東京ヤクルトスワローズ 球団の歴史

東京ヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 07:48 UTC 版)

球団の歴史

国鉄 - アトムズ時代

国鉄時代

1949年

シーズンオフでリーグ拡張方針に伴うプロ球団乱立のあおりを受け、各地の国鉄鉄道局(当時)の野球部から選手が引き抜かれる事態が発生した。国鉄は同年の大幅な合理化で労使関係が悪化していることもあり、国鉄職員の団結と意志発揚を目的にプロ球団設立を発案した。当時の国鉄総裁・加賀山之雄が大の野球好きだったことも、参入実現の一要因となった。

しかし、日本国有鉄道法に抵触するため国鉄が直接親会社になることはできず、国鉄の外郭団体である財団法人交通協力会(現:公益財団法人交通協力会・株式会社交通新聞社)が主体となり、1950年1月12日に財団法人鉄道弘済会日本通運、日本交通公社(現:公益財団法人日本交通公社・株式会社JTB)などの企業により株式会社国鉄球団[2](資料によっては国鉄野球株式会社となっている物もあり)[3] を設立。球団名を国鉄スワローズ(こくてつスワローズ Kokutetsu Swallowsとし、(#球団名も参照のこと)セントラル・リーグに加盟。初代監督には西垣徳雄が就任。

国鉄参入直前のセ・パはともに7球団であり、切りの良い8球団にしたいという思い、それも大企業である国鉄のプロ参入にセ・リーグ関係者は色めき立っていたが、パ・リーグとの勧誘合戦により参入が立ち消えになってしまうことを恐れ、セ・国鉄内部ともに極秘扱いで計画は進められた。参入の下準備も佳境に差し掛かる頃には巷間でも国鉄参入の噂が立っていたが、国鉄がプロ球団など作るはずがないとパ・リーグは高を括っており、参入は至って順調に成功した。本拠地は元逓信省総裁松前重義の尽力で、武蔵境の旧中島飛行機工場跡地に新しい野球場「武蔵野グリーンパーク野球場」が建設された(諸事情により1956年閉鎖。7試合しか行われなかった)。

しかし、参入が他新球団より遅れていたため選手確保がままならず、自前の鉄道局野球部を中心に他の社会人や大学などのアマチュア野球に残っている人材をかき集めたが、プロ経験者は第二次世界大戦前の一時期阪急に在籍した中村栄ただ1人という状態だった。アマチュア野球では強豪の鉄道局野球部もプロでは全く通用しなかったため、松竹ロビンスの二軍監督・森谷良平と、かつて奉天満鉄倶楽部に在籍していた宇佐美一夫を追加補強してクリーンアップに据えたものの、その後も貧打に悩まされた。

1950年[4]

3月10日の球団初公式戦の対大洋ホエールズ戦(下関)に2対1で敗れ、続く11日の対広島カープ戦に3対2で球団初勝利を挙げる。しかし序盤の3月21日から14連敗、4月26日から10連敗で最下位で、8月に享栄商金田正一が高校を中退して入団し、10月1日にプロ初勝利を挙げるとこの年8勝を挙げ、チームは終盤13連敗の広島に代わって7位となった。この年チームは42勝94敗2分で首位松竹ロビンスから57.5ゲーム、最下位広島と1.5ゲーム差の8球団中7位に終わる。シーズン終了後、西日本パイレーツがセ・リーグを脱退したため、セ・リーグは7球団となる。

1951年[4]

開幕から4月にかけて12勝4敗で首位に立つが、5月に入り6連敗で2位に落ちると、6月には3勝10敗として、前半戦終了時には6位となっていた。8月に入り、金田正一がこの月6勝を挙げ、チームは11勝10敗で勝ち越し5位に浮上し、そのままシーズンを終える。金田は、22勝を挙げ、最多奪三振を獲得[注 1] するとともに、9月5日に球団初となるノーヒットノーランを達成[注 2]土屋五郎が、球団初のタイトルとなる最多盗塁を獲得[4]

1952年[4]

この年よりフランチャイズ制が導入され、国鉄は読売ジャイアンツ毎日オリオンズ大映スターズ東急フライヤーズと共に後楽園球場を本拠地とした。開幕から2勝2敗とした後は4連敗、4月に入り4連敗と6連敗、5月に10連敗と連敗を重ねたが、松竹と広島が低迷したことで5位でシーズンを終了。この年120試合制となり初の50勝到達となったが、このうち半分近い24勝は金田正一で二年連続奪三振王となった。佐藤孝夫が球団初の新人王を獲得。

1953年

松竹と大洋が合併したことで、この年からセ・リーグは現在の6球団制に移行。45勝79敗1分に終わり、首位巨人から42ゲーム差、5位大洋松竹と4.5ゲーム差で球団初の最下位となる。西垣徳雄が監督を退任、後任は藤田宗一

1954年

読売ジャイアンツから移籍した宇野光雄の活躍で同年の対巨人戦8連勝。宇野と箱田弘志が球団初のベストナインを獲得する。首位中日から32ゲーム差、55勝73敗2分の5位に終わる。

1955年

10月19日、金田正一がシーズン350奪三振を記録、NPB新記録[注 3] となると共に大リーグボブ・フェラー348を抜く世界新記録[4]町田行彦本塁打王を獲得。57勝71敗2分で、首位巨人と34.5ゲーム、4位広島と1ゲーム差の5位に終わり、藤田が監督退任、後任は宇野光雄。

1956年

対巨人戦で11勝(13敗)と互角の試合を見せる。大脇照夫が5月3日の対中日戦(中日)でノーヒットノーラン、宮地惟友が対広島(金沢兼六)で球団初、日本プロ野球3人目となる完全試合を達成している[4]。チームは首位巨人と21ゲーム差、61勝65敗で4位に終わる。オフ、南海ホークスから飯田徳治を金銭トレードで獲得。

1957年

金田正一は7月15日の対中日戦(中日)で2000奪三振を記録。8月21日の対中日戦(中日)でプロ野球4人目の完全試合を達成し、この年は最多勝利最優秀防御率を獲得、沢村賞と自身初のベストナインに選ばれている。佐藤孝夫が22本塁打で本塁打王となる。チームは58勝68敗4分、首位巨人から15.5ゲーム差の4位に終わる。

1958年

開幕戦の対巨人戦(後楽園)、金田正一が巨人のルーキー長嶋茂雄を4打席連続三振に抑えるなど、4対1で勝利する。翌4月6日のダブルヘッダーでも4対2、4対3と勝利し、開幕3連勝とする[5]。5月24日の対阪神戦(甲子園)で飯田徳治がアキレス腱切断、日本プロ野球記録の連続試合出場記録が1246で止まる[4]。6月6日、金田が球団初の通算200勝を達成[注 4]。チームは2年連続の58勝68敗4分、首位巨人から17.5ゲーム差の4位に終わる。金田正一が投手部門三冠王(最多勝、防御率、奪三振)と沢村賞を獲得。

1959年

この年も開幕戦の対巨人戦(後楽園)で金田正一が巨人のルーキー王貞治を2三振に抑えている。チームは63勝65敗2分、首位巨人から15.5ゲーム差の4位に終わる。

1960年

9月30日に金田正一が対中日戦(後楽園)で勝利して、10年連続20勝を達成するが[6]、チームは54勝72敗4分、首位大洋から17.5ゲーム差、7年ぶりの最下位となる。宇野は監督を辞任、後任は砂押邦信

1961年

6月6日、森滝義己がプロ野球史上5人目となる完全試合を達成。67勝60敗3分で3位とし、球団初、国鉄球団として最初で最後となったAクラス、シーズン通算勝ち越しを記録する。

1962年

9月5日、金田正一がメジャーリーグウォルター・ジョンソンの記録を抜く通算3509奪三振を達成。51勝79敗4分、首位阪神から24ゲーム差の最下位となる。セ・リーグは3割打者が1人という投高打低のシーズンだったが、その中でも国鉄のチーム打率は.201(313得点)だった。これは2リーグ制以降の最低の記録である。11月、東映と共に韓国に遠征し、親善試合を行う[6]。砂押は監督を退任、後任は浜崎真二。オフ、西鉄から豊田泰光を獲得。

年々増大する経営費のために経営主体は交通協力会から鉄道弘済会へと変わっていたが、公共企業・国鉄の球団であるという体面もあり相当の緊縮財政だった。新人選手の契約金は高騰する一方で満足な補強もできず(当てになる戦力は金田だけだった)、同年に起こった三河島事故による批判は球団にも飛び火していた。この年の8月、球団譲渡を前提とした業務提携を産経新聞社フジテレビジョンニッポン放送文化放送と結び、フジサンケイグループとの関係が生じる。この時点で経営主体はフジサンケイグループに移る。

1963年

5月8日の対大洋戦(後楽園)で金田正一が通算300勝を達成。チームは65勝73敗2分、首位巨人から18ゲーム差の4位。浜崎は監督を退任、後任は林義一

1964年

本拠地を後楽園球場から神宮球場へ移転する(移転の経緯については後述のフジサンケイグループ及び明治神宮野球場#ヤクルトの本拠地を参照)。7月30日、金田正一が入団2年目の1951年から14年連続となるシーズン20勝を達成[6]。61勝74敗5分、首位阪神と18.5ゲーム差の5位に終わる。同年オフ、林義一の監督更迭・留任を巡り産経新聞と国鉄は激しく対立。エースの金田が「林監督がそのまま続投した場合移籍するが、解任された場合は残留する」との声明を出したことから国鉄は頑として林の更迭を主張、一方の産経サイドは他社マスコミ(読売新聞朝日新聞毎日新聞)により「林監督更迭」のスクープを先取りされていたことがあり、議論は平行線を辿り最終的には経営主体の産経サイドが意見を押し切った。林は留任し、金田は10年選手の特権を行使して巨人に移籍した。金田を失ったことにより国鉄は経営意欲を完全に喪失し、フジサンケイグループへ経営権を全て譲渡して経営から撤退することとした。もとより国鉄球団は業務提携後フジサンケイグループの資金力に丸々依存しており、移譲は時間の問題と見られていたが、喧嘩別れで球団譲渡という結末となった。

サンケイ時代

1965年

4月23日、国鉄は球団の経営権をサンケイ新聞とフジテレビに譲渡することを発表し、5月10日、サンケイスワローズ( Sankei Swallowsに改称。サンケイ初年度となったが、国鉄初年度以来の90敗以上となる、44勝91敗5分。首位巨人とは45.5ゲーム差となった。この年からドラフト会議が行われているが、1位指名の河本和昭をはじめ11名中9名が入団拒否[注 5] している[注 6]

1966年

1月7日、少年野球ファン開拓のため[7] という理由に加え、フジテレビで鉄腕アトムが放送されていたことや手塚治虫が当時球団後援会副会長(会長は徳川夢声)だったという経緯もあって鉄腕アトムをペットマークに使い、チーム名をサンケイアトムズ( Sankei Atomsに、運営会社名を株式会社サンケイアトムズに改称。同年ヤクルト本社が株式を取得して球団運営に参加。これに伴い球団旗も当時の産経新聞の社旗をアレンジしたものを使っていた。52勝78敗で大洋と並んで5位、首位の巨人とは37ゲーム差。

1967年

58勝72敗5分で首位の巨人と26ゲーム差の5位。巨人に3勝23敗の惨敗。後楽園球場で13連敗。武上四郎が新人王を獲得。

1968年

1月28日、神奈川県横須賀市に武山球場が完成、二軍本拠地となる。5月26日には対広島戦に勝利し、球団通算1000勝を達成。来日2年目のデーブ・ロバーツが40本塁打を打つなどして、ベストナインを獲得。投手では石戸四六がチームとしては金田正一以来となるシーズン20勝を挙げる。64勝66敗4分、首位の巨人とは13ゲーム差の4位。

アトムズ時代

1969年

産経新聞は本体の業績不振のため株式の一部をヤクルト本社へ売却。球団経営に積極的だった産経新聞・フジテレビジョン社長の水野成夫が病に倒れ、後を継いだ鹿内信隆がフジサンケイグループの事業見直しを行った結果、不採算だったプロ野球球団経営からの撤退、資本関係のみの継続を決めたもの。当時、ヤクルト本社は水野とは旧知の間柄だった南喜一が代表者を務めていた。実質経営権はヤクルト本社が握ったが、表面上は共同経営とし球団名をアトムズ( Atoms )と、運営会社名を株式会社アトムズ球団とした。これは2リーグ分立以降でチーム名に企業名・地域名などの冠名がつかない唯一の例となった。この年はボブ・チャンスが24試合で12本塁打を記録し、58勝69敗3分で、首位の巨人と16.5ゲーム差の5位だった。

ヤクルト時代

1970年

1月7日にヤクルト本社が公式に単独で経営権を持ち、球団名をヤクルトアトムズ( Yakult Atoms )に、運営会社名を株式会社ヤクルトアトムズに改称となり、チームカラーもヤクルト本社の社色である赤・白・緑のものとなった(球団旗やユニフォームなどに使用)。この年は序盤から大きく出遅れ、8月には1936年の大東京軍と並ぶ16連敗を喫した[注 7]。この連敗期間中の8月20日に別所毅彦が監督を解任され[8]、二軍監督の小川善治がシーズン終了まで代理監督を務めた。結局、シーズン92敗を喫し[注 8]、33勝しかできず、勝率は3割を大きく下回る.264[注 9] で、首位の巨人に45.5ゲーム差を付けられ最下位に終わる。巨人戦、阪神戦ともに5勝21敗で後楽園球場では13戦全敗。2桁勝利投手ゼロは球団史上初。東条文博が28盗塁で盗塁王。

三原監督時代

1971年

三原脩が監督に就任。チームは52勝72敗6分けの勝率.419と前年より盛り返すものの2年連続最下位に終わる。松岡弘は14勝を挙げた。9月27日、二軍はイースタンリーグで初優勝している[8]

1972年

前年に三原とともに入団した中西太打撃コーチのマンツーマン指導を受けた2年目の若松勉が首位打者、ルーキーの安田猛も1972年・1973年と2年連続で防御率1位となって頭角を現す。彼らの活躍もあり、この年は最下位を脱出、60勝67敗3分けの勝率.472の4位に浮上。8月12日、二軍は2年連続イースタンリーグ優勝[8]

1973年

62勝65敗3分けの勝率.488にてチームは2年連続の4位に終わり三原は監督を辞任。11月26日、虫プロダクションの倒産に伴い、鉄腕アトムのキャラクター使用を中止。10月26日、球団名を株式会社「ヤクルト球団」、チーム名を「ヤクルトスワローズ( Yakult Swallows」に変更[8]。キャラクターも、ツバメをモチーフにしたものに変更。

荒川、広岡監督時代

1974年

打撃コーチの荒川博が監督に昇格、コーチで入団した広岡達朗沼澤康一郎小森光生と「早大カルテット」を形成した。松岡が17勝、浅野啓司も防御率2位と活躍し、チームは60勝63敗7分けの勝率.488にて13年ぶりのAクラスとなる3位。

1975年

日本ハムとの交換トレードで大杉勝男を獲得したが結果は57勝64敗9分けの勝率.471の4位。シーズン終了後に武上四郎が引退。

1976年

5月12日、荒川博監督が成績不振を理由にシーズン途中で休養し、ヘッドコーチの広岡達朗が5月13日から代行となり、6月17日に監督就任[8]。結局52勝68敗10分けの勝率.433の5位に終わり、国鉄時代の1962年からこの年まで15年連続シーズン負け越しを記録し、セ・リーグワースト記録となる[注 10]。なお、全球団に負け越したにもかかわらず最下位を免れたのは、日本プロ野球史上初めてのケースだった。

1977年

大杉がこの年多くの記録を立て[注 11]、9月14日の大洋戦では1イニング5本塁打の日本タイ記録を達成した[8]。若松が2度目の首位打者、入団2年目のチャーリー・マニエルが42本塁打を放つ。62勝58敗10分けの勝率.517により、チームは球団創設以来初の2位に躍進。

1978年

前年の2位躍進に気をよくしたフロントは選手に対し「ブラジルへの慰安旅行」を計画したが広岡監督はこれに反対し「旅行するぐらいなら温暖な海外でキャンプを」と希望。これを受けて2月、球団史上初めて日本国外キャンプとなるアメリカユマキャンプを行う[9]。広岡の参謀として巨人時代の同僚だった森昌彦がヘッドコーチで入団、キャンプでテストを受けたデーブ・ヒルトンも加わり打線は厚みを増した[10]。初優勝を狙うチームは前半を首位で折り返すも、後半に入り失速、3連覇を狙う巨人に抜かれ、8月には一時4.5ゲーム差を付けられるが、8月26日からの対巨人3連戦を松岡の完封、安田の連日の好リリーフで2勝1分けと持ち直し、巨人に代わり首位に返り咲く。9月に初めてマジックが点灯すると、9月19日のダブルヘッダー第2試合、さらに杉浦亨が連日のサヨナラ打を放った20日・21日と3試合連続サヨナラ勝ちを収め、下位球団相手に取りこぼす巨人を尻目に一気に加速、10月4日の対中日戦(神宮)で創立29年目で初のリーグ優勝を決める。日本シリーズではそれまで3年連続日本一だった阪急ブレーブスを4勝3敗で下し初の日本一。この年は開幕から129試合目まですべて得点を挙げていたが、最終戦の広島戦で大野豊に完封負けを喫し、全試合得点とはならなかった。なお、広岡監督が正力松太郎賞に、若松がチーム初のセ・リーグ最優秀選手に選出された。

1979年

マニエルの近鉄への放出を軸としたオフの補強に失敗し、開幕8連敗と大きく出遅れる。5月に盛り返し、5月27日にはマニエルに代わる新外国人ジョン・スコットがサイクル本塁打を放つ活躍で勝率を5割まで戻すが、その後は再び最下位を独走。8月にヘッドコーチの森が解任され、これに激怒した広岡が途中休養(指揮権放棄)し辞任。打撃コーチの佐藤孝夫が代理監督を務めた。結局このシーズンは48勝69敗13分けで8年ぶりの最下位。日本一の翌年に最下位に転落するのは、1961年の大洋以来18年ぶり2度目の不名誉。

武上監督時代

1980年

武上四郎が球団初の生え抜きとして監督に就任。相性優先のローテーションで巨人・中日・阪神・大洋から15勝以上挙げるが、広島に大きく負け越し。結局この年優勝した広島に大差をつけられての68勝52敗10分けの勝率.567、2位に終わる。松岡が最優秀防御率のタイトルを獲得。

1981年

マニエルが近鉄から復帰し優勝への期待が高まるが、マニエルは年齢的な衰えで12本塁打に止まり、さらに若松、スコットが相次いで負傷し外野陣が崩壊、出場機会が大幅に増えた代走・守備固め専門の青木実が盗塁王を獲得したが、チームは56勝58敗16分け勝率.491の4位に終わる。シーズン終了後に安田が引退。

1982年

優勝当時の主力である大杉、大矢明彦、松岡らの衰えと外国人選手ラリー・ハーローらの不振からシーズン序盤より最下位を独走。最終結果は45勝75敗10分け、勝率.375で首位の中日と23.5ゲーム離される。

1983年

ドラフトにて巨人との抽選の末入団交渉権を獲得した荒木大輔が入団し、近鉄とのトレードで井本隆を獲得する。しかし、チームは井本や松岡、ボビー・マルカーノらの不振もあり、53勝69敗8分けの勝率.434にて2年連続最下位に終わった。シーズン終了後に大杉が現役引退。

1984年

4球団競合の末ドラフト1位で獲得したルーキーの高野光が開幕投手に大抜擢され話題となったが、開幕からチームは不振が続く。武上がシーズン途中で監督休養、中西太が代理監督に就任するが中西も途中休養。投手コーチだった土橋正幸がシーズン終了まで代理監督を務めた(その後土橋は、正式に監督に就任)。この年、チームは51勝71敗8分けの勝率.418の5位となり、辛くも最下位を免れる。

土橋監督時代

1985年

明治大学の主砲広沢克己(後に広澤克実)を獲得。杉浦享が自己最多の34本塁打、八重樫幸雄も捕手として球団初の3割打者と活躍したがチームはシーズン早々から首位戦線から1チームだけ脱落し、神宮で阪神に優勝を決められ、結局46勝74敗10分け勝率.383の最下位。10月9日に若松が2000本安打を達成。シーズン終了後に優勝バッテリーの松岡と大矢明彦が共に引退。同年、日本プロ野球選手会労働組合の資格を得たが、オーナーの松園尚巳は「(親会社の)ヤクルト本社をはじめ、グループ内で労組を結成している会社は無い」として、ヤクルト選手会を労組選手会から脱退させた。

1986年

マルカーノに代わり大洋を自由契約になったレオン・リーが入団するが、この年もシーズン早々から首位戦線を脱落。2年続けて神宮で優勝を決められ、49勝77敗4分けの勝率.389と2年連続の最下位となり土橋は辞任。

関根監督時代

1987年

関根潤三が監督に、元阪神監督の安藤統男がヘッドコーチに就任。シーズン途中に入団した現役大リーガーボブ・ホーナーが「ホーナー旋風」を起こし、9年ぶりに広島戦に勝ち越し、チームは58勝64敗8分け勝率.475にて4位に浮上。荒井幸雄が新人王を獲得。この年のドラフト会議で、長嶋一茂との交渉権を大洋と抽選の末に獲得。

1988年

シーズン5位に終わるが、抑えの伊東昭光が全て救援・規定投球回数未到達ながら18勝で最多勝。広沢克己池山隆寛が30本塁打以上を放ち、栗山英樹が規定打席未到達ながら打率.331を記録し台頭。巨人戦も8年ぶりに勝ち越し。

1989年

ラリー・パリッシュ本塁打王、新人の笘篠賢治新人王を獲得。高卒3年目の内藤尚行が12勝8セーブと活躍。一方でパリッシュ・広沢・池山が共に100三振を記録。55勝72敗3分けの勝率.433にてシーズン4位に終わり、関根が監督を勇退、若松が現役を引退。このオフ、ヤクルト選手会は労組選手会に復帰した。

野村監督時代

1990年

野村克也が監督に就任。チームは前年本塁打王のパリッシュを解雇し(阪神に移籍)、代わりにドウェイン・マーフィーを獲得、さらに当時メジャー133勝の実績を誇ったフロイド・バニスターを獲得した。野村は新人の古田敦也を正捕手に起用、またそれまで捕手だった飯田哲也をセカンド(後にセンター)にコンバートし柳田浩一をレギュラーに抜擢する。高卒2年目の川崎憲次郎が12勝。しかし、この年はマーフィーやバニスターの不振及び早期退団、荒木・高野・伊東らの長期離脱、内藤らの不振もあり、58勝72敗の勝率.446。中日戦で7年ぶりに勝ち越したが、優勝した巨人から30ゲーム差もつけられ、目の前で優勝を決められて5位に終わる。オフに栗山英樹が引退。

1991年

6月に球団新記録の12連勝(それまで当時の12球団で唯一、2ケタ連勝がなかった)で一時は首位に立つも、その後失速し優勝争いから脱落するが、最終戦に勝利し3位を確定。67勝63敗2分けの勝率.515にて11年ぶりのAクラスかつ5割以上を記録。広沢が打点王、古田は捕手としては野村以来26年ぶり、セ・リーグでは初の首位打者となる。この年限りで尾花高夫が引退。

1992年

キャンプ中の怪我により前年14勝の川崎を欠く苦しいシーズンとなるも、広島・巨人・阪神との優勝争いとなる。西村龍次岡林洋一以外の先発陣が手薄だった投手陣は4月に高野、5月に伊東と、故障で長年離脱していたベテランが復活。開幕ダッシュに成功し首位を走るも、7月の巨人との天王山で3連敗。前半戦を3位で折り返す。後半に入ると、前半戦わずか8本塁打のジャック・ハウエルが本塁打を量産し首位に返り咲く。一時は貯金15を数え、逃げ切れるかに見えたものの、100試合を過ぎた辺りから投手陣全体の駒不足に苦しみ始めた挙げ句大失速。チームは9月に入り9連敗[注 12] を喫した(この間に、阪神戦で一時抑えに回った岡林による9イニングに及ぶ救援投球という引き分け試合あり)。貯金3の3位まで転落するが、9月24日に荒木が1541日ぶりの復活登板を果たし息を吹き返す。巨人、広島の脱落により、阪神との一騎打ちとなった本拠神宮球場での10月6日からの直接対決2連戦では、まず初戦は広沢の決勝ソロ、岡林の完封により勝利、ともに66勝60敗で並ぶ。翌7日は9回裏1死まで1-3と苦しい展開に追い込まれるも、広沢の四球を足がかりに、飯田の三塁内野適時打、荒井の左前適時サヨナラ打などにより奇跡的な逆転勝利を掴み、一気に優勝に近づいた。10月10日の甲子園での阪神との直接対決でハウエルが2打席連続本塁打、先発荒木の好投を受けて最後は伊東が締めくくり14年ぶりの優勝。後半戦だけで30本塁打のハウエルは首位打者と本塁打王の二冠となり、MVPも獲得した。最終成績は69勝61敗1分けの勝率.531。日本シリーズ西武ライオンズと対戦。シーズン中同様に怪我人等の投手駒不足で、岡林が7戦中3戦先発完投(延長12回と延長10回が各1試合あり、計30回投球したことになる)、伊東・金沢次男が岡林が完投した試合以外中継ぎで全試合登板(中継ぎのみの登板はこの2名だけ)、シーズン未勝利の高卒新人石井一久を先発で起用と、総力戦で西武に食らいつき、第7戦延長10回まで行きながら3勝4敗で敗退。同年オフ、長嶋一茂が巨人に移籍。この年のシーズン観客動員数247万7000人は、2015年シーズン終了現在、球団記録である[11]

1993年

前年苦しんだ投手陣の底上げを図る。前年不在だったストッパーの座に開幕直後は山田勉、5月からは高津臣吾が座り、先発投手陣では新人の伊藤智仁が故障で離脱するまで7勝、5完投、4完封、防御率0.91の驚異的な活躍で新人王を獲得。岡林は前年の酷使の影響で不調だったが、西村、伊東、荒木、そして故障から復活した川崎憲次郎宮本賢治が投手陣を支えた。なお、5月19日の対広島戦では、互いに凄まじい打撃戦を展開の上、延長14回17-16にて勝利を収めている。ペナントレースは夏場から中日との一騎打ちとなり、8月末から9月頭のナゴヤ球場での直接対決3連戦での敗北で1度は首位を明け渡したものの、終盤での11連勝などが効き、中日を突き放した。広沢が2度目の打点王、ハウエルがサヨナラ本塁打5本と勝負強さを発揮しリーグ2連覇。広島戦では6年ぶりに勝ち越した。日本シリーズでも4勝3敗で西武に前年の雪辱を果たし15年ぶりの日本一、シリーズMVPの川崎はカムバック賞も受賞した。正力松太郎賞を野村監督が、シーズンMVPを古田がそれぞれ獲得。オフに杉浦と八重樫が引退し、両名をもってヤクルトアトムズに在籍経験のある選手は全員が現役を退いたことになった。

1994年

高津が最優秀救援投手を初受賞するが、伊東、川崎、西村、荒木ら投手陣の不調・故障離脱が相次ぐ。さらに古田が右手負傷で戦線離脱したことや池山の怪我、ハウエルや新外国人ジェラルド・クラークらの不調も響き、2年連続リーグ制覇から一転して62勝68敗の勝率.477で阪神と同率4位。初優勝時のメンバーで最後の現役選手だった角富士夫が引退。シーズン終了後、広沢克がFAを宣言し巨人へ移籍、自由契約のハウエルも巨人に入団する。

1995年

広沢とハウエルが入団した巨人相手に不利が予想されたが、巨人との開幕第2戦を桑田真澄の危険球退場をきっかけに逆転勝ちし流れが一変。打撃陣は古田、飯田がシーズン通して活躍。土橋勝征が野村監督から影のMVPと賞賛される活躍で後半3番に定着、阪神を解雇されたトーマス・オマリーが狭い神宮で本塁打を量産し自身初の30本塁打。同じくロッテを解雇されたヘンスリー・ミューレンも下位打線で29本塁打を放ち、池山と「第2のクリーンアップ」を形成した。投手陣はテスト入団の新外国人テリー・ブロスが9月9日の巨人戦でノーヒットノーランを達成、最優秀防御率を獲得する。西村とのトレードで近鉄から移籍してきた吉井理人、2年目の山部太、4年目の石井一が揃って二桁勝利。9月30日に本拠地神宮球場にて巨人を5-0で下し2年ぶりのリーグ優勝(最終成績は82勝48敗の勝率.631)。オリックス・ブルーウェーブとの対戦となった日本シリーズでもオマリーが活躍、古田を中心とするバッテリーもイチローを中心とする相手打線を抑え4勝1敗、2年ぶりの日本一に輝いた。

1996年

ダイエーから移籍の田畑一也が12勝、西武から戦力外通告を受け移籍の辻発彦がリーグ2位の打率3割3分3厘を記録。しかし、シーズンはブロスや山部、高津、古田、ミューレンの不調や岡林、川崎、石井一らの故障による長期離脱が相次ぎベストメンバーをそろえることができず、1度も首位戦線に絡めないまま61勝69敗、勝率.469のリーグ4位に終わる。

1997年

オマリーとミューレンが抜けたものの、この年も「野村再生工場」が冴え渡る。広島を自由契約になった小早川毅彦が入団、開幕戦の巨人戦で、それまで3年連続で開幕戦完封を続けていた斎藤雅樹から3打席連続本塁打。中日から自由契約となった野中徹博が13年目で初勝利、ダイエーから自由契約となった廣田浩章もリリーフ陣を支える。開幕前は低評価だった新外国人のドゥエイン・ホージーが巨人・松井秀喜を抑え本塁打王を獲得。4番の座には古田が就き、本塁打こそ9本だったが高打率を記録し「つなぎの4番」として君臨した。投手陣では田畑が15勝、吉井が13勝、伊藤智も高津とのダブルストッパーで復活した。終盤、横浜ベイスターズに最大10あったゲーム差を3.5まで迫られるが、9月2日の直接対決で石井一がノーヒットノーランを達成するとその後は横浜を突き放し結果的に11ゲームという大差をつけ2年ぶりの優勝(最終成績は83勝52敗2分け、勝率.615)。日本シリーズでも東尾修監督率いる西武を4勝1敗で退け4度目の日本一。古田が4年ぶり2度目のシーズンMVPに輝いた。オフに吉井がFAでMLBのニューヨーク・メッツに移籍。

1998年

開幕直前に日本ハムとの交換トレードで野口寿浩を放出し、のちに選手会長となる城石憲之を獲得。同年、高卒新人の五十嵐亮太を擁し、球団史上初のファーム日本選手権制覇を達成した。しかし一軍は、巨人との開幕3連戦3連敗もあってシーズン当初から波に乗れず、川崎が17勝で最多勝、石井一が最多奪三振を獲得するも、新外国人ライル・ムートンマーク・エーカー、ホージー、古田ら投打の歯車が合わず66勝69敗、勝率.489の4位に終わる。野村は同年限りで退団し、後任には打撃コーチの若松勉が就任。

若松監督時代

1999年

先発陣(石井一久伊藤智仁川崎憲次郎)が総じて1ケタ勝利に終わるなどし66勝69敗、勝率.489の4位と低迷したが、前年まで通算8勝の高木晃次がプロ入り初の規定投球回数に到達[注 13] してチームの日本人最多の9勝を、新外国人のジェイソン・ハッカミーがチーム最多の12勝を挙げた。野手陣ではハッカミー同様新外国人のロベルト・ペタジーニが44本塁打を放ち本塁打王を獲得、オリックスからトレードで来た高橋智が復活をアピールし、主に守備要員だった佐藤真一が突然の打撃開眼でチームを牽引。またプロ3年目の岩村明憲の成長など明るい話題もあった。なお長年続いていたユマキャンプはこの年限りで撤退している。

2000年

石井一久がシーズン最終登板で中日の山本昌を抜いて最優秀防御率のタイトルを獲得する。五十嵐も前半リリーフ登板だけで11勝を挙げる活躍をしたが、チームの好不調の波が激しく、66勝69敗1分け、勝率.489と過去2年と同じ成績で3年連続の4位に終わるが、優勝した巨人には16勝11敗と勝ち越した。オフにハッカミーが退団。

2001年

投手陣は川崎がFAで中日に移籍、伊藤智、新外国人アラン・ニューマンジョナサン・ハーストらの故障離脱で先発投手が不足する中、石井一以外、新しい投手陣に様変わり。2年目の藤井秀悟が14勝を挙げ最多勝、巨人を解雇されテスト入団の入来智とオリックスを解雇されテスト入団2年目の前田浩継の「リストラ組」もそれぞれ10勝、7勝とローテーションを支え、横浜を解雇された島田直也がチーム2位の52試合に登板。打線も、本塁打と打点の2冠のペタジーニ、打率2位の古田を筆頭にレギュラー8人(他は真中満宮本慎也稲葉篤紀岩村明憲アレックス・ラミレス土橋勝征)が全て規定打席到達という安定ぶりで、この年のみ採用の「勝利数優先」の順位決定方式を逆手に取り、巨人を振り切り4年ぶりのリーグ優勝。若松は球団生え抜きとして初の優勝監督となった。10月6日、優勝を決め胴上げされた直後のインタビューで、ファンへの感謝を言うべきところ「ファンの皆様、本当に…あのぉ、おめでとうございます!」と言い間違え、球史に残る名言となった。日本シリーズでは大阪近鉄バファローズと対戦。近鉄自慢の「いてまえ打線」を封じ込めて4勝1敗で4年ぶりの日本一を達成。オフに石井一が大リーグロサンゼルス・ドジャースに移籍した。

この年、セ・リーグは勝数で順位を決定した。ただし、勝数が最も多い球団と勝率が最も高い球団が異なる場合はプレーオフで優勝決定する方式へと変更し、マスコミ等に掲載される順位表も勝数順とされた。しかし各球団試合消化数には違いがあり、実際に優位に立つのは勝率の高いチームだった。

ドーム球場をフランチャイズとして順調に試合を消化した巨人に対し、雨天中止があるヤクルトは例年に比べてさらに試合消化が鈍かった。このため前半戦終了時には巨人の方が試合数が多いため勝数も多く首位に立ったが、勝率ではヤクルトが上回り、ゲーム差(勝数優先の順位表では表示されなかったが)でも4.5差をつけていた。この「隠れ首位」の状態は8月まで続いた。

このような経緯があったためか、2002年からは勝率優先の順位へと戻った。ただし、2007年のクライマックスシリーズ導入までは勝率が最も高い球団と勝数が最も多い球団とが異なる場合はプレーオフで優勝を決定することは変わらなかった。

2002年

チームは2位を確保。ルーキー・石川雅規が12勝を挙げ新人王に、石井弘寿が69試合に登板し最優秀中継ぎ投手に選出された。また、前年に途中入団したケビン・ホッジスが最多勝を獲得した。黄金時代を支えた池山隆寛はこの年限りで引退。シーズンオフにペタジーニが巨人に移籍した。

2003年

シーズン前に西武を自由契約となっていた鈴木健を獲得。高津臣吾が佐々木主浩の持つ通算229セーブのプロ野球記録を更新し、最優秀救援投手を獲得した。高津はオフに大リーグのシカゴ・ホワイトソックスに移籍。また、来日3年目のアレックス・ラミレスが本塁打王・打点王・最多安打と3つのタイトルを獲得し、ペタジーニの穴を埋める活躍を見せた。チームは中日・巨人・広島とのAクラス争いの末、巨人と同率の3位。

2004年

年間の総得失点差が-73点だったにもかかわらず、最終戦で巨人を抜き72勝64敗の2位でシーズンを終え、球団史上初の4年連続Aクラスを達成した。オフに稲葉篤紀が日本ハムへFA移籍。

2005年

4月24日、古田が捕手としては野村克也以来史上2人目、大学・社会人を経てプロ入りした選手としては史上初の通算2000本安打を達成。シーズン結果は4位。シーズン終了後、若松は監督を退任。後任は古田が選手兼任監督として就任した。二軍はこの年から社会人大会に出場している(詳細)。球団はシーズンオフに、メジャーから日本への復帰を果たした石井一を2年契約により獲得し、広島の4番打者だったグレッグ・ラロッカも獲得するなど積極補強に動いた。

古田監督時代

2006年

前年12月19日のプロ野球実行委員会で、古田の悲願だった地元密着型として「東京ヤクルトスワローズ( Tokyo Yakult Swallows」へのチーム名変更が全会一致で承認され、ユニフォームに国鉄時代以来となる「Tokyo」の文字が復活した。2006年も前年同様、リック・ガトームソンノーヒットノーランを達成するなどの活躍で交流戦2位になるが、交流戦終了後はほぼ5割ラインに停滞し続ける。結果3位となり2年ぶりにAクラスは確保したが、優勝争いにからむことはほとんどなかった。11月4日には神宮球場において東京六大学選抜とヤクルトによるアマ・プロ交流試合が実施され、外国人選手とFA移籍を控えた岩村を除く一軍メンバーが出場。試合は3対2でヤクルトが勝利している。この年のオフ、岩村が大リーグ・タンパベイ・デビルレイズ(当時)へ移籍。ガトームソンがソフトバンク・ホークスへ、ラロッカがオリックスへ移籍。

2007年

五十嵐、石井弘寿の「#ロケットボーイズ」が手術の影響でシーズンを棒に振ったのを皮切りに、ディッキー・ゴンザレスアダム・リグス高津臣吾などの主力級が次々と離脱、まったく戦力が整わなかった。最終的に青木宣親首位打者アレックス・ラミレスが打点王・最多安打、セス・グライシンガーが最多勝投手になるが、シーズンはナゴヤドームでの開幕3連戦3連敗から1度も立ち直れず、143試合目で1986年以来21年ぶりの最下位を確定させてしまう。8月から、東京のUHF東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で2007年度初のテレビ中継が開始[注 14]。以前から年間数試合は中継があったが、近年は1試合も中継が無い年もあった。9月、古田の現役引退・退団が発表された。なお、伊東昭光も辞意を表明したため、チーム最年長コーチの八重樫幸雄がヘッドコーチ代理を兼任していた。後任監督は高田繁、一軍投手コーチに荒木大輔がヤクルトに復帰した。一方、選手では、打点王・最多安打のラミレスとこの年16勝を挙げたグライシンガーが巨人へ、石井一久がFAで西武へ移籍、石井の人的補償として福地寿樹を獲得した。年明けには藤井秀悟を交換要員とする3対3のトレードを日本ハムと行い、押本健彦川島慶三らを獲得した。

高田監督時代

2008年

前年チーム勝利数1位グライシンガー(16勝)、2位石井一久(9勝)、3位藤井秀悟(7勝)が軒並み移籍し残った選手の勝ち星が4勝以下だった事もあり不安視されたが、巨人に開幕3連勝をするなど4月終了時は3位に立ったが、石川雅規館山昌平に続く先発が不在となる。野手では福地寿樹飯原誉士をはじめとする俊足の選手が中心となったが、前年本塁打王争いを演じたアーロン・ガイエルの離脱などで長打力に欠けた。夏場には北京オリンピックで青木と宮本が離脱したため戦力が安定せず、シーズン終盤に8連敗(そのうち3試合がサヨナラで7試合が1点差)を喫し、CS争いを繰り広げる中日、広島に引き離され5位に終わった。しかし、前年まで崩壊していたリリーフ陣が怪我で苦しんでいる最中に、林昌勇押本健彦が活躍し、前年登板が無かった五十嵐が復活、先発で結果が出なかった松岡健一が転向し結果を残すなど整備が進んだ。

2009年

横浜からFA権を行使した相川亮二を獲得し、球団初のFA獲得選手となった。長打補強のためジェイミー・デントナを獲得した。このシーズンは序盤から2位をキープして前半戦で貯金を最大14まで伸ばしたが、後半戦に入った途端に急失速、8月には1971年8月以来となる月間18敗(7勝)、9月にも1992年以来の9連敗を喫し、さらにはチームを支えてきた田中浩康や飯原、宮本、川島慶三といった主力が怪我で離脱、宮本が強行出場するなど厳しい状態が続き、一時は阪神や広島に抜かれ5位に転落した。しかし、高木啓充鬼崎裕司の登場で息を吹き返し、10月9日の対阪神戦との直接対決に勝利して3位が確定し、3年ぶりのAクラス入りで初のクライマックス・シリーズ進出を決めたが、結果的に後半戦の大失速が響いて初の勝率5割未満のCS出場チームとなっている[注 15]

中日とのクライマックス・シリーズ第1ステージでは、第1戦は石川の好投とデントナの逆転本塁打で勝利したが、新型インフルエンザにより選手が離脱したことも響いて、2・3戦と中日に2連敗。1勝2敗で敗退した。オフには、五十嵐亮太がFAで大リーグ・ニューヨーク・メッツに移籍。

2010年

阪神からFAで獲得した藤本敦士の活躍で開幕3連戦で鬼門の東京ドームで勝ち越すなど好調な滑り出しだったが、4月中旬以降は失速。交流戦で9連敗を喫するなど、一時は最下位に転落した。5月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦をもって高田が辞任[12]、ヘッドコーチの小川淳司が監督代行として指揮をとることになった。

第1次小川監督時代

※監督代行時も含む。

2010年

6月に打線の補強としてジョシュ・ホワイトセル、トレードでは、リリーフ陣の補強として渡辺恒樹山岸穣を獲得。小川体制になってからは、野手陣と投手陣共に奮起し徐々にチーム状況が好転していく。6月に14勝8敗、7月に11勝8敗、8月には10連勝を含む18勝8敗と大きく勝ち越す。8月24日の対横浜ベイスターズ戦で勝率を5割に復帰させ、その後も勝率5割前後を維持しながら、3位とのゲーム差を徐々に詰め、最小で3.5ゲームまで3位との差を詰める。しかし、最終的には前半戦の不振が響いた形となり、4位となりCS進出はならなかったが、72勝68敗4分けとシーズン成績は6年ぶりに勝ち越した。

このシーズンはリーグ優勝した中日に相性が良く、セ・リーグ他球団が苦手としたナゴヤドームでリーグ唯一の勝ち越し(シーズン通算で7勝4敗1分け。小川体制移行後に限れば5勝1敗)、シーズン対戦成績も15勝8敗1分けと唯一勝ち越し、特に小川体制移行後は12勝3敗と圧倒した。高田監督時代に非常に苦手にしていた巨人に対しても、後半戦は同一カード3連勝を含む対巨人戦5連勝などもあり、小川体制に代わってからは8勝7敗1分けと勝ち越している。

2011年

東日本大震災の影響により、開幕日が当初の3月25日から4月12日に延期された。開幕直後はウラディミール・バレンティン畠山和洋などが好調で4月下旬にはセ・リーグの首位に立った。その後も首位をキープし続け、8月には阪神に一時詰め寄られるも、9月に9連勝して阪神の追撃をかわし、対巨人戦は12勝8敗4分と11年ぶりに勝ち越した。しかし、バレンティンや畠山ら主軸打者がシーズン終盤から相次いで打撃不振に陥ったことに加え、主力選手の離脱が相次ぎ、最大10ゲーム差をつけていた2位中日との直接対決は9月以降で1勝8敗と大きく負け越し、2位に後退している。最終的に70勝59敗15分、首位とは2.5ゲーム差で10年ぶりのリーグ優勝を逃した。クライマックスシリーズファーストステージで巨人に2勝1敗で勝利、球団初のファイナルステージに進出したが、中日に2勝4敗で敗退した。石井弘寿が現役を引退した。バレンティンが本塁打王を獲得。

2012年

青木宣親がポスティングシステムを利用して大リーグミルウォーキー・ブルワーズに移籍。3月19日には球団事務所が東京都港区の東新橋から明治神宮野球場にほど近い北青山に移転した[13]。3月30日の開幕・巨人戦で球団史上初の開幕戦完封勝ちを記録(対する巨人は球団史上初の開幕戦完封負け)し、4月24日に対中日戦(神宮)に勝利し首位タイとすると[14]、続く26日の同カードでも勝利して単独首位に立つが[15]、交流戦では5月30日に対日本ハム戦(神宮)に敗れて、チーム39年ぶりとなる10連敗を記録するなど[16] 9勝15敗の最下位に終わり巨人・中日の首位争いから後退、前半戦は広島と同ゲーム差の4位となり、後半戦は広島との3位争いとなる。9月29日、対中日戦(神宮)に0対4で敗れたが、この日広島も阪神に敗れたため、3位確定とし2年連続のクライマックスシリーズ出場を決めている[17]クライマックスシリーズファーストステージでは、中日と対戦。1勝1敗とした第3戦で1対0でリードしていた8回裏にトニ・ブランコに満塁本塁打を打たれて逆転され敗戦、1勝2敗で敗退している[18]。5月4日に宮本慎也が通算2000本安打を達成した。バレンティンが2年連続本塁打王を獲得。福地寿樹[19]宮出隆自[20] が現役を引退、林昌勇が退団した[21]。元楽天の岩村明憲が7年ぶりに復帰[22]

2013年

5月以降は最下位に低迷[23]。9月23日の対阪神戦(甲子園)に0対2で敗れ、クライマックスシリーズ進出の可能性が消滅し、3年ぶりのBクラスが確定し[24]、続く10月1日の対巨人戦(神宮)で1対0で敗れ、6年ぶりの最下位が決定した[25]。本拠地・神宮球場では31勝32敗1分だったが、神宮以外の球場では26勝51敗3分と大きく負け越した[23]。特にウラディミール・バレンティン以外の野手で規定打席到達者が出ないなど、野手陣の不調・故障が響いた。

ウラディミール・バレンティンが8月に日本プロ野球新記録の月間18本塁打を記録するなど[26] 本塁打を量産、9月15日の対阪神戦(神宮)で日本プロ野球新記録のシーズン56号本塁打とアジア野球新記録の57号本塁打[27] を記録し、この年60本として3年連続本塁打王を獲得。投手では新人の小川泰弘が16勝4敗で最多勝と勝率第1位投手賞の2冠を獲得[28]宮本慎也藤本敦士が現役を引退した[29][30]

2014年

開幕から終盤にかけて最下位に低迷し、9月22日に小川淳司監督が球団に申し入れ、今季限りで監督を辞任することを会見で表明[31]、9月29日の対広島戦(マツダ)に敗れ、2年連続最下位が決定した[32]。規定打席到達し3割2桁本塁打の打者5人(山田哲人雄平、畠山和洋、川端慎吾、バレンティン)を擁し、チーム打率・得点数はリーグトップであった反面、規定投球回に到達した投手はリーグ防御率最下位の石川雅規のみであり、チーム防御率・失点数は最下位であった。10月8日、後任にチーフ打撃コーチの真中満の就任が発表された[33]

真中監督時代

2年続けて最下位に陥るほどの低迷から脱却するために大型補強を敢行した。国内FA権を行使した成瀬善久千葉ロッテマリーンズ)と大引啓次北海道日本ハムファイターズ[34]、メジャーリーガーのローガン・オンドルーセック[35]、FA権を行使して読売ジャイアンツに移籍した相川亮二の人的補償として奥村展征を獲得[36]

2015年

開幕後はプロ野球記録となる14試合連続3失点以下を達成する[37] など、投手陣が好調だったこともあり、一時は首位に立ったが、5月に入ると9連敗を喫し最下位に転落した[38]。バレンティンやラスティングス・ミレッジら主軸選手の怪我もあり、5月22日にミッチ・デニングBCリーグ新潟アルビレックス)と基本合意した[39][40]。前半戦は4位ながらも首位・DeNAとは僅差の状態でターンした[41]。後半戦突入後は阪神・巨人とのデッドヒートの末、9月24日の対DeNA戦に4-2で勝利して3年ぶりのAクラス入りとセ・リーグ一番乗りでのクライマックスシリーズ進出を決め[42]、9月27日の対巨人戦に勝利し優勝へのマジックナンバー「3」を点灯させた[43]。そして10月2日の対阪神戦(神宮球場)に2-1で勝利し、14年ぶり7度目のセ・リーグ優勝を決めた[44]。前年度最下位からのリーグ優勝は1976年の巨人以来[注 16] となり、2年連続最下位からのリーグ優勝は2001年の大阪近鉄バファローズ以来となった。バーネットが自身2度目となる最多セーブ投手、川端慎吾が首位打者最多安打、山田哲人が本塁打王盗塁王最高出塁率、畠山和洋が打点王のタイトルをそれぞれ獲得し[45]、山田は史上9人目となるトリプルスリーも達成した[46]クライマックスシリーズでも4勝1敗(アドバンテージの1勝を含む)にて巨人を下して14年ぶりの日本シリーズ進出が決定。日本シリーズでは福岡ソフトバンクホークスと対戦し、1勝4敗で敗退して2001年以来の日本一を逃した。

シーズン終了後、バーネットがテキサス・レンジャーズに移籍[47]。オリックス・バファローズを自由契約となった坂口智隆、北海道日本ハムファイターズを戦力外となった鵜久森淳志を獲得[48]由規が肩の負傷を理由に戦力外として育成選手契約を結び、松元ユウイチが現役を引退した。

2016年

3月23日、選手10名が去年夏の高校野球決勝の勝利チームを予想し賭け金を集め、予想の当たったものに分配していたことが発覚した[49]

チームは主砲のバレンティンを欠いたことが響き、9年ぶりの開幕4連敗を喫した[50]。以降もドラフト1位ルーキーの原樹理が右肩甲下筋肉離れ、エースの石川が左脹脛痛、館山も右肘の手術と投手陣だけでなく、山田が左第八肋骨骨挫傷、昨年首位打者の川端が右足舟状骨骨折、打点王の畠山も左手首痛、雄平が左脇腹痛、大引も腰痛で離脱と昨年にはなかった主軸の故障者が続出した事で下位に低迷した[51]。6月26日の中日戦では守護神・オンドルセクが守備固めで入っていた比屋根のミスで同点に追い付かれたことに対し降板後暴言を吐き、謹慎処分が下された事が引き金となって7月21日に退団[52] し更なる苦境に陥る。低迷するチーム状況の中、5月30日に韓国から河載勲(ジェフン)を獲得し、7月5日に由規を支配下に復帰させ、7月20日に八木亮祐との交換トレードでオリックスから近藤一樹を獲得し、テコ入れを図った。7月24日の対中日戦で由規が1786日ぶりの勝利を挙げた[53]。9月19日にDeNAが勝利したことでBクラスが確定し[54]、最終成績は5位に終った。山田が2年連続のトリプルスリーを獲得した[55] ものの、投手陣はチーム防御率4.73(5位DeNAと約1点差)、失点694(5位DeNAと106点差)とセ・リーグ最下位[56]、1970年以来の2桁勝利投手ゼロ[57] と不名誉な記録を残した。森岡良介が現役を引退した。

2017年

前年と同じく川端[58]、畠山[59]、バレンティン[60]中村悠平[61]、小川[62]秋吉亮[63]、雄平[64]、大引[65] らチームの主力級に故障が相次ぎ交流戦から終盤まで最下位に低迷した。5月30日のオリックス・バファローズ戦から6月10日の千葉ロッテマリーンズ戦まで10連敗、そして7月1日の阪神戦から7月21日の阪神戦まで、14連敗を喫した。前半戦だけで二度の10連敗以上の大型連敗を喫し、これは1956年の高橋ユニオンズ以来61年ぶりであった[66]。7月26日の対中日ドラゴンズ戦(神宮)で史上4度目、セントラル・リーグでは66年ぶりとなる最大10点差(延長10回)をひっくり返しての逆転勝利を収める[67] も記録的な低迷は続き、最終的には球団ワースト記録を更新する96敗を喫し、3年ぶりの最下位となった[68]。また、チーム打率・得点・本塁打もリーグ最下位に終わった。真中監督が辞任し、後任監督として2014年まで指揮を執った小川淳司が復帰することになった[69]

第2次小川監督時代

2018年

2月7日に元メジャーリーガーの青木宣親が7年ぶりに復帰[70]。シーズン序盤は苦戦したものの、交流戦開始頃から巻き返し、6月17日の日本ハム戦に勝利して初めて交流戦最高勝率を決めた[71]。過去2年は怪我人に泣かされたが、大きな故障者も出ず、後半戦でもAクラスを維持し、10月1日に3年ぶりとなる3位以内とCS進出が決定した[72]。2日のDeNA戦に3-2で勝利して2位が確定し、神宮球場でのCS開催権を得た[73]。しかし、迎えたCSでは巨人に2連敗し、3年ぶりの日本シリーズ進出はならなかった[74]松岡健一武内晋一山本哲哉が現役を引退した。

2019年

1月24日にソフトバンクを戦力外となった五十嵐亮太が10年ぶりに復帰[75]。4月26日と5月26日に青木宣親山田哲人バレンティンによる同シーズン2度の三者連続本塁打を記録したが、5月14日から6月1日にかけてリーグワーストに並ぶ16連敗を喫する[76] など、序盤から苦しんだ。シーズンを通しては山田哲人村上宗隆バレンティンの3人が30本塁打以上を記録したが、投手陣が苦しんだこともあり、前年の2位から一転して借金23の最下位に沈んだ[77]。村上宗隆は高卒2年目ながら36本塁打96打点を記録し、新人王のタイトルを獲得、10代におけるシーズン最多本塁打を更新、中西太が1953年に記録した高卒2年目以内の最多本塁打に並んだ[78]。翌シーズンの戦力として、ドラフト会議では、目玉であった星稜高校の奥川恭伸を3球団競合の末に交渉権を獲得[79]楽天を退団した嶋基宏今野龍太[80]、ソフトバンクとの再契約を保留していた長谷川宙輝を支配下として獲得[81]。9年間在籍して主軸を張ってきたバレンティンがソフトバンクに移籍。館山昌平畠山和洋三輪正義寺原隼人が現役を引退した。

小川淳司監督の辞任が決定し、宮本慎也ヘッドコーチの辞任も発表され[82]、次期監督には二軍監督を務めていた高津臣吾が就任することとなった[83]

高津監督時代

2020年

新型コロナウイルスの影響で3月20日に予定されていたプロ野球の開幕は延期される[84] こととなり、6月19日に無観客試合で開幕した[85]

メジャー通算1367安打、14年は青木と同僚で、15年には遊撃手としてゴールドグラブ賞を受賞したアルシデス・エスコバーを獲得[86]

シーズン序盤は上位争いを展開していたが、徐々に失速していった。10月14日のDeNA戦からベンチ担当の斎藤隆投手コーチとブルペン担当の石井弘寿投手コーチを入れ替えるなどしたが、2年連続最下位に終わった。五十嵐亮太中澤雅人井野卓が現役を引退した。五十嵐の引退により、野村監督時代に入団した選手と1970年代生まれでヤクルトに在籍した選手が全員引退した。


注釈

  1. ^ セ・リーグで最多奪三振がタイトル制定となったのは1991年。球団公式サイトの球団のあゆみではセ・リーグ表彰で記載。
  2. ^ 18歳35日での達成は日本プロ野球史上最年少記録。
  3. ^ 現在の記録は1968年に江夏豊が記録した401。
  4. ^ かつ、球団史上唯一。
  5. ^ 指名後の入団交渉不実施による失効を含む。
  6. ^ ただしこの時代はサンケイに限らず、指名されても入団拒否したり、指名しても交渉を実施せずそのまま失効する者は多かった。
  7. ^ 当時の日本プロ野球ワースト記録で、現在もセ・リーグワースト記録及び、間に引き分けを挟まない連敗のワースト記録である。日本プロ野球記録はパ・リーグ千葉ロッテマリーンズ1998年に記録した18連敗(引き分け1を挟む)。
  8. ^ セ・リーグでの90敗到達球団はその後2003年まで現れなかった(横浜ベイスターズ、94敗)。
  9. ^ セ・リーグで勝率が3割を下回ったのはこの年のヤクルトが最後である。パ・リーグでは2005年に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスが.281を記録しており、これ以後、日本プロ野球で3割を下回ったチームはない。
  10. ^ 日本記録は南海ホークス時代の1978年から福岡ダイエーホークス時代の1993年にかけて記録した16年連続。
  11. ^ 6月5日に1000打点、6月22日に1500試合出場、8月11日に350本塁打、8月25日に1500本安打。
  12. ^ 優勝チームとしてのワースト記録。セ・リーグでは1950年から1991年までの42年間、シーズン中に8連敗以上を記録したチームが優勝したことはなかった。その後、2015年にも9連敗を喫したが優勝している
  13. ^ この年規定投球回数に到達したのはハッカミー、高木、川崎のみであった。
  14. ^ ただし、MXテレビの親会社・東京新聞の関係で対中日戦のみ。
  15. ^ CS導入以前のパ・リーグプレーオフでは2005年の西武が勝率5割未満で進出している。
  16. ^ セ・リーグでは4度目、パ・リーグ(後述の近鉄)を含め5度目の事例。
  17. ^ パ・リーグ記録は、1954年から1956年にかけて、大映が後楽園球場で南海に喫した21連敗[87]
  18. ^ 国鉄の紋章動輪」に由来。球団設立当初はユニフォームの袖章にも使われた。
  19. ^ 1978年から1979年に在籍したデイヴ・ヒルトンの本塁打を出迎える写真がベースボール・マガジン社に残っている(参考:『ベースボールマガジン1994年秋季号 一冊まるごと大特集 プロ野球の華 本塁打がすごい!』 - 23ページに写真掲載)。また、1979年12月発行の漫画単行本『がんばれ!!タブチくん!!』第3巻でツバメのマスコットがホームランを打った選手を出迎えるシーンの描かれた作品が掲載されている。
  20. ^ 広島も地方開催は現状では年間1 - 2試合(2020年は無し)に抑えているため、現状はセ・リーグで試合数ベースで最も多く地方開催を行っているのは阪神である。但し、そのほぼ全てが京セラドーム大阪であるため、実質(開催球場ベース)は巨人がセ・リーグで最も多く地方開催を行っている。
  21. ^ なお、同様の理由で本拠地の横浜スタジアムが使用不可となるDeNAも東京ドームでの主催試合を6試合行う予定となっている。
  22. ^ これとは別に、巨人主管の2試合(当初1試合だったが、宇都宮清原球場での1試合が球場施設損壊のため会場変更になった)が郡山総合運動場開成山野球場で行われ、福島県で3試合開催。
  23. ^ 草薙の4月の3連戦のものは東日本大震災による関東地方(東京電力営業地域)のナイター開催自粛に伴う代替。
  24. ^ 本来、2009年は秋田こまちスタジアムでの2連戦開催が計画されたが、こまちスタジアムでは全国高等学校野球選手権秋田大会の開催と重複するため開催できず、その振り替えとして福島で1試合、もう1試合は神宮で開催。
  25. ^ 5月3-5日の対読売ジャイアンツ戦、9-11日の対広島東洋カープ戦、13-15日の対中日ドラゴンズ戦。
  26. ^ ビジター用は、対広島戦(8月17日 - 19日・マツダスタジアム)で、ホーム用は、対横浜戦(8月24日 - 26日・神宮球場)で使用。
  27. ^ 大杉勝男の8番について、後年の文献では一旦永久欠番となった後広沢克己に禅譲したため失効したと、記述している物が見受けられるが(ベースボール・マガジン社『週刊プロ野球データファイル』等)、1983年11月9日の引退表明を1面で大きく扱ったサンケイスポーツ(東京版・1983年11月10日付)では、「球団は「背番号8」を保留欠番とし、来春3月下旬に引退試合を行うことを決めた。」とあり、明らかに誤りである。この発表からも、この段階で将来的には相応しい選手に与える意向があったとみられる。
  28. ^ 1978年の日本シリーズ・阪急戦のヤクルト主管(日本シリーズの場合NPB主催)4試合も学生野球の都合で後楽園だったが、この時は後楽園開催の条件として日テレに1試合だけ(第2試合)放送権を譲渡することが盛り込まれていた。それ以外の3試合はフジテレビから放送された(阪急主管の3試合も系列局の関西テレビが事実上の独占放送権を持っていたためフジテレビでの放送となった)。なおヤクルト戦共々、後楽園を当時本拠地としていた日本ハムの主催・主管試合放映権を主に持っていたテレビ朝日はこのシリーズの放映権を得ることができなかった。
  29. ^ 放送上の制作クレジットはJ SPORTS→フジテレビ単独表記であり、球団のクレジットは入っていないが、事実上、球団から公式映像制作を受託している。
  30. ^ 現在の全国独立放送協議会に相当するもの
  31. ^ 当時神宮球場で日中に大学野球が開催されており、それを優先させたため。当時、消化試合の多くはデーゲームだったこともあり、アトムズ・スワローズ主催試合の一部は横浜や、川崎球場(当時大洋ホエールズ本拠地)等を間借りして行ったことがあった。
  32. ^ 2017年度も、5月4日・5月5日の阪神戦を対象にデーゲームを開催。これに伴って本来は原則木・金曜日(と、東京六大学野球連盟の予備日に充当している火・水曜で東京六大学連盟の試合がない場合)のデーゲームを基本使用日としている東都大学野球連盟は5月1日・5月2日の月・火曜日に前倒しを行った。
  33. ^ 2011年解散。現在のBリーグにおいてはいづれも渋谷区を本拠としたB1クラブのアルバルク東京サンロッカーズ渋谷が実在する。
  34. ^ 「1イニング連続打数安打」は、NPBでは四死球を挟む場合のみを連続記録として認めており、打数には含まれないが打者アウトとなる犠打・犠飛を挟む場合は参考記録となる。後者の例として1999年6月30日、横浜ベイスターズが対広島東洋カープ11回戦(富山市民)の5回裏に11打数連続安打を達成しているが、このケースでは犠飛が含まれるため参考記録として扱われている。
  35. ^ 2010年1月21日付・朝日新聞新潟版より。同紙上ではヤクルトの他、福岡ソフトバンクホークスも招致候補とされている。

出典

  1. ^ a b 株式会社ヤクルト球団 第72期決算公告
  2. ^ 徳永喜男『ヤクルトスワローズ球団史』ベースボール・マガジン社、1993年、[要ページ番号]ISBN 4583030339
  3. ^ 綱島理友『プロ野球ユニフォーム物語』ベースボール・マガジン社、2005年、[要ページ番号]ISBN 4583038070
  4. ^ a b c d e f g この年の記述の出典は特記ない場合、ヤクルト球団公式サイトの 球団のあゆみ 1950年代 とする
  5. ^ 【4月6日】1958年(昭33)デビュー4打席4三振 その後の長嶋茂雄”. スポーツニッポン. 2013年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月20日閲覧。
  6. ^ a b c 球団のあゆみ 1960年代”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  7. ^ 綱島理友「綱島理友のユニフォーム物語(4)」『週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、1999年5月10日、 161頁。
  8. ^ a b c d e f 『東京ヤクルトスワローズ40年史―1969-2009ツバメの記憶』ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、43頁。ISBN 9784583616018
  9. ^ 球団のあゆみ 1970年代”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  10. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P39
  11. ^ 球団アーカイブ 観客動員数”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  12. ^ 高田監督の休養について Archived 2010年6月1日, at the Wayback Machine. 東京ヤクルトスワローズ 2010年5月26日付
  13. ^ “ヤクルト】球団事務所が北青山引っ越し”. 日刊スポーツ. (2012年3月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120319-919853.html 2012年3月19日閲覧。 
  14. ^ 04月24日(火)東京ヤクルトスワローズ-中日ドラゴンズ ヤクルト球団公式サイト Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.
  15. ^ 04月26日(木)東京ヤクルトスワローズ-中日ドラゴンズ ヤクルト球団公式サイト
  16. ^ 05月30日(水)東京ヤクルトスワローズ-北海道日本ハムファイターズ Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  17. ^ 09月29日(土)東京ヤクルトスワローズ-中日ドラゴンズ Archived 2013年5月26日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  18. ^ 10月15日(月)中日ドラゴンズ-東京ヤクルトスワローズ Archived 2012年10月19日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  19. ^ 福地選手が現役引退を表明、ファンの皆様、関係者の皆様へ Archived 2012年10月12日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  20. ^ 宮出選手が現役引退を表明、ファンの皆様、関係者の皆様へ Archived 2012年10月25日, at the Wayback Machine.ヤクルト球団公式サイト
  21. ^ “【ヤクルト】林昌勇退団…5年で128S”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年11月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121115-1047261.html 2015年10月3日閲覧。 
  22. ^ “ヤクルト:岩村が古巣復帰…7年ぶり”. 毎日.jp (毎日新聞). (2012年12月11日). オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021150507/http://mainichi.jp/sports/news/20121212k0000m050022000c.html?inb=fa 
  23. ^ a b 週刊ベースボール: 92. (2013-12-09). 
  24. ^ バレ沈黙3の0…ヤクルトCS完全消滅Archived 2013年9月30日, at the Wayback Machine.スポーツニッポン2013年9月24日配信
  25. ^ “ヤクルト 6年ぶり最下位決定「申し訳ない。監督の力不足」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年10月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/01/kiji/K20131001006728150.html 2015年10月3日閲覧。 
  26. ^ “バレンティン 月間本塁打日本新!8月17本目の51号”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年8月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/28/kiji/K20130828006503890.html 2015年10月3日閲覧。 
  27. ^ “バレンティン プロ野球新の次は2打席連続57号弾!アジア記録も抜く”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/15/kiji/K20130915006623210.html 2015年10月3日閲覧。 
  28. ^ “バレ、3年連続本塁打王、ブランコ2冠、新人の小川が投手2冠”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/08/kiji/K20131008006774860.html 2015年10月3日閲覧。 
  29. ^ 宮本、5年以内にヤクルト監督! 涙なし引退会見 Archived 2014年1月13日, at the Wayback Machine. サンケイスポーツ 2013年8月27日配信
  30. ^ ヤクルト・藤本が引退会見「野球全うできて幸せ」 Archived 2014年2月1日, at the Wayback Machine. サンケイスポーツ 2013年9月10日配信
  31. ^ “ヤクルト 小川監督が辞意 球団に伝え受理「当然のこと」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/22/kiji/K20140922008973540.html 2015年10月3日閲覧。 
  32. ^ “ヤクルト2年連続最下位「これが現状」”. 日刊スポーツ. (2014年9月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140929-1374993.html 2015年10月3日閲覧。 
  33. ^ “ヤクルト真中新監督会見「覚悟して勝負」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141008-1379064.html 2015年10月3日閲覧。 
  34. ^ 2014年度 フリーエージェント宣言選手契約締結合意”. 日本野球機構. 2014年11月25日閲覧。
  35. ^ [1][リンク切れ]
  36. ^ “人的補償でヤクルト移籍の奥村が会見「最初は驚きましたが…」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年1月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/01/09/kiji/K20150109009600460.html 2015年10月3日閲覧。 
  37. ^ “ヤクルト連続3失点以下の日本記録15戦目で途切れる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年4月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1460708.html 2015年10月3日閲覧。 
  38. ^ “ヤクルト9連敗 真中監督「ずっとあと一本という展開」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月16日). http://www.sankei.com/sports/news/150516/spo1505160057-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  39. ^ デニング選手東京ヤクルトスワローズとの移籍基本合意のお知らせ”. 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  40. ^ ミッチェル・ジョン・デニング選手と契約”. 東京ヤクルトスワローズ (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  41. ^ “セ・リーグ6球団監督が前半戦を総括”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年7月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1507867.html 2015年10月3日閲覧。 
  42. ^ “ヤ4-2D ヤクルトが4連勝”. 産経新聞. (2015年9月24日). http://www.sankei.com/sports/news/150924/spo1509240052-n1.html 2015年9月24日閲覧。 
  43. ^ “ヤクルト 優勝へのマジックナンバー3が点灯”. NHKニュース. (2015年9月27日). オリジナルの2015年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150929210513/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150927/k10010249921000.html 2015年10月3日閲覧。 
  44. ^ “ヤクルト サヨナラで下克上V! 2年連続最下位から巨人4連覇阻止”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/02/kiji/K20151002011247330.html 2015年10月2日閲覧。 
  45. ^ ヤクルト 打撃3冠部門の1、2位独占は史上初”. 日刊スポーツ (2017年10月4日). 2017年11月28日閲覧。
  46. ^ ヤクルト・山田、トリプルスリー達成 史上9人目”. 日本経済新聞社 (2015年10月4日). 2017年11月28日閲覧。
  47. ^ ヤクルト救援右腕のバーネット、レンジャーズへ「ずっと夢だった」 iza(産経新聞デジタル) 2015年12月16日
  48. ^ ヤクルトが坂口智隆と鵜久森淳志の獲得を発表 日刊スポーツ 2015年11月13日
  49. ^ “続々と出てくる「賭け問題」 2球団が相次ぎ発表”. テレビ朝日. (2016年3月22日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_sports/articles/000070879.html 
  50. ^ ヤクルト9年ぶり開幕4連敗 真中監督「いつまで続くかね」”. スポーツニッポン. 2017年9月1日閲覧。
  51. ^ 燕・由規復帰は“株主対策”の切り札? 総会で投壊追及され球団社長は… zakzak(夕刊フジ) 2016年6月23日
  52. ^ オンドルセクがヤクルト退団「心の中では葛藤が…」”. 日刊スポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  53. ^ “ヤクルト由規1786日ぶり白星「感極まってます」”. 日刊スポーツ. (2016年7月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1683810.html 2016年7月24日閲覧。 
  54. ^ “ヤクルト Bクラス確定 真中監督「結果が全て」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年9月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/20/kiji/K20160920013387630.html 2016年9月22日閲覧。 
  55. ^ “ヤクルト・山田哲人が2年連続「トリプルスリー」&100打点達成、史上初の快挙”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年10月1日). http://www.sankei.com/sports/news/161001/spo1610010038-n1.html 2016年10月2日閲覧。 
  56. ^ “2016年度 セントラル・リーグ チーム投手成績”. 日本野球機構. http://npb.jp/bis/2016/stats/tmp_c.html 2016年11月19日閲覧。 
  57. ^ “2016年度 東京ヤクルトスワローズ 個人投手成績(セントラル・リーグ)”. 日本野球機構. http://npb.jp/bis/2016/stats/idp1_s.html 2016年11月19日閲覧。 
  58. ^ ヤクルト・川端がヘルニア手術決断 今季1軍復帰絶望”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  59. ^ ヤクルト畠山、長期離脱濃厚…真中監督「故障多い」”. 日刊スポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  60. ^ ヤクルト、大きな痛手…バレが右足の違和感訴え抹消へ”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  61. ^ ヤクルト・中村が右大腿骨の骨挫傷で抹消へ 「けがで離脱するのが一番悔しい」”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  62. ^ ヤクルト・ライアン小川が肉離れ…復帰のめど立たず”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  63. ^ ヤクルト守護神・秋吉 長期離脱か…右肩甲下筋肉離れ 最悪今季絶望も”. スポーツニッポン. 2017年9月1日閲覧。
  64. ^ ヤクルト雄平が右手首骨折、今季絶望的「痛手」監督”. 日刊スポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  65. ^ “ヤ戦病院”5連敗…ヤクルト、左肩負傷の大引も離脱”. サンケイスポーツ. 2017年9月1日閲覧。
  66. ^ ヤクルト61年ぶりの珍記録!前半で2度の10連敗”. 日刊スポーツ (2017年7月12日). 2017年7月14日閲覧。
  67. ^ ヤクルト セ66年ぶり10点差逆転勝利 大松今季2度目代打サヨナラ弾”. スポニチ (2017年7月27日). 2017年7月27日閲覧。
  68. ^ ヤクルト最悪更新96敗 退任真中監督涙の胴上げ”. 日刊スポーツ (2017年10月4日). 2017年10月13日閲覧。
  69. ^ ヤクルト小川淳司監督復帰 チーム力の強化を”. 日刊スポーツ (2017年10月5日). 2017年10月13日閲覧。
  70. ^ 青木7年ぶり復帰会見「ヤクルトを愛しています”. 日刊スポーツ (2018年2月7日). 2018年2月15日閲覧。
  71. ^ ヤクルトが初の交流戦最高勝率、パは9年連続の勝ち越し”. サンケイスポーツ (2018年6月17日). 2018年10月12日閲覧。
  72. ^ ヤクルトのCS進出決定 セ・リーグ、3年ぶり5度目”. 日本経済新聞 (2018年10月1日). 2018年10月12日閲覧。
  73. ^ セはヤクルトが2位、パはソフトバンクの2位と日本ハムの3位が決定”. スポーツニッポン (2018年10月2日). 2018年10月12日閲覧。
  74. ^ ヤクルトCS初のノーヒットノーランで終戦 小川監督「勝負に負けたということ」”. Full-Count (2018年10月14日). 2021年5月29日閲覧。
  75. ^ 五十嵐亮太、10年ぶりヤクルト復帰の"紆余曲折" 本人もビックリ「最初は間違い電話だと」”. zakzak. 2020年10月26日閲覧。
  76. ^ ヤクルト、49年ぶりの屈辱。リーグワーストタイ16連敗 前半戦に大量失点、打線も4安打完封”. ベースボールチャンネル. 2020年10月26日閲覧。
  77. ^ 数字で見る2019年のヤクルト、656得点はセ2位も投手成績は軒並みワーストを記録”. SPAIA. 2020年10月26日閲覧。
  78. ^ 燕村上が36号弾! 高卒2年目以内の最多本塁打記録に並ぶ”. Full-Count. 2020年10月26日閲覧。
  79. ^ 【ドラフト速報】星稜・奥川泰伸は3球団競合でヤクルトが交渉権獲得! 大船渡・佐々木朗希は4球団競合でロッテ”. ベースボールチャンネル. 2020年10月26日閲覧。
  80. ^ ヤクルト、楽天退団の嶋、今野の獲得を発表 背番号は「45」、「69」に決定”. Full-Count. 2020年11月15日閲覧。
  81. ^ ソフトバンク痛い流出「ルールなので…」 長谷川宙支配下でヤクルトへ”. 西日本スポーツ. 2020年11月15日閲覧。
  82. ^ ヤクルトが小川監督の辞任了承、宮本ヘッドも辞任”. 日刊スポーツ. 2020年10月26日閲覧。
  83. ^ ヤクルト、高津臣吾氏の監督就任を発表 現2軍監督、2015年には投手コーチでリーグV貢献”. ベースボールチャンネル. 2020年10月26日閲覧。
  84. ^ プロ野球の開幕延期が決定。新型コロナ感染拡大を受け、NPBが発表”. THE DIGEST. 2020年10月26日閲覧。
  85. ^ 【詳報】プロ野球、異例の開幕戦 コロナで無観客試合”. 朝日新聞DIGITAL. 2020年10月26日閲覧。
  86. ^ ヤクルト、エスコバー獲得 メジャー1367安打の大物遊撃手、DeNAエスコバーのいとこ”. スポニチ. 2020年10月26日閲覧。
  87. ^ 『週刊ベースボール』1999年12月13日、 20頁。
  88. ^ a b 綱島理友『プロ野球ユニフォーム物語』ベースボール・マガジン社、2005年3月、[要ページ番号]ISBN 9784583038070OCLC 69245565
  89. ^ “浦添の「なんちゃってつば九郎」、正体判明”. 沖縄タイムス. (2014年3月20日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/37904 2020年11月20日閲覧。 
  90. ^ sirguiel@ツバメ軍団 (2009年7月17日). “7/16 東京音頭の前奏”. ツバメ軍団日誌!. 2015年10月3日閲覧。
  91. ^ a b 2020年度セントラル・リーグ選手権試合日程 (PDF)”. 日本野球機構 (2019年7月22日). 2019年7月23日閲覧。
  92. ^ 東京五輪延期に伴い、DeNAとヤクルトが主催試合の開催球場を変更…ハマスタ、神宮でそれぞれ11試合開催”. スポーツ報知 (2020年4月15日). 2020年4月15日閲覧。
  93. ^ 【11月29日】1976年(昭51) ヤクルト、怪物サッシーに破格の契約金”. 日めくりプロ野球11月. スポーツニッポン. 2015年11月29日閲覧。
  94. ^ ヤクルトに抗議電話殺到 セ開幕決定一夜明け デイリー 2011年3月18日 Archived 2011年3月22日, at the Wayback Machine.
  95. ^ “ナイター自粛…神宮のヤクルトは地方開催も”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年3月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/22/kiji/K20110322000478710.html 2015年10月3日閲覧。 
  96. ^ 日刊SPA!野球取材班 (2012年10月12日). “落合氏「巨人、中日にとって嫌なチームはヤクルト」”. 日刊SPA!. 2015年10月3日閲覧。
  97. ^ [2]
  98. ^ 【なるべく週刊エモト】宮本ヘッド就任でヤクルトは変わる! (3/3ページ)”. サンケイスポーツ (2017年12月5日). 2017年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧。
  99. ^ 2017プロ野球「行く年来る年」座談会(2)巨人・高橋監督は岡本と心中できるか”. アサ芸プラス (2017年12月19日). 2021年5月29日閲覧。
  100. ^ 満足に試合もできない!? ヤクルト二軍が迎える危機的状況 | BASEBALL KING 2015年7月9日
  101. ^ 繰り返す悲劇…“ヤ戦病院”の元凶 | BASEBALL KING 2017年6月27日
  102. ^ “大瀬良、初対戦から同一カード12連勝以上は3人目”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年7月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907260001226.html 2019年7月27日閲覧。 
  103. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年3月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月1日閲覧。
  104. ^ 2016年新ユニホームサプライヤーが「マジェスティック社」に決定!”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年11月24日閲覧。
  105. ^ “ヤクルト、5・3にアトムズユニホーム”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2008年3月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20080331-342652.html 2008年3月31日閲覧。 
  106. ^ TOKYO 燕(エン)プロジェクト Archived 2013年6月7日, at the Wayback Machine.
  107. ^ TOKYO燕(エン)プロジェクト2014 Archived 2014年8月15日, at the Wayback Machine.
  108. ^ TOKYOシリーズ 東京は、燃えているか。”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  109. ^ 2016TOKYO燕パワーユニホームを発表 東京ヤクルトスワローズ 2016年2月17日
  110. ^ 2017TOKYO燕パワーユニホームについて”. 東京ヤクルトスワローズ (2017年2月3日). 2020年7月19日閲覧。
  111. ^ 2018TOKYO燕パワーユニホーム”. 東京ヤクルトスワローズ. 2020年7月19日閲覧。
  112. ^ 2019TOKYO燕パワーユニホーム”. 東京ヤクルトスワローズ. 2020年7月19日閲覧。
  113. ^ 2020TOKYO燕プロジェクト”. 東京ヤクルトスワローズ. 2020年7月19日閲覧。
  114. ^ “ヤクルト山田 2億2000万円で更改「気持ちよくサインした」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/08/kiji/K20151208011649020.html 2015年12月8日閲覧。 
  115. ^ 国鉄神宮進出の背景・1963年6月21日 朝日新聞 2015年11月15日閲覧)
  116. ^ MY BOOK 7岩佐徹
  117. ^ ヤクルト“転地”より“人” 新潟がプロ野球の球団誘致 2009.09.10付ZAKZAK Archived 2010年3月28日, at the Wayback Machine.
  118. ^ 新潟県燕市との交流事業”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年10月3日閲覧。
  119. ^ “ヤクルトが打撃タイトル総なめ 山田は3部門制覇”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1549611.html 2015年10月8日閲覧。 
  120. ^ a b “ヤクルトが04年ホークス以来、11年ぶり打撃タイトル独占! 山田は3冠”. exciteニュース. Full-Count (Creative2). (2015年10月7日). http://a.excite.co.jp/News/baseball/20151007/Full_count_19663.html 2015年10月8日閲覧。 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京ヤクルトスワローズ」の関連用語

東京ヤクルトスワローズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京ヤクルトスワローズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京ヤクルトスワローズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS