFF CAST座談会 仮面ライダーを語る」
  33. ^ a b c OGな人びとVol.39「藤岡弘、」3ページ”. OCN TODAY. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  34. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 57, 「制作第11話-第12話」.
  35. ^ OGな人びとVol.39「藤岡弘、」4ページ”. OCN TODAY. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  36. ^ FUKUOKAヒーローフェスタ2005 国際ヒーロー映画祭公式サイト(インターネットアーカイブ2008年2月24日分キャッシュ)
  37. ^ ライダー、ウルトラ…福岡でヒーローをテーマに映画祭 - ZAKZAK
  38. ^ 初代ライダー藤岡弘ら迎え「ヒーロー映画祭」が開幕 - ZAKZAK
  39. ^ “初代ライダーの藤岡弘、 日本にエール「今こそ“変身”のとき」”. ぴあ映画生活. (2011年4月1日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/BM9ug 2014年2月14日閲覧。 
  40. ^ “藤岡弘、38年ぶりライダー変身!「平成 VS 昭和ライダー大戦」で”. スポーツ報知. (2014年1月17日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/90X7k 2014年2月14日閲覧。 
  41. ^ “藤岡弘、38年ぶりに仮面ライダー1号に変身!”. シネマトゥデイ. (2014年1月17日). オリジナルの2014年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140119182309/http://www.cinematoday.jp/page/N0059718 2014年1月20日閲覧。 
  42. ^ 藤岡弘、44年ぶりに「仮面ライダー1号」として映画主演 - RBB TODAY
  43. ^ 「1号」藤岡弘、が平成仮面ライダーに“注文” - 東スポWeb
  44. ^ 『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』 【歴代の仮面ライダー俳優に(秘)荷物】(2016年3月30日放送分)” (2016年3月30日). 2016年4月14日閲覧。
  45. ^ 『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』 【歴代の仮面ライダー俳優に(秘)荷物】(2016年4月8日放送分)” (2016年4月8日). 2016年4月14日閲覧。
  46. ^ 水曜スペシャル川口浩探検隊シリーズ」を参照のこと。
  47. ^ “藤岡弘、「役者バカな人」…二谷英明さん死去”. スポーツ報知. (2012年1月9日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/N0H55 2014年2月14日閲覧。 
  48. ^ “藤岡弘、「早すぎる。無念」…荒木しげるさん死去”. スポーツ報知. (2012年4月16日). オリジナルの2013年8月15日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/FAT8I 2013年8月15日閲覧。 
  49. ^ 「祈り」”. 藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」Powered by Ameba (2013年8月7日). 2013年8月15日閲覧。
  50. ^ 泣き虫プロデューサーの「いいから、俺にしゃべらせろ !」”. 拡散希望 !!【待望の藤岡弘さんがお見舞いに !!】のはなし (2013年10月3日). 2013年8月15日閲覧。
  51. ^ “「仮面ライダーの父・阿部征司さん死去…東映元チーフプロデューサー」”. スポーツ報知. (2013年1月1日). オリジナルの2013年1月1日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0101-0818-38/hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121231-OHT1T00108.htm 2014年2月14日閲覧。 
  52. ^ 『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』せがた三四郎など新登場キャラクター続々、『TOV』ザギ、『.hack//G.U.』葬炎のカイトなども!?”. ファミ通.com. 2015年9月9日閲覧。
  53. ^ わけもん ! GT”. MRT宮崎放送. 2014年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月30日閲覧。
  54. ^ 相葉雅紀MC『I LOVE みんなのどうぶつ園』 番組ファミリーに那須雄登、藤岡弘、家族ら”. ORICON NEWS (2020年9月20日). 2020年9月21日閲覧。
  55. ^ 聞き手:小峯隆生




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤岡弘、」の関連用語

藤岡弘、のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤岡弘、のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤岡弘、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS